不動産屋ではない

| コメント(0)

 ふわふわの毛玉のほうじゃありません。

ティーモ
 ティーモ

 不動産情報のキャラクターは「スーモ」。
 こちらはレンタルスペースの「ティーモ」。
 両者にまったく関係はありません(笑)。
 

なんでそうなんや(#81)

| コメント(0)

 これで違うメニューメインならどうしてくれようか、と(笑)。

くしもん家
 くしもん家

 「くしもん」は大阪では「串カツ」を指す言葉ですので、メインメニューは当然串カツ。煮物や焼き物ではありません。
 さらに言うなら、大阪で串カツと言えば「牛」カツです。豚やら鳥やら野菜などメニューにあったとしても、串カツメニューの1番目に書かれているのは牛串なのです。関東では豚肉ですけど。

 大阪ソウルフードと言われそうな串カツですが、いちおう新世界にある店が発祥と言われており、関東では「串揚げ」と呼ばれたりします。中京地区ではソースではなく八丁ミソのタレだったりして地方性もあり、全国どこでもお安く気軽に楽しめるメニューなのです。

子豚ではない

| コメント(0)

 粉モンの店はおもしろい。

おおぶた
 おおぶた

 三匹の個性的な子豚が繰り広げるドタバタな物語「三匹の子豚」はイギリスの昔話がベースで、グリム童話にも収録されており、様々な国、多数の言語に翻訳されてアニメーションや絵本として親しまれています。
 当初の話では狼は三匹目の子豚の家の煙突から入って鍋に飛び込み、そのまま料理して食べてしまうという、けっこうショッキングなラストなのですが、さすがにそのあたりは今は巧く改変されて火傷するだけかハッピーエンドなラストもあるようです。

 さて、その三匹の子豚の親が大豚(おおぶた)。
 ウソです(笑)。

 お好み焼きの本道はやはり「豚玉」ではないでしょうか。「牛(肉)」でも「イカ」「エビ」などの「海鮮」でもなく、香ばしく焼き上がった肉とあの脂の味わいが原点だと思います。

肝臓の数値

| コメント(0)

 市中の薬局にある看板は面白い。

薬局の看板
 薬局の看板

 調剤専門薬局ではなく市販薬を売っている薬局にある看板はいろいろと面白いものが多いです。過去にこんな看板こんな看板が設置されているのを見てきましたが、やっぱりなんか変です。

 さて「下がらない肝臓の数値」とはいったい何か、すこぶる気になります。
 ちょっと考えられるのは「γ-GTP」「ALT(GPT)」「AST(GOT)」「ALP」「アルブミン」など色々ありますが、どれを指しているのでしょうか。
 肝臓のイラストが酒を呑んでいるようなのでγ-GTPだろうと思われますが、はたしてどうなのやら...。
 数値が悪い割には元気そうな肝臓ですけど、沈黙の臓器ともいいますから安心してはいけませんよ。 

野生では無さそう

| コメント(0)

 夜露死苦のとはちょっと違うかも。

英留沙
 英留沙(ERUZA)

 世界初の子ライオンの人工保育のドキュメンタリー。そのライオンの名前が「エルザ(メス)」。
 エルザは人に育てられたため野生に還るためには自力で食料を調達するための猟りなど様々な野生動物に必要な事がありました。飼い主だった夫婦の努力により最後には無事に野生に還り、ケニアで無事に野生生活を送ることができるようになったのです。

 というのは勝手な当て込みで、エルザ/エルサ(Elsa / Elza)というのは女性名としてはかなり一般的でエリザベス(Elizabeth)の略称だったりもします。
 憧れの女性の名前を屋号にしたのでしょうか。

 看板の英語表記はバッチリとローマ字表記だったりするんですけど。

サラウドン

| コメント(0)

 いや、サラウンド。

SSM-2126
 SSM-2126

 ディスコン・デバイスですが、なかなか面白そうなので入手。こうやって部品の在庫が増えるんですよ。作らずにおいておくだけの自宅デッドストックが...。以前にもJRCの疑似サラウンドICのNJM2701基板を作るだけ作って実テストしてないのもあるのですが(苦笑)。

 CR類の簡単な外付け回路だけでドルビー・プロ・ロジックのサラウンド・マトリクス・デコードが行えるデバイス。ちゃんとドルビーのロゴマークもついています。
 L/R信号を突っ込めばLEFT/RIGHT/CENTER/SURROUND(REAR)の4スピーカー出力が得られます。電源は+12V単電源で動作し、マイコンなどと接続して設定を通信しなくてはならない今時デバイスと違い外部制御端子だけで動作する簡単な設定方法。
 それにしても48ピンの600milセラミックパッケージというのは大きくて重く、かなりの存在感があります。実売していた当時はそれなりに良いお値段だったのでは無いでしょうか。
 機能的には4chのプロ・ロジック、3chのドルビー3、バイパスの設定があり、左右の音の大きさに差が大きすぎると自動的に補正するオートバランスの動作モードもあり、なかなか使えそうです。

 実装には単なるスイッチやショートピンでモード設定とすると設定固定なら問題ないですが、切替を簡単に行うようにするなら使い勝手が悪そうなのでマイコンとLCDディスプレイでモード表示と変更を行うようにしたいところ。
 まずはショートピンと外部制御端子を並列接続したユニット基板を作ってテストしなければ。

カレンダー

2017年4月
 日   月   火   水   木   金   土 
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

月別 アーカイブ