二輪日記

耐寒ツーリング

| コメント(0)

 さすがに寒い!

気温6℃
 気温6℃

 冬期凍結が発生しやすい場所は、走行時の目安にこんな気温表示と注意警告がでるディスプレイが路傍に立っています。いままでにも寒さを見てもらう(笑)ために何度か撮影していますが、やっぱり寒いものは寒い。

 最近、凍結や解氷剤などの路面状態悪化による転倒するのでは?とビビってしまっているので、あまり走りに出ていませんでした。まず、行こうと思う日の前日に雨や雪などが降っていない事が第一条件。いつも走行している経路には万年日陰の場所が何ヶ所もあり、そういう場所は晴天時の日中でも凍結したままの可能性が非常に高いのです。そんな場所は山の法面に雪がどっさり残っていたりする事もあります。
 さらにもうひとつの条件として、前日夜半に気温が下がりすぎない事。アメダスの温度分布で氷点下になっていることがあれば、その周辺はまず間違いなく凍結しています。
 凍結時の転倒ほど惨めなものはありません。タイヤが滑って足をついて立て直そうとしても、その着地した足がツルツルの凍結路面で滑って車体姿勢の立て直しもへったくれもなく、そのまま転倒するしか無いので、「あぁ〜、やられたわ〜」としかなりません。
 まあ、凍結のおそれがある山間部を走りに行かなければ良いのでは、という話もありますが(苦笑)。

 そんなこんなで、この厳寒時に走りに出る機会がめっきり減ってしまったのですが、久々に前日当日とそこそこの高い気温が見込めたので走りに出てみました。

 しかし案の定、山間部はこの見事な晴天の陽射しの下で6℃という厳寒。
 写真をみれは判ってもらえるかもしれませんが、路面が白いのは解氷剤の跡。このような場所を走った後は車体下回りや車輪周り等に解氷剤(塩化カルシウム等)がべったり付いてしまい、すぐに錆が出てしまいますので、この日も帰宅後、冷たい水を我慢しながら下回りをたっぷりの水で洗い流ししました。

 この日はいつもの様に能勢経由でスタート。R173まで出たら篠山からR176へ移り、春日の道の駅で一休み。北近畿豊岡自動車道を北上して、途中で下りて遠坂峠を通ったのですがそこでドキドキに遭遇です。遠坂峠が近づいてくると積雪で大型車離合困難との表示看板が立っていました。現地に行くと除雪はされていましたが、路肩に雪が山積みで道幅が狭くなっていました。
 遠坂峠も万年日陰があるので、凍結していないかドキドキしながらなんとか通過。途中の山肌には雪は残っているわ、路肩は雪が山積みで溶け出しているのか凍結しているのか判らない路面はあるわで寒い上に心臓に良くありません。
 無事抜けると和田山から豊岡に行くか八鹿の道の駅で足湯に浸かって暖まるか悩んだのですが、日が陰ると猛烈に寒くなるので、取り急ぎそのままR9で福知山方面へ抜けて帰る事にしました。
 どこを通っても6〜7℃の表示ばかり続き、水温計はC側に貼り付いているし、途中で「なんでこんな日にはしっているのだろう?」と思ったりもしましたが、そこは意地で。

 R9を瑞穂まで戻り、R173に入って大阪方面へ。途中の道の駅・瑞穂の郷もパス。R173で山越えをしたら府道4号で野間から妙見山へ。あとはいつもの様に見山〜忍頂寺から府道1号で茨木までもどり大阪へ。

 午前中は陽も当たりそこそこ温かく感じたのですが、昼を回ったあたりから陽が陰り、薄曇りまで回復はしたのですが気温なりの寒さで走行する事がほとんどでした。

 寒いと体が緊張するので筋肉が強張ります。全身凝ってしまいましたので、さすがに帰宅後はまずシャワーで暖まり、ちょっと肴をつまみつつ酒呑んで、すぐにそのまま寝てしまいました。

 下界では梅の花が咲いたり、菜の花が咲いている場所もあるぐらいですので徐々に温かくなるのでしょう。これからが(私的には)オン・シーズンに突入と思いたいところです。

走り初め

| コメント(0)

