2020年1月アーカイブ

取って付ける

| コメント(0)

 後付けオプション。

店舗看板
 店舗看板

 当初レストランだけだったのを「ビア」を追加してビールが売りのレストランに変身!
 しかし追加した文字がテープ文字というすごくいい加減なところに味があります。

 店舗面積が大きく無いのか「ビアホール」には進化できなかったのかと。
 さらに言うと「ビア」ではなく「ビヤ」という表記が昭和感的時代を感じます。

具には無い

| コメント(0)

 バッチリ「鯖」の文字ですが具材には無いです。

SABAROKU
 SABAROKU

 鯖料理のお店かと思いきや、魚介系スープのラーメン店舗。
 出汁に鯖節を使っているのだそうで、サバの旨味をラーメンで味わうのがコンセプトだとか。

 最近魚介系スープのラーメンがいろいろ進出していますが、店舗の前を通るとガッツリ魚系の臭いがしてくるので、一瞬何の店なのかと思ってしまいます。
 鰹節ならうどん・そばの類いの店かと思ってしまいますが、煮干しやサバ節の香りがすると「ん?」と注意を引いてしまいます。もっともその辺りがミソ、いやダシなのかもしれませんね。

 余計な事かもしれませんが「サバ」の漢字は「魚」へんに「青」ではなく旧字体の「靑」なのですが、気にする人もいないのかと。

究める

| コメント(0)

 でっかい皿に鍋でフタ。その模様に唐辛子と山椒。

陳麻家
 旨辛至福研究飯店陳麻家

 日々、研鑽ならぬ研究をしているようです。
 と、なると、客は実験台か?と訝しんでしまいますが、四川料理、特に麻婆豆腐に力を入れていらっしゃる普通な激辛中華なお店ですのでご安心を。
 激辛挑戦!となると実験台的要素があるかもしれませんが・・・。

方言です

| コメント(0)

 謎の言葉。GODではない。

GOTTO
 GOTTO

 自分で「旨い」と言い退ける自信は称賛に値します。
 それに値する料理を提供しているのでしょう。

 「ごっと」は播州弁の「ごちそうさま」の意味の言葉が約まったもので「ごっとはん」が正式な言葉です。
 最近、飲食店でも食べ終わった後に「ごちそうさん!」の一言があまり聴こえてこないのに苦々しく思っている私にとっては、この言葉が出るお店なら素敵だなぁと思います。

なんの数字だ(#31)

| コメント(0)

 三ツ輪違い紋。

屋号看板
 屋号看板

 住所でも高架の桁番号でもなく数字の入った屋号。
 いったい何の数字だろうと思案していたところ、「279」は「ツナグ」と読ませるそうで、手前のアルファベットをふくめると「ロバタツナグ」となり、炉端居酒屋でした。

 妙に数字が入っていると読ませる為の語呂合わせで数字なのか、数字そのものが意味を持っているのかがわからず、しばし悩んでしまいます。

とと

| コメント(0)

 「魚」と書いて「とと」。

おっとっと
 おっとっと

 「魚」「っ」「魚」で「おっとっと」だそうですが、ちょっと引っかかってしまいます。
 最初の「お」は何処から?

 「魚」の幼児語で、「とと」もしくは「とっと」と言いますが、「おとと」とは言いませんので、さいしょの1音はどこから入ったのかとモヤモヤします。「おとと」ならば「お魚」だと思うのですが...。
 でも「魚」の文字をモチーフにしたイラストはカワイいですね。

福袋

| コメント(0)

 今年も新春福袋が並んでいました。

シリコンハウス福袋
 シリコンハウス福袋

デジット福袋
 デジット福袋

 内容的にどれもかなりオトク(もちろん受け取り方に差があるでしょうが)。
 一応、赤字になるのはさすがにダメらしいですが、それでも利益はほんの少ししか乗せていないらしいです。

 良さげな福袋は開店と同時に並んでいた人たちに持ち去られてレジに並んでいました。
 福袋の威力はすごい!

お参りできません(#14)

| コメント(0)

 これでも用を足しますか。

 立小便禁止

 商店街の中なのですが、遅くなると人通りが少なく、つい用を足してしまいたくなる場所なのでしょうが、監視カメラでバッチリ撮影されている様ですので、軽犯罪法違反で罰金か、本人が周辺清掃+損害賠償金請求とかでしょうか。

 以前、子供のトイレに連れて行く目的で短時間路駐して駐車違反をとられた件で裁判を起こし、敗訴したという例もありますので、生理現象とは言え見逃してもらえると安易に考えない方が良い様です。

 お店を出る前にしっかりと用を足してからとか、駅等でしっかりと対応しておきたい物です。

謹賀新年

| コメント(0)

 平素は当ブログ『なんぎな日記』をご覧いただきありがとうございます。

 更新・記事の追加に遅滞や空きが出ておりますが、なんとか続けて参りたいと思います。
 不出来な状態かも知れませんが、今後とも暖かくお見守りいただき、お楽しみいただける記事を続けて出して参りたいと思います。