街の風景

それゆう

| コメント(0)

 日本語ですか。

soreiyu
 soreiyu

 本当は「太陽」あるいは「向日葵」を意味するフランス語"soleil"だと思われます。
 日本語カタカナ表記だと「ソレイユ」とされる事がほとんどですが、この看板ではなぜかフランス語ではなく日本語発音のローマ字綴り。
 なぜに日本語綴りのローマ字表記なのか...かなり意味不明です。

 辞書を引くと「ソレイ」と最後の"l"を発音しない表記なのですが、最後の"l"をフランス語では"y"の音とすることがあるため「ソレイユ」となるのも間違いでは無いそうです。

いないいないばぁ

| コメント(0)

 柔らか表記。

さむらいきっちん
 居酒ばぁ

 ふりがなか読みを併記しているのでしょうか。
 それよりも「居酒ばぁ」の方が気になって仕方ありません。
 「居酒屋」でも「バー」でも無い何かなのでしょうが....扉をあけると「ばぁ〜」と脅かされる事は無いと思いたいところ。

そうかといって

| コメント(0)

 あまり肯定的ではない接続詞。

さりとて
 さりとて

 漢字表記ならば「然りとて」。
 『そうだからといって』とか『そうかといって』という後続を微妙に肯定しない接続詞です。
 用法として「このブログは悪くは無い。然りとて特段に面白い物ではない」のように使われ、だいたいが前後共に然程良い評価ではないものが並ぶ用法一般的です。

 成り立ちは
 然(さ)り《動》:そうである、そのとおりである、そのようである
 とて《接続助詞》:打消し•反語の意の表現を伴って、ある条件を述べそれが順当な予想に反する結果を生じることを表す。
 が合わさった言葉でしょう。

 さりとて、この文章は興味深いとは言い切れませんね(苦笑)

パチモンではない

| コメント(0)

 偽装一切無し。

ほんまもん
 ほんまもん

 漢字で書くと「本真物」。
 大阪弁では「ほんとうのもの。にせでないもの(大阪ことば事典より)」を指します。

 昨今、あちらこちらで食品偽装が行われて摘発されていたりしますが、この屋号でそんな事は一切できないでしょう。もししていたとしたら屋号を「ぱちもん」に変更してもらわなくてはなりません。

笑うな!

| コメント(0)

 シミュラクラ現象。

笑っている
 笑っている


 階段を上っているとふと変な感覚。
 階段の壁にそいつがいました。

 ...笑うな!

戦争だ!

| コメント(0)

 きのこ・たけのこ戦争の中間点か。

きのこの里
 きのこの里

 メーカーもおもしろがって仕掛けてきている「きのこの山」対「たけのこの里」の熾烈な戦いが頻繁に勃発しています。野球の贔屓チームと同じくクリティカルな話題となりつつある「きのこ・たけのこ戦争」。
 そんな戦いを横目で見ながら「きのこの山」ではない屋号「きのこの里」。
 たけのこの「里」を借りた「きのこの」山では無いでしょうか。いやちがうか。

 キノコは野菜売場で売られる事が多いですが本体は「菌類」の「子実体」を指します。この子実体を作らない菌類にはカビがあります。
 人にとって有害な物質を含むキノコも多く、触れるだけで皮膚にただれるほどの炎症をもたらす「カエンダケ」等を筆頭に猛毒となる物質を持っている他、「ワライタケ」のようにシロピン類を含み強い精神作用を及ぼす物質を持っている物も多くあります。
 また、抗ウィルス・抗菌作用をもつ物質に、抗腫瘍性が期待されているβグルカンなどの有用な物質を持っているものも多くあります。

