2012年1月アーカイブ

あの一家がここに

| コメント(0)

 けらえいこの漫画のタイトル「あたしンち」に触発されたのかも。

サザエさん家
 スナック「サザエさん家」

 国民的番組とも言える長寿アニメーション番組の登場人物たちの家でしょうか。
 少なくとも、アニメのオープニングを含めて登場する家ではなさそうです(あたりまえか)。

 「家」に「ち」とフリカナを打っているのでやっぱり「あたしンち」のパロディ店名かと。

自然との共生

| コメント(0)

 さすが、大阪人。おもろいもんつくろう精神です。

オーガニックビル
 オーガニックビル

 心斎橋・南船場界隈でひときわ異彩な外観を見せているこのビル、「オーガニックビル」という名称で、なんと塩昆布の「えびすめ」で有名な小倉屋山本の本社ビル(1993年に落成)。

 とっても変なビル。いやいや、変なビルの一言では片付かないようです。

 本社ビルの建替えの際に当時の専務の発案で「おもろい物」というオーダーで設計・監理を建築設計事務所に出したそうです。設計はガエタノ・ペッシェ。
 外装はテラコッタ色、地上9階、地下1階の鉄筋鉄骨コンクリート(SRC)造りで、外部に植えられている植物には132個のポットがあり、全部種類が違うそうで、自動制御の給水装置で給水。年3回程度剪定もするという手入れもされているとか。なんと1994年にグッドデザイン賞も受賞しているという、とても昆布会社の本社ビルとは思えない外観です。
 内装もガエタノ・ペッシェが手がけており、オブジェなども置かれているため、さながら個展のような状態。

 完成からすでに10年以上経過しているのですが、この景観は周囲の無味無臭なオフィスビルに比べて全く古さを感じさせ無いどころか、いまだに未来的でもあります。

近寄りがたい

| コメント(0)

 恐ろしいのです。

恐ろしいほどよく当たる
 怪しげな看板

 恐ろしいほど良く当たるそうです。何が当たるのかは判りません。
 でもそんなに当たるならギャンブルなぞで儲けて、こんな場所にいないと思うのですが、どんなもんなんでしょうか。
 自分に対して占う事はできないという禁忌はあるのかもしれませんが。

 観光名所と謳ってはいますが、大混雑という訳でもなく。
 なんといっても微妙な怪しさが漂う空間を提供している事が一番の特徴かと。それが名所という理由なら確かにそのとおりです。

にわには

| コメント(0)

 にわにはにわにわとりが、うらにわにはにわにわとりがいる。
 庭には二羽鶏が、裏庭には二羽鶏がいる。本道の回答。
 庭に、埴輪に、輪、鳥が、裏にワニ、埴輪、鶏がいる。なんちゃって回答。

にわ鶏
 「にわ鶏」

 ちょっと勘違いしているイメージが濃厚かも。
 「鶏」は1文字で「にわとり」と読むのが通常ですので、そのまま読むと「にわにわとり」に。

 焼鳥をコーチン(黄鶏)や地鶏(じどり)など鶏(にわとり)で作るので「焼鶏」と表記する場合が見受けられますが、「鶏」の通常の読みは「にわとり」です。
 一番鶏(いちばんどり)のように元々はニワトリを意味する言葉ですので、「鶏」を使っても「にわとり」ではなく「とり」と読ませる場合がありますが希少です。
 「やきとり」ならば焼くのは鳥全般で、鶏限定では無く、雀や鶉(うずら)、鶇(つぐみ)なども焼鳥で食べていますから(鶇は現在は禁鳥で食べられません)漢字表記ならどの辞書も「焼鳥」と表記されていて、「焼鶏」という表記は見当たりません。

 などと拘りと穿った見方をしてしまうと「にわにわとり」になってしまいます。
 どうにかなりませんか、この思考回路(笑)。突っ込みどころが重箱の隅すぎる。

七十五日限定

| コメント(0)

 人の噂も七十五日といいまして、そのうち忘れられるという事でしょう。

噂のスナック
 うわさのスナック「噂」

 自虐的とも自信過剰とも取れるこの屋号看板。
 噂のスナックという前置きは良い方とも悪い方ともとれるもので、そのスナックの屋号が「噂」。
 もう、二重に噂になっており、ほとんどデマでは無いかと(笑)。

コントロールアンプ用電源、半完成です。

電源部半完成
 コントロールアンプ電源基板
 制御部が未実装

 前回から基板を切り出しして取り付け用の穴を開け、部品をハンダ付け、錫メッキ線(TCW)で結線して配線完了です。制御部分のPIC周辺が未実装なため、半完成といえます。

 中央上部が)+12V出力(V+/GND/V+)、右端が±5Vの出力端子です。
 左端のネジ止め端子に先般にTA2020-20アンプ用電源ユニットの増設した電源出力端子から給電してそれぞれの端子から+12V、±5Vがちゃんと出ている事を確認しました。

