2008年6月アーカイブ

大阪の休日

| コメント(0)

 ローマの真実の口も大阪人に掛かればこんなもんです。

恋人たちの真実
 恋人たちの真実
 口が半開きのビリケン様はなんだか頼りない

 以前にご紹介した「真実の口」は大阪にある良く似たパチモンでしたが、こちらは完全に大阪版。もう、口が開けられている以外は原型無し(笑)。奥行きも無いので手を入れるドキドキも無し。

 下の方に小さな注意書きがあります。

 注意事項
 安全性には充分注意していますが、
 当設備に触れてあなたが万が一怪我をされても、
 当方としては責任を負えませんのでご注意下さい。

 なんのこっちゃ、抹茶に紅茶です。
 こんなことを書く位なら設置しなければ良いのにと思うのは私だけ?

Inside Leopard

| コメント(0)

 またもやUNIX MagazineにMacOS関連記事です。うれしいです(笑)。

株式会社アスキー発行 季刊 UNIX magazine
 株式会社アスキー発行 季刊 UNIX magazine
 2008年7月号(第23巻 第3号 通巻243号)

 今回は総力特集である「かーネルから見る最新UNIX」にすでにMac OS Xが組まれている上でなおかつ、Inside Leopardと題した別の特集記事があり、そちらにLeopard(Mac OS X 10.5)の中についての詳しいトピックスを取り上げて解説しています。
 Leopardになって何が変わったかは、前回の特集記事でありましたが64ビットサポートとUNIXの名称を使えるようになったことが一番大きい所でしょうか。特にUNIXと名乗る事ができるのはThe Open GroupのSingle UNIX Specification(SUS)のUNIX 03の仕様を満たした事によります。従ってSUSやPOSIXに準拠を前提とする分野においてMacOS X Leopardは適用できることになり、利用先の裾野が広がることが期待されます。

 特集記事ではSpotlightの核となるfseventsに関連する仕組みや振る舞いについてのほか、Windowsのデバイスドライバが採用しているようなデジタル署名の仕組みとなるコードサイニング、ユーザのローカルアカウント管理にOpenStep由来であったNetInfoからdsLocalと呼ばれるディレクトリサービスへ移行した点、プロファイルに基づく強制アクセス制御であるsandbox、光学ドライブを持たない超軽量ノートであるMacBook Airに対応したとも言えるOptical Disc Sharingと、大変盛りだくさんな内容となっています。
 この特集記事だけ読んでもお腹いっぱいになりそうなのですが、さらに総力特集でもMacOS X Leropardについてのカーネルレベルから見たOSについての解説記事がたっぷりあり、ある意味MacOS X漬けの状態です。

 もちろん、他のOS(AIX, Solaris, HP-UX, FreeBSD, NetBSD, OpenBSD, Linux)の記事も大変興味深く、それぞれのボリュームもたっぷり。
 今回はかなりお腹いっぱいです。UNIX専門誌とは言え、かなりカーネルレベルのコアな話しが続きますので、やや消化不良気味で、膨満感たっぷり。胃薬でも飲むか…(って、アルコールだったりするわけですが)。

どちらに授かるか

| コメント(2)

 店がラッキーなのか、客がラッキーなのか。

幸運軒g
 どとんこつ「幸運軒」

 久々に出ました「ど」です。
 以前に「どたぬき」という看板を紹介しましたが、これは同様の使い方です。

 意味を強めるための「ど」です。
 と、いうことは、とんこつのスープというか風味がきついわけです。香りを通り越し、匂いをも通り越し、臭いなレベルなのかもしれません。

 店名のほうも解釈が微妙です。
 訪れた客が幸福になって帰るのか、はたまた客が来たことで店が幸福になる(もうかる?)のか、そこら辺りが解釈の仕方でどちらにも取れるのです。

 店に行くことでラッキーになるとすれば、このお店では福を授け放題という、うらやましい状況です。
 肖りに行こうかという気になってきました。

呼ばれた

| コメント(0)

 ちょっと、こっちに…。

おいで
 喫茶「おいで」

 呼ばれてしまいました。
 でも残念ながら写真を撮影した日はお休み。なので、入ったことはありません。良かったのか悪かったのかは判りませんが。

日本橋探訪(#127)

| コメント(0)

 以前に五階の看板がある場所を紹介しましたが、実はコチラ。

日本橋 五階百貨店
 日本橋 五階百貨店
 こちらは日本橋商店会の側の入口

日本橋 五階百貨店
 日本橋 五階百貨店
 日本橋4から東側の通りに面した入口

 五階の看板のある場所は、実は通称「新五階」。
 地域として五階と呼ばれたためですが、五階百貨店という名称の場所で営業があるのは現在ではこちらです。
 もう、なんとも言えない雰囲気があります。ほぼ昔のまま。「日本橋 五階百貨店」となっていますが、これは何度かの改装で付けられた名前で昔は単なる「五階百貨店」だけの場所だったのです。実際、日本橋商店会の案内地図には「五階百貨店」としか記載がありません。
 現在の建物は五階百貨店が縮小、更地になっていますがこの右隣の角地にビルが建った時に改装したものです。

