吹田総合車両所 2016 その2

| コメント(0)

 鉄分たっぷり車両系です。

トラバーサ車両入換実演会場
 トラバーサ車両入換実演会場

  今年もトラバーサの実演があり、車両の入換え実演を行っています。

クハ222 5516
 車両の移動(223系 クハ222 5516)

 北近畿で運用されていた113系の置き換えとして導入された車両で、通常は2両編成で運用され登場したクハ222は城崎温泉側の車両です。修復中のようで運転台周りのガラスが外されて全面部の再塗装中でした。台車も整備中のため仮台車で実演されています。

チキ5714
 車両の載せ込み(チキ5500形 チキ5714)

 会場アナウンスで「チキ」と言われた時は耳を疑いました(笑)。電車ではなく貨物車、しかもロングレール運搬専用という超色物車両の登場です。向日町運転所のJR西日本向日町レールセンターの所属車両で以前にご紹介した状態でレールを運搬しています。

クモハ289 3507
 車両の移動(289系 クモハ289 3507)
 遠景だと何の車両かよく解らない

 こちらも全車検査中のようで、銘板も含めて外装の補修中。窓ガラスも全て無く、内装も外してあり、台車も仮台車でした。元は683系2000番台の車両で直流化したものです。
 特急くろしおとして運用されている車両で、実演車両はオーシャングリーンのラインがまだ入っていない状態でした。

体質改善改造車両(221系)
 体質改善改造車両(221系)

 塗装を全剥離して下地の段階から再塗装を行うため、素っ裸の車両です。もちろん運転台の艤装品や内装等もごっそり取り外されて改造中。2ヶ月近く掛けて出場するそうです。

モハ201 275
 201系 モハ201 275

 トラバーサの端にある留置部に置かれたJRゆめ咲線(桜島線)で運用中の201系ラッピング車両。外装の一部補修中でしたが、人気のハリーポッターのラッピングで、しかもハーマイオニー(エマ・ワトソン)というマニア向け選択なのが泣かせます。

103系車両達
 103系車両達

 引退が決まっている103系が多数展示車両として置かれていました。
 誰がこの並びを言い出したのか知りませんが、面倒くさそうなことは間違いありません。環状線のオレンジ色(朱色1号)、阪和線の青色(青22号)、関西線の黄緑色(黄緑6号)の3色を連結して展示。少なくともこれら3編成の車両をバラして3色続きになるように並び替えて連結させ移動させ...想像しただけでウッとなります。鉄道ファンを楽しませるために労を惜しまない職員の方々には本当に賞賛に値します。

モハ286-11
 287系 モハ286-11(HC635編成)

 特急くろしおで運用されている車両。写真では判りにくいですが側面の窓の下にオーシャングリーンのラインが入っています。
 こちらは仕上がり車両のようで、外装も足回りもきれいな状態で展示されていました。

クモハ225-5003
 255系 クモハ225-5003(HF403編成)

 関空快速として運用を行っている225系5000番台の車両。これまた仕上がり車両の様で外装も足回りもきれいでピカピカな状態で展示されていました。

クハ281-3
 281系 クハ281-3(HA603編成)

 関空特急はるかで運用されている車両です。
 今回は車両休憩所として一部の車両の内部に乗車する事ができるようになっていました。

クヤ212形
 クヤ212形

 次世代の列車制御システムを開発するための試験車両。在来線技術試験車U@techの車両です。
 地上設備と無線で情報を授受することで地上設備の簡素化および削減と安全性の向上を目的とした技術開発のための試験車両となっており、走行していることをみるのは非常に希です。

ジョイフルトレインあすか

オロ14 851
 ジョイフルトレイン「あすか」

 運用機会が少なかったこともあり2016年に吹田総合車両所に回送されたあすかの全車両が展示されていました。写真の展望車マロフ12 852の他、オロ14 851などの編成車両があちらこちらに配置・展示されていました。近く無い先に廃車・解体となる運命のようです。

モハ289-340
 289系 モハ289-340

 クレーン吊り上げ実演に使われていた車両。残念ながら吊り上げ実演は時間が合わず撮影を割愛しました。特急こうのとりとして運用されている車両。

スシ 24
 スシ 24

 トワイライトエクスプレスで運用された食堂車。扉部分が開放されて中を覗くことができるように展示されています。ちょっとしか中を伺うことができませんが、豪華な内装ははやり風格を感じます。明るさに差があり過ぎてせっかくの食堂車の車内はきれいに写せませんでした。フルマニュアルの機能の必要性を感じます。

WTR243E
 ボルスタレス台車(WTR243E)

 多分トラバーサ実演で用いられた223形5000番台の整備中車両の台車だと思います。ほぼ整備は完了されているようで、各部ともきれいな状態で展示されていました。モーターのついていない付随車用の台車で、ディスクブレーキが装備されており、駐車ブレーキ準備工事済のタイプです。

 今回は午後からの予定がありかなり駆け足で見て回りましたので見落としや見ることのできなかったイベントもありました。時間が合わず車両吊り下げ実演は見ることができませんでしたし、長い列があったため体質改善の改装中だった221系の中も見て回ることができませんでしたし。ちょっと残念でしたが、またの機会に。

コメントする

投稿ボタンは1回だけクリックしてください。
システムレスポンスが悪い場合はかなり時間がかかる時がありますので、その節はご容赦ください。