二輪日記

ドキドキツーリング

| コメント(0)

 いつ、どこでゲリラ豪雨に遭遇するか、ワクワクよりドキドキです。

気温27℃
 気温27℃

 すでに暑いと言える気温で市内を出発して、山に入ってもこの気温。
 走って風が当たっていないとすぐに汗だくになります。曇り程度で丁度良く、陽が当たると煙が上がりそうに暑くなります。
 そんな中を能勢から篠山〜春日〜八鹿日高自動車道(北近畿自動車道)の日高〜R482〜県道4号〜香住道路で余部に向かいます。

余部橋梁にて
 余部橋梁にて

 ここまで雨に遭遇せず、雨雲も見なかったのでほっとしていましたが、まだ帰りの国道9号での関宮通過が待っています。しかしながら国道9号は怪しい空模様にもならず、ほぼ来た道を逆戻りする経路途中でイヤなモノに遭遇しました。篠山から能勢に抜ける経路中にゲリラ豪雨発生です。

雨の柱
 雨の柱
 向うの雲が見えていないところが雨の柱

 目の前に広がる雨雲と、そこから降っている雨が判別できるほどの雨の柱が出ました。雨は空から水が落ちているという事を実感させる風景です。
 かすめてやり過ごせるかと思ったのですが、進むうちに大粒の雨が降ってきたので急遽逆戻りをして、この目の前の雲を回避するように篠山から篭の坊温泉経由で天王へ抜ける事でなんとか降られずに済みました。

 往路の途中で降られても、暑いし乾くしという打算があったので走りに出たのですが、帰りの最後の部分で降られてずぶ濡れになったら、全然面白くありません。というか、市内を走る段階で寒い思いをしそうで、絶対避けたかったのでやり過ごしできてホッとしました。
 それでもやっぱり市街地に下りてくると暑い。蒸し暑い。頭がのぼせそうになりました。

 気合い入れて出て、最悪タイミングでゲリラ豪雨に遭遇したものの回避できて良かったです。
 この時期の山陰方面ツーリングは本当にドキドキします。

山陰日帰り

| コメント(0)

 ひさしぶりに二輪で砂丘まで。

鳥取砂丘にて
 鳥取砂丘にて

 梅雨前線が南方にいる事から、山陰側、特に関辺りの中国山脈の連峰部分はゲリラ豪雨を懸念していたのですが、悪い雰囲気だけで無事に雨に遭遇する事無く帰宅できました。

 今回、出る時間がすこし遅めだった事もあり時間短縮経路をいろいろ使いました。
 その1つに茨木から彩都あかねを経由して抜ける道を確認がてら通ってみました。いつも通る福井からのワインディングをパスしてしまうのですが、劇的に時間短縮できます。
 その他、いろいろと行きの時間短縮を図ったのですが、途中の経路の追い越し禁止区間にゆっくり走る車に阻まれて平均速度が上がりません。鳥取に着いたのは昼をとっくに回った時間でした。

余部橋梁下
 余部橋梁下

 鳥取から浦富海岸〜浜坂〜余部でも同じようにゆっくり走る車でペースダウンを余儀なくされてしまい、もうあきらめ気分で帰途に就きます。日が長くなっており、明るい時間に帰る事ができる見込みがあるのが救いです。
 豊岡からいつもなら出石経由で返るところを、姫路方面にR312に乗って八鹿日高自動車道(北近畿自動車道)の日高へ向かい、そのまま自動車道で山東〜(一般道経由遠坂峠)〜青垣〜春日と戻って、篠山からR173へ抜けて戻る道で帰宅。
 帰りもいろいろ駆け足になってしまい、もうすこしゆっくりとあちらこちらを見て回りたいですが、そうすると一泊にしないとなかなかスケジュール的に厳しいですね。

近畿地方北回り

| コメント(0)

 久しぶりに福井県方面まで足を延ばしました。

近江塩津駅にて
 近江塩津駅にて

 最近のツーリングは小浜・三方ぐらいらまでは北上していたのですが、いつも時間制限で引き返して南方面へもどってしまっていたのです。日も長くなり帰り時間の制限がなかったのでこの日は久しぶりに敦賀まで足を延ばしました。

