2010年2月アーカイブ

青色発光ダイオード

| コメント(0)

 またもや青色LED関連の書籍です。

青色発光ダイオードは誰のものか

 日刊工業新聞社 B&Tブックス刊
 谷光太郎 著
 青色発光ダイオードは誰のものか
 〜世紀の発明がもたらした技術経営問題を検証する〜
 2006年1月30日 初版第1刷発行
 ISBN4-526-05573-5

 著者は三菱電機の半導体研究所(当時国家プロジェクトだった超LSI技術共同研究組合の研究所が設置されていた)にも勤めた現場の人。
 いうなれば半導体開発のかつての現場にいた立場から、青色発光ダイオードの成功の経路を検証しようと言う見方で記された本です。

 しかしながら、前半に大きく占められた特許報奨金への企業と発明者個人との訴訟事例が導入部とはいえ、タイトルからは離れた内容になってしまっています。中村修二が特許係争をしていることに重きが置かれ、誰がどのような経緯で青色発光ダイオードの実現に至ったかの部分はさらりとしか書かれていません。
 その点、青色LEDは誰が創ったかで紹介したテーミス編集部編「青色発光ダイオード」や、青色の一人で紹介した「青色発光デバイスの魅力」の著者であり窒化ガリウムで青色発光を実現した本来の青色発光ダイオードの発明者である赤崎勇の言、さらに青色にまつわるで紹介した中島彰による「「青色」に挑んだ男たち」は取材などを丁寧に行い、当時の開発者(本人が著者でもある書籍も)や現場を指揮した人たち、同僚研究者、当時の発明の元となった研究を行っていた研究者などの言葉を交えて構成されており、いきさつなどを知る事が出来ていたのですが、どうもこの本は勝手が違います。

 本文中、だれそれがこう言った的な引用で同じものが何度も繰り返して登場。ページを置かずしてまた出てくる、という箇所が何カ所もある上、この内容は何度登場するのか数えたくなるぐらいのものもあり、かなり辟易させられました。
 今回読んだこの書籍では、ほとんどインタビューをせず、他人の記した書籍や記事などから情報を寄せ集めて、はっきりとした結論も出ないまま巻末に至ってしまっているという印象は拭えません。「いったい誰が発明者と言えるのか」という点については曖昧なままで、著者のはっきりとした結論が見えてきません。

 どうも、もやもやの残る一冊でした。
 「技術」ではなく「技術経営問題」を検証するということですので、こちらの読みたかった目的と違う書籍だったのでしょう。

キヤ141系気動車

| コメント(0)

 通勤帰りで偶然遭遇しました。

キヤ141系
 キクヤ141-2(米原側) 撮影2009年4月
 後方の車両はキヤ141-1

 愛称「ドクターWEST」の検測用車両で、いつ、何処を走っているのかさっぱり判りませんので、本当に偶然というか幸運な機会に恵まれました。
 神戸駅の1番のりば(上り方面)に待機しており、残念ながら発車するまで見届けることができませんでしたが、通勤の時間帯や所用で移動中も含めこれ以来、見かけたことがありません。
 JR西日本に問い合わせたら教えてくれるのでしょうかねぇ。

 手前に写っているキクヤ141-2で軌道の状態を、後方のキヤ141-1で信号通信関係の検測を走行しながら行います。気動車ですので、非電化区間も含めて走行・検測でき、1編成で軌道系と通信系の両方を一挙に行える優れものです。
 この車両の導入により、旧型の検測車両は順次廃車となる予定でだそうです。

イソップ寓話(本物)

| コメント(0)

 以前に良く似た「蟻ぎりす」というお店を紹介しましたが、今度はちゃんとした名前です。

アリとキリギリス
 「アリとキリギリス」

 イソップ寓話の「アリとキリギリス」のタイトルそのままのお店。
 でも、洋風ではなく和風なところが日本の店舗です。

 しかし、寓話の設定を考えると、このお店は蟻なのかキリギリスなのかが意見が分かれるところではないでしょうか。地道にやっていらっしゃるとすれば、アリの方ですか。

心中お察しします

| コメント(0)

 この、滴り感が特に痛そう。

ぢ
 「ぢ」のポップ

 民間治療薬というか店頭販売している薬で治したい気持ちもわかります。
 肛門科というあまりいじくりまわされたくないところをいじくられる医者に行かずに、ひっそりと治療できないものかと、悩む気持ちもわかります(私は罹患していませんが)。

 でも、この「ぢ」のポップは相当痛そうです。
 出血している感じです。
 本当なら絶対に医者に行った方がよいはずなのですが、そこは恥ずかしさの故でしょうか。

 いつもこの痔の薬のポップは痛そうというか、いたたまれないというか。
 ちゃんと治療しましょう。放置するとあまり良いことは無いそうです。どの病気もそうですが。

日本橋探訪(#190)

| コメント(0)

