風光明媚

酒蔵みてある記

| コメント(2)

 近鉄主催の酒蔵みてある記で大倉本家がありましたので参加しました。

大和高田の受付
 大和高田駅の受付

 好天に恵まれたせいもあり、かなりの人数がすでに受付に並んでいる状態です。
 この状態ですでに受付番号は500番を超えていました。

二上山
 二上山を臨む

 今回は全てのコースが平地で、大和高田からの平坦な道を約8kmのコースを歩きます。
 大倉本家が大和高田の駅から二上山の麓方面ですので、コース途中で正面に二上山を臨む状態になります。
 気温はそれほど高くありませんが、快晴の陽光と風もほとんどない絶好のハイキング日和でした。

大倉本家
 大倉本家

 大倉本家は平成12年の仕込みを最後に一度休造しています。最盛期6000石を出荷する醸造元だったのですが、諸般の事情で一度酒造りを止めてしまいました。そこから現在の四代目が戻り平成15年の仕込みから再開。休造まで働いていらっしゃった方々を含めての再立ち上げは大変だった事でしょう。濁酒の復活と新商品の開発など現在までずっと精力的に続けられています。

長蛇の列
 ハイキング参加者の列

 そういった経緯をご存知なのか、酒がおいしいのか、両方なのかは分りませんが、総勢1071人を超える受付、来場は多分1200人位あったのではないでしょうか。大盛況です。
 酒呑みイベントとも言えるこの「酒蔵みてある記」は、醸造元での試飲即売会も大人気です。

試飲即売会場
 長蛇の列

 試飲即売会場へはごらんのような長蛇の列が出来ていました。
 試飲・販売されていたのは次の銘柄です。
 ・「金鼓」 吟醸酒 天の二上
 ・「大倉」特別純米 オオセト60% 中汲み無濾過生原酒
 ・「大倉」山廃純米 ひのひかり65% 直汲み無濾過生原酒
 ・「金鼓」 濁酒
 どれも美味しいお酒で、オオセトと濁酒を頂いて帰りました。もうすこし寝かせて熟成するのが楽しみです。

 蔵元では粕汁の振る舞いがあったのですが、こちらも大人気で、また美味しいのです。ベーコンが入っているのが特徴で、出しの塩梅といい、これを楽しみにきている人もいらっしゃるのではないかと思えるほど。

尾崎喜代美代司
 尾崎喜代美代司(但馬杜氏)

 現在は仕込みには携わっていらっしゃいませんが、前回もお越しいただいていた尾崎喜代美代司がその、喉を披露して下さっています。
 その唄声は海外からもお呼びがかかるという美声で、周囲を盛り上げて頂いていました。

 大人数でのお客さんの受け入れや粕汁の仕込みなど準備や運営に大変だと思います。
 近鉄の酒蔵みてある記のスタッフの方々、大倉本家の社長を始め近隣からお手伝いで来られた方々に加え、有志のボランティアの方々にこの場を借りて御礼申し上げます。

 酒呑みの勝手な要望ですが、おいしいお酒を造り続けて下さい。

宵の明星

| コメント(0)

 実際の撮影日は2011年12月26日の17:30。

宵の明星
 西の空にひときわ明るい金星
 IXY 25is F4.0-1/13秒 露出補正-2EV

 三日月と言うにはあまりに細すぎる月齢1.6の月からやや離れて写真の左上方で一際明るく輝いている星が目立ちます。
 いわゆる宵の明星である金星です。
 しばらくは宵の明星として日の沈んだ西の空にその輝きを見せてくれるでしょう。

 日が沈んで暗くなるとさらに木星も見えてきます。
 寒い日が続きますが、ちょっと夜空を見上げてみると明るい都会でも見ることの出来る星に思いを馳せてみるのも良いのではないでしょうか。

神戸ルミナリエ2011

| コメント(0)

 まあ、毎年来年開催の募金をしているのですが、いつやめる事になるのやら。

 今年のテーマは「希望の光(Luci di speranza)」だそうです。
 1995年の阪神淡路大震災から復興した神戸から2011年の東日本大震災へのメッセージとも受け取れます。

フロントーネ
 フロントーネ
 聖なる暗号の解読(Svelando il sacro codice)

ガレリア
 ガレリア
 未来を見つめて(Guardando il futuro)

ミニアトゥーレ

ミニアトゥーレ
 ミニアトゥーレ
 精霊たちの庭(Giaridino delle ninfe)

スパリエーラ
 スパリエーラ
 不死鳥の中庭(Cortile della Fenice)

フォンテ
 フォンテ
 祈りの泉(Fonte delle preghiere)

 今回は最後の会場であるフォンテ(噴水広場)の会場が追加されていました。
 また、この会場の電球はLEDのような感じでご覧のように他の会場とは明らかに発色が違います。使用電力削減のためでしょうか。

