梅田地下街

| コメント(0)

 やっぱりダンジョン。

案内の貼紙
 案内の貼紙

 大阪在住でも地下街を通って目的の場所の近くの出口に出ようとするのは至難の業で、ヘタをすると地元民ですら迷う始末と言われる大阪梅田地下街。
 
 大阪メトロ(旧大阪市営地下鉄)梅田駅南改札の係員詰所に貼られている案内貼紙がいろんな意味でダンジョン入口を明らかにしています。説明するのも難しいのか何となくそちら方面の矢印しか記されていません。たしかにそっち方面にいくと矢印の先の目的地には行けるのですが、途中経路はかなり難しいところもあります。

周辺地図
 周辺地図

 周辺の地上施設に重ねて地下街が描かれたのがこの地図。
 地下通路になっている部分はオレンジ色で、すでに縦横無尽に地下街がはりめぐらされていて、これに加えてビルの地下部分を抜けたりすることもできるので、全く知らない人は完全にダンジョンに迷い込んで自分がどこに行きたいのかすら分からなくなります。
 なにせマップが複雑過ぎてマッピングしても迷うこと間違い無しで、地下街でGPSの衛星も捕まらないため現在位置がわからないのでガイドもできません。

 大阪の街、見えているのに行き方が分からない場所も多く存在しています。
 最近は橋ができて地上部分から行く事ができるようになりましたがヨドバシマルチメディア梅田はまさにそのような場所で、地下街だとすぐに分かるのですが地上から行こうとすると直接行くためにどこに行ったら良いかが分からず、目の前に見えているのに行けない事からネット上では難攻不落の「真田丸」と揶揄されたぐらいです。
 ほかにも地上からだとわかるがすごく遠回りになるので地下街で行けないかと探すものの上がり口が分からない曾根崎警察署とかあります。

 ほかにも「梅田」と付いた駅が全部で5つあるとか(大阪駅はJRのみ)、大阪駅前第1〜第4ビルの地下街に迷い込むと二層構造(地下1、2階で構成)の立体交差がある上にどちらを向いても同じような通路で方向感覚が狂わされてどちらに向かっているか分からなくなるとか、地下1階だったのがいつの間にか地下2階になっていたりとか、冒険者を迷わせる仕掛けが盛りだくさんです。
 そもそもが阪急三番街、プチシャン、ホワイティ梅田、ディアモール大阪、大阪ガーデンシティ、ドージマ地下センターなどが様々な経路でつながって出来上がった地下街であり、無秩序に広がったのが現状ですので仕方が無いと言えば仕方が無いのですが...。

こんなのありました

| コメント(0)

 改装前はこんなのありましたねえ。

CO-BIG MAN
 CO-BIG MAN

 阪急梅田駅の1階のコンコース待ち合わせ場所に当時は珍しかった巨大ディスプレイがあり、名称を「BIG MAN」と言いました。当初は1つだけだった巨大ディスプレイでしたが後に1つ追加されたのがこの"CO-BIG MAN"です。同じサイズのディスプレイを設置するのは予算的に辛かったのか、少しサイズが小さく(ショボい)、そのため名前も「小(こ)」に掛けて"CO-BIG MAN"です。
 いまはこのコンコースは大幅に改装され、CO-BIG MANは無くなり2つとも同じ大きいBIG MANになっています。

拒絶階段

| コメント(0)

 トマソン物件。

拒絶階段
 拒絶階段

 建物で入口を封鎖したことで使われることが無いようにこうなったのかもしれませんが、階段が見えているのに手前にがっちりと柵が造られていて使用することを拒絶しています。
 この状態では人も荷物も此所を使って出入りすることはままならないようです。

 扉だったと思われるところは取っ手類は撤去され開かないように外壁が追加されている状態。出るも入るもできない窒息扉とセットなのでしょう。

カレンダー

2018年12月
 日   月   火   水   木   金   土 
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

月別 アーカイブ