2015年2月アーカイブ

読ませます

| コメント(0)

 店舗の屋号ですが、まず読めませんよ。

矗々家
 矗々家(ちくちくや)

 直が3つ集まった「矗」。読みは「チク」または「シュク」や「チュウ」「チョク」です。
 訓読みもあり「なお・い」と読みますが、まあ読めませんよね。

 屋号の「矗々(矗矗)」は直立してのびるさま、あるいはそびえ立つさまを示していて、
「矗立(ちくりゅう)」も同じ意味を示します。

 さすがに読めないと践んでいたのでしょう、ちゃんとよみがながひらかな表記でついていました。って、まず読めないですよ、この文字。

思わず振り向く

| コメント(0)

 これは中々のアイデア。

商店街の看板
 商店街の看板

 ふつうこの手の看板の表記は「手前〜m」とか「〜m戻る」みたいな表記が一般的なのです。あまりにも具体的すぎて、その表記されている店舗なりを返って振り向いてまで見る事はありません。
 しかし、この書き方だと「えっ!?」と思わされ、思わず「どこにあった?この店?」と振り向いて探してしまいます。なかなかキャッチーな書き方。

 え?当然振り返りましたよ?
 (は、はめられた〜)

AVRでI2C

| コメント(0)

 進めているDACユニットでI2Cを使う関係で独立デバッグ。

I/Oエクスパンダ基板
 I/Oエクスパンダ基板(準備中)

 USB DACの製作でI2Cでの通信ルーチンをAVR GCCで書いていたのですがどうも宜しく無い状態なのでI2Cだけを中心としたテストボードを用意しデバイス制御を行って確かめることにしました。

 MicrochipからリリースされているI2C通信を使ってやり取りするI/OエクスパンダMCP23017を使ってデバイス制御を行って確認をします。LEDを接続してポートの状態を確認できるようにしています。8bitポートが2組ありますが、片方のポートを出力に、もう片方のポートを入力に設定します。
 ポートの状態表示のため出力側にはHC540を介して正論理でLEDが点灯するように、入力側はプルアップを行ってLoの時にLEDが点灯するようにします。入力はタクトスイッチを接続してビット単位でポートの状態を変更できるようにしました。デジットのATMega168を搭載したトレーニングボードと同じ要領ですね。
 実際は使わないのですがデバイスの機能を全て利用できるように作り込みしています。
 RESETをボード単独でできるようにスイッチを付け、割り込みピンもプルアップをジャンパーピンを介して行い、ジャンパーピンを外せば外部からの入力に対応できるようにしています。割り込みの設定はデフォルトでアクティブLoなためです。また、デバイスアドレスの下位3ビットもショートピンで設定できるようにしました。
 I2Cバスのプルアップ抵抗が未実装ですが、抵抗の値は思案中です。抵抗値が大きすぎると浮遊容量が影響して通信時に支障が出ますし、小さくしすぎると今度はバスのドライブ能力に影響が出て、信号をLoまで引っ張れない場合があります。ちゃんと条件から計算すれば良いのですが、そこを端折って(笑)始めは1.5kΩあたりで行おうかと。

 PCM1792では読み出しが上手く出来ていないようでしたのでそのあたりを重点的に行う予定です。
 単純にプロトコルの間違いかもしれませんが、読み出し時のデータが全てのビットで1になっており、どうもまともなデータが得られていないか読み込み動作ができていないようです。

 しばらく、このボードを使ってI2Cの通信について、復習の意味も込めプロトコルも含めて検証を行います。

うたう

| コメント(0)

 みくみくにしてあげる?

初音
 初音(はつね)

 屋号がボーカロイドのボーカル音源第1号キャラクターと同じ文字、同じ読み。
 こちらのお店はDTMやボーカロイドとは一切関係がありません。
 が、関東煮と関係はあります。
 ネギはあったかなぁ。

医者に止められます

| コメント(0)

 慢性疾患に至る2つの要素が同時に。

酒・たばこ
 酒・たばこ

 飲酒と喫煙、病気になると真っ先に医者から辞めるように言われる嗜好品ですが、ダブルで看板に表記されているのはびっくりです。
 タバコはともかく、酒については適量であれば健康増進の作用もあるそうなので、一概にどちらもダメだとは言いませんが、どちらも攻めてくると辛いかも。私の場合はタバコがそもそもアウトなので、選択肢は1つしかありませんが、どちらもアウトの人はかなり辛い選択を迫られるのではないでしょうか。

頭を下げている

| コメント(0)

 大阪市交通局の設置している公衆トイレ、改装しました。

駅トイレ
 駅トイレ(西梅田駅)

