街の風景

等身大

| コメント(0)

 たまに見ますが、設置場所も出し仕舞も面倒ではないかと。

店頭の等身大看板
 店頭の等身大立体看板

 目立ちますね。さすがにこの手の立体看板。
 私的にはそれよりも後ろに多数ある寿司の食品サンプルの方が気になります。

 

螺旋

| コメント(0)

 吹き抜けに螺旋階段。

吹き抜け
 吹き抜け

 ある意味、トマソンの階段。昇った先に出口も扉もありません。
 意匠として作られているのでしょうが、こんな階段は昇れるとしても恐くて昇りたくはありませんよね。
 壁に踏板だけが出ているタイプの階段は冒険ものの映画やアニメ等で城やダンジョンに登場する事がありますが、実際にその階段を使って昇降することを想像したくもありません。踏み外さなくてもバランス崩せば下に落ちるような階段なんて恐過ぎますし...。

顔が文字

| コメント(0)

 またもやハマムラ案件を見つけました。

顔が文字
 顔が文字

 「じんべえ」+αで顔が構成されています。
 テナント看板にはありませんが、別の看板には口の近くにおちょこが加えられており、「ちょっと一杯」な感じが良く出ていました。

 文字の形がそうさせるのでしょうが、ひらがなで構成された顔文字は柔らかい印象が良く出ています。

謎な祠

| コメント(0)

 どうしてこの場所に。

大黒様
 大黒様

 ビルの壁にまるで祠のようにダクト類が取り巻いている大黒様を発見。
 どういう経緯でこの場所に設置されたのかは一切不明。そもそもに大黒様があったことで後から入ったテナントの排気ダクトを引き回すためにこのような回り込むような配置になった可能性もあります。

 財福をもたらす神として祀られる事が多いのですが、元はヒンドゥーのシヴァ、マハーカーラの意訳で大黒天として密教に取り入れられました。大黒と大国が重なる事から大国主と習合されてしまい、豊穣の神として変化して今に至ります。
 元々は憤怒像だったのが大国主神話の因幡の白兎の逸話と混じり合っていることから江戸時代の頃には柔らかな笑顔、打出の小槌や福袋を持ち米俵に乗った姿となっていきました。

 場所的には南に面した壁なのですが、この場所に大黒様を祀った何かがあったのか、縁起をかついで付けたのかはわかりませんが、普通に歩いていると絶対に気がつかないですね(苦笑)。

なにがですか?

| コメント(0)

 簡潔過ぎて分かりません。

募集
 募集

 「募集」と勤務時間思しき時間がかかれたのみの募集貼紙。
 簡潔で良いのですが、いったい何を募集しているのかがさっぱり分かりません。職種不明、待遇不明、勤務内容も不明。これで気になり過ぎて応募する人がいるのかもしれませんが、時間帯が昼間の微妙な時間でこれまたどうしたものかというところ。
 無事求人応募があって、この貼紙がなくなっていることを祈ります。

4文字アナグラム

| コメント(0)

 いつものように縦読みか横読みか悩みます。

かばくん
 「かばくん」

 正しい読み方は横読みなので「かばくん」が正解なのですが、ついつい縦読みに認識されてしまうため「ばんかく」と読んでしまいます。これはえびせんべいで有名な坂角(ばんかく)が私の記憶の引き出しに常備されているからでしょう。

 四角いエリアを最大限有効に使う意図は分かるんですが、やっぱり悩ましい。

にょろっと

| コメント(0)

 塀の下にはみ出すもの。

木の根が
 木の根がはみ出している

 塀を造る時に除けたのかもしれませんが、木が生長してモリモリな状態になっています。
 まるで塀の向こう側から足がはみ出して覗いているような不気味な感覚があり、ちょっとモゾモゾします。
 境界線様のものが歩道側にはみ出していますが、実際は私有地なのか共用地なのか、不可抗力で無視しているのか。反対側がどういう状態でこのようになっているかは気になるところです。

衣装持ち

| コメント(0)

 本当に何着衣装を持っているのでしょうか。

ぶどうペコちゃん
 ぶどうペコちゃん

 店頭ペコちゃんデザイン募集で「ペコちゃん賞」を授賞した衣装だそうで「ぶどうペコちゃん」との事。
 大胆にぶどうをあしらった衣装デザインです。
 ほかにも受賞作品があり、順次着せ替えで店頭に登場となるのではないかと考えられます。

洒落ですから

| コメント(0)

 結構有名になってしまいましたが...。

すなば珈琲
 すなば珈琲

 鳥取の自虐的ネーミングセンス。
 そもそもが「スターバックス」が無い県として名を馳せてしまい、2012年に平井伸治知事が「スタバはないけど、日本一のスナバがある」と鳥取砂丘の事を自慢していたらそれに乗じてか鳥取砂丘と掛けた珈琲店「すなば珈琲」が2014年に初めて鳥取駅ちかくで開店。
 実はもう1県スターバックスが無かった県である島根県は鳥取県に先立つ2013年に出店されてしまい、唯一スターバックスの出店が無い県として取り残されていました。
 そうこうしているうちに出店が無かったスターバックスがなんと2015年に鳥取駅に進出。

 スターバックスが開店しても地元の人たちであふれる(最近は観光客の方が多いようですが)珈琲店として愛されています。ちなみにスターバックス出店の逆効果で人気がでてしまい、次々と県外に出店を続け、ついには東京にも出店するという快進撃。
 なにがブレイクするきっかけになるか判らないものですね。

普通です

| コメント(0)

 至って普通。しっぽりと過ごせそうです。

どら猫ロック
 どら猫ロック

 昔、「マカロニほうれん荘」の作者である鴨川つばめによる漫画で(全部カタカナではありますが)ドラネコロックというタイトルの作品がありました。
 特攻服着てたり、リーゼントの人がいたり、頭が逆卍刈りだったりとかなり尖ったキャラクターの登場する作品ですが基本はギャクマンガ。主人公が「泉谷しげる」という名前である辺りでやんちゃな漫画であるという事はお察し。

 対してお店は静かに楽しめ、けっしてハチャメチャなロッカーがたむろしている店では無さそうですのでご安心を。

前のページ 次のページ