電源出力
 各電源出力のノイズ ともに無負荷で測定
 上 +12V / 下 -5V
 200μS/div, 100mV/div

 残留ノイズが多少あるように見えますが、ほとんどプローブに乗ってくるノイズと変わらない状態です。
 一般の不平衡のプローブだとスイッチング電源やDC-DCコンバータなどの同相ノイズは観察しにくいので、実際の-5V出力はあくまでも雰囲気というか目安と思った方が良いかもしれません。オシロスコープの差動プローブはそこそこのデジタルオシロが買えてしまうような目をむくほど高額なのでさすがに導入は無理です(苦笑)。

 これらの電源は基本的にソフトウェアでPQ12RF11の制御端子を使ってオン/オフできるようにします。そのため未実装のPIC制御部分向けの独立した+5V電源を実装する必要があります。こちらは常に通電してスタンバイ状態にして、待機電力を消費する部分になりますので低消費電力のレギュレータで給電します。

 さて、実際の電源制御部ですが、当初予定のPIC16F648Aでは実装面積が大きすぎて微妙に足りず、ピン数を減らしたPIC12F675に変更の予定です。もっとも18ピンのPIC16F648Aでは未使用ピンが多数できてしまいますからちょうどのデバイスに変更といえるでしょう。
 電源およびサラウンドの入力スイッチで2ピン、それぞれの動作表示兼制御で2ピンしか必要ありませんので、8PのPICにお出まししてもらいます。それほど凝った事をしませんのでインストラクションROM領域も1Kワードで充分です。
 デバイスにはシャントレギュレータ内蔵のPICであるPIC12HV615を採用する事も視野に入れています。こちらだと電源のための外付け回路が不要になり、内部で5Vを生成するため実装面積を小さくできます。

 ということで、これからプログラムの作成にかかる事になります。なんだか遠回りをしているような気分になってきましたが、なんとか音信号制御部の完成までこぎつけるよう精進です。

ヘビーなモーニング

| コメント(0)

 朝からガッツリじゃぁないですか。

モーニングカレー
 モーニングカレー

 はい、朝からしっかり食べましょう。一日の始まりはちゃんとカロリー摂取、栄養摂取で快適なスタートを。

 では無いですが、モーニングカレーという強烈なサービス。
 何がサービスかというと、カレーに半熟玉子、みそ汁、ピクルスが付いてくるという、まさに朝定食の様相を示したサービスです。
 カレーでみそ汁というと彼の「喫茶Y」を思い出しますが、ランチではなく朝の11時までのサービスメニューなのでやっぱり朝食なのです。

 やっぱり、日本人の朝ご飯はみそ汁が無ければダメですね!

駐輪禁止

| コメント(0)

 なかなか情のある注意貼り紙です。

駐輪禁止
 駐輪禁止の貼り紙

 老人・子ども以外は自転車を停めてはなりません。
 というか、普通に一般公道の歩道の上なので、誰が停めてもダメなんですけど。

ユル〜いの

| コメント(0)

 大阪のゆるキャラ大集合でした。

ゆるキャラ大集合
 ゆるキャラ勢揃い
 ユルく無いのもいますが

 春節(旧正月)に合わせて、観光で訪れた外国人をもてなす?ために大阪のゆるキャラが集まったようです。大阪のゆるキャラってかなりあるようですが、そのうちの一部でも一同にこれだけあつまることは余り無いとか。特にミナミ界隈のゆるキャラが多くいます。

 前列左端から、後ろを向いてしまっていますがいしきりん(石切参道商店街振興組合)、ゆめまるくん(大阪市中央区)、吉本関連で池乃めだか、桂三枝、間寛平、でんのすけ(でんでんタウン協栄会)、ラピートくんとラピートちゃん(南海電鉄)。後列左から名前不詳の白い犬ですが、多分大阪ミナミ道頓堀WAON(道頓堀商店会)、くしたん(新世界串かつ振興会)、大阪ローカル特撮ヒーロー?(詳細解らず)、まい道くん(道具屋筋商店街)、頭しか見えませんが、みにゃみん(千日前商店街)、えびたん(戎橋筋商店街)と、合計14体のゆるキャラ(というか、キャラクター)が集合。
 まあ、どれも足元があまり見えないようですので、かなり引率のおねえさんに連れられて足元が危なげな状態でしたが、愛嬌を振りまいていました。

183系700番台

| コメント(0)

 ほぼ絶滅寸前ですが、まだなんとか運用されています。

183系
 183系 特急こうのとり (クハ183 704 B63編成)
 2011年5月撮影

 元々は「くろしお」として運行していた485系を山陰線の特急(当時はエル特急)「北近畿」に転用するための改造をした車輌です(元の車輌はクハ481-304)。新製配置で向日町に転配されてもそのままだったようで、直近の福知山への転配時改造でクハ183-704として形式変更時、交直切替機能を廃止し、JR色に塗色変更。その後に北近畿(現行こうのとり)のデザインとして窓下にあるピンストライプが追加されています。

 現行運用する183系の残り少ない編成です。
 たまたま撮影時に田植直後の水面に車体が映り込み、初夏らしい風景の一部となりました。

次のページ