2015年1月アーカイブ

上がって来れないかも

| コメント(0)

 ちょっと危ない感じです。

鮮酔館
 鮮酔館

 そもそもアルコール類を摂取した状態で潜る(潜水する)のは甚だ危険で、命に関わる状態もあり得ますので、呑んだら潜る事をしてはいけません。
 当て字の元である本来の潜水艦でも飲酒は御法度。絶対に乗務中に飲酒する事はできません。現在の海上自衛隊では艦船乗務期間中は特別な事でもない限り飲酒する事はできませんし、船内の酒保にもお酒は置いてありません。「酒保」と酒の字があるんですけどね。

 とまあ、潜水艦では酒は飲めませんが、鮮酔館なら思いっきり酔っぱらえそうですよ?

轟類

| コメント(0)

 車、車、車、車三つで轟(とどろき)です。

犇屋
 犇屋

 以前に「孨」の文字(子が3つ)の店を記事にしましたが、今回は牛が3つ。
 ちゃんとした訓読みで屋号は「ひしめきや」。
 「ひしめく」を入力して漢字変換するとちゃんと「犇めく」と変換されます。漢字の生りたちは会意なのでしょうか。牛がたくさん集まっている=ひしめいているなのかと。

 店は「牛」の文字が示す通り牛(和牛)の焼肉店。これで焼き鶏店だったりしたら、ちょっと小一時間...になってしまいます。
 

化学式

| コメント(0)

 水はH2O。

高圧ガスの表示
 高圧ガスの表示

 左からアルゴン+炭酸ガス(二酸化炭素)、アセチレン、酸素。
 タンクの色に起因しているタンクマークが手描きで描かれています。ガスの種類からすると用途は溶接に使うのでしょう。

 通常アルゴンは灰色、炭酸ガスは緑色なのですが、混合ガスならば一般的には灰色のタンクを使うと思われるのですが、灰色の塗装が面倒くさかったのか黒で描かれてしまっています。

 しかし、なぜに化学式なのでしょうか。普通に日本語で書いてもらっても問題は無いと思うのですけど。

国境無し

| コメント(0)

 うまいものには国境無し。

万国飯麺
 万国飯麺

 なんとトムヤムスープベースのラーメンがあるとか。しかもトマトまでプラスされていて酸味と辛味がラーメンに。酸辣湯麺ではない別の物です。

 美味さは国境を越える。でしょうか。
 残念ですが、すでに閉店されている模様です

1、2の続き

| コメント(0)

 以前に「一」「二」があって「三」はどこだという記事を出しましたが。

三
 「三」

 ついに続きの「三」が見つかりました。
 漢数字のフォントを見る限り、先の店の姉妹店というか関連店舗である事は間違い無さそうです。
 こうなるとその続きがさらに気になります。

お代は鮮血で

| コメント(0)

 ルーマニアの方?

どらきゅら
 「どらきゅら」
 濁点がコウモリである

 バーメニューはトマトジュース系。
 フレッシュトマトジュースに始まり、レッドアイ(ビール)、ブラッディメアリー(ウォッカ)、レッドスナッパー(ドライジン)、ブラッディーサム(ジン&レモンジュース)、ストローハット(テキーラ)、バノックバーン(スコッチ)、ユダ(ココナツリキュール)、レッドバード(ビール&ウォッカ)、デニッシュメアリー(アクアビテ&レモンジュース)、ブラッディブル(スコッチ&レモンジュース&ビーフブイヨン)、バージンメアリー(レモンジュース)等など。

 お代は1杯につき献血100mL。あ、呑んだ後だと献血できませんね。

AVRマイコン電子工作製作会

| コメント(0)

 いろいろバタバタしているたので今回は1日だけの参加。

電子工作製作会会場
 電子工作製作会会場
 共立電子産業 1Fセミナー室

会場の様子
 会場の様子

 今回、初日の初回参加者の率が半分を超え、2日目も初回参加者が何人かいらっしゃるというフレッシュマン多数な両日でした。
 初回参加者の方のルーティンはまず、トレーニングボードの製作です。ハンダづけは中学校の技術の授業以来という方でも、スタッフの方の献身的なサポートの下で完成します。
 トレーニングボードが完成したら、こんどはPC側の統合開発環境であるAVR Studio 4とAVR GCCのインストール、さらにデジットのAVRライタであるAVRWRT3のドライバインストールと認識までが一通りの準備作業。
 このあと、新規プロジェクトの作成方法やプロジェクトへのソースファイルの追加など、ビルドできるまでの作業をスタッフの方のサポートで行います。ビルドが成功したらライタを使ってサンプルプログラム(LEDナイトライダーなど)をターゲットのトレーニングボードに書込んで、正常に動作するまでがとりあえずの第一目標になります。

