理想ダイオード回路(その1)

| コメント(0)

 紆余曲折多数で、やっと完成。

レベルメータ用整流増幅回路
 レベルメータ用理想ダイオード回路

 前回のオーディオレベルメータ専用ICではなく、いわゆるレベルメータ・デバイスの場合はマイナス側の信号を入力することができませんので半波もしくは全波整流して正電圧成分で入力させる必要があります。単純にダイオードで整流すると順方向電圧VFが差し引かれてしまい、小信号だとレベルが0になって消失してしまいます。
 小信号でも整流できるようにオペアンプを使用した理想ダイオード回路を使うとこの問題が解決されます。過去の記事にもアップしていますが私が至らぬために正常に動作できずに過ごしていまいた。 
 今回は信号ラインの波形と電圧をオシロスコープを使って追いかけ調べ、やっとちゃんと動作しない理由が判明し正常な目的動作となりました。いままで作っていた回路にあった不具合は見直してみれば基本的でしょうもない勘違いでしたね。ははは。

 特にオリジナルと主張できる物でもなく誰でも思いつく回路だと思いますので、今回は回路図も掲載しておきます(回路図はこちら)。
 初段で反転型理想ダイオード回路が約2倍のゲインで負成分を取出し、後段の非反転増幅回路で得られた負成分の正電圧出力をさらに約3倍に増幅しています。理想ダイオード回路のゲインを上げれば1段で済みますので2回路入りのオペアンプ1つでできるでしょう。入力側に理想ダイオード回路のフィードバックが入らない方が良いと思われる場合は前段・後段の順を入れ替えた方が良いかと思います。オシロスコープで波形を見た限りではノイズが戻ったりはしていないようです。
 出力電圧を調整するのにゲイン調整ではなく、入力段の可変抵抗で入力電圧を調整するタイプの回路です。

 今回、電源電圧をアンプ等で使い回している12V単電源としましたので5V単電源の時よりも制限が緩くフルスイングさせる必要もありませんでしたのでこれまたストック品のLM2902を使ってみました。
 音響的な質を求めるものでもありませんでしたので、抵抗も全て5%カーボンですし、カップリング・電源デカップリングの電解コンデンサも通常品です。
 出力を音として捉えないのでこれで十分でしょう。

入出力波形
 入出力波形

 入出力の波形をオシロスコープで観測してみますと、回路どおりの反転増幅を行った理想ダイオード回路として動作していて、負電圧成分のみを取出して増幅しているのが判ります。

 今回出来上がった回路は以前に製作してから、ぜんぜん使われていないレベルメータ回路の前段に使用する予定です。

元の速さで

| コメント(0)

 音楽用語の"a tempo"にかかっているのか。

A TEMPO
 A TEMPO

 時計修理「店舗」ではなく「調子」のテンポでしょう。
 時計修理は「時計修理技能士」という国家資格があり、時計の修理整備に一定以上の技術水準が求められて試験に合格しなければ取得できません。
 現在はアナログ式水晶腕時計が実技試験に使用されます(1級は機械式も実施)が、分解・清掃・組立などの技術が求められ、手技としても高度な技術が要求されます。

 『(tempo)テンポ』ですが、英語の本来の意味は動作や活動等の速さを示す言葉です。
 時計の場合は時を刻む速さそのもの。
 これが狂うと時計も狂います。

 機械式時計をいくつか持っていますが、定期的にメンテナンスをする必要に迫られるデリケートな機械ですね。絶対的に壊さない限り、修理が利く機械式時計は半永久的と言える時計で、長く人生を共に過ごしてくれる逸品と言えるでしょう。

吸い込み口

| コメント(0)

 滑り出てくるより吸い込まれそう。

滑り台出口
 滑り台出口

 チューブタイプの滑り台なのですが、出てくるところになにやら動物のような装飾が施されていて口になっています。
 滑り台出口は普通は中から出てくる物ですが、これは心理的にここに吸い込まれていきそうで、あたまを突っ込もう物なら食べられている悲惨な絵にしかなりません。

 楽しんでもらう為にこのような遊具が設置されているのでしょうが、見ている私としてはなにやらもぞももゾワゾワしてきます。
 ナンカコワイ・・・。

男の...

