街の風景

抜けているものがある

| コメント(0)

 のれんに「しもん」とありますが、屋号はちょっとプラスα。

しもん
 しもん

 正しくは「新菜しもん」で「にーなしもん」。
 「しもん」が何かは不明。思いつくまま並べてみると「指紋」なんてあたりまえ過ぎですし、「諮問」だとかなりキツい。「四文」だと時蕎麦のネタみたいですし、「四門」だと仏教用語な感じもします。
 意外とフランスの文学家(Claude Simon)の名前だったり、ジャズ歌手(Nina Simone)かもしれませんね。
 非喫煙家にとってうれしいのは店内全面禁煙だというところ。寿司屋もそうですが、微妙な味わいの食材を出す所は、禁煙法云々を別にして店内禁煙にすべきではないかと。

兄貴とはちょっと違う

| コメント(0)

 一般的には俗な表現ですが。

あんちゃん
 あんちゃん

 普通なら「兄さん」と呼ぶ所を先輩や年長者なら「兄貴」。
 一般的には俗な呼び方なのですが、幼児語でもあるのが「あんちゃん」。この場合は年下だったり、ちょっとやんちゃな若者だったりする事もあります。

 女性なら「姉さん」と「姉貴」と「ねえちゃん」になりますか。
 女性の場合の「姐御(あねご)」は怖いですね。呼ばれる方はいやがる場合が多いようですけど。

足が地についてない

| コメント(0)

 いや、もう脳内ドーパミンで満たされている状態かと。

うかれや
 うかれや

 陽気にはしゃぎますよ。なにせ浮かれてますから。
 うふふふふっ。

 惚ける(ほうける)よりはマシな状態ではありますが、楽しくて心がウキウキ状態なところまでは同じではないかと。
 気になるの点ですが、浮かれているのは客なのか店側なのか、どちらなのでしょう。

(´・ω・`)

| コメント(0)

 このオメガの小文字(ω)が口の顔文字、可愛いですよね。

えωや
 えωや

 たぶん「ω」を「ん」と読ませると思うのですが。
 この文字は2ちゃんねるで有名な顔文字AAのショボーン「(´・ω・`)」とシャキーン「(`・ω・´)」の口の部分に使われています。
 この屋号が狙っているのか違うのか。ともかく顔文字には見えない事は確かですね。
 

怪奇クモ男 4

| コメント(0)

 どうしてそんなに貼り付いているのか。

スパイダーマン
 スパイダーマンがいる

 ふつうの民家の壁にスパイダーマンが貼り付いていました。
 これはファンかシャレだと思いたいところ。

 しかし、これはどう見ても不審人物が進入しようとしている所にしか見えませんよねぇ。

期待を裏切られる

| コメント(0)

 看板はバーなんですよねぇ。

MOTOR BOO
 MOTOR BOO

 看板にはクラウンの中にBARとしっかり書いてあります。どう見てもバーの看板。
 しかし、どうしてか、なぜだか、なんとドリンク無しでつけ麺がオーダーできるという看板に偽りあり(褒め言葉)の店。レビューサイトではもはやつけ麺の店としてしか紹介されていません。
 というか「つけ麺最優先」らしいので、お酒は二の次のようで...。いや、バーとしてでは無く、つけ麺だけ食べにきた人にも優しいお店なのでしょうか。

侵略されている

| コメント(0)

 ゲソー!

侵略!イカ娘
 侵略!イカ娘

 褒められた事ではありません。落書きやステッカーの貼付は器物損壊のりっぱな犯罪ですからね。

 惨憺たる状態の電力計のボックス。
 バカキチガイな奴らが残した落書きに混じって「侵略!イカ娘」があります。
 侵略されてますよ!これ!

 「はっはっはっ!侵略してやったでゲソ!」
 という声が聞こえてきそうです。
 いや、ダメなんですよ、こんな事しては。器物損壊と著作権法違反ですから。

俺の(串焼)

| コメント(0)

 最近よく見る「俺系」がついに露店にも。

俺の串焼
 俺の串焼

 縁日の露店にもついに俺系が進出してきました。
 何の事は無い、普通の牛串焼きなんですが、自己主張を始めた模様です。ファイヤーです。

双子は出てきません

| コメント(0)

 なんかいろいろ。

たっち
 たっち

 いろんな要素が掛け合わされているようなのですが、細かいところは不明。
 勝手な想像で紐解いてみます。
 立ち呑みなので「たっち」。
 落款みたいなものに「龍」の文字。タツなので「たっち」。
 おさわりするから「たっち」。いや、それは無いか。

 ちなみにあだち充の有名な作品である「タッチ」ですが、「バトンタッチ」の「タッチ」だとか。上杉和也が死んで上杉達也にバトンタッチする事がタイトルの由来であり、最初から登場人物の上杉和也が死ぬのが決まっていたとか。

ぼっちな塀

| コメント(0)

 どうしてこうなった。

残された一角
 残された一角

 建物全体が解体中のようなのですが、なぜかこの部分だけきれいに残されています。
 どうも屋号の看板と郵便受けのある部分だけが、ブロック塀のごく一部とともにきれいに残されています。まるで誰もいない更地に来た郵便を受けるだけのために。

 ボッチのブロック塀(郵便受け付き)。かなり寂しそうです。

前のページ 次のページ