2009年6月アーカイブ

どんな料理が得意か

| コメント(0)

 ペンギンとアザラシでしょうか。

中華料理「南極」
 中華料理「南極」

 大阪市内です。ここは南極圏ではありません。
 また、南極料理ではなく、中華料理のお店です。

 中華料理と南極、なんの関連があるのかさっぱり想像がつきません。
 よもやペンギン料理とかアザラシ料理なんかが得意か、と、あらぬ方向へ考えが巡ります。

大阪の難読地名(#32)兎我野町

| コメント(0)

 ちょっと読めそうで読めないかも。

兎我野町
 兎我野町(とがのちょう)

 兎を「と」、我を「が」、野を「の」。
 言われると、ああ、そうなの、と読めそうですが、そのまま素直に読めるのかどうかはちょっと難しいと思われます。

 古代新羅語で「日の出」を意味する言葉、都祈野(ときの)の転訛。読みが呉音から漢音「都下(つげ→とが)」から「とが」の音に当てた「菟餓」が由来のようです。
 渡来人系の由来だといわれると、日本の古い歴史を感じます。

鉄腕アトム

| コメント(0)

 天才手塚治虫の名作をモチーフにした「プルートゥ」の元ネタです。

地上最大のロボット

 手塚治虫著 秋田書店刊 SUNDAY COMICS
 鉄腕アトム3巻

 平成11年7月5日発行

 ISBN4-253-06481-7


 初出は1964年(昭和39年)「少年」6月号~1965年1月号である



 浦沢直樹氏によるオマージュ作品である「プルートゥ」ですが、鉄腕アトムのエピソードのひとつである「地上最大のロボット」をベースにしてストーリーが作られています。
 登場するロボットは同じ。




  • スイス「モンブラン」

  • スコットランド「ノース2号」

  • トルコ「ブラント」

  • ドイツ「ゲジヒト」

  • ギリシア「ヘラクレス」

  • オーストラリア「イプシロン」

  • 日本「アトム」


 加えて、ボラー、ウラン、アブーラ博士、ゴジ博士も登場。

 本編は鉄腕アトムのタイトルどおり、アトムが主人公として活躍しますが、プルートゥのほうはユーロポールのロボット刑事という設定は同じですが、ゲジヒトがほぼ前半の主役を務めています。ゲジヒトとはドイツ語の「gesicht 」で、「顔」と言う意味があります。

 手塚オリジナルのゲジヒトは石ノ森章太郎のロボット刑事Kに似ていなくもありません。もちろん、鉄腕アトムのほうが先に発表されたので、石ノ森章太郎の作品のほうがアトムの中のゲジヒトに似ていると言ったほうが良いでしょう。

 浦沢直樹のプルートゥと、手塚治虫の地上最大のロボット編は基本的な部分や登場人物などが重なっていますが、浦沢版と言ってもよいほど違う作品であり、リメイク版といえます。
 こちらの鉄腕アトムがネタ本ですので、こちらを読むとプルートゥの粗筋や設定の基礎になった部分などがわかってしまい、ネタバレといえなくもありません。

 しかしながらどちらの作品も面白く読めます。

 オリジナルの鉄腕アトムは時代が古いとは言え、さすがに手塚治虫作品であり、そのストーリーやプロットは現在でも通用すると感じますし、逆にプルートゥは現在のテクノロジーなどをベースに社会情勢などを織り込んだ複雑な展開となっており、ベースの鉄腕アトムという漫画を塗り替えた設定・ストーリーとなりました。

 こちらの手塚治虫作品を呼んでから浦沢直樹作品を読むもよし、逆でも充分楽しく読めます。

四つ目

| コメント(0)

 信号はあお、きいろ、あかの3色なので三つ目なのですが。

四つ目の信号
 四つ目の信号

 1つ矢印の信号がありそうなことは想像がつくのですが、普通は赤色信号の下や右隣にあるはずです。
 赤色だけが点灯した状態で、左端はなんだ?とか、本当に青い色の信号が2つあるのか?なんて変な想像が湧き上がります。

