2016年8月アーカイブ

ノッてるかぁ〜

| コメント(0)

 かなりやんちゃな屋号。

ニューロック
 ニューロック

 理容店です。楽器店やスタジオの名前ではないのです。
 店内ではロックが大音量でガンガン鳴っていて、店主もノリノリで調髪。客もギンギンに踊りながらシャンプー。パーマの待ち時間はギターをギュインギュイン云わせて過ごします。

 なんて事は無いと思います(笑)。

シベリア

| コメント(0)

 全部カタカナで不思議な語感。

クラスノ
 クラスノ

 どういう意味があるのだろうと一通り悩みましたが、地名が元だそうです。
 その地名とはシベリアのクラスノヤルスク(Красноярск)で、第二次大戦前後に収容所が置かれていました。ここの初代マスターが実際にシベリア抑留を体験されていて、収容されていたのがクラスノヤルスクの収容所だったため、この屋号になったとの事。
 当時の辛さを乗り越えた事を忘れないようにするためだそうです。

国鉄581系電車

| コメント(0)

 いまは運行されていない寝台急行「きたぐに」で運用されていた車両。

581系 クハネ581-33
 581系 クハネ581-33(先頭車両)B05編成
 撮影:2010年11月

 牽引客車では無い動力車を含む寝台急行列車です。重量のある機関車による寝台車牽引では軌道の弱さやカーブで120km/hの高速運転が難しい区間が多かった事から動力車による電車方式が採用されました。

 581系/583系の運用は関西では「きたぐに」で最後まで続けられましたが、2012年3月のダイヤ改正で定期運用が廃止。翌年2013年1月末に臨時も含めてすべて運用が廃止されました。
 クハネ581-35は京都鉄道博物館にて元の国鉄色に塗り替えられて保存展示車両として残されていますが、それ以外は写真のクハネ581-33を含めて全車両が廃車となっています。

けっこうある

| コメント(0)

 カタカナが並んで円形になり意味をもつ。

フクシマ建設
 フクシマ建設(福嶋建設工業)

 以前の幸福堂と同様にカタカナの「フ」を9つ並べてロゴ化。
 「フ」が9つで「フク」、真ん中に「嶋」の文字でフクシマと読ませます。カタカナで「フクシマ建設工業」とありますが、これはこのロゴとセットなのでこう表記していると思われ、正式には福嶋建設工業が正式社名です。

 この手の意匠の会社ロゴ、けっこうあります。なかなか判じ物として面白いですね。

貫通工事

| コメント(0)

 大阪市営地下鉄の梅田駅改良工事。

貫通通路工事中
 貫通通路工事中

貫通通路
 貫通通路(工事完了)

 アッと驚く拡張工事がされた大阪市営地下鉄の梅田駅ですが、もともとは隣に掘ってあったトンネルを駅に拡張したためトンネル間のアクセス通路が少ないのが難点でした。トンネルごとに昇降口があるのは良いのですが、一度下に降りてしまうと逆向きの乗り場に移動するのがちょっと回り道のようになっていたのです。
 そこでトンネル間を貫通する通路を増設してアクセス性を向上しようと改良工事を行ったようです。かなり強引な感じは否めませんが、これで梅田駅の千里中央方面と中百舌鳥方面の乗り場の移動がちょっとスムーズになりました。

おっ!

| コメント(0)

 なんともユーモアあふれる看板。

おっ酒
 おっ酒

 以外と侮れない酒屋の看板を見かけます。
 「おさけ(お酒)」に掛けたのでしょう。つづけて「グビグビ」とか書いてしまいそうです。

 最近アルコール依存症(いわゆるアル中)や、一気呑みで急性アルコール中毒で病院に搬送されたり死亡する例が頻発する事から酒類のCMで飲酒欲求を煽るような「グビグビ」とか「ゴクゴク」のような表現を使わないという業界全体で自主規制する方向に切り替えられました。
 「お酒を楽しく飲んでもらえるよう業界で適正飲酒に向けて取り組む」という主旨だそうです。
 それに伴い、清涼飲料みたいなデザインだった低アルコール飲料にも「お酒」と目立つように記載がされるようになりました。まあ、「子どもがジュースと間違って缶酎ハイ飲んだ」みたいな事があったのでしょう。プルトップの部分にある点字も「おさけ」とか「びーる」の表記がはいるようになりました。
 なにより、お酒は適量で、が一番です。

自明的な建物

| コメント(0)

 どうみてもホルスタイン柄。

牛乳宅配センター
 牛乳宅配センター

 牛乳の宅配センターなのでホルスタイン柄。納得の外装デザインです。
 モノクロの大柄でメリハリがありますので、牛や牛乳等と関係なくデザインとしても使われるホルスタイン柄ですが、これは採用すべくして採用されたのでしょう。

星新一とはちがう

| コメント(0)

 ショートショートの雄、星新一の作品はボッコちゃん。

オッコちゃん
 オッコちゃん

 文庫のタイトルになった作品名である「ボッコ」ちゃんはバーにいます。
 透明感のある文章とやりきれない結末。ユーモアというにはあまりにも苦い。

 こちらのお店はカラオケ喫茶のようですが、店にボッコちゃんはいないと思いますよ(いたら、その方がすごいですけど)。

まいど

| コメント(0)

 大阪弁なら「まいど!」に相当。

はいさい
 はいさい

 大正は沖縄出身の方が多く住んでいらっしゃる事もあり、沖縄料理店が多くあります。そのなかの1店舗。

 沖縄方言(うちなーぐち)で「はいさい」は、標準語だと「やぁ!」「どうも」「元気?」というニュアンスになります。知り合いなどに道端であった時に気軽にかける言葉でもあります。
 そういえば、喜納昌吉&チャンプルーズの有名な曲に「ハイサイおじさん」というのがあります。志村けんの替え歌として「変なおじさん」も有名でしょうか。アップテンポの軽快な曲なのですが、その歌詞の裏に託された意味は結構深いものがあるようです。

 気軽に「はいさい!」と挨拶できるぐらいの仲になれると良いですね。

JR西日本223形 6000番台

| コメント(0)

 福知山線で快速として運用されている車両。

223系6000番台
 223系6000番台(先頭車両クハ221-6119)MA16編成
 撮影:2011年9月

 おおさか東線の開業にあわせて製造された車両で、2000番台5次および6次車両として宮原総合運転所に配置されましたが、営業運転前に全車両が6000番台に変更されました。性能的には221系にあわせてあります。
 東西線の剛体架線の区間を運転するために2パンタグラフとなっており、223系としては初めての採用です(写真では先頭車両側が畳まれています)。
 223系6000番台は川崎重工と近畿車輛の2社が製造していましたが、写真の編成は近畿車輛製です

次のページ