 やっぱり日本橋は変化が激しい。

レアモノショップ
 レアモノショップ

 元の場所から移転して2月18日からこちらでオープンされたようです。
 オープンから日が浅く一本裏の店舗から堺筋沿いに移転されたせいもあるのでしょうが、けっこう賑わっています。
 以前のご紹介にもさせていただきましたが、USB接続の怪しいものやなんだかわけのわからないもの多数。除いてみて損は無いという感じです。買うかどうかは私的にはかなり微妙でしたが。

1号・2号

| コメント(0)

 仮面ライダーではありません。

自動販売機一号
 自動販売機「元気君1号」

自動販売機2号
 自動販売機「元気君2号」

 仮面ライダー1号・2号はともに悪の組織ショッカーと戦うために協力しました。
 2号が登場してきたいきさつというのが、実は1号役の藤岡弘が撮影中に大怪我をしたため急遽新たに2号を持ち出してきたということでしたが、放映されていたストーリーでは友情と信頼で結ばれたエピソードとして心に残るストーリー展開となりました。

 で、こちらの販売機も1号と2号。
 ともに頑張っていくようです。
 何をどう、頑張るのかは良く判りませんけど。

大阪の難読地名(#66)神出来

| コメント(0)

 これはちょっと無理です。

神出来
 神出来(かんでら)

 光源の明るさ(強さ)の単位がカンデラ。いや、これはちがいますが。
 一文字ずつそうですかと、言われればそうなのです。「神」が「かん」、「出」が「で」、「来」が「ら」。三つ合わせて「かんでら」。なんて思いつくわけ無いじゃないですか。
 とにかく、この強烈さを放つ読みの地名、由来はよくわかりませんでした。

危険なツーリング

| コメント(0)

 地図には峠の天辺のあたりは二輪車通行注意とあります。

暗峠
 暗峠

 昼過ぎからプチっと走りました。
 大阪から国道1号線、天の川からR168へ、そのまま生駒を過ぎて南下し、R308で暗峠から東大阪に抜けて戻りました。

 以前に廃車したBandit 400で訪問したとき以来です。
 今回はおさらいの感覚で行きましたが、すっかりいろいろ忘れているのと、奈良側は結構道の整備が進んでいるところがあって印象が変わっている箇所もあります。とにかく、上りは2速か1速の場所もあり、飛ばして走るなんて無理ですし、大阪側への下りは1速エンジンブレーキでも加速してゆく箇所も多数あるうえ、タイトなコーナーもあり初心者にはちょっとお勧めできません。

 以前、YouTubeで暗峠でクラッシュしている動画がありましたが、この向こうに見えている降り口から一気に坂を転げお落ちているようでして、お気の毒な限りです。


 0分38秒あたりからお気の毒な状態に...
 音が大きめなのでご注意ください

 実際に、ちょっと気を抜くと同じ目に遭うような場所ばかりです。気をつけましょう。

 とりあえず、無事に帰りましたが、写真を撮影で手違いがあり、また行かなければなりません。なんとなくいやだなあ。

ライバル田舎

| コメント(0)

 関係があるのか無いのか。

いなか
 お食事処「いなか」

 かなり年季が入っています。そんな田舎には無いんですよ。
 でも、近くにライバル?店舗が。

田舎
 味の店「田舎」

 こちらは新しそうですが、かなり清潔感があります。

 方やお食事処でひらかな表記、方や味の店と銘打って漢字表記。
 どうみても関連店舗か、そうでなければライバル意識むき出しの競合店舗名をつけたとしか思えません。もちろん、後発は店構えのきれいなほうかもしれませんが、実はこちらのほうが古くて改装したのが今の状態だったりすると、もう、後先わかりません。
 「いなか行ってくるわ」で、どっち?と、なります。
 ああ、ややこしい。

 でも、隣同士なので、隣の店を拡充して新しい店舗を作ったのが正解のようです。
 って、ややこしく説明するほうがややこしいですね。

禁止看板

| コメント(4)

 何々するな、の看板のあるところしている人が必ずいます。

投げるな
 ボール投げるなの看板

 注意看板ですが、「シャッターの前でボール投げるな」です。
 なにかおかしい。
 そう、「シャッターへ向かってボール投げるな」ではなく、シャッターの前でボール投げをしてはいけないのです。
 何らかの事故でもあったのでしょうか。それともシャッターに流れ弾的に当たって破損したとか、当たってうるさいとか、とにかくボール投げ一切禁止です。
 実際にこの看板の掲げてある下を良く見ると、なにやらボールの当たった跡が多数見受けられます。ここでボールを投げる人がどうやらいるようです。なので禁止看板が。
 小便するなは小便する人がいるから、通り抜け禁止は通り抜けする人がいるから。
 ということで、ここではボール投げをする人がいるからこそ禁止看板が掲げられているのでしょう。

 ここで天邪鬼な考えをひとつ、「ボールを蹴るのはOKか?」。
 などと書くと「ボール遊び禁止」とひとくくりにされて一切合財禁止されそうですね。

次のページ