| コメント(0)

 漢字で書くと浪漫。当て字ですが。

ロマン
 ロマン

 肉にはロマンがあります。
 もりもりと力が湧いてくるというか、パワーみなぎるというか、底力をかんじさせるというか、とにかく夢とロマンがあるのです。

 「今日、焼肉行くで〜!」
 目がウルウルとして嬉しくなります。

 「晩ご飯は肉や〜」
 小躍りします。

 でもちゃんと身体のバランスを考えて野菜も食べましょうね。

短いのは嫌い

| コメント(0)

 ロン毛御用達理髪店か。

ロング
 理容「ロング」

 丸刈りとか五分刈り、スポーツ刈りなどのショートヘアーを希望する客はすべてお断りで、剃毛なんてトンデモナイ。
 少なくとも横は耳が隠れる、後ろは裾が襟にかぶる、前髪は目よりも下、ぐらいのラインを越えた長さでなければ調髪してもらえません。

 いやいや、そんなことは無く普通の理容店ですってば。
 でもなんでこんな屋号にしたんでしょうねぇ。

音箱

| コメント(0)

 いわゆるネットワークオーディオプレーヤー。

ネットワークオーディオプレーヤー
 Raspverry Pi + DAC + Volumio

 Raspberry PiとVolumio2でいろいろしてきましたが、基板むき出しだとオーディオラックに収めるにしても格好が悪い上に取扱が面倒だったので、電源込みでちゃんとした筐体に組込んでみました。
 Raspberry Pi 2 Model BにPCM5122を載せた中華なDAC HATを接続してラインアウトに出すというお手軽で何の変哲も無い構成です。電源はアンプ類に使っている+12Vを使い回しするため12V→5VにするDC−DCコンバーターの電源基板を追加しています。
 載せた"Pi Fi DAC+ 2.0"は"HiFiBerry DAC plus"に認識されます。
 ハイレゾ・オーディオかつDSD対応ですが私の手元にはそんな音源がありません(苦笑)ので、通常の44.1kHz音源だけですが、明らかにRaspberry Piのオーディオアナログ出力よりもまともな音が出てきます。
 I2CモードのPCM5122の14pinをGPIOに使っているようで、再生のストリーミング中は基板上の緑色LEDが点灯していました。今回はその信号を横取りしてフロントパネルのLEDに表示させるように改造。加えて組込む際にHAT基板に実装されているRCAジャックがすごく邪魔で筐体内スペースを圧迫してデッドスペースが生まれるため、取外して、ステレオミニジャックの側で音声出力のランドパターンがあった部分にヘッダピンを付け、そこから出力信号を取出しています。電源も訳ありケースに電源基板とRaspberry Piを押し込むとmicroUSBのコネクタにプラグを挿して電源供給ができない位置にあるため、GPIOの側から供給しています。
 保証が無い=勝手に改造しても関係ない、と思っていますので、こうなるとやりたい放題ですね。

 Raspberry Pi 2 Model BのメインボードにWi-FiがありませんのでUSBタイプのWi-Fi(WDC-150U2M)を付けてみたのですが、認識するもマシンへのアクセスが無線経由でどうしてもできません。ドライバはちゃんと動いているようなのですが、何故かUSB Wi-Fi無線経由で接続ができず。以前のバージョンでは普通に繋がっていたのですが、DACと相性が悪いのかバージョンアップで何かが変更されたのか・・・とにかく動いているように見えるのですがダメでした。
 違うUSB Wi-Fiで動作する物が確認できるまでのしばらくは有線接続での運用になる見込みです。そもそも有線で接続していたのでそのまま有線専用運用でも家庭内LANからはWi-Fi経由でも見えていてそのまま利用できるので問題は無いかも。

 放熱のため背面パネルはパンチングメタルにしています。
 背面パネルの大きな空き部分は空冷用のファンを取付ける予定でした。パネル加工が面倒で今回加工を見送ったため発熱問題が出てからの追加対応と考えています。