 まわりの五階界隈の商店を小さくして幕の内弁当に入れたみたいにごちゃごちゃ、というよりぐちゃぐちゃとした感じといえば良いのでしょうか。この回りの店舗のように古家電、工具、古着などではなく、パイプだったりして毛色が全く違う店舗が入っています。ホームセンターや東急ハンズなどの小洒落た物ができる前は、金属パイプを買いにきたこともあります。

 惜しむらくは営業をされている方々の高齢化が進んで店を継ぐ人がほとんどいないということです。時代の流れとともに無くなってしまう運命なのでしょうか。

相当注意

| コメント(0)

 何が降ってくるのかわかりません。

頭上注意
 頭上注意

 頭上注意の注意案内なのですが、文字だけでなくピクトグラムが付いています。
 でも、このピクトグラム、良く考えると怖いのです。

 だって、絶対にヘルメットが必要なものが上から降ってきて頭に当たる感じがするじゃないですか。
 え?心配性?
 いやあ、建築現場などでヘルメットかぶった人が上を指差して、頭の上は危ないといわれるとぞっとしますよ。
 頭の上に目が付いていませんから落下物などであればよくて怪我、悪ければ命も落ちてしまいます。

 けっこうな人通りのあるところなので注意しなくても大丈夫なように上にガードをつけるとかしてほしいところです。

 と、ここまで振っておいてなんなのですが、実はこの看板の付いている箱が出っ張っており、背の高い人だと頭にあたりそうになる場所にあるので、頭上を注意すのではなく頭をぶつけないように注意というのが正解。
 脅しておいてややこしいんだから、もう。

ローマの休日

| コメント(0)

 名作映画「ローマの休日」で出てきましたね、本物の方ですが。

真実の口
 真実の口(みたいな)

 本物はローマのサンタ・マリア・イン・コスメディン教会にあります。ただし、こちらは大阪(笑)。
 開いた口に手を入れると偽りの心を持った人は手が抜けなくなる、あるいは手首を切り落とされるという言い伝えがあるそうです。が、ここで試す勇気はありませんでした。
 だって、どう見ても、誰が入れても手が抜けなさそう…。

 大阪人、エエトコ取りでなんでもありです。

道場(ホルモン)

| コメント(2)

 ホルモンというと大阪を感じます。しかも道場です。鍛えられます。

ホルモン道場
 「ホルモン道場」
 客を鍛える道場なのか、客から鍛えられる道場なのかは不明

 なおかつ、のれんに「鉄板焼」とあり、のれんの下にある値札には掲載写真では見づらいですが、串焼60円ともあります。
 ホルモンの串というと1つしかありません。串にいろんな臓物の細切れを刺して、独特のたれで味をつけて鉄板でジュージューと焼くのです。ホルモン焼といわれると串が無い場合もあり、ホルモン串といわれると確実に串刺しにされたものが出てきます。
 こてっちゃんだの、しま腸だの、ミノがどうのとかそんなことは一切関係ありません。内蔵全般料理なので、部位をどうのこうのとグルメみたいな状態とはまったく無縁です。

 でも、あの匂いといい味といい、惹きつけるものがあるのです。
 ああ、食べたくなった。買いに行こうかな(笑)。

なんの数字だ(#6)

| コメント(0)

 3丁目でもありません。電話番号でもないし、番地でもないです。

川辺ビル316
 川辺ビル316

 なにがどうして316なのかさっぱりわかりません。アナグラムでも無いです。
 降参です。

看板で危ない

| コメント(2)

 居酒屋ガレージさんで紹介されたキララトゥーリマキ風力発電所で風車が紹介されていましたが、その9号線の鳥取辺りの風景です。

わき見注意
 「わき見注意!!」の注意看板

 これは鳥取県東伯郡北栄町が設置している北条砂丘風力発電所です。
 ご覧の通り、ずらりと並んでいるのですが、この壮観な眺めに見とれて事故が多いのか「わき見注意!!」と看板があります。
 でも、この看板も見る事によってわき見になってしまい、やっぱり危ないのです。この殺風景な中でこの配色看板は目立ちますので、つい、見てしまいます。
 しかもこの青い絵の部分には風車が並んだ絵の入った懲りよう。どうしても目が釘付けになりわき見してしまいます。

 わき見注意に注意です。

次のページ