メール便

| コメント(0)

 郵便業務はすでに一部、民間委託がなされています。

【メール便】

客「おたくの郵便局、どんな配達してるん?」
局「どのような不具合がございましたでしょうか?」
客「Tシャツに麦わら帽子かぶってポストに封筒入れてまわってたで!」
局「確かに郵便物を配達させていただいていたのでしょうか?」
客「よその家のポストの中覗けっちゅうの?」
局「では、その郵便物に切手はあってありましたでしょうか?」
客「そんなんしらんっちゅうてるやん。」
局「お客様、郵便物の配達は私ども郵便局で配達させていただいておりますが、配達員は全て制服着用で配達員とわかる格好でお伺いさせております。」
客「だからTシャツ麦わら帽子の奴がおったっちゅうてるやん。」
局「申し訳ございませんが、その配達は郵便局ではなく他の民間配達業者ではないでしょうか?」
客「郵便ゆうたら郵便局やんか、言い逃れせんどいてよ。」
局「いえ、メール便と申しまして宅配業者なども郵便物の取扱を郵便局とは全く別に扱っているものがございまして、そちらでは無いかと思われます。」
客「なによ、それ。」
局「郵便局でお出しいただいたものは郵便局員が配達させていただいておりますが、他の民間業者も郵便物の取扱をしておりまして、そちらは郵便局とは全く関係なくお届けとなっております。」
客「え・・・?」
局「たぶん、民間配達業者のによるメール便の配達だと考えられますが。」
客「そう・・・。じゃ、どこに言うたらええの・・・。」
局「配達しておりました業者に、お申し出いただくのが良いのではないかと思われます。」
客「郵便局とちゃうの・・。そう。」
局「お役に立てず申し訳ございません。」

 とまあ、封筒類を郵便受けに配達しているのは全部が全部、郵便局の取扱ではないという現状をご存知なかったようでして、意気込んで電話されてきたようですがフェードアウトしてしまったそうです。

 民間の配達員の基準はともかく、郵便局では暑かろうが寒かろうが雨が降ろうが雪が降ろうが配達員の制服があり、それを着用して配達業務をしています。収集業務をしている民間委託先もこれに準じていますので、郵便局と同じ格好をしてます。
 (逓信総合博物館のサイトにある、制服の移り変わりのページを参照してみてください)

 民間業者は本当に片手間アルバイトが配達している場合があると聞きますので、そのような状態で配達されていたのを目撃されたのでしょう。
 信書類、お届けしているのは郵便局だけとは限りません。ご注意を。

コメントする

投稿ボタンは1回だけクリックしてください。
システムレスポンスが悪い場合はかなり時間がかかる時がありますので、その節はご容赦ください。