2008年10月アーカイブ

なんでそうなんや(#16)

| コメント(0)

 引っ掛けまくりですねん。

200707281.jpg
 歓鯨屋(かんげいや)

 鯨屋で歓迎するから「歓鯨屋」でしょうか。
 鯨屋直営の立ち呑みだそうです。
 昨今、なかなか口にすることのできない鯨ですが、ゆっくり食べたいですよね。でも立ち呑み。ちょっと残念かも。

電卓(EL-9600)

| コメント(0)

 初めに宣言しておきます。私は電卓マニアではありません(笑)。

シャープ EL-9600
 シャープ EL-9600

 以前にご紹介したHP35sがあるにも関わらず高機能関数電卓が手に入りました。
 新古品で譲り受けたものなのですが、販売開始は1997年の10月。実に10年以上も前の商品です。

 132x64ドットの大型グラフィックLCDを備え、タッチペンも使えるハイエンド電卓。当時の販売価格は24,000円(税抜)とこちらももハイエンド(笑)です。
 関数のグラフ、数式エディタやソルバのほか、金融計算なども使え、当時最強の電卓の一つだったのではないかと思われます。

 HP35sも結構大きいと思うのですが、一応まだワイシャツポケットサイズ。はみ出しますが入らないことはない。 でもこのEL-9600はHP35sの大きさ(15.8x8.2x1.82cm)に比べ一回り以上大きい(18.3x8.6x1.95cm)うえに重さもHP35sの125gに対し230gと、比べ物にならないヘビー級で、到底胸ポケットには入れたくないサイズです。入れておくと自然と肩が凝りそうです。
 仕方がないので、これは会社のデスクトップ電卓として使うか…と思っています。

日本橋探訪(#139)

| コメント(0)

 いやあ、もう何の店舗だかさっぱり。

「村上無線
 「村上無線」

 ジャンクともいえず、店頭にあふれ出す商品群。
 どれがなんだか、全然統一性もありません。
 テレビ・電化製品全般とありますが、すでにその手の商品は並んでおらず、業態が変化しているようです。

 いやあ、これぞ元祖日本橋の店舗、と言えなくもありませんよ。

道場(ラーメン)

| コメント(0)

 かなり勧誘しています。

ラーメン「味道場」
 ラーメン「味道場」入門ののれん

 のれんをくぐれば、即、入門したことになります。
 お勘定を払って出れば免許皆伝?

大阪の難読地名(#3)河堀口

| コメント(2)

 「かわほりぐち」ではありませんよ。

河堀口(こぼれぐち)
 近鉄「河堀口(こぼれぐち)」駅

 これもやっぱり難読地名。どう考えても「かわほりぐち」と読みたくなりますが、「こぼれぐち」と読みます。
 住所としては河堀口そのものではもう、残っていないのですが駅名としてこのように残っています。

 地名としては由来がどうも決定打がありません。
 これがこうだから河堀口(こぼれぐち)と言う部分が無く、他の地名と同じで歴史の中で出来上がってきたのでしょう。

JR貨物広島車両所

| コメント(2)

 年に一度のお祭り見たいなもの、でしょうか。

広島車両所
 JR貨物 広島車両所 会場入口
 当日は小雨にも関わらず多くの人が来場

 友人の鉄道マニア(ファン?)の誘いを受けて行って参りました。しかも広島車両所まで(笑)。
 当日は新大阪を出る段階で小雨が降り始めていたため、西方面へ向かうのは空模様と同じくどんよりした気分になります.着いた所、案の定小雨がぱらつき始めていました。

 さて、車両所の公開ですので、もちろん「鉄」向けのイベントなのです。新幹線に乗り広島まで行ってから在来線の芸備線へ乗り換えて一駅、矢賀駅で下車。徒歩5分程度で現地です。

EF66 1
 展示機関車(EF66 1)

 入ってすぐ、機関車展示コーナー。撮り鉄ならもう、シャッター押しまくりです。展示車両は上記の写真以外に
 EF65 57(塗色が茶色),
 EF65 1031(国鉄特急色塗装)
 EF65 1038(国鉄特急色塗装)
 EF65 1129(国鉄特急色塗装)
 EF59 21(保存車両)
 EF81 5(試験塗装)
 EF210 105(運転室公開)
 EF500 901(試作・保存車両)
 が、ありました。
 特にEF500-901は試作車として製作されたものの実用に供せず廃車となり、この広島車両所で保管されているものです。インバータ搭載と大出力までは良かったのですが、送電ラインと変電所がその消費電力に対応し切れなかったのと、インバータの誘導ノイズが沿線周辺まで出たなどトラブルが多かったため実運用に至らなかったのです。

ヘッドマークのある車両
 ヘッドマークのある車両
 EF66 1038, EF65 1129

 もちろんヘッドマークを取っ替え引っ替えして次々と撮影されます。まあ、私からすれば間違い探しの状態なのですが(笑)。

トラバーサ
 トラバーサ

 この車両所はトラバーサがありますので、公開時機上の線路を歩けることもありちゃんと徒歩で渡らせて頂きました.
 この線路上に機関車などをのせて左右方向へ移動させ、別の線路へ運ぶための機材です。広い平坦な場所を占有しますので、会場ではトラバーサの用地は休憩コーナーとして利用されていました.

