街の風景

美人になるのだろうか

| コメント(0)

 中国由来とも違うらしい。

美人粥
 美人粥

 小林カツ代の著書で同タイトルのものがありますので、その本が名前のこの「美人粥」の名称の発祥なのでしょう。
 昨今では薬膳系とも思える食べる事で健康に美しくなれる粥料理全般のようです。
 「美しく」なれるかもしれませんが「美人」になれるかどうかは別の話なので、私的にはちょっと微妙だったりします。

 美味しく頂けて、満足でき、さらに健康になるのであれば心も身体も美しく磨こうと考えるのは必然。そんな心理的な動きが食を通して美へと至るのでしょうか。

世界初

| コメント(0)

 激安1室。

ホテルサンパチ
 ホテルサンパチ

 特定の部屋1室のみですが本当にオールタイム、フリータイム、宿泊のどれでも380円。
 部屋が劇的に狭いとか設備が悪いとか、幽霊が出るとかではなく至極真っ当な部屋だそうで、ビジネスホテル並にはちゃんと整った設備だとか。

 ホテルのネーミングからこの1室のみの380円という料金が決められたそうで、部屋の値段以外はほかの一般料金と全く同じサービスが受ける事ができるそう。激安目当てで来たものの部屋が相手以内となると「じゃあ」と別の部屋を利用する事も無いようで純然とした客寄せとしては成り立っていないそうです。逆に知らずに利用して料金を払う段でびっくりする人もいたとか。
 いわゆるラブホテルなんですが、お一人様、男性同士、女性同士でもOK。もちろんカップルでの利用は問題ないとか。フトコロ大きいですね。

爆発ヘアー

| コメント(0)

 普通のヘアースタイルを希望します。

ヘアーサロン
 ヘアーサロン

 Guns N' Rosesの"Welcome to Jungle"が爆音で店内に流れているような気がしてなりません。ノリノリでヘアーカットしているのでしょうか。
 それとも店の中に碧がたくさん置かれていてジャングルのようになっているのでしょうか。
 ちょっと気になりますが、入る勇気はありません。ハイ、へたれです。

仏罰があたる

| コメント(0)

 鳥居はありませんが、罰はあたる様です。

小便禁止
 小便禁止

 立ち小便禁止で鳥居が描かれるのは、描かれた鳥居に小便を掛けて汚すような罰当たりな行為はしないだろうという性善説に基づくそうです。
 実際に立ち小便をすると軽犯罪法第一条26に規程された行為に該当し、軽犯罪法に抵触します。
 そのような迷惑行為を防止しようと鳥居が描かれる事が多くなって来たのですが、発祥はどうも関西地方の様です(諸説ありますが)。
 防止のために文字だけでは効果が薄かったのか日本人が持っている道徳心へ訴えたのが鳥居を描くという手法。最近は木などで作られた立ち小便防止を目的とした小さい赤い鳥居が市販されているようで、私が目にした物の一部もそのような「製品」だったのかもしれません。

 とりあえず鳥居はありませんが罰はあたるようなのでヤメておきましょうね。
 天罰が下るか、仏罰があたるとおもいますよ。

あげるんですか

| コメント(0)

 天婦羅ではなく素揚げでしょうか。

 あげ菜っぱ
 あげ菜っぱ

 野菜の天婦羅や、揚げ(うす揚げ)と菜っ葉の焚き合わせがメイン・・・とかではなく普通に野菜メニューが方ウェイトがあるようです。
 ヘルシー志向のメニューが多いようので揚げ物はあまり無さそう。

 世間一般的に身体に悪いものとか茶色いものは美味しいと言われますし、ジャンクフードもだいたい茶色いです。
 でもやっぱり菜ものは優しい味がしてホッとしますね。

危険階段

| コメント(2)

 これは非情階段というべきか梯子というべきか。

非情階段
 出口扉下のなにか

 扉横に手すりまで付いているので危険な事は承知なのでしょうが、あまりにもぞんざいな扉からの昇降具。酔っぱらって忘れて扉を開けて外を出よう物なら間違いなく転落して怪我をするのが目に見えています。
 しかし、階段を作るには狭すぎるので、妥協点がこの状態なのでしょう。
 庇に手すりまで設置していてしっかり勝手口として使用されているようなのですが、ここを利用するにはかなり慎重にならなければならないと思います。

小動物系

| コメント(0)

 ハムスターとかマウスとか・・・。

ぷるぷる
 ぷるぷる

 怒りのあまり震えているのか、恐怖のあまり震えているのか。
 小さい動物は心拍数が早く、たぶん人間から比べるとすごい早さで時間が過ぎているのかも知れません。我々からするとちょっとした身体の動きが人間の認識の何倍もの速さで動いているとしたら常にプルプルしているのも頷けます。

 そんな小動物をみると愛おしくなるのは、人間に摺り込まれた本能的感情なのでしょうか。それとも驕りなのでしょうか。

まだ高いレベルではない

| コメント(0)

 ちょっと放送禁止用語にかかってきそうです。

釣りバカ
 釣りバカ

 漫画で似たタイトルの「釣りバカ日誌」というのがありますが、そこから取った訳でも無さそうで、単に釣り好きなようです。

 梶原一騎原作・つのだじろう画の漫画「空手バカ一代」はアニメ化されたのですが、近年再放送されないのはこのタイトルのせいだとか。同様にタイトルでアウトになってしまうのが、同じ釣りをテーマにした「釣りキチ三平」。こっちはなにせ「キチ」なもんでもっとハイレベルな状況ではないかと推測されます。

 「キチ」はさすがに言い過ぎかと思えますが、熱心な阪神ファンを自分たちは「虎キチ」と言い切っているのを見ていると「バカ」や「アホウ」もダメなのでしょうか。けなす言葉ではなく突詰めて達観しているという意味で使うのは賞賛している意味がちゃんとあると思えますので、なんでも一概に禁止するのは思考停止に等しいのではないでしょうか。

名画はありません

| コメント(0)

 良くこのような文字をあてたものだと。

飲笑派
 飲笑派(いんしょうは)

 クロード・モネの「睡蓮」で有名な印象派(あるいは印象主義)ですが、こちらはちょっと違う様です。
 アルコールを摂取すると抑制が緩み感情の振れが大きくなります。
 起こり上戸や笑い上戸というやつですね。
 一人で楽しく笑っている分には迷惑をかける訳でもなく良いのではないかと。

 しかしカラオケは歌う時に血圧があるので、飲酒して酔っぱらった状態でカラオケで声を張り上げて歌うのはヤメた方が良い様です。

四字熟語

| コメント(0)

 とはちょっと違う。

茶洋膳酒
 店舗看板

 昼は喫茶・食堂、版はカフェバーみたいな感じでしょうか。それでも全部漢字表記ですし、和食もあるようなので昼は喫茶店、夜はそのまま居酒屋かもしれません。
 「茶」は喫茶メニュー、「洋」は洋食メニュー、「膳」は和食メニュー、「酒」はアルコールメニューなのでしょう。

 普通の街の喫茶店、夜営業はお酒あり。

次のページ