2007年10月アーカイブ

日本橋探訪(#100)

| コメント(0)

 昔からあって、気になっていたのですが一度も訪れた事の無い場所がここです。本来なら「番外」なのですが、物件が物件だけに通常の記事とします。

高島屋東別館
 「高島屋」東別館

 旧、松坂屋大阪店の建物です。昭和9年の建築物ですので、戦中の空襲を逃れた貴重な建物と言えるでしょう。松坂屋は昭和41年(1966年)に天満橋に移転し高島屋の東別館となります。
 それから時代が下り一時期閉館した後に2005年5営業再開、現在に至っています。直営店舗は無く、役員室などの本社機構等が収まっています。

高島屋史料館
 高島屋史料館の案内

 館内には高島屋史料館(入場無料)があり、高島屋の歴史とそのなかで蒐集された美術品等を展示してあり、本物の玉虫の羽根で装飾を施した玉虫厨子のレプリカ「国宝玉虫厨子模造」など大変貴重な美術品等も常設展示されていたりします。一部しか展示していないのですが、その所蔵品の評価は高く
 でんでんタウンも良いですが、入場無料の史料館で美術品を見る機会を設けてみてはいかがでしょうか。

人生一服しましょう

| コメント(0)

 毎日仕事、家事、雑用。疲れますよね。

こころのきゅうけいじかん
 こころのきゅうけいじかん

 さあ、ここで一服して擦り切れた心を修復しましょう。ってわけではなく、カウンセリングする場所でもありません。
 普通の理髪店なのです。

 たしかに散髪(あえてカットといわない)してもらっている時間は、たいへんゆったりとします。10分1,000円の理髪店もありますが、あれはせわしない感じがします。シャンプーなしで、掃除機で頭を吸われます。合理的といえば合理的なのですが、贅沢な時間を過ごした気にはなりません。

 対してこの店舗は堂々とこころの休憩時間を謳っています。
 かなり、ゆったりできそうです。とろけちゃうかも。

紅葉の季節

| コメント(0)

 秋晴れの中、昨日は久々に能勢方面へちょいツーリングです。

妙見山上の紅葉
 妙見山上の紅葉

 すでに山上は色づいてきており、来週あたりはちょうど見頃ではないかと思います。
 現在着用のスリーシーズンのジャケットでライナーを入れた状態でもやや肌寒い状態。午前中に出発して昼に帰る行程でしたので結構気温も低く、山の中は14℃ぐらいです。もちろん日陰だともっと寒い状態でした。
 (Bundit400のときの記事はこちら

 最近妙見山を横目にR423を北上し犬甘野から堀越峠を抜け、さらに遠坂峠を通って畑野へぬけるルートを通ります。この遠坂峠は二輪ライダーに取っては大変楽しいワインディングなのですが、いかんせん無茶をする人が多いようで、事故件数がかなりあるようなのです。
 もちろん、狭い道ですので対向車線に自分がはみ出したり、逆にはみ出した車が対向車線に現れるなど危険な状況もあります。また、スピードの出し過ぎで事故に至るなど悲惨な状況が多かったようで、ある日、ご覧のような看板が出てしまいました。

注意看板<
 注意看板
 ドライブではなくライディングだと思うのだが

 実際に清正公前の交差点から、宿野三区に抜ける間に、道端に花束が手向けられていたりして、ぞっとしたりします。
 事故と隣り合わせ、その事故で生身で運転しているライダーには危険がつきまといます。安全運転で楽しく二輪ライフを送りたい所です。事故をして早々無理を出来ない立場と身体になっていますからねぇ。

某系列禁止

| コメント(0)

 どう見ても左の絵はビッグマックです。

飲食禁止&撮影禁止
 「飲食禁止&撮影禁止」
 撮影禁止のピクトグラムを撮影するのは禁止事項なのか

 データセンターのコロケーションルーム内です。
 原則携帯電話禁止(PHSは許可されている場合が多い)、飲食禁止、また、撮影も禁止されています。

どうみても

 で、あえて撮影したピクトグラムですが、どうみてもビッグ■ックです。パティは1枚のようですので■ガマックではなさそうかな、と。
 ということは、競合他店であるモスバーガーやロッテリア、ファーストキッチンなどは禁止事項に抵触せず、このピクトグラムとは関係なく食べることができるのでしょうか。

 何度見てもビッグ■ックとシェークか何かドリンクのL(日本サイズ)のようです。
 きっとコロケーションルーム内は■クド□ナルドのセットメニューは禁止。単品ならオーケーなのかも。

病気のお品書き

| コメント(2)

