のるかそるか

| コメント(0)

 運を天に任せて挑戦します。

いちかばちか
 いちかばちか

 漢字表記だと「一か八か」となります。
 語源は博打の世界から生まれた言葉のは間違い無さそうなのですが、いろいろと曖昧な様で諸説あります。

「一か罰か」
 サイコロの出目で「一」が出るか外れてしくじるか。

「丁半」
 サイコロ博打の丁半の「半」の文字の上部分をとって「八」とした。

「カルタ賭博」
 株札または花札を使って行われる「おいちょかぶ」の札を引く際に「一か八か釈迦十か」を略した。
 手札ですでに「かぶ」である9がそろっている時にもう一枚引く場合の事で、「一」を引くと最低位の「0(ぶた)」になってしまい、「八」を引くと「7(なき)」になってさらにもう一枚札を引くことができなくなり、「十」を引くとそのまま「9(かぶ)」を維持できるためこのような引き札の運を言ったのでしょう。
 もっとも手札1枚目が9の時に1を引くと「クッピン」という役になって無条件勝利できるのもあります。

 いずれにせよ、運を天に任せて行動する事を示していますので「一発勝負」ではあります。

お祝い事

| コメント(0)

 旧暦か新暦か。

七五三のペコちゃん
 七五三のペコちゃん

 一般的には11月15日が参拝日ですが、近年は混雑を避けたり平日ではなかったりの理由でその前後の日付で参拝する事も多いようですが、子供のためのお祝い行事です。
 女の子は数えで3歳と7歳、男の子は同じく数えで3歳と5歳の年にお祝いをします。

 本来は旧暦の行事でしたのでいまのカレンダーの日付で11月15日にするのは間違いとは言えませんが、本来の祝い事の日付ではありません。旧暦11月の満月の日(15日)に収穫への感謝の意味も込めて行われますが、江戸時代の武家社会で始まった神事のようです。
 この風習が始まった当時は15歳で元服して大人として扱われ、平均寿命が50歳過ぎだった時代、乳幼児死亡率が高かったため無事成長した事へのお祝いの意味が大きかったのでしょう。

 縁起物として千歳飴がありますが、ミルキー味の千歳飴を販売している不二家としては年中行事の一環として着飾ったペコちゃんが写真のように店頭へ登場するのですが、彼女は「永遠の6歳」なので毎年数えで7歳の七五三のお祝いを受ける恩恵に預かっています。

気になる

| コメント(0)

 人の心を乱す魔法のことば「秘密」。

秘密BAR
 秘密BAR

 何が秘密かは分かりません。
 そうなるとすごく気になるじゃあないですか。
 そうやって気になった人が掛かるんですよね、きっと。

 あっ!あぶない、あぶない(笑)。

無理が無いか

| コメント(0)

 無理矢理感が...。

御嘉家゙
 御嘉家゙(おかげ)

 どうしてもそう読ませたいらしく、かなり無理しているようです。
 最後の「げ」の音に至っては「家」に濁点(゙)を付与して濁音にしています。
 当て字にしてもなかなかアクロバティックな文字選択。

 この手の当て字の類によく引き合いに出しますが「夜露死苦」の方がウィットで良くできている思うのは私だけでしょうか。

道場(串カツ)

| コメント(0)

 自分で揚げるのでしょうか。

どうじ与う
 串かつどうじょ

 看板に大きな突っ込みどころがありまくりですが、それは置いといて(笑)。
 自分で調理する店がいくつかある中、串カツというのは多くは無いようです。セルフで揚げるのも楽しいですが、私の場合はちゃんとお店の人に揚げてもらった方が安心するタイプなので自分で揚げるのではなく揚げられた串が出てくる方が好みだったりします。

 さてこのお店の場合は...自分で揚げるお店ではないので、店主か客かどちらかは分かりませんがお店で食べる事が修行なのでしょう。いや、そもそも「道場」となっていないので何なのかさっぱり分からなくなってきました。
 しかもこのお店の屋号...「あ」では無いという紛らわしさ。

なんでそうなんや(#86)

| コメント(0)

 飲食店ではない。

伊太利屋
 伊太利屋

 「伊太利亜」ではなく「伊太利屋」。
 この文字表記の店やブランドは巷にあふれているようで、こちらのように地道に営業されている店舗は逆に少数派なのかもしれません。

 とってもイタリア風な髪型(最先端ファッション?)にしてもらえると期待しましょう。

間違えそうになった

| コメント(0)

 ぼんやりして早合点しそうになりました。

ぼんくら
 ぼんくら

 いわゆる「盆暗」ではなく「Bonjour Club」の音約で「ぼんくら」。
 決してぼーっとしていたり要領の得ない人ではないようです。

 ちょっと気になるのはなぜか小便小僧がフランス語表記の部分に「シャーッ」っと思いっきり掛けているところ。やっぱりボンクラなんだろうか...。
 「BBQ&乱破料理」とありますが「乱破料理(らんぱりょうり)」の「らんぱ」とは山陰の方言だそうですが、「物が型におさまっていない状態」を指す言葉で「(型破りな)創作料理」と捉えたら良いのでしょうか。

カレンダー

2018年11月
 日   月   火   水   木   金   土 
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