2006年6月アーカイブ

趣味です

| コメント(0)

 大阪はお好み焼き屋さんが多く、それぞれが特徴をもった店が数多くあります。

趣味のお好み焼「ぼてぢゅう総本家」
 趣味のお好み焼「ぼてぢゅう総本家」
 どうもチェーン店の「ぼてぢゅう®」(こちらは元祖を名乗っているが)とは関係ないらしい

 普通にお好み焼きの店なのですが、どうも暖簾を見ると勝手が違う。「趣味の」とついているのです。

 大阪ではお好み焼きは家庭での食事に普通に焼かれる場合も多く、お好み焼きを作るのが趣味という人もいます。でもその趣味でお金を取るかどうかとなると話が別です。お金をもらうからには払う側が納得のいく商品を提供しなければなりません。
 お店の体裁をしていて文句が出たら「趣味のでやってますんで・・・」と、言い逃れができるようになっているわけではないと思いますが、そこらあたりはどうなのでしょう?

ぼてぢゅう 
 ちなみにこちらは登録商標のあるほうのチェーン店の「ぼてぢゅう」

他人丼

| コメント(0)

 あなたと私は血がつながっていない?じゃ、他人ですね。

他人丼
 他人丼

 鶏肉とタマネギを出汁と醤油・みりんなどで味をつけて煮、溶き卵を掛けて卵とじ状態にしまます。これを丼によそったホカホカのご飯に出汁ごと乗せかけ、上に三つ葉を散らすと出来上がり。
 これは、鶏(かしわ)と卵が親子関係なので「親子丼」というメニュー。
 最近は鮭とそのタマゴのイクラを1つの丼に盛って(海の)親子丼なんてメニューもあります。

 ここでひねりを利かせて鶏肉以外をいれたらどうなるか?
 この発想で出来上がったのが他人丼です。

 さて、大阪で肉といえば「牛肉」です。親子丼を牛肉と卵で作ったレシピが「他人丼」なわけです。しかしながらなぜか関東に行くと豚肉(関東は肉と言えば豚)で作るレシピがほとんどなようです。
 大阪の他人丼は関東の人に言わせると「牛丼卵とじ」になるのでしょうか?

 大阪人としての感覚から言うと、豚で作った他人丼はどうもなじめません。他人丼はやっぱり牛肉ですわ。

柔らか系

| コメント(0)

 店長が、ニューハーフというわけではありません。
中華料理「くねくね」

 中華料理「くねくね」
 微妙に「くねくね」にパースがついているのは写真のせいではありません

 普通にがっしりした店員が料理を作っている普通の中華料理店。
 でも、なまえは「くねくね」。

 別になよなよしているわけでもなく、ニューハーフの店員がいるわけでもなく、いつもしなを作っている接客でもありません。

 くねくねしたものばかりがメニューにあるのか?(なんじゃそら?)
 でも麺類以外もちゃんとメニューにあります。

 お店の人によると、どうやら関西ローカルの番組にあった「夜はクネクネ」にあやかったそうです。
 クネクネした商店街のなかにあるから・・・というわけではありませんでした。

鳥がいっぱい

| コメント(2)

 入り口を開けると中から鳥が飛んできます(ウソ)。

鳥小屋
 「鳥小屋」

 鳥料理の店です。扉を開けると鳥が飛び出て来る・・・わけではありません。巣箱も店内にはありません(笑)。

 以前の食堂「鳩の巣」と同じく食べ物を頂く店の名前にしてはかなり抵抗を感じます。小さな家を兎小屋って表現はしますが、鳥小屋で飲食店はちょっと違和感があるというか、すなおに受け入れにくいですね。

 実際に行ったことのある人から話を聞きますと、ちゃんと普通のお店でして、鳥は店内にはいないそうです(あたりまえか)。で、味の方はというと、十分まともなものが出てくるそうですのでとりあえずはトライされる方がいても大丈夫かと。

一抹の不安

| コメント(0)

 自分のおかんが出てきたらどうします?

