2021年1月 7日アーカイブ

仮定条件

| コメント(0)

 もし〜ならば。

if
 「if」

 屋号が(仮)。
 いやいや「畏怖」の読みを懸けて当てているのでしょうか。

 プログラミングで条件分岐の文法にはほとんど"if"が使われます。
 〜という条件に対して処理を分岐します。

 このお店だとどういう仮定条件が当てられるのでしょう。
 「もし、店に入るなら」とか「もし、店でカラオケで歌うなら」とか「もし店で〜を呑むならば」とかいろいろありそうです。