焼きます

| コメント(0)

 パン屋の看板。

Le PAN DOUGH
 Le PAN DOUGH

 「ルパン?」「怪盗?」と思い違いしそうですが、純然たるフランス語で「パン生地」。
 あとは焼くだけですよね?
 この焼き上がりのイラストからすると「山食(山型食パン)」と呼ばれるイギリス発祥の食パンのタイプで、焼く時の型のフタが無いタイプのようです。
 ちなみに四角いタイプは「角色(角型食パン)」と呼ばれ、工場での大量生産に向いています。フタをして焼く事からしっとりとしてボリュームがあり、山食のふわふわ感とは違う食感の焼き上がりが特徴です。

 フランスだと「バゲット」や「バタール」が主で、山型食パンはあまり食べられていないと思うのですが、なぜにフランス語?

コメントする

投稿ボタンは1回だけクリックしてください。
システムレスポンスが悪い場合はかなり時間がかかる時がありますので、その節はご容赦ください。