合戦

| コメント(0)

 同じ甲殻類なのですが、そんなに仲が悪いのでしょうか。

えびかに~ロッテリア
 ハンバーガーショップのエビカニ合戦

 以前に店の屋号が「えびかに合戦」というのがありましたが、ハンバーガーでも戦いが繰り広げられていたようです。
 そんなに仲が悪いのでしょうか。犬猿の仲とか言いますが、蝦蟹の仲とは聞いたことがありませんし、平家と源氏で云々でもなさそうです。

 まあ、両者仲が悪かろうが、茹で上がって赤くなった奴はどちらも美味しいのです。

なんでそうなんや(#25)

| コメント(0)

 鮮魚が主な肴なのでしょうか。

さかなや
 さかなや

 「~屋」という呼び名は大阪では普通に屋号につける場合が多く、ほとんどが自明な店名になるはずなのですが、これはちょっと違う。
 魚屋さんというと、鮮魚が店頭に並んでいて、三枚におろしてくれたり切り身にしてくれたりする市場の中にあるようなお店です。

 で、飲み屋で「さかなや」といわれると、肴は魚しか無い(変換しづらいです)のかと思ってしまいます。野菜混じりだとぶり大根とかが限界かもしれません。
 まあ、魚好きな人にとってはたまらない店なのかもしれませんね。

日本橋探訪(#166)

| コメント(0)

 アンプやコンソールなんかほしいですか?

ライトミュージック
 ライトミュージック

 とにかくぐちゃぐちゃな一角のこれまたグチャっとした店頭(ほめ言葉です)。
 業務用音響機器などをメインに、一般オーディオ、楽器類、演出機器などの新品・中古品をお取り扱いの店舗です。
 なぜか客層がご年配の方が非常に多いのが不思議。

そもそもダメでしょう

| コメント(0)

 某ビルの女子トイレの入り口にあった注意書きです。

トイレの注意書き
 トイレの注意書き

 いや、痴漢だどうのこうのと言う前に、入っちゃダメでしょう。
 「ここは女子トイレです 男性がおれば痴漢と見做します」

 ここでなにやらこの文言が古風ないいわましと無理やり漢字表記にした点が気になります。
 「おれば」が「居れば」と漢字表記ではなくかな表記なわりに、「みなします」が「見做します」と漢字表記で、なにやらちぐはぐな印象を受けます。
 このような警告文、どうも高飛車な書き方をする場合が多いようですが、柔らかい表記でもキツイ内容のことはいくらでもかけますので、高所から見下ろすような書き方で反感を買われる位であれば謙っておきながらグサっと突き刺さる文言のほうが効果的ではないでしょうか。

 現代風に言うと「ここは女子トイレです 男性を見つけた場合痴漢として警察に通報します」というあたりが妥当な文言ではないでしょうか。

大阪の難読地名(#31)粟生外院

| コメント(0)

 前半も後半もイレギュラーな気がします。

粟生外院
 粟生外院(あおげいん)

 粟生は「あわお」、外院は「がいいん」と読んでしまいそうですが、「あおげいん」が正解です。
 粟生を「あお」と読む地名は多そうですが、外院はどうも清和天皇より勅があった事に由来がありそうです。

 でも、「げいん」といわれると増幅率のゲインが先に来るのは仕方の無いことでしょうか。
 若い人はガンダムのゲインかも。

個人授業

| コメント(0)

 こんな学校、あればなぁ(笑)。

学校へ行こう
 自由恋愛学園サロン

 いやあ、この「イメージ」を大切にするというのがなかなか拘りでしょうか。
 開校時間が朝の9時からという、あまりこの手の店では考えられない時間から開業しています。

 もっとも、大多数の方は基礎講習で済むとは思えませんけどね。
 もちろん私は講習を受けに行ったりしません。小心者なので。だって昨今はセクハラになって免職させられる上に訴訟騒ぎになりますからね。

次のページ