街の風景

狛犬ではない

| コメント(0)

 某有名スポーツブランドショップ。

入口のにゃんこ
 入口のにゃんこ

 いや、にゃんこでは無くピューマですよね、ブランドからすると。
 まるで神社の狛犬のように左右一対で像が置かれています。おもわず入店前にナデナデしそうになりますよ。噛み付かれる事は無いと思いますけど。

 英語だと「ピューマ」なんですが、ドイツのブランドなのでほぼローマ字読みの「プーマ」で正解。ちなみにアディダスとは仲が悪い...らしいです。

歯医者の歯

| コメント(0)

 歯科医の「歯」が歯のパターン。

歯科医のシャッター
 歯科医のシャッター

 シャッター看板に大きく「歯」と書かれており、ひと目で歯医者と分かります。
 さらに歯の文字が歯で構成されていて、ひときわ目立つのが「キラーン!」と光る一本の歯。大変良く磨けました!なのでしょうか。
 どの歯も足が2本ありますので、臼歯ばかりですね。

 ちなみに旧字体「齒」だと、中が「人」なのでこんな看板にならんです(笑)。

みっつ

| コメント(0)

 アン、ドゥ、トロワ。

trois
 trois

 ローマ数字のⅢと、フランス語のtroisと合わせて3が3つ。
 コンセプトがElegance(優雅)、Mode(流行)、Luxury(豪華)の3つなのでこの屋号だそうです。

 フランスやイタリアから調達した服飾品を販売しているようですが、日本人の体型と違うのではたして着る事ができるのでしょうか。着たとして体型にフィットするかは心配です。
 なにせ欧米人は胴の長さと足の長さの比率が日本人と違いますからね。

HP

| コメント(0)

 Hewlett-Packardではありません。

三馬力
 三馬力

 馬力というは仕事率の単位の1つで、標準的な荷役馬1頭のする仕事を基準としたものです。ジェームス・ワットが蒸気機関の能力を示すために採用したとされています。

 一馬力はヤードポンド法のHP表記であれば745.7W、メートル法のPS表記であれば735.498Wです。数値が違うのはヤードポンド法の数値をメートル法表記の馬力を定義する際に数字を丸めて76.040kgf·m/sを75.0kgf·m/sとしたことによります。
 そのため1PS=0.986HPとなってしまい、表記でどちらを根拠とするかで数字が変わってしまうというややこしい事になっていますが日本では主にPS表記が用いられます。

 ちなみにエアコンの能力を示す馬力はこれらと全く異なり、約8畳の部屋を冷やす能力(空調能力)である2.8kWを1馬力と称しています。

どりかむ

| コメント(0)

 ストレートに略語にしなくとも。

Drecam
 Drecam

 通称「ドリカム」、グループ名「DREAMS COME TRUE」。数々のヒット曲を生み出し、いまでもFM放送で流れる数々の名曲をもつ人気グループです。
 それを意識して付けた屋号なのでしょうか、通称を英語風にしたようです。

 ちなみにフランスの学会で"DRECAM (Département de Recherche sur l'Etat Condensé, les Atomes et les Molécules) "ってのを見つけましたが、こちらは物理系のガッチリとハードなものでドリカムとは関係無さそう(と思いたい)です。

とんちんかん

| コメント(0)

 何故、中華系が多いのか。

とんちんかん
 とんちんかん

 ひらかなもしくはカタカナで書くのが正しくて「頓珍漢」というのは当て字なのです。
 由来はご存知の方も多いかと思いますが鍛冶屋で鍛える時に叩く音の擬音語が元で、不揃いな様だったり間抜けな事を指します。

 屋号がこれでも、注文を受けてとんちんかんなラーメンが出てくる事は無いと思いますが...(笑)。

二番じゃダメなんですか

| コメント(0)

 よくある二番目のお店。

2番目においしい珈琲
 2番目においしい珈琲

 あえて1番を主張しない奥ゆかしさなのか、自信の無さの表れなのか。
 とかく2番目だそうですが、同着2番が多数ありそうです。

タイヤタイ

| コメント(0)

 美味しそうなんですが、ちょっと怪しい。

タイ屋台料理
 タイ屋台料理

 いや、確実に美味しいんですよ。
 高級料理店では味わえないワイルド(笑)な料理が、いやおいしい料理が。

 パッタイとかカオマンガイなど麺や飯類が多くありますが、どれもこれも日本人にはあまり馴染みの無い風味を特徴とするものばかり。バジルやコリアンダーなどのハーブ類やココナツミルクなどの甘い香りなど香りが特徴的なものが多くあります。

 このお店は日本のお店なので大丈夫でしょうが、現地の屋台料理はかなり賭けです。何が賭けかと言うとお腹の調子が悪くなることがあるためです。というか、アウトなメニューがあったりします。生ガキとか沢ガニ類が入っている料理は相当お腹に自信があったとしても避けるべきでしょう。

 まあ、少なくともタイの屋台料理と同じメニューを日本のタイ料理店で食べて調子悪くなった事は私は無いので日本のお店で食べる分には安心して良いのではないでしょうか。

どちらが正解か

| コメント(0)

 濁音の表記が違います。

屋号表記
 店舗の屋号がおかしい

 「水鳥」さんの姓を取った屋号だと思うのですが、屋号表記が「ミズトリ」と「みづとり」と二種類でカタカナとひらかなの表記。
 「水」を「みず」とするのか「みづ」とするはどちらが正解なのでしょう。
 困った事に読みがなが「みずどり」も「みづどり」もどちらも存在するのです。
 同性で読みの違う二世帯がやっていらっしゃるのでしょうか。

 う〜ん、かなり悶々としますよ、これ。

いくね

| コメント(0)

 がおぉ〜ッ!

来音
 来音(くるね)

 そのまま読みたくなる「らいおん」ではなく、「くるね」と読ませます。
 客が「くるね」に掛けたのでしょうか。
 接客側にいい人が「くるね」なのかも。

前のページ 次のページ