 いつものように能勢経由で北上し、R27から県道1号で大飯方面へ向かいます。海沿いのR27では混雑する小浜市街をスキップするために大飯でR27に出る手前で広域農道(若狭西街道)で東市場まで進みます。
 敦賀まで出たところでR8に乗り換えて湖北へ南下、そのままR8を南下しても良かったのですが、せっかくですので湖岸道路(さざなみ街道)を使って琵琶湖湖岸をのんびり走る事にしました。
 流石に大津では渋滞に巻き込まれたものの、のんびり信号のほとんど無い道を走るのは久しぶりの体験です。大津からはR1で山科経由で京都市街を抜けてそのままR1を使って大阪まで戻りました。
 早めの時間帯という事もあったのでしょうが、京都市街とR1で混雑する場所もほとんど無く16時すぎには帰宅できました。

 もう1時間早く出発していたら、途中の寄り道をたくさんできたのですが、ちょっと早足でのツーリングでした。次回はゆっくり周りたいところですね。

紀伊半島横断

| コメント(0)

 やっと気候の良い時節に訪問できました。

鳥羽展望台
 鳥羽展望台にて

 スタンプラリーで二度ほど訪問したのは完全オフシーズンの極寒だった時期。海も空も鉛色で、5月ぐらいがきれいだよ〜と、当時入ったショップの方に言われたので機会を見計らっていたのですがやっと訪問叶いました。
 現地は気温24℃程度でほぼ快晴。さすが鳥羽・賢島の保養地が集中している場所だけあり、たいへん穏やかな気候です。途中の山間部は16℃程度まで気温が下がっていて寒い思いもしましたが、おおむね汗もほとんどかかず、寒くも無く非常に快適なツーリングでした。年中走っているつもりですが、こんな気候の良い時期は本当に一瞬だけです。
 暑くも無く、寒くも無くでのんびり走らせて頂きました。

 温かくなると出てくるタイプのライダーの人達が多かったのが印象的でしたが(笑)。
 それにつけてもライダーの年齢層が高齢な事甚だしいです。私も結構な年齢ではありますが、どう見ても私以上の方々が大半。若い世代は比率として四分の一ぐらいでしょうか。
 オッサン世代ライダーは若かりし頃はともかく今では同じライダーとすれ違っても挨拶もほとんど無く、頭を頷いて挨拶するぐらいですが、若い人たちは元気に手を振ってくれます。もちろん、こっちも思いっきり手を振って応えますよ〜。頂いた元気はちゃんとお返ししなくちゃね!

 伊勢志摩方面に行くときは短時間で距離を稼ぎたい事もあり阪奈道路で奈良に向かい天理から名阪国道や23号線のバイパスなど自動車専用道かそれに近い大きな路を通る事が多いコースを選んでしまうため、いつもの能勢から山陰方面コースと比べるとちょっと物足りないと思う時もあります。
 月ヶ瀬や山添などの山間部を走っても良いのですが、行程のほとんどがワインディングというのも流石に疲れますし時間もかかるので、トレードオフとあきらめていますが...。

 次回訪問時は現地の美味しいものを頂ける店を予めチェックしておいて美味しいツーリングにしたいですね。

久しぶりに

| コメント(0)

 なんか予定が詰まって動けなかったゴールデンウィーク。

余部にて
 余部橋梁にて

 天候の良い日に用事が詰まり、何も無い日に雨が降る。そんなツーリングには不幸だった今年のゴールデンウィークでしたが、最終日になんとか遠出することができました。久しぶりの余部です。

 いつものルートで...となる所ですが、時間が限られているのでワインディングをパスして速く目的地までたどれるルートを優先しました。R173も小野新までフルに使いましたし、春日から和田山・八鹿氷ノ山から延伸した先の日高まで走り切ります。
 そこからR482を西進しR9でさらに西に向かって新温泉から県道47で浜坂〜R178で余部というルートです。帰りも余部道路を使い佐津まで進んでR178で豊岡〜R426で出石。しばらく来れなかった出石で出石そばをいただいて、さらにR426〜R9〜福知山と進み、R175で南下〜春日〜石生〜R176〜篠山〜R173と通って妙見山越えで茨木までもどるルートとかなり駆け足で進みました。
 日が長くなったとは言え、帰宅時にはまだ陽が残っていて空が明るいのが嬉しいですね。久しぶりに長距離走行をしました(440km)。