 この車両所の目玉はと言いますと、機関車つり上げ実演です。なんと言ってもメインイベント。あのどう見ても重そうな電気機関車を移動クレーンでつり上げて運ぶわけです。修理・点検中は台車を外してウマにのせた状態でおかれています。
 このウマにのせたり台車に戻したりするのにクレーンで車体部分をつり上げて移動させるわけなのですが、40トンクレーン2基で運びます。EF66自身の運転時総重量は100トンありますが、台車を除くと80トン以下という事でしょう。
 あの車体が持ち上がるだけでも会場からは「ウォーッ」とどよめきが起こるのですが、それが目の前まで運ばれて迫ってくるとさらにどよめきが高まります。

持ち上げる前
 持ち上げる前
 持ち上がっている機関車はEF66 37

移動中
 移動中

ギャラリーだらけ
 ギャラリーだらけ
 携帯のカメラで撮影する人が多かった
 もちろんコンパクトデジカメやデジタル一眼レフもいる

 その他、マニア垂涎(?)の車両部品などの販売もあり、整理券発行の上抽選。物によってはオークションというものもあり、その道の人たちが群がっておりました.

鉄道部品などの販売
 鉄道部品などの販売コーナー
 まわりには虎視眈々とした目つきで群がる人だかりが...

 このような場所が公開されると、日頃の業務での一部が見ることができ、まさに社会見学としての側面があります。

動輪だらけ
 動輪だらけ

切子の山
 切子の山

 車輪は走行距離が長くなるといろいろな付着物が付いたり面が荒れるため、削ってレール接地面を整える必要があります。なにか貼付いた状態だと走行時に「コン・コン・コン」と車輪の回転とともに定期的に音が出てしまいますし、乗り心地にも影響が出ます。
 一定距離を走行したら削って面を整え再度、台車に組み込まれます。限界まで削ればその車輪の寿命となり、新しく製造された車輪と取り替えられます。

 この広島車両所の一般公開ですが、ヘッドマークをつけて機関車撮影会となっているのですが、そのヘッドマークに遊び後心も満載です。冒頭に紹介したヘッドマークですが、純正パチモン(笑)と並んでいます。

出番を待つヘッドマーク
 出番を待つヘッドマーク

 有名な車両のパクリというかそっくりさんのヘッドマークを作ってありましてなかなか楽しませて頂きました.
 「あかつき」みたいな(あかつきではなく「10 26」と日付)
 「富士」みたいな(富士ではなく「10 26」と日付)
 「さくら」みたいな(さくらではなく「かもつ」)
 「はやぶさ」みたいな(はやぶさではなく「10月26日」と日付)
 「あさかぜ」みたいな(あさかぜではなく「10月26日」と日付)
 「かもめ」みたいな(かもめではなく「かもつ」)
 などなど笑わせてくれます。

 今回は小雨が降りしきる中、一部雨が強くなったりもして客足が少なかったのかもしれませんが、それでも人が多く鉄道ファンの潜在数を物語っていました.晴れたらきっと通り抜けるのも苦労する位の人出だったのではないでしょうか。

 帰途についたらちゃっかり行きと同じ人が居たり、まちがいなく今回のイベント帰りの人たちであろう人が同じ新幹線に多数同乗していた事は言うまでもありません.なにせ行きの新幹線で、どうみても今からいくやろ?といった人たちが広島で多量に下車していましたからねぇ(笑)。

広告だらけ

| コメント(0)

 地下鉄の駅の氾濫する広告。

ここそこにある広告
 ここそこにある広告
 これは大阪市交通局地下鉄の梅田駅で見ることができる

 そもそも、階段のけこみ板(蹴上部分の面)に広告をつけるなどという発想を実行した始まりは大阪からです。

 実際の広告会社の売り文句の例として、
 「駅の階段に突然出現する階段広告は、歩く人の視線を釘付けにする媒体です。インパクトがあり強烈な訴求効果があります。」
 と、ありまして、今でさえインパクトがある媒体として認識されているのですから出た当初はびっくりだったのではないでしょうか。

 で、最近、階段横に設置されたエスカレータにも広告が出現しています。
 こちらは階段部分ではなく手すりに広告を掲載するタイプ。
 しょっちゅう入れ替えておかないとだんだん汚れてきますので、なかなか回転の速いおいしい媒体ではないかと思ったりします。出始めのころはすぐに汚くなって広告効果よりもイメージダウンのほうが大きいのではないかと思える状態だったのですが、現在ではつやもありなかなか見栄えのする仕上がりになっています。
 この曲面に貼り付けるのか印刷するのかわかりませんが、この技術だけとってみてもハイテクじゃあないか?と、思えて仕方ありません。

 世の中のニーズがあると技術が進歩するという良い例でしょう。

 ご参考
 shirouの現実touhi[wp] の記事 超薄型マウス
 

出演は誰だ

| コメント(0)

 人生はそれぞれの役割を演じる劇のようだとも言いますが。

人生劇場
 人生劇場

 尾崎士郎の作品に同名の小説があります。
 村田英雄も唄っています。

 人生いろいろあるもんです。

本物が出てくるのか

| コメント(0)

 たぬき。愛くるしいせいかはたまた昔話ででてくる愛嬌者のイメージがあるのか。

たぬき屋
 自然派本格焼鳥「たぬき屋」

 焼鳥なのに「たぬき屋」。
 この段階で思考が停止してしまいます。

 狸を売っているわけではないのです。焼鳥居酒屋でしょう。
 自然派と謳っていますので本当に里に下りてきた狸が経営しているのかもしれません。

 そんなわけないか。

日本橋探訪(#138)

| コメント(0)

 あまり店舗らしくない雰囲気が漂います。

ムタムセン
 ムタムセン

 電気製品の修理販売(たぶん販売は中古)のムタムセンです。
 なんとかムセンというからには、そうとう老舗のようですが、気合も貫禄も入っています。

 たぶん売り物のテレビをみながら、これまたたぶん売り物のマッサージ椅子に掛かりながら店主がいらっしゃいました。
 もう売り上げとか集客とか一切関係なさそうな、仙人のいるようなお店です。

 とはいえ、日本橋の老舗ってどれもそんな感じなんですがね。

次のページ