 基板むき出しだとオモチャか仮の姿の様だったのですが、筐体に入れて外部との接続もパネルの端子経由だとちゃんとしたオーディオ機器になりますね。
 だだ、今回はやたらと精度の求められる角穴をいくつも開ける必要があったのでパネル加工だけでかなり疲れました・・・。

うずまく

| コメント(0)

 フランス語でカタツムリ。

Escargot
 Escargot

 日本ではカタツムリそのものをさすよりもカタツムリを使った料理を指す場合が多く、食用に供されるのはブルゴーニュが本場(escargot de Bourgogne)とされ、郷土料理として食べられています。

 どのカタツムリも食べるのかというとそうではなく、フランスでは4種類のみ。
 それ以外にも多くの種類のカタツムリがありますが、どうやら食卓には提供されない様です、食べる対象では無いようです。

 日本ではカタツムリに寄生虫に感染している場合がほとんどで、広東住血線虫に寄生されている場合が多く、素手でナメクジやカタツムリを振れる事、また触れた手を口や目等の粘膜に接触させるのは非常に危険です。
 感染が広がる前はかたつむりを飼育槽に入れて飼う事もかんたんにできましたが、今は止めておいた方が良さそうです。

 屋号がエスカルゴで飲食店と認識しそうですが、洋装店の様で、エスカルゴは置いていませんね..。

いっぱいいいとも

| コメント(0)

 チェーン店というか姉妹店というか。

いいとも
 いいとも

 沢山の看板が一所に固まっていますが、ぜんぶ「いいとも」。
 ギネス世界記録にも登録された長寿番組は終わってしまいましたが、まだまだどっこい、そこここで生き残っていて、店の屋号に姿を換えて人の記憶のかけらが無くなりそうな時に想起させるように目の前に現れます。

 ここは「いいとも」の集合体なのか、単に1つの店舗が多くの看板を出しているのかわかりませんが、ここまで数多くあると圧倒されるというよりも引いてしまいますよね...。

ハーレムルート

| コメント(0)

 たくさんの女の子に囲まれる。

WE ♥ U
 WE ♥ U

 発言社は一人ではありません。複数から告白されます。
 恋愛RPGだとハーレムルートになるのでしょうか。

 もっとも告白してくれた相手が異性とは限りませんがね...(苦笑)。

ある意味プロレス

| コメント(0)

 名門ジムか。

対戦の穴
 対戦の穴

 カール・ゴッチやビル・ロビンソンなどの名レスラーを排出した名門ジム「蛇の穴」。
 それと同じようにここから数多くのゲーマーが輩出されるのでしょうか。
 とはいえマシンはレトロなスト2(ストリート・ファイター II)がズラリと並んでおり、フリーで対戦相手と勝手に対戦大会をしてくださいとの事。
 はやりのeSPORTSの走りと言えなくも無いかも?

たくさん

| コメント(0)

 自分の事をそう呼ぶ大人はどうかなぁ。

ボク
 ボク

 これは「僕」ではなくフランス語の"beaucoup"なのではないかと推察します。
 「僕」の基礎化粧品というのはかなり特殊すぎるような気がするのですよ。

 フランス語で"beaucoup"は「たくさん」という意味で、普通は"merci beaucoup"のフレーズで良く耳にしますよね。英語だと"thank you very match"に相当します。「たいへんありがとう」または「ありがとうございます」ですね。

不意打ち

| コメント(0)

 真っ直ぐな道を走っていると不意打ちで挨拶が目に留まる。

こんにちは
 こんにちは

 ご丁寧にご挨拶頂きありがとうございます。
 こんな看板が道を走っていて目に留まると思わず条件反射的に「こんにちは」と挨拶返ししてしまいます。かなり不意打ちっぽいですよね。

 夜になっても、夜が明けて朝でも「こんにちは」。
 間違いとも言えませんが、やはり日の高いうちの挨拶ではないかと。

レベルメータ

| コメント(0)

 最近はこういうデバイスが減ってしまいました。

レベルメータ
 レベルメータ(検証中)

 手持ちでストックしてあったディスコンのレベルメータICであるTA7366Pを使った5点レベルメータ。
 ディスコンデバイスのデッドストックというのはシャレにならないですね。動作確認の為に久しぶりにブレッドボードで組んでみました。

