2018年5月 8日アーカイブ

ぐっと効かせて

| コメント(0)

 演歌ではかなり重要なファクター。

こ・ぶ・し
 こ・ぶ・し

 良く言われる「こぶし」ですがグッとこらえるので手を握る方の「拳」と思われがちですが「小節」が正解です。
 詳しく説明しろと言われても難しいのすが、非常に短い時間での節回しを指します。
 演歌だけでなく歌謡曲でも使われる歌い方ですが、極めるのは難しいのでしょう。