デカ盛り御用達

| コメント(0)

 実店舗はもう無くなってますが写真を整理していたら出て来たので。

巨大丼
 巨大丼(の説明)

 曜日限定特盛りメニューの説明。
 とりあえず全部1キログラム超えなので、そこそこ多いかと(デカ盛り好きにはたぶん普通の量)。
 基本はご飯4杯分をベースに具材がプラスされます。

丼の種 総重量
カツ丼 1.5kg
焼肉丼 1.5kg
玉子丼 1.0kg
からあげ丼 1.6kg
ぼっかけ丼 1.3kg
やきぶた丼 1.5kg
ソースカツ丼 1.4kg
デミカツ丼 1.6kg
カレーライス 2.2kg
カツカレー 2.5kg

 米が茶碗4杯分と明記されていますので2合ぐらいあるはず。
 けっこう油ギッシュなお客さんが入って行くのを見た事がありますが、わたくしは挑戦する勇気はありませんでした。

幻の

| コメント(0)

 手羽先で有名な店では無い。

山ちゃん
 山ちゃん

 スパイシーな味付けで幻のコショウと秘伝のタレで仕上げされる「幻の手羽先」。
 今や名古屋名物ですが「世界の山ちゃん」として名前が浸透していますが、ここはちょっと違う気がしますし、南海キャンディーズとも関係は無いと思われます。

 単純に店主のあだ名が「山ちゃん」なのかと。

爆弾処理班要請

| コメント(0)

 危険手当は小額らしいです。

時限爆弾
 時限爆弾

 時限式信管ではなく時限装置で爆発する爆弾。
 時限装置には様々な種類が使われてきました。化学反応を利用したり、線香を利用する等のほかに、近年では時計を改造したり爆弾用の時限装置が使われています。

 爆弾を処理するには爆弾を解体するほか冷凍する等の無効化処理などで爆発しないように爆弾を対処する必要があります。
 爆発物処理班と呼ばれる特殊部隊が対応する事がほとんどですが、日本の自衛隊(不発弾の場合は不発弾処理隊)もしくは警察の爆弾処理班が実際の処理に当たる場合の危険手当は1万円程度、直接処理を担当しなければ数百円しかありあません。
 命と引き換えに我々の安全を守ってくれている金額としてはかなり低廉な金額では無いでしょうか。

デジット移転

| コメント(0)

 シリコンハウスのビル(共立本店ビル)3Fに移転。

共立本店ビル
 共立本店ビル
 以前はシリコンハウスビルとしていたような気が・・・

 つい先日までは「デジットこちら」の案内があった窓だったのがデジット営業所に表記変更されています。
 ものづくり工作室があった3Fにデジットが入る形で移転しました。これより前の2020年10月に共立プロダクツ事務所が共立電子産業本社ビルからこのビルに移転したのに続き、デジットも同じビルになることで集約された事になります。

グランドオープンセール

グランドオープンセール
 共立グランドオープンセール(1F)

 デジットが移転しリニューアルオープンした事に合わせてシリコンハウス側でもグランドオープンセールを実施。福袋や特価品等が販売されています。写真の1Fだけでなく2F、さらにデジットでも別途様々な商品がセール特価になる等、全フロア挙げてのセールを開催中です。

3Fエントランス
 3Fエントランス

 エスカレーターで昇って行くとデジットのエントランスに。
 写真は明るく補正していますが、けっこうオドロオドロしい雰囲気が漂います(笑)。

店舗内の様子

店舗内の様子
 店舗内の様子

 一歩入るとすでにラビリンス(笑)。
 とりあえず置ける物を置いて販売を開始しているものの、とても整理された状態とはなっていないそうで、今後徐々に整理してデジットらしい店舗の形態に模索して行くようです。やはりわずか3日でデジットの旧店頭商品に加えて在庫を移動するのは無理・無茶だったらしく、並べられていない物や入らない在庫品なども多数存在しており、溢れた物の一部はこのフロアのバックヤードだけではなく本社ビル(オーディ製作会などが開催されていたビル)に一時的に置かれているとの事。旧店舗のビル内にもまだ在庫品が残っていて、それらをどこに置くかが喫緊の課題だそうです。