 昨今は組み込みMPUで処理をする事が多くなったので、このようなレベルメータ特化デバイスは徐々にディスコンになっていってしまっています。レベルメータ用ディスプレイドライバーとして有名なTIのLM3914はまだまだ生き残りそうですが、いまやワンチップMPUの方が安価だったりして今後は大電流が取り扱える等の代替できない機能が付与されない限り生き残りは厳しいかもしれませんね。
 当該デバイスも、かな〜り昔に購入したままデッドストック品だったので、この機会に使ってみようと思って引っ張り出してきましたが、海外のサイトでもTA7366P入手するのはかなり難しいかもしれません。松下のAN6884やそのコピー品のKA2284などであればまだ入手しやすいでしょう。

 このデバイスは電池動作機器用に使っていたのでしょう。電源電圧も4〜12Vと幅広い範囲で使用でき、外付け部品もゲイン決定の抵抗2本と電流制限の1本の計3本、VREF用と入力のDCカットのコンデンサー計2本と非常に少なく済みます。動作電圧の幅広さと外付け部品の少なさは専用アナログでバイスならではですね。
 LED点灯はデータシート記載の定数だと-16/-11/-6/-3/0dBで点灯します。
 外付け回路を付ければ周りの明るさで減光する等もできそうですが、今回は省略してデータシートに記載の回路・定数のままで試してみました。

 動作させた感じでは全点灯するにはゲインがすこし足りない感じがしますが、正しく2VRMSの信号でテストしていませんので「感じ」だけかもしれません。
 とりあえず別件で進めている小型ミキサーのためのレベルメータとして基板製作へと進めていきます。

わるいヤツはいるのか

| コメント(0)

 電動自転車でしょうか。

いーちゃり
 いーちゃり

 「e」を「イー」と読ませて「いーちゃり」。どこEなのかというと自転車のイラストの赤い部分がEになっているようです。

 自転車の事を「ちゃりんこ」略して「ちゃり」と呼ぶようになったのは近年で、だいたい1790年頃からという説があります。
 子供のスリを指す言葉や、自転車のベルの音などが語源ではないかとされていますが、韓国語説もあります。しかしながら韓国語説では大阪から広まったという事になっていますが実際は関東・東海地方から使われ始めて全国に広まったので、実状と異なり都市伝説ではないでしょうか。
 大阪弁で「ちゃり」の元々の意味は道化、おどけ、癲狂者を指す言葉で、ふざけたりおどけたりする事をする人意味だったのですが、いまではすっかり自転車の意味に上書きされてしまっています。

 ちなみに元の大阪弁の「ちゃり」を動詞化した「ちゃる」という言葉もあり、ふざける、おどけるという意味だとか。この看板もエライちゃってるなァ。

ラジオのラ

| コメント(0)

 多分本当は「ラーメンのラ」。

ら
 「ら」

 正統派ラーメン屋。ラーメン以外にはギョーザ、チャーハン、以上。潔いです。
 でも「らーめん」なのか平仮名表記で、片仮名表記の「ラ」ではありません。
 いや「らぁめん」とlか「ら〜めん」とかかも知れません。もう「らぁ〜めん」だったりしたらどうしようかとドキドキしてきました。
 しかもメニューには「中華そば」があるんですよ。どうしたら良いですか。

意表を突く

| コメント(0)

 まさかこんなところから・・・!

飛び出し小僧
 飛び出し小僧が飛び出す

 道の陰から子供が車の前に飛び出してきて事故。痛ましい事故ですがそれを予防するためにドライバーへの注意喚起看板がいろいろなところで見かけることができます。
 「とびだし坊や」あるいは「とびだし小僧」と呼ばされるあの人形看板です。
 変な物好きのみうらじゅん氏もとり上げるほど。

 高度経済成長期に交通量が急激に増加した時代、交通事故も増えその対策も急務とされている「交通戦争」時代です。そのなか、急増していた子どもの飛び出しによる事故を未然に防ぐ為に滋賀県に設置されたのが始まりと言われています。現在でも滋賀県はこの「とびだし坊や」の看板設置数が全国一だとか。

