辛いのがお好きですか

| コメント(0)

 カレーは甘口よりも辛口が嬉しい。

カレーは辛口
 カレーは辛口

 子供向けカレーは「甘い」というよりも「辛くない」と思うのです。
 インドカレー店で普通の辛さより甘い辛さのオーダーをすると、砂糖を入れるという手法はありませんがヨーグルトなどで辛味をまろやかにする手法を取る場合が多いようです。

 辛さは痛みの一種であると言われていますが、近年辛味を感じるチャネルがある事が発見されて、感覚神経の抹消にあるTRPV1というイオンチャネルが関係している事が判ってきました。このチャネルは43℃以上の温度や酸(H+)によっても活性化され、辛味刺激と熱が同時に加わると単独で刺激した場合よりも活性化されるようです。
 熱い・辛い食品は温度が低い時の辛いだけの状態よりもより辛味が強く感じられることになります。トム・ヤム・クンなどは酸味と辛味と熱でトリプル攻撃しているようなものですね。

 あまり辛いものは人によって体調を崩したりしますが、刺激を求めるのであればある程度の辛さは必要だと思います。それでも辛いだけではなく辛味もあったうえで美味しい範囲で楽しみたいものですね。

怪奇クモ男8

| コメント(0)

 なぜか突然出現する。

テラス席で佇むクモ男
 だらけたスパイダーマン

 ハードフィギュアではなくぬいぐるみのようで、かなりだらけた姿勢になっています。作りもそこそこいい加減っぽくて、手の指も作り込まれてはいません。

 ま、テラス席ではなく店頭ディスプレイと言ったものなのでしょうが。
 街中で店舗や私邸を含めて見る事が多いのですが、そんなに人気があるのでしょうか。

指定方向外進行禁止

| コメント(0)

 やっぱり五叉路はややこしい。

指定方向外進行禁止
 指定方向外進行禁止

 一方向だけ進めないのはこちらむきの一方通行のため。
 これを見落として、さらに進入禁止まで見落とすことはないとは思いますが、三叉路や五叉路などの奇数の叉路は、変則的な指定方向外禁止がある交差点が多く、悩まされます。

続きは何か

| コメント(0)

 一番有名なのはミートボールやハンバーグでしょうか。

石井食品 京丹波工場
 工場案内看板

 石井食品の工場案内看板。
 テレビCMなどでミートボールやハンバーグが有名ですが他の畜肉加工食品だけでは無く、レトルトパウチの長期保存できる技術を活かしてご飯物やそのお供、保存食やスープ類など幅広いラインナップを提供しています。

 現在は新型コロナ感染症の影響により工場見学はできませんが、ハンバーグやミートボールのほかにごぼうサラダ、炊き込みご飯のもと、調理用ソースなど幅広い製品を生産しています。また、工場でしか入手できない製品もあり、是非とも見学に行きたいのですが、もう暫く我慢する必要がありそうです。
 早く元の世相に戻ってほしいと切に願います。

※ご注意
 京丹波工場への工場見学再開の問い合わせはしないでください。
(現状は再開未定で、お答えできない状況なので)

ウィンク

| コメント(0)

 縁起物が片目を閉じているのはどうかと。

ウィンクする招き猫
 ウィンクする招き猫

 イメージ的にはカワイイのですが、縁起物としてはどうなのでしょうか。
 両方の目で遠くまで見渡せるからこその、両目を開けた招き猫だと思うのです。
 片目を閉じてしまえば、半分しか見えなくなるのではないでしょうか。あるいは立体的に捉えられなくなるのでは?とか心配になってきます。

 左手を上げているので人を招く猫ですが、小判も持っているので一挙両得タイプでなのかも。

Raspberry Pi 400

| コメント(0)

 ほぼ衝動買い(笑)。

Raspberry Pi 400 / Official Mouse
 Raspberry Pi 400 US / Official Mouse
 空箱ではなくちゃんと中身入ってます(笑)

 マウスまではどうかと思いましたが、正常な判断能力が無かったので同時購入(苦笑)。カラーリングが統一されているとカッコイイですもんね。ケーブルが面倒な人は接続するまでがちょっと面倒くさいですがBluetoothマウスが使えます。

 接続ポートが後面に纏まっているので使い勝手はボードタイプに比べて格段に向上しています。四方にケーブルが出ているのはどうしても利用時のケーブル纏まりが悪く、ケースに入れたとしても実験・試作用のモジュールといった感が強かったのですが、すっきりとしたケーブル回しで使用できます。
 キーボード型のPCと言うと、私は古い方なので日本電気のPC-8001よりもタンディ・ラジオ・シャックのTRS-80を思い出します。もっともその当時のマシンに比べるとはるかにパワフルで小型になっています。キーボード一体型PCというのは需要があると思うのですが世間のニーズ的には拡張性が無い分嫌われるのかもしれません。
 当時のApple IIやCommodore PET 2001などは拡張カードを使用するためのカードスロットがあるので筐体が大きくなっていましたが、今ではUSB経由で外部ハードウェアを接続できる事もあり、本体内に拡張するためのハードウェア、特にカードスロット類はほぼほぼ不要になっていると断言して良いでしょう。