 シリコンハウスと同一ビル内で競合するものも多い事もあって、一部はデジット店頭から無くなっている物や、店頭での品種数を搾っているものもあるそうです。
 これは逆にシリコンハウス側も同様で、デジットで販売する物は逆にシリコンハウスの店頭から外して行くのも検討中だとか。
 競合から協業、統合整理へと業務形態が移っていく事になりそうです。

 とりあえずは閉店セールの商品もそのまま置かれていたりしますので「あの値段」で入手するにはチャンスと言えるでしょう。
 「閉店セール」の札を「開店セール」に書き換える時間すら無かったというのは内緒です。

ISPシールド

| コメント(0)

 市販はされているようなのですが自作。

Arduino ISPシールド
 Arduino ISPシールド

 Arduinoブートローダーを書込む作業に手っ取り早く実現するためにISPシールドを製作しました。
 macOSのArduino IDEでブートローダーの書き込みは普通にAVRISP mkIIが使えるのでそれでも良かったのですが、いままで製作しているATmega328Pのボードはすべて内部クロック動作だったので外部水晶発振子を付けた基板が1つもありませんでした。
 初めは外部クロックをつけただけのISP書込み基板を製作しようとしていたのですが、どうせならとISPもできてArduino UNOをライターとして使えるシールドとして製作する事にしました。それほど頻繁にブートローダーを書込む事もありませんし書込み専用基板とするよりもなんとなくカッコイイので(笑)。

 回路はオープン・ハードウェアなので公開されています(回路図)。
 ZIFソケットに300milのタイプの物があれば良かったのですが、生憎手元には600milのワイドソケットのものしか無かったのでそれを使って実装。基板上の面積をかなり専有しますがなんとか全てを実装できました。
 これでライター側となるArduinoにArduinoISPのスケッチを書込んで、このシールドを載せればArdiono IDEから簡単にブートローダーを書込む事ができます。

地域で一番が一番

| コメント(0)

 どの一番が最上か。

神戸一
 神戸一

 商店街に「世界一」と「日本一」と「神戸一」とあればどれが最上の一番なのでしょうか。
 単純に考えると宇宙一とかがあれば、それが最上な気がしますが、良く良く考えるとその小さなエリアの中で一番だとそれが最上ではないでしょうか。
 したがって「神戸一」>「日本一」>「世界一」>「宇宙一」だろうかと。

 どうでしょう?

綴り違い

| コメント(0)

 白黒二色、単彩色。

モノクロ
 モノクロ

 白黒二色の意匠なのでモノクロなのでしょうがちょっと残念。
 英語の単彩色のモノクロームの綴りは"monochrome"、略して"monochro"です。しかしこの屋号の綴りには途中の"h"が抜けています。
 微妙な綴り違いなのか意匠としての綴りなのでしょうか。悩みます。

際限なく

| コメント(0)

 次々と料理の載った皿が運ばれて来て際限が・・・。

どんどん食堂
 どんどん食堂

 丼ばかりの食堂だからどんどん食堂。違います、普通の食堂です。
 サービスで次々と頼んでいないはずの皿が出てくる飲食店を知っていますが、それに類するお店だったらちょっとコワいですね。
 例えて言うなら軽くサンドイッチを食べるつもりだったのがお惣菜やみそ汁やカレーライス等が出て来ていつまでたってもサンドイッチに到達せず、お腹が脹れてしまった段階で極盛りの巨大サンドイッチがでてくる・・・感じでしょうか。
 いや、ちがうか。

マウスボタン交換

| コメント(0)

 非常に製品寿命は長いのですが、やはりこういう故障はやってきます。

Logicool M590
 Logicool M590

 会社で使用しているBluetooth接続マウスであるLogicool M590の調子が悪くなってきました。
 通常一番クリックで酷使する左ボタンの調子がどうも良く無く、クリックを認識しなかったり、しても押し込む力を入れないと押された状態にならなくなってきました。
 やっかいなのはこの症状が不定愁訴状態で、機嫌の良い時は全く問題ないのですが、症状が出始めるとしばらく継続するので、地道にストレスが溜まります。
 クリック程度であれば押し方次第でなんとか誤摩化せますが、ドラッグしようとして掴めない時はかなりイラっとします。たまにしか使わない家のPCならいざ知らず、毎日常用している仕事使いのマウスの不調は困ります。

