2009年2月アーカイブ

往年の名番組

| コメント(0)

 むかし、中島らもやひさうちみちおの出演するとんでもなく面白い番組がありました。

なげやり倶楽部
 なげやり倶楽部

 1985年頃だったと思いますが、よみうりテレビで放映されていた奇怪な番組のタイトルです。
 カネテツデリカフーズ提供、中島らもらの出演する訳の分からないナンセンス系の番組でした。他には、わかぎえふ、キッチュ、鮫肌文殊など(リリパットアーミー関連か)が関係していた強烈な番組で、米米CLUBや、レベッカなども出演しており、今考えると結構豪華な番組だったと思います。
 同系列の番組に「どんぶり5656」というのがありましたが、こちらもかなりシュール&ナンセンス。
 本当の意味での投げやりな倶楽部なのか、だらっとした投げやり倶楽部なのか。

貴族ゆえに

| コメント(0)

 某焼き鳥チェーン店の店先。

うぬぼれ中
 うぬぼれ中

 まず、焼鳥屋日本一宣言。
 なにが日本一なのかは全く宣言されていません。焼鳥屋で何を持って日本一という主張がなされているのかその根拠や対象が示されていないのです。
 続いて、開店中を示す看板が「うぬぼれ中」です。

 この状態を見る限り、態度の大きさが日本一かと思ったりします。
 さすが、貴族故の尊大さ。
 でも、客商売なのですからもう少し謙虚になってみてはいかがではないでしょうか。

それもしては駄目でしょう

| コメント(0)

 普通、飲み屋の集まる路地の角などにあるのが鳥居のマークですが。

嘔吐禁止
 嘔吐禁止の注意書
 排泄行為そのものが禁止

 立ち小便を禁止するというのは、よくある貼り紙や注意書きなのですが、ここではさらにもう一段踏み込んで注意しています。「嘔吐」も禁止。って、禁止と注意する前にしちゃだめでしょう。
 酔っぱらいがここまでたどり着いたものの、我慢しきれずにゲロしてしまうのが多いのかもしれませんが、ここまで言及しないとならないものなのかと悲しい気分にこちらがなってしまいます。

 近くの便所で吐いてこいということなのでしょうが。なんだかなあ。

日本橋探訪(番外#39)

| コメント(0)

 電気街といえども生活の場があります。

カットM
 カットM

 かなりはずれの南の方なのですが、散髪屋があります。
 どうみても普通の散髪屋。電脳なんとかとは全く違います。
 店舗ばかりだけではなく、古い住宅街もちゃんとあり、電気街というシチュエーションが特殊だという事がわかります。

 しかし、カットのみで1000円というのは流行の値段でしょうか。安いですよね。

宇宙人現る

| コメント(0)

 こんなところに侵略者がいます。

タコ焼星人
 「タコ焼き星人」

 なにやらにこやかな顔で攻めてきますが、地球人類と違いますから、この顔?の表情は実はすごく怒りの形相なのかもしれません。いや、悲しみを表しているのか。
 とにかく、人間同士でも相手の表情から心中が察しきれないのに、ましてやタコ焼星人となると思考の意味そのものが違う原理かもしれませんので人間に対比させる事すら躊躇します。

 なんてまじめ腐って書きましたが、粉モンの店舗の屋号、やはり大阪は奇抜な名前を付けるのが多いようです。

大阪の難読地名(#15)御幣島

| コメント(0)

 これもちょっと読み辛いですよね。

御幣島
 御幣島(みてじま)

 普通に読むと「ごへいじま」と読んでしまいますが、「みてじま」です。
 島の名前の通り、淀川下流の中州の島だったのですが、今や周りも埋め立てられて地続きになり、島の状態ではありません。

 地名の由来ですが、神功皇后が住吉神社に奉献した島の中に幣帛島(へいはくじま)というのがあり、それが直接の由来のようですが、文字も読みも変遷していますので御幣島に至った経緯というのははっきりしません。
 実際に御幣島界隈に御幣(ごへい)が掛かって結界を作っている訳ではありませんので念のため。

寒いですが

| コメント(0)