 ちょっと温かい。

いつもの場所
 いつもの場所で

 能勢の気温をアメダスで見ていたのですが、朝8時の時点で2℃とか走りに行く事があり得ない気温だったのでどうしようかと家の中でウダウダしていたのですが、日が高くなると気温も上がってきたようなので走り初めにでました。
 市街地で10℃を超えていたのでそこそこ温かかろうと思ったら、意外に山中も温かくなっており、ガクブルで走行する事は全行程でありませんでした。それでも一部の地域で通り雨があった模様で、路面が濡れておりビクビクしながらで、さすがに雨上がりの地域は気温が下がっていました。

 気温が低いと能勢の路には万年日陰の場所があちらこちらにあり、それらは確実に凍結しています。解氷剤を撒いていても雨が降った後だと流れてしまい夜間にツルツルの凍結路面になってしまうので、そんなところを通ろうものなら無抵抗で転倒してしまいます(苦笑)。

 この時期は気温がある程度高い事、ここ2〜3日の間に雨(もちろん雪も)が降っていなかった事が走りに出る必須条件です。以前の走り初めではこんな事もあったのでこの条件を満たしていても油断はできません。

 陽が当たると温かく感じるぐらいの気温でもあり、いつもの気温表示は8℃。これくらいなら厚手のウェアや着込めば大丈夫。寒くなってもまだまだ走りますよ。

紅葉ツーリング

| コメント(0)

 ちょっと紅葉が進んでいそうだったので確認も込めて。

るり渓にて
 るり渓にて

 先週と比べてかなり温暖なツーリング日和でした。日中気温も20℃を超えた所もあったようです。

 一気に紅葉が進んだ感じです。これは来週になると全部の葉が落ちてしまっているのではないかと。本当に紅葉の見頃は一瞬で通り過ぎて行ってしまいます。樹の全体が赤く染まると数日で落葉してしまい、枯れ野のような状態になってしまうのです。
 今年は幸いにしてまだ美しい紅葉と見える時期に訪問することができました。

 紅葉シーズンが過ぎると一気に寒くなり、耐寒ツーリングに突入です。

紅葉(ならず)ツーリング

| コメント(0)

 寒い思いをして走ったのですが、ちょっと早かったようです。

佐々里峠
 佐々里峠

 今回はかなりショートカットのコース。
 県道1号で大飯方面へ走っていく所まではいつものコース。宿野〜るり渓〜R372で篠山からR173です。やはりR173を池田から上がっていくのは時間がかかる経路のようです。もっとも山間部の追い越しができないところで遅い車に塞がれるとどっこいですね。

 前回は広域農道を使って移動しましたが、今回はさらにショートカット。県道1号を佐分利から県道16号に乗り換え、名田庄まで移動してR162を南下、美山から由良川沿いの県道38号に乗り換えて佐々里峠から花脊へ抜け、鞍馬山から京都市街へ。

 なにせ山間部は寒かった。平地でも17℃程度で、山間部だと12℃〜11℃に下がります。ちょっと軽装備だった事もあり、かなり体が冷えてしまいました。大阪に戻ってからも体があまり暖まらず、久しぶりに湯船にお湯を張ってやっと一息つきました。

 肝心の紅葉はいまひとつ。ほとんど色付く事無く、始まったばかりの状態でした。これは来週あたりが見頃なのでしょう。

 写真の背景がかなり白くなっていますが露出オーバーではなく、うっすらと霞がかかっています。林間を走る時に木漏れ日が光の筋になって幻想的な空間を走り抜けることができたのが寒いツーリング中の良かった事でしょうか。

プチ山陰周遊

| コメント(0)

 周遊って周っただけで遊んでないですけど(笑)

 夕方から雨という予報を信じてちょっと遅めだったのですが走りに出ました。その遅めが裏目に出て後で大変な思いをしたのですが、それは最後に。

湯村温泉
 湯村温泉

 この日は夜の予定が何も入っていなかったので遅くなっても大丈夫と、10時に出発しましたが、さすがに鳥取まで行くと帰りが遅くなりすぎるので、まずは湯村温泉に。もちろん足湯に浸かって足を温めて再出発。