 そんな訳で、マウスのボタンを交換してしまいました。
 修理に出すという選択肢もありましたが、すでに製品保証が切れてしまっているのでロジクールの神対応も頼れません。修理すると製品を買うぐらいの費用が発生しそうだったので、どうせ製品保証が無いのなら自分でスイッチ交換!となった次第。
 以前にもマウスのボタンスイッチ交換はしていましたが、同様になんとかなるだろうと簡単に考えていました。

左右ボタンスイッチ
 マウスの左右ボタンスイッチ
 ボタン部が赤い物が左右ボタンで押されるタクトスイッチ

 静音マウスのボタンスイッチは私が所有していた以前の物と違いマイクロスイッチではなく、タクトスイッチが採用されています。しかも形状が見た事の無い底上げされたもの。
 これには困りました。電子部品店の店頭でこんな部品は目にした事がありません。
 四本足ではなく二本足ですし、形状も大きく異なります。仕方なく通販サイトで探すと怪しい中国出品者が出しているものが見つかり増したので勢い付けてえいやぁ!と購入。絶対にパチモン(笑)だと思いますが、部品が付け替えできるのであれば今後同じ状態に陥ってもまた交換すればよいだけなので注文して到着を待ちました。
 同じ品番でも高耐久品を使用しているとの噂がありますが、一般流通していないのであきらめましょう。

オリジナルと購入品
 オリジナルと購入品

 なんか微妙に違うのですが寸法等は同じなようなので交換をしてしまいます。

 マウスを分解するには+0のドライバーとピンセットが必要ですので用意しましょう。

底部のネジ
 底部のネジ

 Unifying接続のドングルをマウスの底から抜くと、奥にネジが見えます。
 以前交換したマウスに比べて設計がエレガントになっていて、このネジ1つで分解して内部にアクセスできるようになっていて、スライダーの下に隠れているネジ等は一切ありません。

メイン基板
 メイン基板

 メイン基板とサイドボタンを接続するケーブルがコネクタで接続されていますので、注意してコネクタをピンセット等を使用して引き抜き、センターホイールを注意して取外す(すこし力を加えると噛み合わせ部分から抜けます)と、この状態になりますので、黄色い丸印の3ヶ所のネジを取り外すと本体から分離でき、メイン基板の裏側にアクセスできます。
 基板をマウス本体から外す時に針金状の電池電極が付いてきますので壊したりしない様に注意して真上に引き上げましょう。

 基板の裏側に半田ごてを当てて十分にハンダを溶かしてスイッチを引抜き、抜いた後のスルーホールの中のハンダを吸取り線や吸取り器等を使用してハンダを除去します。片側の端子は基板上のコントローラーでバイス側に接続される細いパターンなので注意してスイッチを引き抜いて下さい。決して力技で引き抜こうとはしないように。
 使用されているハンダが鉛フリーなのでちょっと厄介ですが、鉛入りハンダを追いハンダしてやるとかなり楽になると思います。基板の汚れが気になる人はスイッチを取り除いた後、アルコールでフラックス等を清掃すると良いでしょう。

 取付けスルーホールが奇麗になれば新しいスイッチをハンダ付けすれば完了です。
 後は分解と逆の手順で組み立てて、電池を入れて電源をオンにし動作確認できれば修理は完了です。
 M590はボタンクリック音がほとんどせず使用感が非常に良いBluetooth接続できるマウスです。Unifying接続と違って、PC本体のUSBポートを1つ占用しないので助かります。電池寿命も単三1本で2年と非常に長く、1.2Vの充電池を使っても交換まで1年ぐらいは平気で使用できます。
 デバイス類の損傷などの電気的故障でなければ今回のようなスイッチ交換でまだまだ使えそうです。良い製品を作ってくれて感謝ですね。

 最後にお約束です。
 今回の分解およびスイッチ交換はメーカーの保証する物でもなく当サイトでも保証を謳う物ではありません。交換を実施する場合は皆様の自己責任で実施して下さい。当サイトおよび管理者は、ご自身で行った結果により生じる不具合、事故、故障等の一切を保証致しません。

液面計

| コメント(0)