■電源:USB-Cコネクタで供給
■外部接続:
 USB 3.0x2, USB 2.0x1
 Gigabit Ethernet
 DualBand 802.11b/g/n/ac(2.4GHz + 5.0GHz)
 Bluetooth 5.1, BLE
■モニタ出力:micro HDMIx2(4Kp60対応)
■GPIO:40pinヘッダ(20ピンx2列)
■ストレージ:microSDスロット

 これでメモリ4GB、ARM Cortex-A72/1.8GHzのコアで動作しますので、Z80 4MHzなんて比べようも無いハイスペックですね。

 使用しているとほんのりとキーボードが暖かくなってきて放熱が少し気になりますが、筐体裏側には放熱のためのスリットが設けられていて、Raspberry Pi 4の放熱問題の対策はある程度はなされているようです(筐体内には巨大な放熱板がある)。
 オフィシャルのマウスは私は手が小さいせいもあるのですが、外人仕様なのか一回り大きく感じます。

 Raspberry Pi Imagerを使ってmicroSDカードにイメージを書き込み、起動するも手持ちのディスプレイだと表示ができない状態になりました。仕方がないのでmicorSDカードをmacOS側でマウントしてconfig.txtのHDMI関連の部分を書き換えます。
 私の接続しているモニターは4K対応ですので
 hdmo_force_hotplug=1(コメントを外す)
 hdmi_enable_4kp60=1(追加:4K60p対応を明示)
 ...
 hdmi_group=0(コメントを外し1→0へ変更:自動認識)
 の設定を追加・変更しておきます。うまくいけば自動認識してフル4K画面でデスクトップが表示されます。ちょとコンソールの文字が小さすぎる気がしますので無理に4Kにせず、1080pHDで使用した方が良いかもしれません。

お仕事中

| コメント(0)

 思ったほど見かけないものです。

盲導犬(お仕事中)
 盲導犬

 随分昔の写真を整理してきて見つけました。
 列車の中で盲導犬がお仕事中。休んだ姿勢でおとなしいので、撫でたたり構ったりしたくなりますが、彼(彼女)は、お仕事している最中なのでチョッカイ出したり邪魔をしてはいけません。

 その辺りの事情を知らない人(や子供)が構いに行こうとしたら、その場にいた周りの人たちは優しく諭してあげてください。

変体かな

| コメント(0)

 ちょっと読めませんよね。

ひさご
 「ひさご」

 「こ」の部分が変体かなになっています。
 この変体かなは「古」の文字を崩したもので、それに濁点がついていますので「ご」と読みます。

 今でも歴史がそうさせているのか、わざわざそうしているのかはわかりませんが変体かなの表記の屋号はしばしば見かけることがあります。
 解っていないと読めないので、変体かなだと知らなければ「ぶ」とか「ボ」と読んでしまうかもしれません。

201系電車

| コメント(0)

 この車両、現在は塗色が変更され東大阪線で活躍しています。

クハ201-120
 201系電車(クハ201-120)
 撮影2010年11月

 サイリスタによるチョッパ制御に加えて回生ブレーキを装備した車両で、それまでの103系に代わる近郊型の省エネ車両として導入されました。

 オレンジ色の塗色で運行されていた大阪環状線の201系電車は2019年6月をもっておおさか東線へと転属し。このクハ201-120(LB09)は2017年12月に一部車両(サハ201)を取り除いておおさか東線を運行する車両となっています。
 但しおおさか東線は順次201系を廃止し221系へと入れ替えが行われるため、緑色塗色の車両としても見ることがいつまでできるのかはわかりません。
 

TQFPはんだ付け

| コメント(0)

 久々にフラットパッケージのハンダ付け。

ATmega64-16AU
 ATmega64-16AU(+変換基板)

 某ウワサになっていたデジット店頭で激安特売品のATmega64-16AUを入手。動作保証無しなので動くかどうか確かめるためにも変換基板へ実装して動作チェックを目指します。
 久しぶりに0.8mmピッチのフラットパッケージを半田付けしました。
 0.6mmφの細い糸ハンダを使い注意しながら作業しますが、途中でハンダの盛りすぎで隣とショートしてしまい、ハンダ吸取線のお世話になったりしながら無事完了。導通チェックをしてちゃんと全ピンの変換基板の取り出しピンのスルーホール間との導通を確認しました。

 このままではどうしようもないので、変換基板にピンソケットを実装してメインの基板と接続出来るようにした上で、ファームウェアにArdino MegaCoreのブートローダーを書き込んでArduino IDEから書き込みとテスト出来る基板を製作します。
 テスト基板にはUART書き込みとISPのヘッダ、Lチカ用のLED、リセットスイッチとI2Cのヘッダを実装の予定。できればですが、アナログポートやデジタルポートも引き出してしまおうかと目論んでいます。

