1981年

| コメント(0)

 正式名称は神戸ポートアイランド博覧会

ポートピア
 ポートピア

 1981年3月20日から9月15日まで神戸港に造成された人工島であるポートアイランドを会場とした地方博覧会が開催されました。
 開催にあたって大地真央、ゴダイゴなどがPRソングを担当したり、好景気な時代だった事も有って地方博覧会としては一般入場開始後10日で入場者100万人を達成するなど始まりから盛り上がりを見せ、最終的に1600万人の入場者数を達成しました。
 収支決算も大幅な黒字を出し、兵庫県や神戸市に寄付をするなど地方自治体にも大きく貢献をしたのです。
 神戸市のテーマ館であった神戸舘と神戸プラネタリウムシアターは神戸青少年科学館として現存しており、西会場にあった大展示場も神戸国際展示場1号館として使われています。

 個人的に一番印象に残っているのはサントリーのサントリー・ウォーターランド。
 館内に流れる音楽は冨田勲が担当・作曲し様々な場所で個別のパートを流す事で1つの音楽を様々な聴こえ方がする仕掛けが施されていて、会場内の噴水ではそれらを統合した立体音楽として聴こえる演示が行われていました。
 神戸の地方企業のテーマ館等もけっこう力が入っていたと記憶しています。

 不思議な形をしているワールド記念ホールも実はポートピア・サーカスの会場だった場所煮立てられています。

 さまざまな遺産を今でも残す神戸ポートアイランド博覧会。
 その略称が「ポートピア博覧会」で、ここのスナックは関係があるのやらないのやら。

コメントする

投稿ボタンは1回だけクリックしてください。
システムレスポンスが悪い場合はかなり時間がかかる時がありますので、その節はご容赦ください。