 アナログな管理。

液面計
 液面計

 ガソリンスタンドの地下タンクの残り容量を示す液面計。
 目盛りの数字の単位はキロリットル。
 ガソリンスタンドの地下タンク、かなりの容量があるのは薄々感じていましたが数キロリットルが貯蔵されているのですね。普通のちょっと大きい浴槽だと200リットルぐらいあしまので、浴槽数十杯分と。
 1キロリットルは1辺1メートルの立方体の容積です。その寸法を考えると数キロリットルのタンクというのは大きいのか小さいのか。タンクローリーのタンク1室で2キロリットルぐらいありますので、1つのガソリンスタンドでタンクに補充する場合、タンクローリーがほぼ空になるのでしょうか。

 モビリティのエネルギー源として電気にシフトしつつありますが、充電よりも簡便にかつ短時間で補充できる石油系燃料のメリットはなかなか無くならないでしょう。EVについては電池を充電するための電力ソースが再生可能エネルギーでは無い現状ではすぐにシフトするのは環境負荷に高い要求を強いられるのは間違いないでしょう。
 

びっくりするなぁ

| コメント(0)

 も〜。ホント心臓に悪いわ。

和っ
 和っ

 見た時には意外と驚かない物です(笑)。文字だからでしょうか。
 びっくりさせる事を狙っているのでしょうが、ちょっと私的にはインパクトが弱かったですね。

グランプリ

| コメント(0)

 車の世界選手権はフォーミュラ1(Fromula1)。

TAKO-1
 TAKO-1

 漫才選手権はM-1、ピン芸人選手権はR-1(元は落語だったのでR)。
 たこ焼き選手権ならばきっと「TAKO-1」になり、ここで開催されるのです。
 イヤ、それはありません。ウソです。すいません。
 しかし実際にTAKO-1グランプリというのはあって、焼く側の選手権ではなく食べる方の選手権。1時間で食べることができるたこ焼きの数や100個のたこ焼きをどれだけ早く食べる事ができるかを競うそうです(主催がバラバラなのでルールがまちまち)。

 食べる事で競うというのはあまり私の嗜好に合わず敬遠気味なのですが、お祭りのイベント等で実施すれば盛り上がるのかも知れませんね。

どうもありがとうございました

| コメント(0)

 看板には英語と独語がまざってますが。

ダンケシェン
 ダンケシェン

 本題はもちろん「ダンケシェン」。
 独語で"danke"だけならかなり軽い言い方ですが、"danke schön"はかなり丁寧なお礼の部類です。「どうも」から「どうもありがとうございました」ぐらいの変化になります。

 屋号にこれを使ってドイツ語圏の人が見たら「腰が低いなぁ」と思うかも知れません。

コントロールアンプ(2台目)

| コメント(0)

 デッドストック活用プロジェクト。

TA7630
 TA7630P

 もう忘れるぐらい昔に購入していたデバイス。部品ストックの整理をしていてなんと3本も見つかりました。作らずに購入してしまう癖はなんとかならないものなのか・・・。
 実際に過去に何度か製作にトライしているのですが実製作に至らない状態だったので改めて、リスタートしました。
 データシートに記載しているアプリケーション回路の回路図のピン配置がデバイスの物理的ピン配置と異なるのでデータシートを見ながら回路を組もうとして判りにくく、挫折していたのだと思います(今にして思い返してみると:苦笑)。ですので今回はデータシートの回路からデバイスの物理的ピン配置に手描きですが回路図を書き直して製作に挑みます。

 以前に製作したコントロールアンプ部に使われていたAN5836と良く似たコンセプトの単電源でDC電圧制御による音量・左右バランス・高音・低音の調整をできるデバイス。実際に動かす回路構成も良く似ていますが、このTA7630は単電源でも両電源でも使えるようになっていて電源電圧もある程度の範囲が使える点がちょっと違うところ。最大電圧14Vなので車載を想定したものでしょう。
 細かい差異ですがAN5836は入力のDCカットコンデンサに無極性の指定がありましたがTA7630は有極性のコンデンサがアプリケーション回路に掲載されていました。