 ATmega64-16AUはArduino NanoやUnoで使われているATmega328に比べるとかなりパワフルで、プログラムメモリ64KB、RAM4KBと、ワンチップMCUとしては、ほぼ使い放題と言っても過言ではないスペックです。
 難点なのはTQFPのパッケージ。基板化してしまえばそれほどでもないのですが、変換基板を使うとなるとかなり面積が大きくなり、基板上の他の回路の実装面積が圧迫されてしまいます。基本的な変換基板だと考えてI/Oを外に引き出すヘッダなどをつけて利用する方向での利用に成らざるを得ません。
 もっともMPU単体でほぼ処理が終わりI/Oもほとんど使用しないのであれば、さほど手間もかからないでしょう。

 とりあえずはピンソケットと本体のテスト基板の製作ですね。
 なんかより道しているような気もしますが、気のせいでしょう。きっと。

一杯じゃない

| コメント(0)

 なんと言うか、せんべろ。

メニュー看板
 メニュー看板

 千円あればべろんべろんになれる「せんべろ」。
 これはほぼそれに近いメニューのようです。
 「ちょっと一杯」ではなく「ちょっと二杯」とは斬新な切り口。生ビールだけ、酎ハイだけ、生ビールと酎ハイの組み合わせ、日本酒2合とか、かなり強力なアルコールメニューと言わざるを得ません。
 しかも何やら2品ついているらしいようです。区切りの1時間というのも丁度いい感じになるには十分な時間。

 うん、こういうので良いんだだよ。

違うんじゃなイカ

| コメント(0)

 これはちょっと違うカニ?

カニ迎
 カニ迎

 JR香住駅の駅舎エントランスにかかっているカニの看板でカニ迎、いや歓迎。
 看板には「カニと応挙と香りのまち」とあります。
 カニはやはりメインなのでしょう。一番初めに出てきます。
 応挙は大乗寺に圓山応挙の襖絵などが多数あることから応挙寺と呼ばれているから。
 香りは・・・不明。

テツコ

| コメント(0)

 黒柳ではない。

信楽テツコ
 信楽テツコ

 信楽高原鉄道の駅舎エントランス横にある信楽焼きのたぬき像。
 どうやら、コイツが駅長らしい(笑)。

 信楽焼は鎌倉時代から続く大変歴史の古い焼き物なのですが、一般的にはたぬきの置物が有名すぎて本来の信楽焼そのものの認知度が薄いのが困りものです。
 焼き上げ時の灰がかぶる事で自然の釉薬となるビードロ釉や焦げなどが特徴で、備前焼と同じく土と炎が織りなす侘び・さびの焼き物なのです。

 有名すぎるたぬきの置物は案外歴史が浅く、原型は明治頃のようです。
 過去にツーリングで訪問した時に写しておいた駅前の巨大たぬき像は高さが5.3mもあるとか。

SKR310形
 信楽高原鉄道の車両(SKR310形 SKR312)
 撮影2010年5月

 実際のところ、信楽焼の全生産量からするとほんの数%以下なのだそうですが、イメージが付き過ぎているいるのもあり「信楽=たぬき」のせいか、信楽高原鉄道の車両にもたぬきが描かれていたりします。

何かの遺構

| コメント(0)

 昔あった建物の壁、あるいは塀かと。

崩れかけレンガ壁
 崩れかけレンガ壁

 建物の隙間にひっそりと存在するレンガ壁。
 かなり崩れてきていて、この部分以外は撤去したのか崩壊して取り去られたのかは不明ですが、今は耐震基準に合わないため、このような鉄筋も何も入っていない積み上げただけのレンガの壁は新たに作る事はないでしょうから、貴重な遺構とも言えるかもしれません。

 この壁の続きだったはずの部分や手前の崩れた元の状態がすごく気になります。

本当にそれで済むのか

| コメント(0)

 ちょっとだけ、と思いつつも長居するのは確実。

より道
 より道

 だいたい寄り道する先というのは長居する場所なのが定番で、タッチ・アンド・ゴーで急速離脱するのはほとんどありません。
 そもそもが「ちょっと一杯だけ引っ掛けたら帰ろう」なんてのは意志薄弱な我々からすると実現できない考えであって、ガッツリ呑んで食べてへろへろになるのが定石です。

 より道をしない時は立ち寄らない。
 するときは覚悟を決めて腰を据えて対応する。

 最近はバル使いとか言って、ちょっと呑み食いしたら直ぐ次の店に移動するとかいう呑み方が流行っているらしいですが、どうせならひとところでゆっくり味わい、楽しみながら時間を過ごしたいものです。

カレンダー

2021年12月
 日   月   火   水   木   金   土 
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