 連休明けの次週からの土日の天候が気になるところですが、今度は伊勢志摩のパールロードまで遠征したいと思います。行けるのかな...。
 

極寒ツーリング

| コメント(0)

 久々に寒いツーリング。

気温4℃
 気温4℃

 とにかく山中がすべて寒い。
 路面が濡れているのか凍結しているのか判明しないので、日陰部分などはかなりガクブル&ドキムネです。
 それでも上半身はそれなりに厚着をしましたが下半身はジーパンのみで強行しました。カウル付きなのでネイキッドに比べるとまだ風の当たりが弱いのでしょうが、やっぱり寒いものは寒い。オーバーパンツを履くべきか出る時に悩んだのですが、動きが悪くなるので止めにしたのが後悔先に立たずです。

 全ての行程で10℃未満ばかり。しかも天気悪いですし。
 帰宅したら即シャワーで暖まりましたよ。

 それでも、天候の許す限り走ります。これから温かくなって行く(はず)なので、こんな強行軍が無い事を祈ります。

耐寒ツーリング

| コメント(0)

 さすがに寒い!

気温6℃
 気温6℃

 冬期凍結が発生しやすい場所は、走行時の目安にこんな気温表示と注意警告がでるディスプレイが路傍に立っています。いままでにも寒さを見てもらう(笑)ために何度か撮影していますが、やっぱり寒いものは寒い。

 最近、凍結や解氷剤などの路面状態悪化による転倒するのでは?とビビってしまっているので、あまり走りに出ていませんでした。まず、行こうと思う日の前日に雨や雪などが降っていない事が第一条件。いつも走行している経路には万年日陰の場所が何ヶ所もあり、そういう場所は晴天時の日中でも凍結したままの可能性が非常に高いのです。そんな場所は山の法面に雪がどっさり残っていたりする事もあります。
 さらにもうひとつの条件として、前日夜半に気温が下がりすぎない事。アメダスの温度分布で氷点下になっていることがあれば、その周辺はまず間違いなく凍結しています。
 凍結時の転倒ほど惨めなものはありません。タイヤが滑って足をついて立て直そうとしても、その着地した足がツルツルの凍結路面で滑って車体姿勢の立て直しもへったくれもなく、そのまま転倒するしか無いので、「あぁ〜、やられたわ〜」としかなりません。
 まあ、凍結のおそれがある山間部を走りに行かなければ良いのでは、という話もありますが(苦笑)。

 そんなこんなで、この厳寒時に走りに出る機会がめっきり減ってしまったのですが、久々に前日当日とそこそこの高い気温が見込めたので走りに出てみました。

 しかし案の定、山間部はこの見事な晴天の陽射しの下で6℃という厳寒。
 写真をみれは判ってもらえるかもしれませんが、路面が白いのは解氷剤の跡。このような場所を走った後は車体下回りや車輪周り等に解氷剤(塩化カルシウム等)がべったり付いてしまい、すぐに錆が出てしまいますので、この日も帰宅後、冷たい水を我慢しながら下回りをたっぷりの水で洗い流ししました。

 この日はいつもの様に能勢経由でスタート。R173まで出たら篠山からR176へ移り、春日の道の駅で一休み。北近畿豊岡自動車道を北上して、途中で下りて遠坂峠を通ったのですがそこでドキドキに遭遇です。遠坂峠が近づいてくると積雪で大型車離合困難との表示看板が立っていました。現地に行くと除雪はされていましたが、路肩に雪が山積みで道幅が狭くなっていました。
 遠坂峠も万年日陰があるので、凍結していないかドキドキしながらなんとか通過。途中の山肌には雪は残っているわ、路肩は雪が山積みで溶け出しているのか凍結しているのか判らない路面はあるわで寒い上に心臓に良くありません。
 無事抜けると和田山から豊岡に行くか八鹿の道の駅で足湯に浸かって暖まるか悩んだのですが、日が陰ると猛烈に寒くなるので、取り急ぎそのままR9で福知山方面へ抜けて帰る事にしました。
 どこを通っても6〜7℃の表示ばかり続き、水温計はC側に貼り付いているし、途中で「なんでこんな日にはしっているのだろう?」と思ったりもしましたが、そこは意地で。

 R9を瑞穂まで戻り、R173に入って大阪方面へ。途中の道の駅・瑞穂の郷もパス。R173で山越えをしたら府道4号で野間から妙見山へ。あとはいつもの様に見山〜忍頂寺から府道1号で茨木までもどり大阪へ。

