2017年12月31日アーカイブ

極楽行き

| コメント(0)

 本当の意味は仏教用語なので一般的に使われるのはちょっと意味合いが違います。

一蓮托生
 一蓮托生

 本来の仏教用語は善行を積んだことにより極楽浄土に往生して同じ蓮華の上で身を託し生まれることを指します。
 慣用ではこれが転じて行動や運命を共にする事を指し、行動には善も悪もなく全ての行動を指します。言われた方は引き込まれて巻き込まれたと思ってしまうセリフですね。

 お店に入るとこの「一蓮托生」に巻き込まれてしまうのかもしれません。いやいや、さすがにそれは無いでしょう。