浜坂駅
 浜坂駅

 先の出合橋で県道47号に乗り換えて浜坂へ向かいます。途中に七釜温泉があるのですがパスして浜坂駅へ。この時点ですでに15時になっており、かなり遅い時間。

余部橋梁にて
 余部橋梁

 浜坂からほど近い余部橋梁にも立ち寄りました。道の駅で何か買おうかと徘徊したのですがこれと言った物がなく、へしこは要冷蔵なのであきらめ、そそくさと出発します。この段階で16時。
 いつもなら香住道路を使ってR178経由で豊岡〜出石と帰るのですが、なぜか県道4号を使って南下し、すぐにR9へ戻って来た道を逆に走ります。
 おかげで豊岡市街と出石市街の混雑しそうなエリアをパスしたのですが、やや遠回りになりました。急いで帰るべく北近畿豊岡自動車道に八鹿氷ノ山から入ります。ここで最初の杞憂が物の見事に現実になりました。予報では夜から雨だったのでその通りになります。小降りとは言え高速走行で雨が降り始めると日が落ちて気温が下がった事もあって一気にガクブルの寒さに。
 幸いにして雨の移動速度よりもこちらの移動速度が速かったようで、途中から雨は無くなったのですが、春日からR175で移動する際に追いつかれますがなんとか逃げ切り。
 さらにR176で柏原に入る段階で、また追いつかれます。
 R176をひた走って途中で篠山を抜けてR173に向かう途中で追いつかれたり逃げ切ったり。
 R173では事前に確認していた通りすでに雨が通った後で路面が濡れており、山中の気温低下に加えてさらに気温が低下し、17℃ぐらいになりました。日が当たっていなくて日中走行の装備ではかなり寒い。
 いつものように妙見山〜能勢経由で帰路につくのですが、そこでも雨に追いつかれたり逃げ切ったり。その後の内環状線と新御堂筋ではさすがに逃げ切ったようで雨に遭遇せずに帰宅。
 帰宅前にスーパーに寄って買い物をして外に出るとまた雨がポツポツ。いそいで自宅まで。

 このように自業自得ではあるのですが、帰り道はほぼ雨と鬼ごっこ状態でした。気温が低かった事もあり、かなり寒い思いをさせられました。流石に帰宅後は風呂に湯を張ってゆっくり入浴して体を温めましたので、体調を崩す所までは到りませんでしたが。

 このところ土日の1日だけ天候が良い日が続いていたので走りに出る事が多かったですが、やはり日没後に走行する状況は避けた方が良さそうです。いや、寒いんですって、山の中。

北陸日帰り

| コメント(0)

 北陸と言っても大阪見れば一番近くの地域ですね。

三方五湖にて
 三方五湖にて

 最近、遅めに出発する事が多く、日没も早い事から遠距離が辛くなってきたのでちょっと早めに出発して走り始めました。当初は小浜から佐々里〜京都経由でと思っていたのですが、もうすこし先まで、とR27を走ってみました。写真の場所に二輪で訪問したのはもう20年ぶりぐらいかな。

 往路はR176〜R173を使ったのですが、R173で瑞穂に到るまでにゆっくり走っている(制限速度よりも遅い)車にずっと前を塞がれていつものように能勢経由で走るより相当遅くなりました。このあとの行程は時間を短縮したかったので綾部から県道1号を通り小浜方面へ舞鶴をパスして向かいます。大飯の手前でR27に出ずに若狭西部広域農道を使って若狭町まで一気に進みました。交通量も多く無く、信号もほとんど無いので非常にゆったりした気分で走ることができます。スピードを出したくなる道ですが、途中で速度検問(いわゆるネズミ捕り)をやっていたりするので自重しましょう。

 若狭からR27に入り走り続けると道路案内に「敦賀」の文字が出てきます。敦賀から奥琵琶湖〜湖西路経由で帰る事も考えたのですが、帰路となる時間帯では大津〜京都〜の路での混雑が予想されましたので、三方方面(常神半島)へ向かいました。

