2018年6月 1日アーカイブ


 ついに改装後の阪神百貨店がオープン。

阪神百貨店(I期棟)
 阪神百貨店(I期棟)

 阪神と阪急がH2Oリテイリングとして事業統合した事により実現できた阪神百貨店の増床改築。写真の向かって左奥の部分が阪神百貨店として増床された部分です。元々は阪急八番街があった新阪急ビルだったのですが、改築と共に阪神百貨店の一部として増床拡大される事になりました。明かりの見えるテラスのあるフロア側が旧阪神百貨店(大阪神ビル)の一部になります。
 統合したビルは完成時に「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」と命名。現在阪急百貨店とオフィスフロアのアのあるビルを「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」と改称する予定だそうです。
 5月29日まで営業していた阪神百貨店ビル(大阪神ビル西側)は解体して立て替えられ、百貨店フロアが下に、オフィス棟(11階〜38階)が上にある現在の阪急百貨店ビルと同じような営業形態になるようです。
 予定では2021年秋に百貨店フロアが開業(百貨店全フロアが開業となる)、2022年春にオフィスフロアが開業する事になっています。

 工事中の写真などあるのですが、そちらはまた別の記事にてご紹介しようかと思います。

 予想通りでしたが金曜日開業、翌日の土日はマスコミ取材報道もあったため、すごい人混みでちょっと無理〜な状態でした。落ち着いてから店内を散策しようかと。