2015年4月アーカイブ

斜め上なポスター

| コメント(0)

 大阪人、シャレ(駄洒落ではない)好きですよねぇ。

お茶屋のポスター
 お茶屋のポスター

 なにせ「しばくぞ。」です。
 その横にはオッサンが茶壺抱えてムッスリとした顔で仁王立ち。
 もう、何が何やら(笑)。

 実は大阪のこてこて最前線と思われている通天閣のすぐそばにある新世界市場のアーケードに掲示してあるポスターのひとつ。新世界市場再生プロジェクトの一環で電通若手クリエイターの制作されたポスターですが、内容が凄まじいまでの斜め上。
 ほかにも数々の斜め上ポスターが存在し、「このポスター 金ないから タダでつくらせとるんや」とか「昔は人ゴミで向こうがみえんかったんや 今はボーリングできるけどな」のほかにも「仕入れやめてんのに、なぜか売り切れんねん」などの自虐的ネタが多数あり、通行人を楽しませてくれています。

 地元ではこのポスターのおかげで客とのツカミとなり、会話ができるようになったと好評だそうです。
 ほとんどシャッターのしまったシャッター商店街に近い状態ではありますが、徐々に若い人が店舗に入って活気を取り戻しつつあるとか。

自明な店名(#34)

| コメント(0)

 ちょっと地面から下。

Hanchika
 Hanchika

 店舗床面が微妙に路面から下。
 かと言って地下階ではなく、窓は地上にも出ている。

 もう、店舗の名称が店舗の様子をそのまま示しています。
 半地下なのでHanchikaという屋号。
 純然たる地下階でもなく、地下階で天窓というわけでもなく、微妙すぎます。

 無いとは思いますが、エレベータがある建物でこのフロアで下りるためのボタンの表示はどうなっているのかかなり悩みます。中二階なら「M2」という表記はみたことがあるのですが、さすがに半地下はありません。想像するに「BM1」なのでしょうか。はたまた「B1M」なのでしょうか。悩みます...。

そこまで言わずとも

| コメント(0)

 罵詈雑言オンパレード(イラスト付き)。

罵詈雑言落書
 罵詈雑言落書

 何かイライラしていたのか、よほど気に喰わない出来事でもあったのでしょうか。罵り言葉が並んでいます。唯一の救いはなんとなくカワイイ絵が添えられていることでしょうか。とは言え、落書きの段階でそもそもダメなんですけど。

 罵り言葉が凄い。
 「でぶ」身体的特徴を攻撃材料に使うのはあまり褒められたものではないです。
 「ぶす」これも同様、容姿についての言葉。
 「ハゲ」うーん、本人の責ではないと思うんですが。
 「だぼ」これが一番ひどい。
 ちなみに「だぼ」は大阪弁ではなく芦屋以西の言葉のようで、関西一円で使われている言葉ではありません。「あほ」「ばか」よりも上のランクで、かなりキツい言い様です。

 神戸在住の人が「この、ダボがっ!」と言われるとかなり凹むそうですので、その破壊力はかなり大きそうです。お世辞にも良い言葉遣いとは言えません。

 まあ、なにかよっぽどこれらに係る何かが一斉にやって来たのでしょう。
 悔し紛れに落書きしたということなのかもしれません。

謎の数字

| コメント(0)

 全く持って謎。想像できる範囲を超えています。

⑦
 ⑦

 なんと読むか全く不明。
 駐車場や何かの案内の番号看板ではありません。

 普通に何かの店の屋号を掲げる看板なのですが...

気がつけば10年目

| コメント(0)

 あまりの多忙にブログの更新もまともに行えない時期があり、気がつくと3月末を過ぎていました。

 というわけで10年目に突入。
 何があるという訳でもなく、だらだらと続けるだけですが、みなさまのお目汚しで楽しんで頂いているならば、存外の幸せであります。

 なかなかネタを集める時間も取れず、ましてや二輪に乗る時間もとりにくく、ほとんど血反吐を吐きながら続けています(苦笑)。

 ご覧になって頂ける方々には、まだやっていると生温かい目でお見守りくださいますようお願い致します。

 まだ、しばらくは続ける気力が残っていますので大丈夫かな。

全部じゃないです

| コメント(0)

 かなり激安!ん?

自動販売機
 自動販売機

 飲料の自動販売機に「50円」と「ゲキ安」の表示。
 これは安い!と飛びつきそうになりましたが、実は一部商品のみ50円でその他は100円がほとんど。
 看板に偽りありとは言いませんが、せめて最安50円ぐらいに留めてほしかった。

七人目

| コメント(0)

 赤塚先生、隠し子です!

すし松くん
 すし松くん

 故赤塚不二夫の名作漫画のひとつ「おそ松くん」のキャラクターをもじったとしか思えないこのイラスト。寿司屋なので「すし松くん」だとか。

 六ツ子は「おそ松(おそまつ)」「カラ松(からまつ)」「チョロ松(ちょろまつ)」「一松(いちまつ)」「十四松(じゅうしまつ)」「トド松(とどまつ)」なのですが、隠し子があった模様(笑)。
 これって、フジオプロの許可を得ているとは思えないんですが、まあ、愛嬌あるし、ほぼ落書きみたいですし、見逃してくれますよね、きっと。

ローカル表記

| コメント(0)

 これも解らないのですよね。

ほってください
 「ゴミはきれいにほって下さい」

 大阪弁で「捨てる」を「ほかす」と言います。
 すなわちこの注意書きは標準語に直すと「捨ててください」になります。
 マジック手書きの内容に「ハイシ君」とありますが、特定の人物なのかなにかは全く持って不明。誰かを指しているのかもしれませんが...。

 「ほかす」は「渤海に捨てる」の頭文字(ぼかす)からとか、「放下す」からとか諸説ありますが、決め手は有りません。私の説は「外す」では無いかと思ったりもしているのですが勝手な思い込みかも知れません。
 東の方では「うっちゃる(打っ遣る・打っ棄る)」という表現を用いるようで、相撲の技の名前「うっちゃり」はこの言葉からきています。

 まあ、「ほかしといてぇ〜」と言われて解らないのは「なおしといてぇ〜」と同じぐらいの高難度な大阪弁ではないかと。

強そう

| コメント(0)

 京阪神の人からするとなぞの言葉。

がいな
 「がいな」

 愛媛地方の方言で「強い」とか「乱暴」な意味があるそうですが、鳥取では「大きい」意味なので、どちらなのかはちょっと微妙で判断がつきません。

 看板の落款にあたる部分に淡路とありますし、狸でこのポーズとなると愛媛の方言だと思われますが、イラストをみると愛嬌はありますが乱暴そうには見えませんね。

両立する

| コメント(0)

 意外とこの組み合わせアリなんですかね。

中華・洋食
 中華・洋食

 中華の店で洋食がメニューにあるという例、意外とあったりするのです。
 揚げ物が多いのですが、中華料理店でトンカツ定食がメニューにドーン!とあったりします。

 まあ、和洋中全部ありの店もありますから、この組み合わせも問題なしです。

前のページ 次のページ