 どんよりした天気だった事もあり、二輪車もほとんど走っておらず。そもそも全日まで雨の予報が出ていましたし。
 三方レインボーラインも、と思いましたが通行料金のあまりの高さに却下。帰りの時間余裕もあまりなかったこともあり、ここからR27の舞鶴経由で帰る事に。
 瑞穂からの帰り道もまたもや遅い車(制限速度より遅い...orz)に前方を阻まれてしまい、げんなりしながら大阪まで戻りました。

 やはりいつもの知った路と違う路を通るのは冒険率が高いですね(苦笑)。

温泉ツーリング

| コメント(0)

 今回は日本海側ではなく紀伊半島内陸へ。

龍神温泉
 龍神温泉(元湯)

 ゲリラ豪雨に怯えてなかなか行き先に選択しなかった紀伊半島中央部に久しぶりに行きました。実際に1年以上ぶりの訪問です。無料化された高野龍神スカイラインも2回目。
 とはいえ、午前中の高野山から龍神方面は雲の中(涙)で、路面もウェットの上視界も悪いため快適走行とはいえませんでした。龍神温泉近くになってからやっと晴れて路面も乾いてきました。温泉に浸かって上がってから帰途に就いた頃にやっと晴れ上がり、路面もほぼほぼ乾いてきて快適走行になりました。

 今回の行程は300kmほどなのですが、その4分の3以上が山間路。何せ橋本の学文路(カムロ)から龍神温泉まで90km弱。もちろん往復するとその倍の距離が全てワインディング。それほどの距離のツーリングではなかったのにかなり疲れました。

 龍神温泉からの帰り道は時間に余裕があったり晩の予定がなければ往路をそのまま帰ることではなく白浜、みなべ、御坊のいずれかまで出て紀伊半島外周を走行して帰るのですが、今回はそのまま往路で橋本まで戻り、北上して橿原〜大和郡山〜奈良経由で大阪まで戻りました。

 いろいろといつもは通らない道をふらふら徘徊して走行したので、なかなか面白かったです。予想以上に昔の景色と別物になっている場所などもあり、新たな発見もありました。
 次回は寒くなる前に十津川方面へ行ってみようと思います。紅葉の時期になると混雑するのはともかく、路面が落ち葉で滑りやすくなって危険な状態になりますから(過去、落ち葉で滑って転倒経験あり)。

日帰り長距離

| コメント(2)

 久々の日帰りロングツーリング。

鳥取砂丘にて
 鳥取砂丘にて

 ちょっと出るのが遅くなったので遠出は厳しいと思っていたのですが、頑張って久しぶりに鳥取砂丘まで足を延ばしました。往復ほぼ500kmを走行、いちおう休憩ではありませんが、ちょっと買い物とトイレで道の駅に寄ったりはしましたが、おおむね10時間は走行し放しという強行軍。

 朝9時に出たのでまだ気温は低くはありませんでしたが、それでも山間部は21℃ぐらいと走行時は肌寒い気温です。昼間になると25℃ぐらいまで上昇してやっと快適な温度になりました。この走行中も快適な時節は本当に一瞬の事で、ほとんどが走っていて暑いか寒いかしかありません(苦笑)。
 気温が30℃近くになると路面温度は40℃あたり。そのすぐ上の暑い空気を突き進むので実際は周りの空気は体温近辺なので、かなりげんなりします。

 今回はなるべく楽しい道を通ることにしました。
 往路には能勢経由で宿野〜畑野〜るり渓〜R372で篠山〜細工所から西紀へ抜けR176に出ます。柏原から石生〜春日へ。今回は春日からの往復に北近畿豊岡自動車道をフルに使いました。とは言え遠坂トンネルは往復共にパスしてワインディングを通ります。
 八鹿からはひたすらR9を走り抜きます。時間があれば湯村温泉で足湯につかって一服するのですが、2時間ほど時間が足りませんので通過。鳥取近辺のR9がバイパス化しており迷いましたが、鳥取砂丘にてちょっと水分補給してすぐに帰路へ。お土産も買わずに...です。とほほ。