 例によって元町の入口から「かなり」迂回を重ねて会場へ到着。
 入口から会場まで約30分という表示をみると、途中で抜けてご飯食べて帰りそうになります。

会場まで30分
 会場まで30分の案内

 風がなかったのが幸いでしたが、かなり気温は下がっていたので吐く息は真っ白になるほど。多分気温は数℃しか無かったのではないでしょうか。
 昼間はこれらのバリケードは道脇に置いて待機。夕刻から引っぱり出して来て通路を形成して車の進入を制限しています。上の写真は会場通路のレーンを横切るための待機場で、ルミナリエのおかげで三宮方面へ抜けるにはこの人の流れをいちいち停めて渡ってもらうという不自由さ。実際に混んでいる状態だとなかなか来訪者の列を停めることができないので10分位待たされている人がいたかもしれません。

 会場に着くと、地の利を生かしたコンビニや商店などがここぞとばかりに食べ物や飲み物を売っていましたが、それ以外の場所の飲食店はかなりガラガラ。例年の事ですが、ほとんどの来訪者が地元店舗にお金を落としてくれる事は無いので、人出は多いものの周辺店舗は開店休業というところが多く、実際地元には迷惑なイベントのようです。
 もっとも恩恵を被る店舗があるからこそ続いているのでしょうけど。

 今までの神戸ルミナリエの記事はこちら
 神戸ルミナリエ2009
 神戸ルミナリエ2010

 すでに会期終了してからの記事化、あきまへんなぁ。と、自戒することしきり。

秋のハイキング

| コメント(0)

 またもや居酒屋ガレージの店主さんからのお誘いでハイキング。

恩地駅
 恩地(おんじ)駅

 スタート、いきなり難読地名の恩地(おんじ)です(笑)。
 ここから恩地神社を経由して信貴山を目指します。

恩地神社鳥居
 恩地神社鳥居

 まずはここらあたりから登り道が始まります。
 ちなみに恩地神社は創建470年と言いますので、すでに1500年くらいの歴史を誇り、正一位の由緒正しい神社なのです。

 恩地神社の境内を通り、信貴山へ向かうハイキング道へ行くのですが、これがなかなか強烈な登り道でして、途中までほぼまっすぐの経路で信貴山へ向かうためかなりの急勾配。100%とは言いませんが、50%はあろうと思われる急勾配の道をひたすら登り続けます。

登山道
 登山道
 とてもきれいに撮影する余裕なし(涙)

山上から
 山上から

 登りきると南側はもやがかかり、まるで水墨画のような風景が広がっていました。
 これは登ってきた甲斐があるというものです。実際は山上へは車やバスで来ることができるのでこの景色を見るためだけならば、しんどい思いをしなくても良いんですけどね。

張子の虎
 張子の虎(世界一福寅)

 信貴山といえば山の名前ですが、実はここにある真言宗の寺である朝護孫子寺の山号でもあります。聖徳太子の所縁の寺であり、必勝の秘法を授かったのが寅年、寅日、寅の刻であったことから、寅を縁起物として扱い、このような巨大な張子の虎(大寅)が置かれていたりします。

戒壇めぐり
 戒壇めぐり入り口

 覚鑁上人が納めた如意宝珠が祀られている本堂の下へお参りすることが出来ます。
 胎内めぐりと同じで、真っ暗な道を明かり一つ無しに進むことで生まれ変わり心願成就を為す意味があるそうです。ちなみに参拝料は100円。

ケーブル跡(千本桜並木道)
 ケーブル跡(千本桜並木道)

 信貴山がコース中一番標高の高い場所でしたので、ここからは一気に下ります。いや、本当に一気に下りでして、東信貴鋼索線(ケーブル線)の跡の道を下ります。
 元がケーブル道ですから、曲がりくねることなくほぼまっすぐな急勾配が続き、一気に最大勾配21%の道を下ります。
 道には当時の鋼索線で使っていたと思われる枕木がそのまま置かれていました。

ケーブルの遺構
 ケーブルカーの遺構

 終着点である信貴山下駅には、この鋼索線を偲ぶべく当時の鋼索やレール、車輪などが展示されていました。
 ケーブルは昭和58年(1983年)に営業を終了しましたが、生駒、箱根に次ぐ国内3番目のケーブルカーだったそうで、国内の技術で設営され60有余年営業をしていました。

 今回の信貴山は本来であれば、紅葉が美しい時期だったはずなのですが、どうも残暑と言うか朝晩の気温もそれほど下がらず日中も25℃程度まで上がる日が続いたせいか全く、色づきは見ることが出来ませんでした。
 本来であればほぼ紅葉狩りの季節ともいえるのですがちょっと残念でした。