おかん
 台湾家庭料理&無国籍料理「おかん」

 韓国語だと「オモニ」なんでしょうが、台湾家庭料理で「おかん」。ほんと?
 日本料理じゃないんで(無国籍なんでなんとも)、「お燗」ではないと推察しているのですが、「悪寒」だったりして(笑)。自分の母親(おかん)が出てきたら、相当びっくりしますよ。「なんでこんな所で店してるん?」って逆切れ状態になること間違いなし。

 この店も入店すると「いらっしゃい!」ではなくて「お帰り!」って言われるんでしょうか。メイド喫茶じゃないんでそんなことは無いと思いますが。

 ちなみに「おかん」には「お嬶」(文字化けしている人は女偏に鼻)と言う漢字が当てられています。へぇ。

 [参考資料]
 牧村史陽編 講談社学術文庫 大阪ことば事典第13刷
 オカン【お嬶】(名)の項を参照

光り物

| コメント(2)

 チカチカパッパ以来の光り物です。今回は連続点灯です。

1.5VLED点灯回路
 1.5VLED点灯回路

 回路はELM~楽しい電子工作に公開されている「電池1本でLEDを光らせる実験」です(サイトはこちら)。

 ブロッキング発振回路で昇圧してショットキーバリアダイオードで整流、通常は2セルでも点灯しない青色や白色LEDを1セルで点灯させることのできる回路です。

トランジスタ周りの波形
 トランジスタ周りの波形
 コレクタ出力(1μs/div, 3V/div)
 ベース入力(1μs/div, 2V/div)
 ピーク電圧は5V以上あり、平滑しても3Vはくだらない

 いままでのチカチカパッパと違い、連続点灯できますので用途がかなり広がります。
 ブレッドボードで組んだ状態で消費電流は40mA程度でした。トランジスタに汎用の2SC1815GRを使用しているため、効率が悪いと思われます。低飽和タイプのトランジスタにすると、効率が上がるようです。
 単3アルカリでも結構厳しいかもしれませんので、ニッケル水素電池などで運用するのがよいかと思います。いざという時のことを考えると自己放電の少ないeneloopを使用するのがよいのではないでしょうか。

MC14046B

| コメント(2)

 オンセミコンダクターに請求していたサンプルが到着しました。

到着した荷物
 到着した荷物
 なんとFedExで配送されてきた

 請求してからほぼ1週間でサンプルが到着しました。発送元はシンガポールです。請求から数日後に発送、金曜の夜に発送確認、発送から土日を挟んでいるので3日かかって到着していますが、翌日到着だったと思われます。
 ちなみにウェブでの提示価格はレール単位(500ヶ)で1つあたり$0.3333(多分$1/3)です。輸送費用や通関費用などもありますが、多分日本の市場で調達するより遥かに安い価格ではないでしょうか。

パッケージング
 パッケージングされていたデバイス
 デバイスはインドネシア製のようだ

 今回のサンプルはRoHSにかこつけたわけではありませんが、鉛フリーのものを注文しました。
 RoHS指令が発効されているためか、メーカーも鉛フリーの品番が上に表示され、在庫状況なども概ね鉛フリーの物の方が良いようです。

デバイス
 梱包されていたデバイス
 MC14046BPGと型番があるが、末尾のGが鉛フリーの型番

 とりあえずHC4046ではなく、標準CMOSの4046Bを入手しましたので、その他のデバイスを買い揃えて居酒屋ガレージさんのパルス発生器を製作する準備にとりかかることができます。アマチュア用途のプロトタイプ製作で、4046ならば5つもデバイスがあれば、当分の間は困らなくてすみそうです。
 実際にパルス発生器を製作したときに、電源電圧は注意ですが、いただいたNM74HC4046とMC14046Bを差し替えて挙動の変化などを見てみたいと思っています。
 (こうやって製作予定品がたまっていくのがよくわかる)

