逆気流現象

| コメント(0)

 映画で有名になった火災現象。

バックドラフト
 バックドラフト

 火災で高温になった密閉空間に未燃焼の可燃性ガスが溜まったところで、いったん火勢が弱まり収まったかのように見えてしまうため、火災室の扉を開くなどして酸素が豊富な外気を導入する事によって一気に燃焼が爆発的に起こり、開けた扉付近の人やものを押し戻すように火焔が襲う現象です。
 カート・ラッセル主演の同名映画で有名になりましたが、近年の密閉度の高い建築物では起こる環境が整いやすいそうで、消防士の方々に危険が及ぶ率が上がっており、火災のおこっている部屋の扉は無闇に開けないようにしなければなりません。実際に消防士が殉職した火災例もあるそうです。

 さて、このお店の中では様々なものが燃え盛り(盛り上がり?)、いまや扉を開ける犠牲者を待ち構えているという事なのでしょうか。ま、そんなことは無いですよね。

コメントする

投稿ボタンは1回だけクリックしてください。
システムレスポンスが悪い場合はかなり時間がかかる時がありますので、その節はご容赦ください。