街の風景

お参りできません(#10)

| コメント(0)

 なんと空中浮遊型。

小便禁止
 小便禁止

 鳥居が浮いてます。
 横の紙らしきものにうっすらと記載があったのですが、どうやらヒト相手ではなさそうで、犬の小便をさせるなということらしい。

 でも、犬は鳥居の意味も解らないし文字も読めないので、あくまでも飼い主向けのメッセージなのでしょう。それにしても犬の小便の被害は遭ったものではなければわからないでしょうねぇ。

不動産屋ではない

| コメント(0)

 ふわふわの毛玉のほうじゃありません。

ティーモ
 ティーモ

 不動産情報のキャラクターは「スーモ」。
 こちらはレンタルスペースの「ティーモ」。
 両者にまったく関係はありません(笑)。
 

なんでそうなんや(#81)

| コメント(0)

 これで違うメニューメインならどうしてくれようか、と(笑)。

くしもん家
 くしもん家

 「くしもん」は大阪では「串カツ」を指す言葉ですので、メインメニューは当然串カツ。煮物や焼き物ではありません。
 さらに言うなら、大阪で串カツと言えば「牛」カツです。豚やら鳥やら野菜などメニューにあったとしても、串カツメニューの1番目に書かれているのは牛串なのです。関東では豚肉ですけど。

 大阪ソウルフードと言われそうな串カツですが、いちおう新世界にある店が発祥と言われており、関東では「串揚げ」と呼ばれたりします。中京地区ではソースではなく八丁ミソのタレだったりして地方性もあり、全国どこでもお安く気軽に楽しめるメニューなのです。

子豚ではない

| コメント(0)

 粉モンの店はおもしろい。

おおぶた
 おおぶた

 三匹の個性的な子豚が繰り広げるドタバタな物語「三匹の子豚」はイギリスの昔話がベースで、グリム童話にも収録されており、様々な国、多数の言語に翻訳されてアニメーションや絵本として親しまれています。
 当初の話では狼は三匹目の子豚の家の煙突から入って鍋に飛び込み、そのまま料理して食べてしまうという、けっこうショッキングなラストなのですが、さすがにそのあたりは今は巧く改変されて火傷するだけかハッピーエンドなラストもあるようです。

 さて、その三匹の子豚の親が大豚(おおぶた)。
 ウソです(笑)。

 お好み焼きの本道はやはり「豚玉」ではないでしょうか。「牛(肉)」でも「イカ」「エビ」などの「海鮮」でもなく、香ばしく焼き上がった肉とあの脂の味わいが原点だと思います。

肝臓の数値

| コメント(0)

 市中の薬局にある看板は面白い。

薬局の看板
 薬局の看板

 調剤専門薬局ではなく市販薬を売っている薬局にある看板はいろいろと面白いものが多いです。過去にこんな看板こんな看板が設置されているのを見てきましたが、やっぱりなんか変です。

 さて「下がらない肝臓の数値」とはいったい何か、すこぶる気になります。
 ちょっと考えられるのは「γ-GTP」「ALT(GPT)」「AST(GOT)」「ALP」「アルブミン」など色々ありますが、どれを指しているのでしょうか。
 肝臓のイラストが酒を呑んでいるようなのでγ-GTPだろうと思われますが、はたしてどうなのやら...。
 数値が悪い割には元気そうな肝臓ですけど、沈黙の臓器ともいいますから安心してはいけませんよ。 

野生では無さそう

| コメント(0)

 夜露死苦のとはちょっと違うかも。

英留沙
 英留沙(ERUZA)

 世界初の子ライオンの人工保育のドキュメンタリー。そのライオンの名前が「エルザ(メス)」。
 エルザは人に育てられたため野生に還るためには自力で食料を調達するための猟りなど様々な野生動物に必要な事がありました。飼い主だった夫婦の努力により最後には無事に野生に還り、ケニアで無事に野生生活を送ることができるようになったのです。

 というのは勝手な当て込みで、エルザ/エルサ(Elsa / Elza)というのは女性名としてはかなり一般的でエリザベス(Elizabeth)の略称だったりもします。
 憧れの女性の名前を屋号にしたのでしょうか。

 看板の英語表記はバッチリとローマ字表記だったりするんですけど。

本店はどこだ

| コメント(0)

 ここは本店じゃないのだろうか。

出店
 出店

 屋号が「出店」なのでしょうか。
 出店の出先?出先で出店?出店の支店?
 あ〜、なんか混乱してきます。

全部が屋号だった

| コメント(0)

 これはどう解釈したものか悩んだ挙げ句。

=K= MONTA
 大鉢屋 =K= MONTA

 大鉢屋の後ろの記号とアルファベットもちゃんと屋号です。
 それにしてもこの書体。かなりレトロで、もう1960年代になっちゃう感じです。
 磁気インク文字認識に使われ、アメリカでは小切手に使われていたフォントであるE-13Bに良く似たWestminsterではないかと(制作は1960年代)。

挙って

| コメント(0)

 よみは「こぞって」。

cozotte
 cozotte

 なんとなくイタリア語風。
 皆で一斉に残らず。が、意味なのですが、周囲の人が挙って(こぞって)来店するのでしょうか。ビストロ(bistro)とありますのでフランス料理がメインな居酒屋という感じですが、「モツビストロ」なので名物はもつ鍋だったそうで。

 実際にこんなフランス語の単語は無いのですが、語感で魅せる面白い例ですね。

極楽浄土

| コメント(0)

 某、祭礼場の外装。

鳳凰が舞う
 鳳凰が舞う

 いわゆる葬儀場の大きい奴なんですが、外装がすごく凝ってます。
 天上で紫雲の中を鳳凰が舞っている巨大なレリーフ。まさに極楽浄土を示しているのでしょう。お亡くなりになられた方々が、このような穏やかな世界へ旅立たれますようお祈り申し上げます。

次のページ