 普通は路地の出口や交差点、通学路などに設置される場合が多く、路面近くに設置される場合がほとんどです。
 しかしこの看板を見たときは二度見するほどガッツリ見てしまいました(笑)。
 私は徒歩の時に見つけたのですが、車を運転している時に見るとガン見してかえってアブナイのではないかと心配になるほどです。

 てまえの建物出口から子供が出てくるのかもしれませんが、こんな空中近くから飛び出てくる子供は絶対いないと思います。マリオじゃないんですから・・・。

 ちなみにこの図柄の看板名称は「とび太くん」だそうで、全国各地に亜種(というか地元バージョンやアニメキャラバージョン)が存在する様です。

卒業できるのか

| コメント(0)

 入学するのは簡単そうですが卒業は難しそう。

麻雀大学
 麻雀大学

 かなり授業料は高くつきそうな気がして仕方ありません。
 単位制なのか、その場合は何を持って単位1つとするのか。それとも時間制なのか、徹夜で過ごせば1コマもらえるのか。得点計算は成績に響くのか、等々。
 考え始めると奥が深くてどんどん妄想が膨らみます(笑)。

 AOみたいに役満でアガると一発卒業(させられる?)のでしょうか。

おでかけ

| コメント(0)

 ずいぶん前の写真ですが。

おでかけペコちゃん
 おでかけペコちゃん

 初夏らしい爽やかそうな服装でどこかへお出かけするかのような服装。
 写真は何年か前に撮影したので現在のコロナ禍の状態のときではありませんが、この時期の衣装の様です。

 本当に何着持っているんでしょう・・・。不二家公式には何も出てないですし。

歪み系3(完成)

| コメント(0)

 本家に経緯を評して同じ色に。

完成(distortion+)
 distortion+ 完成

 面倒くさい筐体配線とコネクター端子圧接など全て完了し無事完成。
 昔作った筐体の穴開け位置等をなぞったのですが、大きい基板を入れるには入出力のジャックの位置を下げるか、上部へレイアウトし直すかが必要かもしれません。
 上部に入出力ジャックと電源ジャックを付けると、ポッド背面の空間を有効活用できるので、上部ジャックのレイアウトも一度試してみようかと思っています。

 インジケーターのLEDですが、初代のモデルにはついていなかったのでそれを踏襲しました。決して手抜きした訳ではありません。回路上にはちゃんと電流制限抵抗と接続引き出し用のコネクタへの配線もしてあるので穴開け・配線すればすぐに追加できます。
 後付けするとすると現行モデルのように3PDTの上位置ぐらいに付けるかも・・・気が向けばですけど。

 あとは手描きでLevel/Gainの記載と、筆記体で「MXR Distortion+」と書き入れるかですが、自作モデルにそこまでコピー感が必要かと言われるとそこまでは不要かなぁ・・と思っています。やるとすればポッドの名称記載ぐらいですかね。

 あとは今まで作ってきた基板を収める筐体を作る予定。
 基板だけ作って筐体がまだなのはコーラス(Little Angel)、歪み系(MXR distortion ディスクリート版、EarthQuaker Devices Plumes)と残っています。空梅雨の様ですので休日に筐体加工と塗装を進めてみようと思います。

陰キャではできない

| コメント(0)

 リア充とは少し違うのです。

陽気
 陽気

 鬱々としていると人生ろくなことがありません。
 人生陽気に生きていけばキット良い巡り合わせに出逢えます。
 などと大層な事を言うつもりはありませんが、明るく朗らかに楽しくストレスとは無縁で生きるのが一番良いのでしょう。

 しかし世間は世知辛い・・・。

スープじゃないんだ...

| コメント(0)

 世界の中心で、愛を叫ぶ...みたいな。

世界が麺で満ちる時
 世界が麺で満ちる時

 ちょっと想像すると「う〜ん」となってしまったのですが、本当は「麺」はラーメンで、スープも含み、日本式ラーメンが世界制覇をするという意味ではないかと考え直してみると、なんとなく落ち着きました。
 海岸に打ち寄せる麺・・・人類のいない世界・・・そんな想像をしてしまったのが間違いですね(笑)。