 たなかじゅんのヨモヤマ日記で「慢性病が治ります」というのが出ていましたので、こちらも便乗です。

気のお品書き
 病気のお品書き一覧

 いや、薬局の看板なのですが、ここまで病名をつらつらと並べられると、「へぇ」を通り越して「うっ!」となりますよね。世の中病気だらけ、病人だらけとこちらの方が鬱々となります。
 本当、体が資本ですからね。

 しかし、「口内炎一丁!」って注文するのかなぁ…。

ひったくり看板が多発

| コメント(0)

 大阪は引ったくり発生件数ナンバーワン!
 偉そうに言えませんねぇ。

引ったくり注意!
 「引ったくり注意!」がいっぱい

 地下鉄駅から地上に出る通路なのですが見えるだけで3箇所も「ひったくり注意!」という貼紙があります。
 いくらひったくり発生件数全国都道府県一位といえど、ここまでしなくとも。
 と、思うくらいにべたべたと掲示されています。この標語以外に「ひったくり多発」とかの時もあります。

 それほど、治安が悪い駅周辺なのでしょうか。

 「発生する」はもともと生物学用語で使われる意味が転用されているそうです。「発生」は生命の発生を通常意味しますので、「引ったくりが発生」となると、自律的に引ったくりが湧いてくるような感じがするのは私だけでしょうか。

明瞭な単価

| コメント(4)

 よくスーパーで1gあたり何円という表示を見かけます。

特大わらじチキンカツ
 特大わらじチキンカツ280円

 28cmで280円。すぐ暗算できます。1cmあたり10円のカツ。

 しかし、よく大きいとんかつをわらじのようなとんかつが載っているとか言いますが、売り文句に「わらじ」となかなか付けきれるものではありません。私が担当だとしてもさすがに恥ずかしい。
 その壁を打ち破るがのごとく(ブレークスルーです)、特大わらじ28cmと銘打ったチキンカツ。しかも価格が非情にわかりやすい。1cmあたり10円。

 実際は面積のほうがカツの大きさに相当すると思われますので単純に28cmの長さがあるからといっても、細長かったりすると28cmで円形の場合に比べるとドンと小さくなります。
 長径28cmの楕円だとしても、短径がいくらか気になります。まあ、大阪人ですので計算高いせいもあるかもしれません。

 インパクトがあるにも拘らず、実態がはっきりと見えないので、ちょっと食指が動かないのはそのせいとおもわれます。直径28cmのジャンボわらじチキンカツとか書いてくれればすっきりするのですが。

日本橋探訪(#99)

| コメント(0)

 秋葉原に本店のある免税店です。

永山免税店
 「永山免税店」大阪日本橋店

 日本橋にありながら電器店の用でもありそうでも無し。
 免税店ですので家電などばかりを取り扱っているわけではないのです。
 空港などの免税店街によくあるように、ブランド品、香水、アクセサリ、時計なども販売しています。

 日本橋にある他の家電製品店と違い、店内はゆったりとした物の配置で贅沢に空間を使っています。高級品(そう)の雰囲気を醸し出すための装飾もまた、独特と言えます。河口無線より贅沢なフロアの使い方と思えます。

 海外行きの渡航券とパスポートがあれば、免税で買う事ができる・・・のでしょう。
 営業時間も日本橋ではほとんどありえない朝8時から営業。しかも年中無休となっており、気合いの入り方が違います。
 

ビジネスライク

| コメント(2)

 建家の屋上にある正体不明・意味不明のオブジェ。

環状線の車窓から
 環状線の車窓から眺む

 大阪環状線に乗っていた時に窓からチラと見えた不思議な物体。
 列車のスピードが結構出ているので、一瞬しか見る事ができません。しかしながら「は!?あれは?ナニ?ナニ?」と当然なりまして、地図で場所を調べて現地に行きました。

屋上のオブジェ
 屋上のオブジェ

 近くからでも高い位置にあるので下からは全体が良く伺えません。
 どうも黒電話と、ビジネスマンの手と袖口までのようですが、なぜにここに設置されているのか。

 これはある種のトマソンと思わざるを得ません。

巨大看板(#9)

| コメント(0)

 細かいところにいろいろあります。目を釘付けにする巨大看板。

静御前
 静御前

 黒門市場の中、国立文楽劇場が近いとはいえ静御前がドドーン!と異様を放っています。
 呉服屋かと思いきや果物などの青果物のお店。
 いや、確かに目立ちますよ、これは。

宇宙生物のようなタコ
 宇宙生物のようなタコ

 微妙に怪しい。宇宙生物のようなタコです。なんとなくチブル星人を彷彿させます。いや、歳がわかるか、この発言は(笑)。

 とにかく、十三のガード下でこれまた異様な雰囲気を醸し出しています。
 夕方からしか開店しませんので、夜間にはライティングされるのですが、昼間は薄暗いガードしたで余計に怪しい雰囲気が漂います。

次のページ