 低カロリーで不溶性食物成分(食物繊維)を多く含むため便通の改善や体内の有害物質を外に出す(デトックス)などが期待されますが、換装したキノコはビタミンDを豊富に含むためカルシウムの吸収を促進する効果も期待できます。
 まだまだ未知の薬効成分となりうる物質を持っている未知の可能性がある不思議な生物であるキノコ。とりあえず食べて美味しいですよね。
 ちなみにトリュフもキノコの仲間(セイヨウショウロの子嚢果)です。

 「食べた事ないやつもあるヨ」と看板にありましたが、あくまでもちゃんとした食用。
 マジックマッシュルームなどの違法なものは出てきませんよ。念のため。

ほほえみ

| コメント(0)

 ぷぷぷではなく、ぽぽぽでもない...。

fu fu fu
 fu fu fu(歩 歩 歩)

 「歩」を「ふ」と読ませるのは将棋の駒を指す読み方。
 一般的には『歩く(あるく)』や「ほ」や「ぶ」、数助詞で使う「ぽ」が使われます。

 「歩 歩 歩」と言われると上級者との対局で行われる駒落ちの最たる落とし方である王将と歩が3枚という持ち駒での対局です。まあ、これだけの駒の差が圧倒的でも巧い人人と拙い人が対局すると勝てる様です。

 「歩」三枚で勝てる。よほど料理に自身があるのでしょうか。
 それとも微笑みなのか。

しゃべる機関車

| コメント(0)

 これは当て字以外のなにものでもないかと。

十升
 十升(とおます)

 通常使われる1升は四寸九分四方で深さ二寸七分の升で計った容量を指します。
 今のメートル法に換算すると1.8039 リットルに相当し、これが1升=1.8リットルとされる大きな理由です。
 十升(=一斗)は約18リットルとなり灯油や食用油などの運搬単位となっています。一斗缶であれば18リットル入る缶という事ですね。

 機関車トーマスという顔のついた機関車が活躍する、よく考えると理不尽で無茶苦茶な子供向けのお話がありますが、トーマスはキリスト教の十二使徒の一人「トマス(Thomas)」に由来し、トム(Tom)やトミー(Tommy)は、このトマスを短縮したものです。
 日本ではどういう経緯か(ドイツ語発音である)トーマスが用いられ、本来の英語の発音に近い「トマス」と言われたら「?」となってしまいますね...。

濾過します

| コメント(0)

 焙煎したコーヒー豆を挽いて...。

FILTER
 FILTER

 水や湯などで抽出した後に固形成分を濾過(filter)します。
 濾過するために用いるものを濾材と言いますが、コーヒーの場合は様々な素材と濾過の方法でそれぞれ微妙な異なる味わいを楽しむことができます。

 一般的にお手軽なのはペーパーフィルターを用いるペーパードリップ式。
 喫茶店などで用いられるサイフォンでは布を用いて漉しますが、他に布フィルターとしてネル布フィルターを用いるネルドリップ式もあります。
 屋外では手軽に楽しめるパーコレーターを使い金属に微細に開けられた穴による濾過も行うものもあります。エスプレッソマシンで用いるフィルターも同様に金属フィルターを用いますが、エスプレッソの場合は高温高圧蒸気で短時間に抽出を行う方法がとられます。
 同じ豆を使ってもこれらの淹れ方によって大きく味が変わるのもコーヒーの楽しみ方の一つでしょうか。

飛ばすのは

| コメント(0)

 銃弾ではないですよね。

GUNS
 GUNS

 ダーツバーなので飛ぶのは投げ矢(ダート:dart)ですが、屋号は銃(GUNS)。
 ひょっとするとひょっとしてお店ではソフト・エアガンで射撃ができるかもしれませんが...。

 古風に的に向かって矢を飛ばすゲームと捉えられがちですが、エレクトリックダーツボードなるものもあり、矢に組み込まれたチップで誰が投げた物か分類し、同時に当たった場所の点数も自動で計算してくれるという純粋に矢を投げて的に当てるという目的に集中できるものもあります。
 訓練すればブルズアイに皆中するのも夢ではありませんよ。

次のページ