論理

| コメント(0)

 感覚か論理か。

LOGIC
 LOGIC

 イタリア料理店なのですが、屋号が「LOGIC」。
 確かに料理には理屈が必要です。勘と経験がものを言う世界ではありますが、感覚だけではダメで、新たな美味しさを追求する場合には論理的に構築しなければならない点も多々あります。

 とはいえ、食べる方に理屈を求められるわけではないので、単純に美味しいか美味しく無いか(不味いは論外なので言及しません)は感覚が判断するものなので理屈を食べても美味しくはありませんよね。
 感覚や感情を語るとついつい宇宙大作戦のMr. Spockの名台詞「illogical」を思い出します。

否定で始まる

| コメント(0)

 新しいものを創るには、まず現状否定から始まります。

not's
 not´s

 否定を意味する"not"は副詞なので´sという表現を使う事は無いのですが、なにやら意味深げにつけられています。「〜の」の意味で付けられたのか"us"の省略形(例:let´s〜let us)なのかは不明です。
 そもそも"not"の省略形は"n´t"ですので、この表記は英語的ではないのではないのかもしれません。英語否定の英語、自己否定かも。

牛もいますが

| コメント(0)

 巨大看板系か。

店舗の立体看板
 店舗の立体看板

 看板だけでは何のお店かサッパリ分かりません。
 「馬ール(ばーる)PERO」が屋号で馬刺・馬肉の専門料理店なのだそうです。屋号が馬なのに、看板にはなぜか牛までいます。牛料理はなさそうなんですけど...。

 唐草模様にカモフラージュ柄。なかなかキッチュな感じです。

カレンダー

2017年9月
 日   月   火   水   木   金   土 
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