光り物

| コメント(2)

 チカチカパッパ以来の光り物です。今回は連続点灯です。

1.5VLED点灯回路
 1.5VLED点灯回路

 回路はELM~楽しい電子工作に公開されている「電池1本でLEDを光らせる実験」です(サイトはこちら)。

 ブロッキング発振回路で昇圧してショットキーバリアダイオードで整流、通常は2セルでも点灯しない青色や白色LEDを1セルで点灯させることのできる回路です。

トランジスタ周りの波形
 トランジスタ周りの波形
 コレクタ出力(1μs/div, 3V/div)
 ベース入力(1μs/div, 2V/div)
 ピーク電圧は5V以上あり、平滑しても3Vはくだらない

 いままでのチカチカパッパと違い、連続点灯できますので用途がかなり広がります。
 ブレッドボードで組んだ状態で消費電流は40mA程度でした。トランジスタに汎用の2SC1815GRを使用しているため、効率が悪いと思われます。低飽和タイプのトランジスタにすると、効率が上がるようです。
 単3アルカリでも結構厳しいかもしれませんので、ニッケル水素電池などで運用するのがよいかと思います。いざという時のことを考えると自己放電の少ないeneloopを使用するのがよいのではないでしょうか。

コメント(2)

ダイオード、小さいことないですか?
検波用のような感じです。
1GWJ42のような電源用ショットキーDiのほうがよいのじゃないかと。。。

それと低飽和・高hFEのトランジスタは2SC4685。
ダーリントンじゃないのに800~3200というhFE。
サイズがTO-92じゃなくって、少し大きい。
http://www.semicon.toshiba.co.jp/td/ja/Transistors/Biplar_Power_Transistors/20040820_2SC4685_datasheet.pdf

 いつもながらご教授ありがとうございます。

 すいません、ショットキダイオード、手持ちでもっと電流容量の大きいのがありましたので、もう一度撮影、写真を差し替えました。型番は失念してしまいましたがテクノベースの店頭でおいてあったものです。
 はじめの写真のものは確か15mA程度でしたのでたぶん定格すれすれかオーバーかも。こちらも型番を失念、検波用かもしれません。

 ご紹介いただいたトランジスタ共立で入手可能なものなのですね。ありがとうございます。
 元記事のトランジスタは2SC3279でした。VCE(sat)は0.2V(typ.)、最大0.5V、hFEは140~600でした。こちらもデータシート上ではストロボフラッシュ用・中電力増幅用になっていますね。
http://www.semicon.toshiba.co.jp/td/ja/Transistors/Bipolar_SmallSignal_Transistors/20020201_2SC3279_datasheet.pdf

コメントする

投稿ボタンは1回だけクリックしてください。
システムレスポンスが悪い場合はかなり時間がかかる時がありますので、その節はご容赦ください。