4046こもごも

| コメント(0)

 居酒屋ガレージさんからありがたく頂戴いたしました。

74HC4046とCD4046
 74HC4046とCD4046
 CD4046は鈴商で購入していたもので、金属探知機で使用中のもの
 レーザーマーキングは撮影の際にはっきり見えにくいので困る(涙)

 マーキングの情報について古いパッケージのものがウェブ上で掲載されておらず、詳細が不明です。
 NM74HCのころのマーキングに関する情報がナショナルセミコンダクターのウェブ上にありません。アッセンブリーコードで「B」がタイ王国であることらしい・・まではわかるのですが、4桁のコードの該当情報がありません。
 居酒屋ガレージさんの推測のようにたぶん1988年の製造と思われます。

 居酒屋ガレージさんの仕事場の部品箱から発掘いただいた74HC4046Nですが、型番にHCとついているようにHi-speed CMOSのタイプです。オリジナルだったCMOS標準ロジックMC14046B/CD4046Bとは諸特性や回路構成に違いがあります。

 当然ですが違うのが動作電圧。4046は3~18Vと広い範囲で動作しますが、HC4046は3V~6Vと通常のHC品番と同じ動作条件となります。

 位相比較器も4046は2つ内蔵なのに対して、HC4046は3つ内蔵となっています。
 4046にあった15番ピンの内蔵ツェナーダイオードは廃止されて3つ目の位相比較器の出力にピンアサインされています。3番目の位相比較器は立ち上がりエッジで位相を検出しますが、PC2OUTの様にハイインピーダンス状態はありません。PLLが同調している状態であっても入力を比較した状態が常に出力されています。

 さらに10番ピンのVCO入力のソースフォロワ出力のSFOUTは、OPアンプのボルテージフォロワ出力のDEMOUTに変更されています。

 その他ピンの名称も微妙に変更されていたりして、全てのピンを使うような用途ではそのまま差し替えはできないようです。もっとも、4046BもHC4046もメーカーごとに微妙に内部回路の構成などが異なり、完全に差し替えできるのかと言われると、絶対に自信を持ってそうだと言い切れないのが困りどころでしょうか。

 オンセミコンダクターに、現行製品であるMC14046Bをサンプル取り寄せ中です。到着したらまたその経緯をご紹介させていただきます。

どうすりゃええの

| コメント(0)

 大阪弁で良く使われる言葉で、全然意味が通じない言葉があります。
 まぁ、かなり有名な言葉が多いのでお気づきの方も多いと思いますが・・・、ちょっと集めてみました。

 セコイ(形)
 「きみ、セコイな。」というと、ケチンボの意味に使われるようですが、元々は芸能人の隠語だったようで、醜悪、粗悪などの非常に悪い意味に使われていたようです。
 中古品(sedondhand:セコンドハンド)を指す「セコ」と意味が重なって誤用されるようになったのではないでしょうか。セコを使うしみったれな意味が転じてケチの意味として「セコイ」に重なったのではないかと思っています。

 ナオス【直す】(動)
 しまう、片付ける、保管する意味に使います。
 「この時計、なおしといて。」といわれて修理に出されたという笑い話があるぐらい。
 関東では片付けるの約まったもので「カタス(片す)」といわれるので、大阪と東京で互いに言っている事が通じずさっぱり解りません。

 チヤウ(動)
 さらに段訛して「チャウ」、強めて「チャウチャウ」と言うこともあります。結構軽い目の否定の言葉で「違う」の大阪弁です。
 「チャウチャウチャウチャウトチャウネン」は
 「ちゃうちゃう、チャウチャウとちゃうねん」とすぐ判れば大阪人です。

 テンゴ(名)
 いたずらしたり悪さ・悪ふざけをしたりすることを「テンゴする」と言うのですが、大阪でも最近の若い人には判らないかも。
 「ほんま、キミ、テンゴなやっちゃな。」と言われると「なんぎ(難儀)な奴」なわけです。

