かつてのライバル

| コメント(0)

 著者名を見てピンときた人は鋭い!

ディープ・シンキング
 ガルリ・ガスパロフ 著
 羽生 善治 解説、染田屋 茂 訳
 日経BP社 刊
 ディープ・シンキング
 人工知能の思考を読む
 2017年11月28日 第1版第1刷発行
 ISBN 978-4-8222-5514-1

 かつてIBMのチェス対戦コンピューターである「ディープ・ブルー」と対戦した当時のチェス世界チャンピオン「グランドマスター」であるガスパロフによる当時の詳しい状況のほか、人工知能に対する考察などが盛り込まれた一冊。
 原題は"DEEP THINKING Where Machine Intelligence Ends and Human Creativity Begins"で、原題と邦題がちょっと違っています。昨今の人工知能ブームからこんな邦題をつけたのでしょうか。

 様々なチェスプレイヤー、競技(スポーツ)としてのチェス、対戦相手としてのコンピューターの登場、強くなるプログラム、そして単なるブルートフォースアタックを行うコンピュータープログラムだったと知ったディープブルーへの回想、そしてその先の本当の機械の持つ知性へと話が膨らんで行きます。
 本のページの多くはチェス・プレイヤーだったガスパロフによる人やコンピューターとの対戦の様子や当時の心理状況等に多く割かれていますが、人工知能に対する考察も多く示されています。
 最終章でガスパロフが「機械の進歩によって創造性を発揮する余裕が生まれたおかげで、人間はより人間らしくなれると述べたが、創造性以上に人間である事に意味があるのだ。」という言葉が彼の「人間」としてのプライドと、機械知性に対する希望と期待を示しているようでした。

コメントする

投稿ボタンは1回だけクリックしてください。
システムレスポンスが悪い場合はかなり時間がかかる時がありますので、その節はご容赦ください。