 今回のハイキングも中川小学校校下の青少年指導員の方々のおかげで楽しく参加することができました。
 この場を借りて改めて御礼を申し上げます。

 でも、一気に信貴山に上り一気に下るコース、なかなか辛かったです(笑)。

山桜

| コメント(0)

 下界の桜はほとんど終わっていますが、山手はまだまだ見頃でした。

山桜
 山桜

八重桜
 山桜(八重咲)

 どちらも人里近くにありますので、昔に植樹されたものかもしれませんが、山の萌える緑色の中で淡い色や鮮やかな桜色で花をつけている樹が混じり一番山の木々を愛でるには良い季節かもしれません。

 カメラで写すとあまり感動が得られなかったので掲載していませんが、緑の中に桜が散らばるように咲いている風景は将に春爛漫を感じさせてくれます。

さくら見納め

| コメント(0)

 気温も上がり一気に咲きほころび、見納めです。

葉桜
 ほぼ葉桜状態

 満開を過ぎた辺りから、葉が出始め、桜色一色の樹影に新緑が混じり始めます。
 だいたい、桜吹雪が舞うころにはすでに葉が出始めて、桜は樹だと思い出させてくれます。

 桜はこの花が散った後からすでに次の季節に向けて準備しており、つぼみの元になる休眠状態で冬を迎えます。冬の一定期間、低い気温が続くとこの休眠が破られて(休眠打破)次の春に向かってつぼみの中を徐々に仕上げていくそうです。
 ソメイヨシノは不稔ですので、さくらんぼが生りませんがまれに生る樹があるようで、今頃の季節から5月の初旬にかけて、さくらんぼもどきのような未熟な実がなる場合があります。もっとも、そこから先のさくらんぼになる前に、脱落してしまい熟すに至ることはありませんのでちょっと残念です。
 もちろん、ソメイヨシノにさくらんぼができたとしても美味しいかどうかは別ですね。

桜咲いてました

| コメント(0)

 以前にご紹介した桜、咲いていました。

桜
 免山の桜

 今年は存外の忙しさで土日も走る機会が得られず結局4月になってしまいました。
 やっと二輪で走ることができました。

 下界はすでに咲き誇り始めているので、山手はまだまだかと思いきや、すでに五分咲きです。
 例年、同じような時期に見てはいるのですが、咲き始めのこのような状態に見ることは初めて。まだ、開花直後とか、咲き終わりで桜吹雪状態の場合しかみておらず、ちょうどいい塩梅の咲き加減はまた、格別です。

 ここは信号もあり、バス停もあり、ちょっと停まってみることのできる場所なのですが、だれも車や二輪の人が見ていることを目撃したことはありません。花鳥風月に思いを馳せる、そんな風流な時間もあってよいのではないでしょうか。

神戸ルミナリエ2010

| コメント(0)

 まあ、年末の年中行事と化しています。

喜びのポルターレ
 喜びのポルターレ(扉)

光の波動
 光の波動

ガレリア(三宮側)
 ガレリア(三宮側)

 周辺を交通規制、一般車両は許可証が無いと区域内にも入れないようにして車道を歩行者天国にして誘導路とします。元町側から三宮側に歩行者を一方通行とし、混乱を避けるための歩行者の規制も掛けられます。
 繰り返しになりますが、開設当初は阪神淡路大震災の復興事業の一環として意義があったのでしょうが、いまや観光イベント。次年度開催の寄付を沿道で行っているぐらいで、そうとう運営は厳しいようです。

光の砦
 光の砦

光のカッサ・アルモニカ
 光のカッサ・アルモニカ

 使用している電球の数は約20万個だそうで、電力も万kw単位で消費。LEDでの省電力のイルミネーションが展開される中、電球のもつ温かみ・色を求めて普通の電球で作品が作られているとのこと。LEDなら1/10ぐらいになるのではないでしょうか。

光の交錯1

光の交錯2

光の交錯3
 光の交錯

 今回のテーマは「光の心情」だそうです。
 相変わらずルミナリエの人出はそれなりにありますが、周辺店舗はガラガラ。日本橋ストリートフェスタの店舗と同じで、イベントには来るものの、周辺施設へはあまりお金を落としてくれないようです。儲かるのは交通機関ばかりといったところでしょうか。
 もともとの観光地として隣接している南京町は多くの人がいましたが、それ以外の施設や商店街はがらがらです。地元にうれしいイベント、とは言い切れないそうです。
 まあ、来年もあるのでしょうが、大丈夫なのかなぁ。東京では丸の内で姉妹品(笑)の「ミレナリオ」が開催されているそうです。

秋のハイキング

| コメント(0)