 ナンギ【難儀】(名・形動)
 ま、この日記も「ナンギ」な日記わけなのですが(笑)。
 主に対象が困難である意味に使われるのと、迷惑だったり、面倒や煩わしい意味に使われます。
 「ほんま、キミ、ナンギなやっちゃな。」と言われると、「困った奴」だったり、「迷惑な奴」か「面倒くさい奴」になります。

 ホカス(動)
 捨てることをこう言います。「放下す」ではないかと大阪ことば辞典では推測されていますが、「外(ほか)す」という考えもあるのではないかと私は思っています。
 「ほかしといてぇ。」と、言われれば、示された物はゴミ箱直行です。関東ではさっぱり判ってもらえない言葉の一つではないでしょうか。

 マッタリ(副)
 食べ物の辛くない落ちついた味を指します。
 某グルメ漫画(笑)などで良く出てきますし、昔はマーガリンの宣伝で使われていて結構全国区になってしまった言葉なのですが、本来は「こってり」でもなく「さっぱり」でもなくこれらとは趣の違う意味する言葉です。

 ホトビル(動)
 これまた同じ漫画でよく使われる表現なのですが、湯水に浸かって柔らかくなったりふやけた様を指します。
 単行本で見返してみると何度もこの言葉に注釈が入るので全国区の言葉としては通用していないのかもしれません。漫画のネタ本になる北大路魯山人の文章中にも出てきますが、京都・関西の言葉なのか関東の言葉なのかちょっとはっきりしません。

 カマヘン【構へん】
 「かまわない」の大阪弁「かまわへん」が約まったものでしょう。「カメヘン」とも。
 「かまへん、かまへん」と言われた後に続く言葉によって、なかなか大阪的微妙なニュアンスが含まれています。
 「ええがな、ええがな」と言われたら許してもらっている場合が多いのですが、したたかな大阪人、ここで許したフリしてしっかり覚えていたりしますので要注意ですよ。続いて「そのかわり〜」と条件付けされることもしばしば。

 「あんじょうしいや」と来るとかなり情けない状態。もう、情けをかけてもらっている状態です。人間的評価がかなり下がったと見て間違いないでしょう。ただし、次も許してもらえると思ってはいけません。

 「もう、よろしいがな」となると確実に許してもらっていると見て間違いありません。さらに「おたがい様ですやんか」と来る事も。多少自分(相手自身)にも理由があると思われている状態です。

 「もう、そんなことせんでも、よろし」と来た場合は先方はかなり遠慮している状態か、呆れられている状態です。

 かまへんと言われても、なんかちっとも構わない事が無いような気がするのは私だけでしょうか? 

 [参考資料]
 牧村史陽編 講談社学術文庫 大阪ことば事典第13刷
 各単語の意味・解説の項を参照
 

フリーエネルギー

| コメント(0)

 擬似科学は大嫌いなのですが、どういう論法で正当化するのかという点が気になるので読んでみました。

フリーエネルギー

多湖敬彦著 フリーエネルギー[研究序説]
徳間書店刊 1996年2月29日 第1刷

ISBN 4-19-860441-X

 いわゆるニューサイエンスと呼ばれる疑似科学的な内容の本です。最近の表現であればトンデモ本という分類になるのかもしれません。このショッキングサイエンスシリーズは他に「それでも相対論は間違っている」や「科学をダメにした7つの欺瞞」といった反科学、疑似科学的な刊行書の多いシリーズですが。

 読み始めた段階で「あぁ~あ・・」となる文章を見てしまい、一気に内容の信憑性だったり、情報源の信頼性が正しく思えない本だという見え方になり、最後まで読み進むのがかなり辛いという珍しい書籍となってしまいました。

