簡易正負電源

| コメント(0)

 こちらの記事を参考に作ってみました。

LM380正負電源
 LM380正負電源

 そこそこ出力が得られるオーディオパワーアンプICであるLM380を用いた応用回路。
 いわゆるレイル・スプリッターとして使用します。
 アプリケーション・ノートAN-69(SNAA086)に掲載されていてローコスト両電源の例として紹介されています。過熱保護回路が働くまで約1.3Aの電流を取出せるとなっていました。掲載されている回路のGNDが7番ピンと3番ピンだけなのは気になります。通常LM380は放熱対策も兼ねて3,4,5,10,11,12のピンをまとめてGNDに接続するのが一般的です。実際に1.3Aを連続で取出そうとすると、しっかりとした放熱対策が必要だと思いますが、そうでなければ簡易両電源として使い勝手が良さそうです。

コメントする

投稿ボタンは1回だけクリックしてください。
システムレスポンスが悪い場合はかなり時間がかかる時がありますので、その節はご容赦ください。