TA7630Pアンプ基板
 TA7630Pアンプ基板

 パッケージがDIPで左右対称に機能が割り振られているピンが並んでいます。
 SIPだったAN5836は制御ボリュームへの配線引き出しを一方向へまとめられましたが、こちらは左右に分散させるしかありません。ちょっと配線の取り回しで長くなりそうな予感がします。
 今回は音が通る部分にバイアスへの抵抗はありますが、制御回路には音信号そのものが通る部分にはありません。なので全てカーボン抵抗で組むことにしました。
 電源のデカップリングコンデンサと入出力のDCカットコンデンサ以外の音の通り道に関連しない部分全て標準品。制御電圧のデカップリングコンデンサも標準品で組んでみました。先のコントロールアンプはこの部分もオーディオ向けコンデンサを使用しましたが、たぶん民生品でこのデバイスを使ったものがあったしたら、そんな高価なコンデンサを使うはずも無いだろうと予想して、オーディオ向けでは無い品種であえて組んでみました。

 とりあえずは基板が完成しましたが、これをどうしたものかと。
 先のコントロールアンプに組込み直しても良いのですが別の筐体を用意した方が良さそうなので、前回同様切替とサラウンド(風)プロセッサの基板を作って組込むか悩み中。

ホーロー看板

| コメント(0)

 うわぐすり(釉)で焼き付けた看板。

並ぶ琺瑯看板
 並ぶ琺瑯看板

 整然と並ぶ琺瑯看板。プラスチック製や金属板に印刷されたものなどになり、すっかり廃れてしまいました。マニア好みらしくコレクターも相当いらっしゃる様です。
 ここはミシンの看板が多いので、ミシン取扱店だったのでしょう。

 裁縫で使う「ミシン」ですが、「メリケン粉」と同じで英語由来の全く意味の違う日本と期して定着してしまっています。元々は縫製機械(sewing machine・ソーイングマシーン)の「マシーン」の部分だけのこって「ミシン」となってしまいました。
 ミシンは精密機械で、多くのメーカーがありました。
 ここには残っていませんが「シンガー」「ジャガー」「アイシン」「リッカー」「蛇の目ミシン」など多くのメーカーが存在しましたが倒産や併合等により少なくなってしまいました。ここに掛かっている「ジューキ(JUKI)」「セイコーミシン」「三菱ミシン」のどれも工業用ミシンメーカーなので、そのような用途のミシンの販売およびメンテナンスが得意なお店だったのかも知れません。

なすりこむ

| コメント(0)

 「指先まですりこむ」ではないかと。

アルコール噴射器
 アルコール噴射器

 コロナ禍のおかげですっかりおなじみになった手指消毒用のアルコール噴射器。
 手のひらでくぼみに受けてそれを延ばすようにして手指全体に「すりこむ」ようにしてアルコール液を全体に隈無く行き渡らせるようにして使用します。
 コロナウィルスやインフルエンザウィルスのような脂質の膜で外郭が形成されているエンベロープウィルスと呼ばれる種類のウィルスには非常に有効で、脂質の膜を破壊する事によりウィルスが感染できなくなります。
 石鹸やハンドソープ等の界面活性剤による手指の洗浄も同様に有効で、10秒以上のもみ洗いを行った後で15秒以上の流水でのすすぐ事により1万分の1に減らす事ができます。
 アルコールによる手指の消毒はアルコール過敏症の方や手荒れが酷い場合、傷がある場合以外では即時に手洗ができないときへの対策として有効です。

 「すりこむ」と「なすりこむ」は微妙にニュアンスが違い、「なすりこむ」には(悪い印象を対象に)おしつけるとか、接触後にの対象に何かを残すイメージですので「なすりこまれる」となんだか汚い物をこすりつけられるイメージが強くあります。
 アルコールを「なすりこむ」のはなんとなく・・・大丈夫だと思っていても余計に汚染されそうなイメージです。

複合センサー

| コメント(0)

 ちょっとグレードアップしました。

BME280使用環境モニタ
 BME280使用環境モニタ

 前回に気温・湿度センサーであるDHT22を用いてモニタリングするものを作りましたが、今回はセンサー部を変更して気温・湿度に加えて大気圧を測定できるセンサーBME280を用いてモニタリングできるようにしました。
 センサーは3.3V使用なのですが、LDOレギュレーターにMOSFETを用いて5V信号をやり取りできる回路を付加したものです。元々のセンサーが小さいのもありますが、全ての部品が表面実装の小さい部品ばかりなのでモジュール基板も極小です。