 フリーエネルギーという言葉の理解を求める導入部となるプロローグで一気にこの印象付ける文章に遭遇したことで、「うさんくさい」イメージを払拭するのではなく、増幅してしまった事です。

 p.15(プロローグ)3行目から引用
 脱脂綿につけて消毒するやつじゃない。そのエーテルは、エチル・アルコール。
 ここでいうエーテルとは「媒体」のこと。
 たとえば、音を考えてみよう。音は空気という媒体があって、初めて伝わる。同じように、光とか電波を伝える媒体があるとしたら、それは何か?
 それがエーテルである。
 十九世紀後半までは、このエーテルは当然あるものと考えられていた。

 私はこの文章を読んだ段階で「えぇ~!?」となりました。と、いうのも・・

 1)エーテルは麻酔に使うのであって消毒に使うわけではない。
 2)エーテル麻酔に使うエーテルはエチル・アルコールではなくジエチルエーテルである。
 3)エチルアルコールの略称であればエタノールでありエーテルではない。
 4)波動を媒介する物質であるエーテルは「媒質」であり「媒体」ではない
 5)あくまでも「エーテル仮説」であり、あるとうまく説明できるのではないかという仮説どまりである

 1)~3)は同じ事に対する指摘なのですが、これはかなりヒットポイントが高いといえます。ちょっと調べればすぐ判ることなのです。この程度の事に対してもちゃんとした調査無く思い込みで書いているのではないかという見え方になってしまい、著者の書く文章に信頼性が置けるかという疑念が生じてしまったため、一気に興醒めしてしまいました。

 4)についてですが、英単語のmediumが媒体とも媒質とも訳語がありますので強制はできないのですが、「光の」となると媒体ではなく媒質という表現が物理学では一般的となっていますので、それに従うべきでしょう。当時刊行されている講談社のブルーバックスなどを見返してみましたが、やはり「媒質」という表現でした。

 5)については世俗の信仰であればともかくニューサイエンスといえども科学書の体裁を取っているのであればエーテルについては神秘的なもので信じられてきたという方ではなく、物理現象を説明するためのものですので「エーテル仮説」とすべきです。

 全篇を通して実例として取り上げた内容が「よく分かっていない」や、「未知の」あるいは「未確認の」や「~とわからない」というぼかし方で終わる紹介内容が多いのも気になります。

 さすがにアストラルとか星気という単語は出ませんが、「磁気」あるいは「磁力」、「放電」「火花」、「螺旋」や「渦」、「メビウスコイル」、「オルゴンエネルギー」あるいは、「気」だったり「宇宙からの振動」といった単語が飛び出てきており、オカルト関連の書籍と紙一重か、ほとんど同じでは?という印象を受けます。

 フリーエネルギーは零点エネルギーから生じているのではないかという推測が随所に出てくるのですが、実際に追試・検証を行っている科学者の元では過剰なエネルギーの発生を全く検出されていないという結果しか得られていないようです。


【まとめ】
 大変残念ですが、私の見解としては『疑似科学』の解説本であると言わざるを得ません。
 故カール・セーガン氏がもっとも忌み嫌う実証の無い主張により構築された科学の仮面をかぶった信仰といった「ニューサイエンス」や「疑似科学」あるいは「似非科学」イメージを払拭できるものではありませんでした。もうちょっとまともに取り組んでいるのかと思って読み始めたのですが。
 科学もある意味信仰に近いと私は思っているのですが、その信仰の対象は常に第三者によって再確認、追試されるものであり、真実かどうかの試練に晒される点が信仰の対象とは大きく異なる点です。
 「汝、疑うなかれ。」は通用しないのが科学の世界なのですから。

[参考資料]
 日経サイエンス1998年3月号
 真空からエネルギーを取り出せ(P.ヤム:竹内薫訳)

 講談社ブルーバックス B1144
 西條敏美著 物理定数とは何か
 1997年2月24日 第3刷

 ほか

前のページ 次のページ