2020年12月アーカイブ

誘われている

| コメント(0)

 気軽に横の人と話せるのが良いところ。

呑ものも
 呑ものも

 隣の人との距離が近い立ち呑み。気さくに話しかけたりかけられたりする雰囲気もその魅力の一つなのでしょうか。
 利用する機会がほとんど無い私ですが、一人呑みしている場合は結構横の人から声を掛けられたりします。まあ、そういう時はたいていその隣の人というのはすでに出来上がった感じで楽しそうにしている場合が多いですが(苦笑)。
 世の中ストイックな立ち呑み屋があって、会話禁止のお店があったりするそうです。
 隣と話しかけたり店主と話そうとすると怒られるという事でしたので、私なぞは恐れ多くて近寄る事すらできませんが。

 「呑みにケーション」という言葉が仕事なりつつある昨今ですが、楽しい時間が過ごせる場所だと良いですね。

お達者

| コメント(0)

 過ぎると困る時も。

元気な仲間
 元気な仲間

 昔、NHKのみんなのうたに似たタイトルがあったと記憶しています。
 「たのしいきょうしつ」のオープニングに使われた曲だった・・・かも?

 法人名のイメージの通り高齢者向けの介護を主体とした地域支援・社会福祉のためのNPO法人だそうで、高齢者率が高まる地域の中で人と人との繋がりを通じてより生活を楽しく過ごせるようにとの目的で活動していらっしゃるとか。
 ネーミングのように介護や支援する方々がそもそも元気でなければなりませんよね。

 お年寄りの方は大変お達者な方も多く、矍鑠としていてこちらも舌を巻くような元気な方もいらっしゃいます。今日の日本社会を創り上げ支えてきて下さった方々に感謝。

複合店舗

| コメント(0)

 複数テナントで1つ扱い。

呑み屋横丁
 呑み屋横丁

 横丁の通称では赤提灯の下がる居酒屋等がならぶ裏道や小さな通りのイメージがありますが、昨今のこのタイプの名称は大きな箱もしくは通り全体の中に複数の小さな店舗がいくつも入って全体で大きな複合店舗のような営業形態の方が一般的でしょう。
 建築基準法の改正前の法善寺横丁や十三のしょんべん横丁のような場所では火災等で罹災してしまうとそのまま前の店舗をそのまま建て直す事ができません。それを回避するために最初から1つの建物として取りまとめておいて、個別店舗をその中のテナントという名目で営業する形態で建築基準法の規制を回避する施策があります。
 オーナー1つで店子に貸す形式で、「横丁」という名前のビルと同じ感じでしょうか。

クリスマス

| コメント(0)

 ハロウィーンの次はすぐクリスマス衣装に着替え。

ペコちゃんサンタ
 サンタ服のペコちゃん

 イベント系のメジャーな福は毎年同じなのかも知れません。と思いたいところなのですが、以前はケープ付きのワンピースだったので別の服ではないかと推測されます。
 という事は1年間に相当数の回数で衣装が毎回店舗に支給されるのでしょうか。だとするペコちゃんの置かれている菓子店やレストランなど全てに衣装が支給・配付されるわけで、かなりの予算を費やしている可能性があります。
 さすがに七五三等の時の和服は同じ物だと思いたいですが、定点観測を何年か継続してみないとハッキリしませんね...。

前のページ