 寒い季節ですが、年中美味しいですよね。

ビールを楽しむ本
 T&T情報センター編 新潮文庫刊
 みんなで乾杯! ビールを楽しむ本
 昭和60年5月25日発行
ISBN4-10-136704-3

 家の本棚から掘り起こし、かなり古い本ですので、たぶん新品では手に入らない本だと思います。
 カラーページを豊富に使い、ビールの魅力を丁寧に解説しています。
 世界のビール事情から始まり、ビールをおいしく飲むための方法、(当時の)日本で手に入るビール、ビールをベースとしたカクテル類、ビールの器にまつわる話、おいしくビールを飲むためのおつまみと続き、蘊蓄のネタになるビールの歴史と始めから終わりまでビールの情報や話ばかりです。

 エッセイが5編挿入されているのですが、寄稿している人がビール好きと目される人によるビール関連の話と、ここでもビールです。
 ベルリン・フィル、ウィーン・フィルなどのビールの本場で名指揮を行った岩城宏之、戦後生まれで初めての芥川賞受賞者である中上健次、当時コピーライター・エッセイストとして一世を風靡した林真理子、オートバイ好きのライター・小説家として当時有名だった片岡義男、だらけ系たべものエッセイの小説家である椎名誠と、かなり豪華な執筆陣が名を連ねています。

 単純に蘊蓄のネタにするのも良し、おいしいビールを飲むための指南書とするも良し。とにかく全編ビールをおいしく飲むための情報満載の本です。

どや!?

| コメント(0)

 突っ込まれてしまいました。

どや
 お好み焼き「どや」

 大阪弁で「どや」というと2つ考えられます。

 1)どや(疑問をなげかける)
 どうですか?と尋ねるときのちょっと品の良くない聞き方が「どや?」。「どうや?」が約まって「どや?」となります。
 「ちかごろの案配、どや?」
 と言われると、最近の調子はどうかと問いかけられている事になります。

 2)どや(宿泊施設の俗称)
 宿(やど)を逆さまにして「どや」。釜ヶ崎などの日雇い労働者が集まる地区などにある簡易宿泊施設が集まった地域をドヤ街と呼ぶ事があります。宿であり居住とは違い、あくまでも短期の居場所としての卑下した呼び方として使われます。
 現在では日雇い労働そのものの需要が減り、バックパッカーなどの外国人が格安宿泊施設として利用する事も多くなったそうです。

 この店舗の屋号は、これらとは全く関連が無いかもしれません(笑)。

一文字多い

| コメント(0)

 送り仮名、本則があるのですが、なかなかむつかしいのですかねぇ。

送り仮名
 「お店せ」がヘン

 「店」という時は訓読みで「みせ」で、送り仮名が不要なはずです。
 「店せ」と記述され、そのまま読み下すと「みせせ」となり、1文字「せ」が多くなります。

 「お寿司とお料理の」と、かなり丁寧な言葉を重ねていますのでその勢いでしょうか。「せ」がはみ出しておまけについてしまったようです。
 「一や」を「かずや」と読ませるのも、なかなか強引さを感じますがいかがでしょうか。

鏡の国のガネーシャ

| コメント(0)

 頭が象、身体が人間という半獣半人のインドの神様です。

ガネーシャ(正像)
 ガネーシャ(正像)

 これだけ見るとちょっとハデかなとは思いますが、店舗のネオン看板なのですが・・・。

ガネーシャ(鏡像)
 ガネーシャ(鏡像)

 これはレタッチソフトで反転させたわけではありません。写真のままの看板なのです。
 何故、文字が反転しているのかさっぱり理由が思い付きません。さんぱつ屋の鏡に映す逆向き逆回りの時計のように、何かに映して看板の用を為しているわけではないのです。

 全く持って奇々怪々な看板です。この注文を受けて製作した看板屋もかなり戸惑ったのではないかと思います。よもや、発注したネオンサインを裏向けに看板屋が取り付けたということは無いですよね。
 うん、きっとこの向きが正しい発注の成果だと思いたいです。

 ちなみにこの看板、左右に並んでいて、まさに鏡に映ったように左右並んで1対の看板になっているのです。
 やっぱり、これは狙って作ったんでしょうか。

次のページ