始まりと終わり

| コメント(0)

 一般的には「阿吽」を使いますが、こちらも正しい。

阿呍
 阿呍

 どの世界でも神秘的な響きは音声によるものであり、初めと終わりを示すものがあります。
 新約聖書の「ヨハネの黙示録 21章6節」に「私はアルファでありオメガである、最初であり最後である」とあります。ギリシャ文字の最初の文字"Α"と最後の文字"Ω"を用いて示された言葉です。

 密教用語であるこの「阿呍」も同様で梵字の12ある字母の初めの「阿(a)」と終わりの「呍(hum)」で、万物の初めと終わりを象徴しています。また、「阿吽の呼吸」という成句では息を吐く(呼気)と吸う(吸気)を示して、互いの気持ちの一致を表す言葉としても使われます。

 このお店でも主客の阿吽が一致して、互いに良い時間を作ってくれるのかもしれませんめ。
 

コメントする

投稿ボタンは1回だけクリックしてください。
システムレスポンスが悪い場合はかなり時間がかかる時がありますので、その節はご容赦ください。