床屋ではない

| コメント(0)

 大阪では理髪店は床屋ではなく散髪屋です。

サンパツの看板
 サンパツの看板

 江戸(東京)地方は床屋が一般的な呼称ですが大阪では散髪屋が一般的。これは江戸時代に理髪店を髪結い床と呼んでいた事が元になっています。

 使い方としては「散髪」の方が広く、「床屋」には「行く」のですが、「散髪」は「行く」も「する」も使います。
 「散髪してくるわ」と言われると「散髪屋に行って散髪してくる」わけです。説明が冗長的になってしまいますけど。アクロバティックな言い回しだと「床屋に行って」「散髪してくる」もアリです。

コメントする

投稿ボタンは1回だけクリックしてください。
システムレスポンスが悪い場合はかなり時間がかかる時がありますので、その節はご容赦ください。