 居酒屋ガレージ店主さんのご案内いただいていたハイキングに参加。

京阪宇治駅
 京阪電車 宇治駅

 京阪電車に乗って、中書島で乗り換え、宇治駅からスタートです。
 宇治川を天ケ瀬ダムを上流に川沿いへと進みます。

天ヶ瀬吊り橋
 天ケ瀬吊り橋

 吊り橋を横目に見ながら、さらにどんどんと上流へ進んでダムまで向かいます。

天ケ瀬ダム
 天ケ瀬ダム(放流中)
 向かって右が関西電力の現用発電所
 左にあるのが旧発電所で現在は水理実験施設として運用中

 天ケ瀬ダムは丁度放流中で、ご覧のようなダイナミックな風景を見る事ができました。
 いったい、1秒当たり何トンぐらいの水が出ているのか知りたい所です。水門は1カ所しか開いていませんでしたが、3つ全てやさらに上部にあるオバーフローの水門(クレストゲート)も開けるとすごい水量が一気に流れ出し、下流は水浸しになります。
 ダムの放水開始時はサイレンで警告を出すのですが、キャンプ場が下流にあったりして夜中に水門開放をする緊急事態などでは、なかなかそのまま流されそうで怖いですね。

 ということで、国土交通省のページからダム情報で調べました(当日のデータはこちら)。
 全放流量は毎秒25トン強とのようですので、ゲートからは少なくとも毎秒数トン以上の放流がなされていたのではないでしょうか。

仏徳山興聖寺
 仏徳山興聖寺

 宋から帰国した道元禅師が最初に建立した寺との事で、門が中国の寺の雰囲気を出しています。この脇を抜けて仏徳山(大吉山)へ登って行きますが、けっこう短距離の割には高低差が大きく、一気に登りきるのは結構疲れます。

大吉山展望台
 大吉山展望台から

 山頂からすこし下りた場所に展望台があり、交野や私市などの大阪の北西部の眺望を楽しむことができます。この日はガスも薄く非常にはっきりと遠景まで見えました。

朝霞橋

 宇治神社を下って宇治川まで下り、朝霞橋を渡って府立宇治公園中之島を通り、平等院へ向かいます。

平等院鳳凰堂
 平等院鳳凰堂

 十円硬貨の表(日本国と記載のある方が表です)に描かれた図案で有名な平等院鳳凰堂を見学。悠久の歴史にちょっと思いを馳せます。

川の中の鴨
 鴨たち
 河原の石かと思ったが動く(笑)

 平等院から宇治川を宇治橋を渡って京阪電車宇治駅までもどるのですが、宇治川の瀬に石ころかと思いきや鴨がすでに渡ってきており、羽根を休めていました。
 
 全体的に軽めのコースで、それほど疲れる事はありません。実際、健脚な方なら早足で2時間程度のつもりで踏破できるのではないでしょうか。
 当日の2〜3日前から気温が下がり、この日も天気がよい事から陽が当たって気持ちよかったのですが、山間や日陰に入るとさすがに寒く、山頂では14℃しかありませんでした。すこし気合いを入れて歩くと思っていたため薄着にしたのですが、裏目に出ました。

 今回も中川校下青少年指導員の方々や居酒屋ガレージ店主さんにお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。
 まだ山は緑色を保っており、半月遅いとかなり紅葉も進んでいたのでしょうが、それはそれでちょっと寒そうです。

なにわ淀川花火大会

| コメント(2)

 今年も見ました。冷房の効いた部屋からですが。

花火・その1
 花火・その1

 これは新作の花火のようです。
 昨年もそうだったのですが、近年の花火は炎色反応で代表される特徴ある色だけでなく、このようにパステルカラー調の色を提色させる花火が多くなってきたそうです。 


花火・その2
 花火・その2

花火・その3
 花火・その3

花火・その4

 また、いままでのようにすべての星が均一な色を使うのではなく、このように2色や3色など、いろいろな色の星が広がる花火も披露されました。

花火・その5
 花火・その5

 小さな玉の花火を仕込んでこのような小さい花をたくさん咲かせる花火も多く登場しました。

 今年は翌週の土日になるとお盆と重なるせいか、神戸の花火大会と日付がかぶりました。
 会場近くには寄り付きもしていませんので、どのような状態だったか知る由もありませんが、ちょっとは少なかったのでしょうか。
 PLの花火大会の次あたりの打ち上げ数ということで、年々観客が増えているようです。
 まさに見ごろの十三バイパスの橋の上は交通規制がかかります。歩行者も通れなくなります。また、車が花火を見てのろのろ運転をするのは避けられませんが、一番会場側の車線は車を停めないようにロードコーンで区切られて厳重規制です。

 余談ではありますが、これらの花火が上空で破裂したときのごみ、かなり四散します。会場に一番近いところで風下だと、一杯降ってきますのであまりうれしくは無さそうです。
 見ているときは良いのでしょうが、終わって気がつくと...。

前のページ 次のページ