冷コー

| コメント(0)

 最近の若い人は知らないか。

冷コー
 「冷コーあります」

 大阪的メニュー表現の1つである「レスカ」と双璧をなす1つ。

 意味さえ知ってしまえば何の事は無い。「冷たい」「コーヒー」なんで「冷コー(レイコー)」。
 その正体はもう、お察していらっしゃるでしょうがアイスコーヒーの事です。

 ちなみにアイスコーヒー、海外のメニューを日本で出したと思えますが実は日本発のメニュー。明治中期の「氷コーヒー」が発祥かもしれませんが、「冷やしコーヒー」や「アイスコーヒー」、「冷コーヒー」の名称が出てくるのは大正後期から昭和初期。
 海外では水出しコーヒーというものはありましたが、日本の氷が入った冷たいコーヒーというのは無かったようで、日本で飲まれていることを知った事で自国でも提供し始めて広まったようです。そもそも飲み物を「冷やす」というのは日本の文化であり、ビールを冷やして飲むのも日本人が始めたのではないでしょうか。
 もっとも海外ではスターバックスがアイスコーヒー系のメニューを出したおかげで世界展開されてアイスコーヒーの認知が広まったのが一番大きな要因だと言えますが。

コメントする

投稿ボタンは1回だけクリックしてください。
システムレスポンスが悪い場合はかなり時間がかかる時がありますので、その節はご容赦ください。