 午前中は陽も当たりそこそこ温かく感じたのですが、昼を回ったあたりから陽が陰り、薄曇りまで回復はしたのですが気温なりの寒さで走行する事がほとんどでした。

 寒いと体が緊張するので筋肉が強張ります。全身凝ってしまいましたので、さすがに帰宅後はまずシャワーで暖まり、ちょっと肴をつまみつつ酒呑んで、すぐにそのまま寝てしまいました。

 下界では梅の花が咲いたり、菜の花が咲いている場所もあるぐらいですので徐々に温かくなるのでしょう。これからが(私的には)オン・シーズンに突入と思いたいところです。

走り初め

| コメント(0)

 ちょっと温かい。

いつもの場所
 いつもの場所で

 能勢の気温をアメダスで見ていたのですが、朝8時の時点で2℃とか走りに行く事があり得ない気温だったのでどうしようかと家の中でウダウダしていたのですが、日が高くなると気温も上がってきたようなので走り初めにでました。
 市街地で10℃を超えていたのでそこそこ温かかろうと思ったら、意外に山中も温かくなっており、ガクブルで走行する事は全行程でありませんでした。それでも一部の地域で通り雨があった模様で、路面が濡れておりビクビクしながらで、さすがに雨上がりの地域は気温が下がっていました。

 気温が低いと能勢の路には万年日陰の場所があちらこちらにあり、それらは確実に凍結しています。解氷剤を撒いていても雨が降った後だと流れてしまい夜間にツルツルの凍結路面になってしまうので、そんなところを通ろうものなら無抵抗で転倒してしまいます(苦笑)。

 この時期は気温がある程度高い事、ここ2〜3日の間に雨(もちろん雪も)が降っていなかった事が走りに出る必須条件です。以前の走り初めではこんな事もあったのでこの条件を満たしていても油断はできません。

 陽が当たると温かく感じるぐらいの気温でもあり、いつもの気温表示は8℃。これくらいなら厚手のウェアや着込めば大丈夫。寒くなってもまだまだ走りますよ。

紅葉ツーリング

| コメント(0)

 ちょっと紅葉が進んでいそうだったので確認も込めて。

るり渓にて
 るり渓にて

 先週と比べてかなり温暖なツーリング日和でした。日中気温も20℃を超えた所もあったようです。

 一気に紅葉が進んだ感じです。これは来週になると全部の葉が落ちてしまっているのではないかと。本当に紅葉の見頃は一瞬で通り過ぎて行ってしまいます。樹の全体が赤く染まると数日で落葉してしまい、枯れ野のような状態になってしまうのです。
 今年は幸いにしてまだ美しい紅葉と見える時期に訪問することができました。

 紅葉シーズンが過ぎると一気に寒くなり、耐寒ツーリングに突入です。

紅葉(ならず)ツーリング

| コメント(0)

 寒い思いをして走ったのですが、ちょっと早かったようです。

佐々里峠
 佐々里峠

 今回はかなりショートカットのコース。
 県道1号で大飯方面へ走っていく所まではいつものコース。宿野〜るり渓〜R372で篠山からR173です。やはりR173を池田から上がっていくのは時間がかかる経路のようです。もっとも山間部の追い越しができないところで遅い車に塞がれるとどっこいですね。

 前回は広域農道を使って移動しましたが、今回はさらにショートカット。県道1号を佐分利から県道16号に乗り換え、名田庄まで移動してR162を南下、美山から由良川沿いの県道38号に乗り換えて佐々里峠から花脊へ抜け、鞍馬山から京都市街へ。

 なにせ山間部は寒かった。平地でも17℃程度で、山間部だと12℃〜11℃に下がります。ちょっと軽装備だった事もあり、かなり体が冷えてしまいました。大阪に戻ってからも体があまり暖まらず、久しぶりに湯船にお湯を張ってやっと一息つきました。

 肝心の紅葉はいまひとつ。ほとんど色付く事無く、始まったばかりの状態でした。これは来週あたりが見頃なのでしょう。

 写真の背景がかなり白くなっていますが露出オーバーではなく、うっすらと霞がかかっています。林間を走る時に木漏れ日が光の筋になって幻想的な空間を走り抜けることができたのが寒いツーリング中の良かった事でしょうか。

次のページ