街の風景

一品勝負

| コメント(0)

 唐突な看板が。

まぐろ
 まぐろ

 なにがどうでこうなのか、見ているうちにゲシュタルト崩壊しそうな看板。
 まぐろ(鮪)がメインの料理の店なのか、お勧め料理なのか、はたまた売っているだけなのか等々いろいろ妄想が沸き上りますが、結局のところ何なのかはさっぱりわかりません。

 美味しいまぐろが食べられるお店...なのかなあ。

奇妙な世界がそこにある

| コメント(0)

 まるでブリューゲルの絵の中に出てきそうな。

彫像
 彫像

 何かが走っている。
 実際にこの彫像のタイトルは「走」で、郡 順治という方の作品だそうです。

 力強く走る足と非現実のまざった不思議な作品。
 ブリューゲルの寓意図に出てきそう。そう、なんかあのタラ夫に似ているのです。

夜露死苦

| コメント(0)

 ムリヤリ漢字にした感じ。

千加未知
 千加未知(ちかみち)

 「近道」を想起させる割にはえらい遠回りしているような気がするのは私だけでしょうか。
 未知なだけに判らない部分が多いのか...。

めだちます

| コメント(2)

 どうもこの手の外装色にする人の気持ちがわからない。

イエローな家
 イエローな家

 以前に蛍光グリーンっぽい外装色の建物を紹介しましたが、こんどはイエロー。決して画像処理ソフトで色替えしたものではありません。
 外装の補修で塗り替えをしたのでしょうが、なぜにこの色にしたのでしょう。
 すごく目立ちたいのか、黄色が大好きなのか...。

 まあ、何色にしてもそれほど費用的に差がでないとは思いますが。

するのかしないのか

| コメント(0)

 一般的には承る意味ですが。

しょうち
 しょうち

 「今度は承知しないからな!」
 と、言われるととりあえず許してもらえたのかと。首の皮一枚かもしれませんけど(苦笑)。

 最近、おかしなビジネスマナーが氾濫していて「了解しました」はいつのまにか上司に使うと失礼で同僚や目下を相手にした場合に使うべきであり、上司には「承知しました」が正しいという嘘な方便が幅を利かせているようです。
 どうも近年になってビジネスマナーの講師か誰かがマウンティングするための自分ルールで言い始めたものらしく、どちらを使っても失礼に当たらないのですが、一方的に「了解」はダメという物言いを付けられるのが浸透してしまっているようです。
 いや、もう、はなはだ迷惑な誤解なのですが。

 さて、このお店、どれぐらいの無茶振りまで「承知」してくれるのでしょうか。
 いやいやひらがな表記ですが漢字にしたら「招致」とか「小智」とか別の物かもしれません。うむむ...。

亀甲

| コメント(0)

 六角形の繰返しパターン。

面格子
 面格子

 いろいろなパターンがある面格子ですが、これは亀甲模様を模したと思われる六角形のパターンで構成されています。あたりまえですがハンドメイド。
 デザインも然ることながらこれを作るための労力と手間はとても今は掛けることができないのでしょう。アルミサッシに押されて廃れてしまったのはもったいないと思ったりします。

らりらりら〜

| コメント(0)

 歌詞は知っていても花を見た事は...。

アマリリス
 アマリリス

 真っ赤な大輪の花が咲くアマリリス。
 庭先等で植えている方が少ないせいか、実際の花を見る機会は少ないので歌詞は知っていても花は知らないという方も多いのではないかと思います。

きょうはどっち?

| コメント(0)

 はれ、時々くもり、みたいな。

店舗看板
 店舗看板

 「フレンチ ときどき イタリアン のお店」だそうで、今日はどっちなのかワクワクドキドキしながら来訪しないとなりません。
 「今日はイタリアンの舌だ!」と意気込んできたのにフレンチの日だったりすると気負いが大きい分だけガッカリ感に半端ないダメージを被ります。
 もちろん「今日はどっちかな〜?」と期待していればどちらもアタリなので毎日ウキウキになることができるので、そう考えると楽しいかもしれません。

 ちなみに天気予報の「時々」の意味ですが、例えば「晴れ時々曇り」とする場合、後ろの「曇り」の合計時間が予報期間の2分の1より短い場合を表しています。もうひとつある「一時雨」という表現で使われる「一時」は予報期間の4分の1より短いことを表します。
 ですので「明日の予報(24時間予報)」で一時なら6時間、時々なら12時間の合計時間よりも短い現象を表す事になります。

 このお店の場合、ランチはイタリアン、ディナーがフレンチなら「フレンチ時々イタリアン」という時間配分でしょうか。もっとも一日の中で別の仕込をするのは煩雑だと思われるので、やはり行った日によりどちらかは実際に店舗に行かないと判らないのではないでしょうか。

道場(らーめん)

| コメント(2)

 弟子入り入門か。

らーめん道場
 らーめん道場

 巷では「ラーメン道」みたいな事を言われることがありますが、それはあくまでも作る側の話。客として食べに行くのにそこまで型を作って礼儀作法等の決まり事を作る必要の無い気軽な料理のはずです、ラーメンって。

 暖簾をくぐって入門、道場(店)で(何かを)鍛え上げられて免許皆伝でお会計、てな感じでしょうか。
 手っ取り早くて良さげですが、太鼓判は押してもらえそうです。

太りたい

| コメント(0)

 世の中太れない人がいるんですよねえ。

でぶカレー
 でぶカレー

 「やせの大食い」と良く言われますが(私ではない)、すごく大量に食事をするのに一向に太る気配のない人がいらっしゃいます。褐色細胞の働きが活発ですさまじいエネルギー消費をしているのか、消化吸収がわるくて食べる量の割に摂取できていないのかはよく解りませんが、たしかに大食漢で運動もしていないのに痩せたままという人がいるのは確かです。
 ある程度年齢が上がると普通に太るようになるので「ひょっとして病気じゃないか?」と心配になりますが。

 その逆で直ぐ太るんだけど食べるのが大好きという人たちも。
 そういう人を求めているのか避けさせたいのか屋号が「でぶカレー」。
 どうやら太る事を目的にしているようですので、「でぶるカレー」で良いのではないかと。

前のページ 次のページ