BME280モジュール
 BME280モジュール基板

 センサーとのデータ授受にはI2Cを用いますが、センサーを使用するためにライブラリがありましたので有難くそちらを使わせて頂きました。ライブラリのデフォルトのI2Cアドレスが0x77だったのですがモジュールは0x77ですので、その部分だけ使用前に別途設定するようにすればサンプル・スケッチのままでほぼ手を加える必要はありませんでした。
 BOSCH製のBME280センサーのレスポンスがDHT22に比べると大変早く、分解能も高いため、少しの変化でも数値が変化します。センサーのドキュメントによると部屋のドア開閉程度でも気圧変化を得られるそうで、hPaではなくPaの桁で測定データを読み出せます。これは机の上下の気圧差が得られるぐらいで、ノイズや外来要因で数値が目紛しく変化してしまい表示がちらつきます。
 サンプル・スケッチでは50msで回していましたが、ぜんぜん落ち着かないので測定を5秒に1回としました。用途的にセンサーの能力を使い切るほどの桁精度が不要ですね。

 今回はI2Cのデバイスが複数繋がるため+5V・GND・SCL・SDAをバス接続できる子基板(便利小物(#11))を作ってそちら経由でArduinoと接続しました。
 単に4列のヘッダピンでそれぞれの列が繋がっているだけですが、I2Cを使う上で複数のデバイスとやり取りする場合には必須なのかもしれません。

フランケンシュタイン

| コメント(0)

 怪物の名前ではなく、実は創造主である博士の名前。

フランケンシュタイン(の怪物)
 フランケンシュタイン(の怪物)

 普通「フランケンシュタイン」と言うと、この怪物を思い出すと思います。
 実際にUSJのユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショーでは登場キャラクター名フランケンシュタイン™となってステージに登場します。

 イギリスの小説家メアリー・シェリーが匿名で発表した「フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス」の中にでてくる怪物がおり創造主がヴィクター・フランケンシュタイン博士なので「フランケンシュタインの怪物」、それが略されて怪物そのものを「フランケンシュタイン」と呼ぶようになりました。
 ユニバーサル・ビクチャーで映画化されボリス・カーロフの名演によりそのイメージが定着してしまいましたが、原作の小説とはすこし趣の異なるキャラクターではあります。
 その映画作品のイメージのフィギュアが街角に立っていて、なぜか阪神タイガースの応援団のようになっています。(コスプレだったとしても)球場にこんな風貌の人物が来たら現場は阿鼻叫喚状態になるのではないでしょうか。
 関西人だとけっこうスルーかも知れませんね(笑)。

新御堂筋南行き

| コメント(0)

 これは迷って当然の案内。

案内標識
 案内標識

 新御堂筋の南端は梅新東、南森町、淀屋橋方面に分かれて行けるように分岐しています。
 ただその分岐がややこしい。
 そのややこしくしている要因が左端のオーバーパスを通る経路。
 梅新東に降りて淀屋橋方面、南森町方面、大阪駅方面へと進める交差点があるのですが、淀屋橋方面へ抜けるには国道1号線と交差する梅新東交差点がネックになって渋滞が発生。新淀川大橋一杯に渋滞するほどの状況を引き起こしていました。
 なんとか梅新東の交差点をバイパスして梅新南の交差点へ直接降りるルートができないかとなって建設されたのが標識の左端ルート。
 建設の制限がかなりハードル高く、梅新東の交差点を超えるだけでなく、高架である既存の南森町ルートも越えなければならないため、かなり高い位置までオーバーパスが作られています。さらにその高い位置から降りてくる途中で梅新東に掛かっている(多分中間に橋脚支柱の無い、日本で一番大きい)歩道橋が邪魔になります。急な勾配をできるだけ穏やかにして梅新南の交差点までの大きい高低差を安全に降ろさなければなりません。そのため交差点の全ての角からアクセスできた歩道橋の通路を1つ潰す事になりました。

 後付けの無理矢理経路なので、案内標識もこのように無理矢理感が否めません。
 おかげでその手前で車が右往左往してカオス状態が生じます。なんのかんので新淀川大橋まで延びる渋滞は今でもしばしば発生しているのが現況です。

カレンダー

2021年6月
 日   月   火   水   木   金   土 
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

月別 アーカイブ