街の風景

普通かなあ

| コメント(0)

 どうかなあ。

普通の♪スナック
 普通の♪スナック

 自ら「普通」と言い切る辺り、とても普通とは思えません。
 良く言う自称「自分は変じゃない」という変な人と同じ印象があります。

 まあ「普通」なんて「常識」とおなじで人それぞれスケールも内容も違ったりしますので、当人にとって普通であっても、その周囲からすると尋常じゃない場合もあり得ますので一概に「普通」を信用するのはちょっと警戒してしまいます。

 それほど自分は疑り深い方では無い(自称)と思うのですが...。

巻いてます

| コメント(0)

 ロゴが渦巻き。

くるりや
 くるりや

 るるるるる〜っと巻いています。
 く〜るくる〜っと。
 「る」の文字がぐるぐるっと回転しそうです。

おとんの存在は

| コメント(0)

 やっぱりこの手の屋号で圧倒的に「おかん」。

OKAN
 OKAN

 ローマ字表記しているものの「おかん」です。
 「おとん」を見る事がほとんど無いのを思うと、よっぽど存在感が薄いのか、邪魔なのかとか、存在そのものが希薄なのでは...と考え込んでしまいます。
 まあ、おとんは「うっせぇなぁ」ぐらいですけど、おかんの方が「ヤカマシ!」って言いたくなるんですけどね。

お参りできません(#13)

| コメント(0)

 ここも参拝する場所ではない。

立ち小便禁止
 立ち小便禁止

 駐車場の一角につけられていた立ち小便禁止の札。
 新しく作られた駐車場だったのですが、早速このような札が掲げられるというのは場所柄なのでしょうか、それとも用心に付けているのか。

 人間の心理として汚れているとさらに汚しても気にならないのですが、奇麗な状態だと心理的な抵抗が働いてその場所や物を汚すような行為を躊躇うとか。ディズニーランド等のテーマパークの中が常に奇麗なのは清掃するスタッフが多数いらっしゃるのもありますが、そのような心理的な部分を勘案しているそうです。

朝日の「ア」

| コメント(0)

 一文字屋号ではダントツに多い。

「あ」
 『あ』

 五十音最初の音です。
 「いろは順」だと25番目なんですがねぇ...。

 日本語の発音の基本となる母音の1つでもあることもあって、一文字屋号には圧倒的に「あ」が多いのです。

両立できるか

| コメント(0)

 あまりにもセンセーショナル。

オカマと匠
 オカマと匠

 占いのお店らしいのですが、このネーミングは強烈なインパクトを放っています。
 もう、二度見間違い無しですよね、これは...。

全てに通じる

| コメント(0)

 すべての道は世界に通じる。

世界通
 世界通

 ワールドワイドな商売をなさっているのでしょうか。
 実際は不動産会社の様ですが、海外の物件を扱っている・・というわけではなさそうです。

| コメント(0)

 ぽわぁ〜んと。

ぽゎ〜る
 ぽゎ〜る

 フランス語の"poire"は「梨」の意味で、カタカナ表記だと「ポワール」とするのが一般的でしょう。
 ここの屋号はアレンジされていて「わ」が小さい「ゎ」ですし、長音記号は波線「〜」になっていて、かなり柔らかめというかふわふわしたイメージを前面押しされている気分です。ほんわかした雰囲気のお店なのかもしれませんね。

普通です

| コメント(0)

 お菓子の名前ではありません。

凡智
 凡智

 関東では「歌舞伎揚げ」と呼ばれますが、関西では「ぼんち揚」。
 普通にいろんなところで売られていますが、結構関西ローカルなお菓子らしく、関東の人に話を聞くと知らない場合が多くて、ローカルなお菓子の名前だと気付かされます。
 普通にいつも食べているとわからないものですね。

 「凡智(ぼんち)」というのは普通の知恵、または普通の才能の事を指します。
 何事もそこそこ、普通が一番なのかもしれません。

ご案内

| コメント(0)

 とりあえず。

2F案内
 2F案内

 お店が開いてなくても案内してもらえるテント。
 普通はシャッターに何か案内なりが書かれるのが普通だと思うのですが、ここはテントの
側面に案内が書かれています。そのため店が閉まってシャッターも下りている店の正面に来るとシャッターの先が何か判らない状態です。

 この間口の小ささで二階や地下の店舗は入口だけでは様子が分からないですよね・・・。

次のページ