2015年11月アーカイブ

やっぱりパート2

| コメント(0)

 周りを探すもパート1は無し。

 パートII
 パートII

 すでにパート1があったのかどうかすら不明。
 いきなりパート2の可能性の方が大。

 まず、パート1とパート2の関連があるのか無いのか。そもそも先行してパート1があったのか、パート3がさらにあるのかとか、いろいろ疑問が湧いてきますが、どうも奥ゆかしいのが要因かパート1は(ほとんど)無いのです。

 パート1はどこだ〜!と叫びたくなります。

こっちもびっくり

| コメント(0)

 この店名はかなり、こちらもびっくりします。

ガム・チャンポン
 びっくり ガム・チャンポン

 どこがどうしたらガムとチャンポンが結びつくのか全く見当がつきません。
 しかも屋号はチャンポンとあり、チャンポン専門店と思いきや、まったくかけ離れていて
、つけ麺がメインのお店だとか。
 もう、なにがなんだか。頭の中がチャンポンになりそうです。

自明な店名(#39)

| コメント(0)

 角にあるから「かどや」の常識を覆す。

まがりかど
 「まがりかど」

 確かに路の曲がり角、角地ではありますが「かどや」ではなく「まがりかど」なのです。

 人生の曲がり角とか、お肌の曲がり角、運命の曲がり角のようにあまり良いイメージで使われないのですが、この場合は曲がり角にある店だから「まがりかど」と、そんな事は一切おかまい無しの直球ど真ん中のネーミングを採用されています。

危機一髪

| コメント(0)

 ひげはかなり風貌のシンボルとしては印象が強いのです。

黒ひげ
 黒ひげ

 横から剣をタルの穴に順に挿していき、真ん中の人形が飛び出した人が負け。というのはタカラトミーの有名なオモチャ「黒ひげ危機一髪」です。すでに発売から40年を経ているロングセラー商品です。
 黒ひげ危機一髪の黒ひげくんは海賊の風体をしていますが、黒髭が特徴だったイギリスの海賊エドワード・ティーチにあやかった設定だと思われます。もっとも黒ひげくんはかなり下っ端のイメージですが、モデルの黒髭の方はカリブ海や大西洋の沿岸を荒し回った史上最強の海賊で、かなり恐れられていた存在。後々の小説や戯作・映画などに登場する典型的な海賊のイメージとなりました。

 こちらのお店はダイニングバーですが、海賊とは縁が無さそう(笑)なので安心してお入りいただけるのではないでしょうか。

保存車両(C11 40)

| コメント(0)

 福知山駅南口駅前の公園にある保存車両。

C11 40
 C11 40
 撮影 2014年9月

 昭和8年(1933年)、川崎車輛で製造され、福知山機関区に配属された小型機関車C11形の40号。C11形の2次形の特徴であるアーチ管が取り付けられています。
 昭和19年(1944年)から昭和31年(1956年)まで篠山線にて運用。篠山市丹南町公民館の広場で展示されていましたが、平成19年(2007年)1月に「鉄道のまち福知山」のシンボルとして駅南口公園に福知山機関区名に設置されていた転車台と共に展示されています。

展示全景
 展示全景

 福知山駅の高架化と立体交差化に伴いこの公園の西側約100mにあった福知山機関区では検修設備が廃止され機能を豊岡鉄道部に移転したため、設備だった転車台を展示施設として移設しました。
 転車台のイメージを活かすため転車台の設置周囲はターンテーブルとそれにつながる放射状のレールをイメージした装飾が路面に施されています。

自明な店名(#38)

| コメント(0)

 なんでそうなんや的ですが、やっぱり自明な店名。

鉄板焼「焼屋」
 鉄板焼「焼屋」

 焼いて、焼いて、焼きまくるぅ〜。
 お好み焼き、焼そば、焼うどん、そばめし、とん平焼き、ステーキに鉄板焼一品もの、ガーリックライスやチキンライス等の焼き飯系など、ありとあらゆる焼き物が食べられます。そばめしは知っていましたがその派生系と思われる「うどんめし」なるメニューもあります。

 貼り出されているメニューの量を見ると、とりあえず何でも鉄板で焼いてくれそうです。

芦屋変電所

| コメント(0)

 なぜか線路からかなり離れた場所にある鉄道用変電所。

JR芦屋変電所
 JR芦屋変電所

 東海道本線から結構離れた場所にあるのでかなり違和感を感じますが、実は引き込み線の廃線跡に沿う形で送電線が引かれているためです。

送電線
 送電線

 向かって左側4本が外線(新快速や貨物の走行する線)で、右側4本が内線(普通列車や昼間の快速が走行する線)への送電線(1500V)になっています。

給電線
 給電線

 左側の細かい線と大型変圧器がある方が変電所への給電線で交流22kVだと思います(違っていたらすいません)。

廃線跡の送電
 廃線跡の送電線路

 この送電線の通る空き地は鉄道省時代に神戸臨港線(こちらもすでに廃線)の築造に使われた土砂を西宮市大谷町付近(森具字久出の山林)から採取し、大谷町土砂運搬引込線として運用されていた跡。土砂と作業人員の運搬のために敷設された貨物線路だったのです。
 芦屋変電所からの送受電をこの廃線跡に設置していて、東海道本線から数百m離れているのですが土地の収用や地目などの関係でこの場所に変電所を設置したのではないでしょうか。


 芦屋変電所周辺

 Google Maps航空写真で表示されている場所ですが、左上の四角い目立った建物がJR芦屋変電所です。そこから下へ大きくカーブする路のようなものが廃線跡。一段階拡大してもらうと、真上からの航空写真ではなく、山の方を向いた斜めから撮影された画像に変わるのでさらに判りやすくなります。
 芦屋変電所周辺は採掘完了後に鉄道従業者の官舎があった場所。現在も周辺にはJR西日本の集合住宅があり、社員の社宅として利用されているようです。

なんでそうなんや(#72)

| コメント(0)

 これで照り焼きが出てこなければおかしいでしょう。

てりやき屋
 てりやき屋

 ランチメニューは照り焼きオンパレードのようです。
 さすが屋号が「てりやき屋」。
 でも普通のメニューもちゃんとあります。お造り系だとか居酒屋メニューも。

 でも照り焼きなんですよねぇ。

ナイスな

| コメント(2)

 何がナイスなのかわかりませんが。

ナイス市場
 ナイス市場

 とってもナイスなお店ばかり、なのでしょうか。
 売ってるものがナイスなもの、お店の人がナイスガイ・ナイスギャルばかりでとおっても親切なのかも。

 とりあえずナイスな市場である事を信じています。

歯医者の歯

| コメント(0)

 どうも「歯」がおかしい歯科医の看板。

歯科医院の看板
 歯科医院の看板

 「歯科」の「歯」ががっちり歯形をしています。
 どうしても「歯」に意匠が加わる歯科医院の看板。当然のように歯のキャラクター的なものも添えられています。

 しかし、どれ一つ同じなのが無いのが不思議。供給過剰で客(患者)の取り合いになっているという歯科医院のそれぞれのオリジナリティを出したいが故なのでしょうか。

前のページ 次のページ