 サンプルプログラムの稼働ができたら、とりあえず一通りの手順が理解できますので、この後は参加者の思い思いの目標に向かってプログラムを作って行く事になります。
 プログラミング言語もアセンブラ派とC言語派と半々ぐらいでしょうか。マイクロコンピュータのアーキテクチャを理解するにはアセンブラの方が早道だと思いますが、複雑なプログラミングになるとC言語の方が扱いやすくなりますので、どちらも一長一短と言えます。
 C言語を使った場合の唯一の難点は、プログラミングにC言語の言語仕様の習得が必要な事。高級アセンブラと揶揄される事もありますが、制御構文や条件分岐、ループの他に配列やポインタといった様々な罠が(笑)待ち受けていますので、プログラミングしたい内容に至る以前に、コンパイルエラーと戦う事の方が初心者の方は凹む原因かもしれません。

DCモータの作例
 DCモータの作例
 PWMで速度制御

ステッピングモーターの作例
 ステッピングモーターの作例
 バイポーラステッピングモーターをパルス駆動

 やはり人気なのはモータを使った製作。結果がすぐ目で見える事もあり、何か物を動かす事ができるという目的が多いためか、かなりの割合でモーターを使った周辺回路を加える方が多くいらっしゃいます。

 次いで、やはり「目で見える」に繋がるのがキャラクタLCDディスプレイを接続して利用するもの。キャラクタディスプレイはインテリジェントにできていますから、繋ぐだけでなく初期化や表示のためのコマンド送信など外部デバイスの制御という側面もあり、自分でゼロから作る場合はかなり勉強になると思います。
 もちろんサンプルプログラムから改造するという近道もありますが、その場合は逆にサンプルプログラムに書かれている内容を解析して理解する必要がありますのでどちらもどちらでしょうか。
 自分でゼロから書き上げたプログラムなら、どこでどのように動作しているかが把握できていますから、機能の追加や改造といった場面で柔軟に対応できますので、一度は試してみては良いのではないでしょうか。

 2回目以降の参加をされた方でも、途中がかなり空いていると結構忘れてしまっていて、なかなかエンジンがかからないようで、ビルド時のエラーを取り除くのに苦労されているようでした。

 私もそうなのですがMacOS環境でWindowsを動かしてIDE環境を構築している方がポツポツいらっしゃいます。USB経由で制御するのであればWindows側にドライバをインストールするとちゃんと認識しますので、意外と簡単にIDE環境の構築とライタの認識・接続ができ、まともに使えます。今回はVirtualBoxを使ってWindows7をインストール、その後でライタのドライバインストールと認識まで完了した参加者の方がいらっしゃいました。ここまで確認できると、あとはIDEをインストールするだけですのでMacでAVRのプログラム開発ができるようになります。
 AVR GCCやらライタの接続をMacOS X環境でできない事も無いのですが、GUIで簡単には行きませんので、この方がラクチンではないでしょうか。

 プログラミングだけでなく、周辺回路も含めて作られる方の思いが形になるのが見ていて楽しみです。もちろんスタッフの方の献身的なサポートによるバックアップ体制も見逃せません。

対数的な

| コメント(0)

 logと言われると、対数の方が先に出ます。

焼き鶏店の看板
 焼き鶏店の看板

 木こり(logger)のリズム(rhythm)でロガリズム(logarithm)。
 通常は10を底とした常用対数の事を指します。自然対数を底とした対数はln(logarithmus naturalis)と表記する事が多いかと思います。常用対数をlog10とする場合もあり、その場合は単なるlogは常用対数ではなく自然対数となります。

 件の看板、なぜかログ調。ログには航海日誌やコンピュータの操作記録などの記録的な意味合いの他、丸太の事を指します。ログハウスと言うと丸太小屋の事ですね。
 さすがに曲げ加工までは手をつけなかったようで、すべて直線で構成されており、使用した本数的にも、なかなかの力作です。

かどや(#17)

| コメント(0)

 いたって普通。

かどや
 かどや

 どうも焼肉店が多い「かどや」ですが、こちらは定食屋さん。
 バッチリ角地にある、屋号が「かどや」で、ズバリそのもの。突っ込みどころがありません。

どちらもつらい

| コメント(0)

 フーテンの?
女もつらいよ
 女もつらいよ

 渥美清主演の名作映画。世界最長の映画シリーズ(作品数)としてギネスブック国際版にも認定されている国民的映画。演じる車寅次郎とその周囲の人間を巻き込んだ人間ドラマが笑いと涙を誘います。

 それにあやかってでしょうが、店舗のテントに「女もつらいよ」とあります。
 渥美清に似たイラストが描かれていますが、松竹から何か言われたりしないのでしょうか。また、女性の方はどうも妹のさくら(倍賞千恵子)のようですが、こちらも大丈夫なのでしょうか。
 小心者の私としては大変気になります。

次のページ