レベルメータ

| コメント(0)

 TA2020-20パワーアンプのためのオーディオレベルメータ回路。

ステレオレベルメータ
 ステレオレベルメータ基板

 シャープの廃番デバイス(IR2406G)が格安だったのと、丁度それにバッチリのLEDアレイも格安だったため、12点LEDレベルメータ回路を付けることにしました。

 レベルメータはリニア表示。デバイスの入力はDC入力となりますので交流のオーディオ信号を入力するには整流しなければならないため、先行して理想ダイオード回路で整流・平滑を行う回路を製作しています。
 表示部の回路はデータシートを参考に単純そのまま。
 表示レベル最大値調整のためのVREF-MAXは半固定抵抗で調整。一応気休めで33μFの電解コンデンサでデカップリングしています。

 LEDの輝度調整が行う事ができるのですが、調整用半固定抵抗を付けるかどうかは悩み中です。

コメントする

投稿ボタンは1回だけクリックしてください。
システムレスポンスが悪い場合はかなり時間がかかる時がありますので、その節はご容赦ください。