 今回は時間が足りないせいもあり、往復にほぼ同じ経路を通りましたが、本当は鳥取からの帰りは浦富海岸〜浜坂〜余部〜豊岡〜福知山とゆっくり景色を堪能しながら行きたかったところです。

 久しぶりとは言え往復500kmの日帰りは堪えました。

余部熱々ツーリング

| コメント(0)

 いやあ、暑かった。というか、体に悪いですよ、きっと。

余部橋梁にて
 余部橋梁にて

 ひさしぶりに行程400km超えのツーリングに出ました。お昼近くになると中国山脈の山嶺でのゲリラ豪雨に遭遇してしまいますので、ちょっと早めに出発してなんとかゲリラ豪雨には遭遇しませんでした。

 いつものように能勢〜篠山〜春日と進み、道の駅「おばあちゃんの里」で一服して水分補給。北近畿豊岡自動車道を北上して、途中で一度降りて遠坂峠を堪能してまた自動車道で北上。八鹿からR9と西へ進みます。
 今回は村岡から県道4号で北上し、香住で香住道路に乗って余部を目指しました。
 途中の気温は34℃〜36℃もあり、舗装部分を走っていると熱中症になるのではないかと思えるくらいです。走っている間は蒸発熱でそこそこ暑く無いのですが、信号等で停まった瞬間に汗が一気に吹き出します。途中のトンネル部分がなんと涼しく感じる事か。

 帰りは香住道路から豊岡〜出石と戻りR426で福知山の手前まで出て、福知山までR9、福知山でR175へ折れて春日〜石生でR176へ乗り換え、篠山からR173に抜けて来栖から妙見山へ抜けて野間峠越えをして茨木へ戻り、大阪市内に帰還。

 今回、行きも帰りも幹線道路で車同士の事故(それも軽微な物損)が大阪側で何ヶ所もあり、無用な渋滞を引き起こしてはなはだ迷惑でした。お盆渋滞でもそんなに混雑する時間帯でもないのにと進んでいくと車両事故。車体がグチャグチャどころかかすり傷みたいな軽微な事故でその場に車を留めて渋滞を引き起こしているのです。物損なんてあとからでも現場検証できるのですから、安全な場所(迷惑にならない場所)に移動してもらいたいものです。

 帰途で能勢に入ったぐらいに一気に気温が下がり、そらもにわかにかき曇って暗くなって雷光がちらちら見える状態に遭遇。「あちゃ〜、今回も遭遇か!?」とあきらめていたのですが、なんとか遭遇せずに帰宅。でも千里地方は道が濡れていたので一部地域だけで降ったようで、大阪市内は何もありませんでした。
 この時期、本当にゲリラ豪雨だけは避けたいですね。

久々の中距離

| コメント(0)

 久しぶりに300km超えの中距離ツーリング。

遠坂峠にて
 遠坂峠にて

 ゲリラ豪雨に遭遇するのをビクビクしながら出ましたが、なんとか遭遇せずに帰着。
 いつものように茨木から能勢と篠山を経由して春日の道の駅で一服。豊岡北近畿自動車道を北上して青垣で下り、遠坂峠を超えて和田山へ抜けます。

田治米合名会社
 田治米合名会社(竹泉)

 春日から丹波市にある西山酒造場(小鼓)を訪問してから多治米合名会社(竹泉)に行こうと思ったのですが、出たのが遅かったため時間の余裕があまり無くこちらに直行。いつもお世話になっている営業担当の方とお話させて頂き、残り少ないブツをさらってきました(笑)。
 かなり残念だったのは、乗って帰らないとならないため試飲できなかった事です。次回訪問時は列車かだれかハンドルキーパーになってもらって行こうかと(笑)。

 帰りは福知山から瑞穂までR9、その後R173を南下していつものように能勢〜茨木経由で帰途に就きました。途中、30℃超えはあたりまえで、路面温度は絶対に40℃以上あったはずで、信号で止まった瞬間に汗が吹き出ました。
 これからの季節、熱中症にならないように注意が必要です。
 いっその事、ナイトランにしようかと(苦笑)。

次のページ