 汚いと評判(苦笑)だった、大阪市地下鉄の駅トイレ(改札内だけでなく構内周辺に設置されているものも含む)が改装とともにかなり奇麗になりました。

 一番、印象的なのがピクトグラム。
 ご覧のように男女とも頭を下げている意匠になっています。もてなしの心を表現したものらしいのですが、「ようおこし」とご丁寧に挨拶もされてしまいます。
 これは昨年(2013年)から順次リニューアルを開始しており、駅トイレリニューアル情報のページをご覧頂けると詳細が記述されています。
 ちょっとの事なのですが、遊び心のあるデザイン。また、実際内装も含めてかなり奇麗になりました。今までの暗くて汚い(失礼)イメージから明るく奇麗なイメージに大変身です。
 今後の維持も大変かもしれませんが、ぜひとも奇麗なまま使い続けて行ければと思います。もちろん利用者の協力もあっての事ですが。

AVRマイコン電子工作製作会

| コメント(0)

 やはり人気が高いAVRマイコン電子工作製作会。

電子工作製作会会場
 電子工作製作会会場
 共立電子産業 本社1Fセミナー室

会場の様子
 会場の様子

 自宅でもできるのですが、この会場で作業するするというのは良い気分転換になり、いろいろ捗る事があります。そのためかマイコンAVR電子工作製作会は参加者が多く、今回も事前に満員御礼の参加者打ち止めとなっていました。
 なんと岡山や名古屋からわざわざ来阪して遠征参加される方もいるぐらいの大人気な製作会です。

 初回参加者が今回も数多くいらっしゃいました。黙々とトレーニングボードを組み立て、環境を構築し、ドライバをインストールし、テストプログラムをビルドしてトレーニングボードの動作確認までが一連の流れですが、スタッフの方のサポートと共にみなさん熱心にとりくんでいらっしゃいます。
 スタッフの方がほぼマンツーマンで対応されておりワンチップマイコンを使ってプログラミングを行い制御するという醍醐味を堪能されたようです。良いきっかけになれば、と思います。

 今回参加された方々の製作物はGPS通信で経度緯度表示をさせている方がGPS受信ユニットが廃番になり通信条件が変更になったとのことで、その対応。その他、通信を行い受信したデータをLCDディスプレイに文字表示させる方や、温度センサーで得た温度で温度コントロールをさせるためにトライされている方など、全体として特定のテーマに偏ることなく、かなり広い範囲のターゲットについて作業されていました。

製作中
 製作中...

 その中のお一人にXBeeのWi-Fi対応モデルを使って通信にトライをされている方がいらっしゃいました。当初、接続は確立しているのに通信ができないトラブルに遭遇されていましたが、接続している機器側の設定等に起因する問題ではなくPC側の問題だったようです。
 ファイアウォールで除外指定をしないと、知らない機器とは通信できない安全寄りになっているデフォルト設定にやられてしまっていたそうです。

 今回もスタッフの方々が多くの方に対して献身的にサポートされていました。
 初心者の方が製作会をきっかけにプログラミングや電子工作のスタート地点となり、どんどんご自分でいろいろな事をされるきっかけになる事を期待します。

ソウルフル

| コメント(0)

 一球入魂、は野球です。

魚介煮干魂入
 魚介煮干魂入

 最近よく見る魚介出汁系ラーメンだと思われますが、かなり魂が入ってます。というか、提灯に「魂入」と書いてあります。
 正に汗と涙の結晶がスープに。と書いてしまうとなんだか食欲が...(笑)。

知られていない宣言

| コメント(0)

 普通はひっそりと。

吾菜場
 吾菜場(あなば)

 一般には余り知られていない場所が穴場。それに掛けた屋号なのでしょうが、看板があまりにも堂々と掲示されていて、「目立たない」の真逆を突き進んでいるようです。

 穴場の別の意味には公営競技(公営ギャンブル)の投票権売場の事を指すこともあり、どちらかと言うとギャンブラー向けのお店なのかもしれません。

リ、リアル...

| コメント(0)

 普通に木の看板だと思いますが。

店舗看板
 店舗看板

 木製の魚の看板。なのですが、なぜか妙なリアル感があります。
 木目と木の質感が醸し出す雰囲気で、おもわず薫製の魚がそのまま看板になっているのではないかと勘違いしそうになります。

 ちょっと、触ってみたい気持ちがあったのですが、噛み付かれそうで(笑)手を出せませんでした。
 リアルというか怖いというか。

 ちなみにシッポは別パーツでした。

次のページ