 なんとなく聞いた事があるなぁ〜と思ったら「人類みな麺類」から独立した方だそうで、それで何となく似たイメージを想起したのですね...。

悟りを開け

| コメント(0)

 アルコールの低迷作用で至る事ができるか。

Buddha Bar
 Buddha Bar

 仏陀、釈迦牟尼とも。目覚めた人。真の悟りへと至った人。
 一般的にはゴータマ・シッダールタその人をさす場合もあります。

 アルコールは脳の高次機能に影響を与えます。
 少量であれば前頭葉皮質の機能低下に基づいて脱抑制を生じ、多幸感・多弁、ほろ酔い気分となります。同じく頭頂葉、後頭葉、側頭葉の皮質の機能が低下する事でそれぞれ痛覚・視覚・嗅覚、味覚が鈍麻します。
 酔いが進むと抑制される範囲がだんだんと下位の中枢系へと進みます。
 大脳辺縁系が抑制されれば情動の失調が、小脳が抑制されると運動機能に障碍が生じるので、歩行障碍等の運動障碍が生じます。千鳥足ですね。
 さらに脳幹まで抑制が進むと昏睡や呼吸中枢の障碍が発生する事で呼吸停止で死に至ります。
 また、一般的にアルコールによるこれらの中枢神経への作用は可逆的とされているそうですが、慢性的な大量摂取は広い神経系へ不可逆的な障碍を生じてしまいます。
 酒は百薬の長とも言われますが、少量でも長期的な摂取により体への悪影響もあるという学説もあり摂取するだけでダメだと言う人もいます。

 過ぎたるは及ばざるが如し。なんでも程々ですね。

 このバー、名前こそ仏陀ですが、お坊さんは務めていらっしゃらない様です。

美男子とは微妙に...

| コメント(0)

 男らしいさま。

男前
 男前

 男としての容姿や、顔つきや態度が男らしいのが「男前」です。
 ここで男らしいのが評価対象なので、美男子である事は必要条件に含まれていない点が重要で、容姿の善し悪しは関係ありません。

 まあ最近はジェンダー・フリーとかで男前な態度を取るとDVに相当する・・なんて評価もされそうなので、良い印象ばかりでは無いのかもしれませんが。

歪み系3(さらに続)

| コメント(0)

 休みの日の昼間に一気に。

筐体(塗装済)
 筐体(塗装済)

 久しぶりに筐体加工と塗装作業をしました。
 穴明けをしようと卓上のミニボール盤を引っ張り出して使おうとしたら伝導ベルトが劣化していて使い物にならず、店頭で訊いても取り寄せとの事だったのでネット通販で探して取り寄せをして交換してやっと開始できるという、すごく遠回りをしました。

 筐体はHAMMOND 1590Bです。
 通販サイトではすごく廉価で中華なコピー品が出回っているのですが、コロナ禍のためか出荷が制限されているのかは不明ですが出品しているだけで購入できないのが多数ありました。私は地道に店頭で購入したのですが、激安品も一度出来を見る為にも購入してみるのも良いかもしれませんね。

 筐体加工は穴開け・加工に2時間、塗装に3日かかりました。
 塗り始めてしまった!と思ったのが黄色の塗料は他の色に比べて隠蔽率が低いのです。ですので本来であればサーフェイサーを塗って、白色である程度塗装を行った後に黄色の塗装をするべきでしたが塗り始めてから気付いてはもう遅く、仕方が無いので塗装回数を増やして作業をしました。一度に厚塗りしてもあまり良い結果にならないですし。
 今までの経験上、塗装後にかなり念入りに塗装溶剤を換装させないと表面がべた付いて後々困る事が多かったので、今回は念入りに塗装〜感想サイクルを長くして、仕上げのクリアーを吹いた後にさらに1日感想行程を入れました。
 おかげで臭いもほとんどしませんし、塗装表面のツルツル感もバッチリです。
 多少ホコリが載っているのはご愛嬌として勘弁願います。

 さあ、これで筐体への各種部品類の組み付けと内部配線を進めることができます。

カレンダー

2020年7月
 日   月   火   水   木   金   土 
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