2012年12月アーカイブ

謎の交差点

| コメント(0)

 場所が阪急前なんですけど。

阪神前
 阪神前

 交差点の漢字表記は「阪神前」なのですが、ローマ字読みの表記は「はんしん」。
 しかもこの交差点名の看板が上がっているのが阪急百貨店前です。

 阪急前なのに阪神前の看板でさらに読みが「はんしんまえ」ではないというトリプルヒットのわけのわからない交差点看板。よくよく見ると阪神前という交差点かなり巨大なのです。


大きな地図で見る
交差店名表示のすぐ上が阪急百貨店ビルである

 確かにこの看板のあるところから阪神百貨店はまん前に見えるんですけどね。

 そうそう、すごく気になる人にお知らせ。
 この東隣の交差点が阪急前です(笑)。

緊縛の

| コメント(0)

 これは痛そう。

緊縛電柱
 緊縛電柱

 鉄条網でびっしりと巻かれています。
 防犯措置だとは思うのですが、工事で電柱に接触する必要のある人には恐怖の電柱。

 もう、がんじがらめの鉄条網縛り。緊縛電柱といえるのではないでしょうか。

極楽とは違います(#7)

| コメント(0)

 もう、なにがなんだかさっぱり。

電波天国
 電波天国

 電波出し放題。
 出力無制限。

 いや、デンパな人が出入りする天国かも。

 どちらにせよこのネーミング、かなり微妙です。

強い

| コメント(0)

 高電圧ではないそうです。

変圧所の看板
 変圧所の看板

 電化された鉄道の架線には各鉄道会社独自に保有する変電所から電気が供給されます。

 この変電所、相当高圧の一次配線があるのでしょう。
 でも「強い電気」です。一体全体何が「強い」のかは推測の域を出るものではありません。

 「強い電圧」は「高い電圧」のはずです。
 「強い電流」なら「大きい電流」です。
 「強い電力」はそのままのはず。
 電波が強いなら「強い電波」と表記するはず。

 ぜひとも「強い電気」の正体を確かめたいところですが、無理やり立ち入って命を落とすつもりは毛頭ありませんので(笑)、確認はしていません。
 意味は汲み取れるのですが、もうすこし表記を改めていただきたいところです。

無用ダクト

| コメント(0)

 どう見てもトマソンの無用ダクトです。

無用ダクト
 無用ダクト

 一見、何かの役に立っていそうなダクトカバーなのですが、よく見ると中に何も通っていません。ダクトだけなのです。

 エアコンか給湯か何かの配管があったのかもしれませんが、どういうわけか中のパイプだけ消失してダクトだけが残されています。しかも形が美しい。

 まさに無用ダクト。ダクトのトマソンです。
 それにしても、この形を残す必要があったのかどうか。

へこみ

| コメント(0)

 後付ポーチのためこうなったようです。

マンホール除け
 マンホール除けのたたき

 玄関ポーチを無理やり後付。
 既存のマンホールにかぶせることができないことからマンホール部位を除けて施工したのでしょう。

 妙なところに段差が凹んでできることで、かえって危ないと思うのですが。土地はすでに公道扱いになっているのではないかと思われるのですが、勝手に張り出してしまってよいのかとも思います。
 形も妙な形になってしまっているので、この段差を意識せずに足を下ろすとぐねったりして危険極まりないと考えられます。

 しかし、ポーチを作ることが目的化してしまってこうなったのではないでしょうか。
 落とし穴のあるポーチ、恐ろしい(笑)。

クリスマス狂想曲

| コメント(0)

 やっぱりクリスマスはイルミネーションが華やか。

JR大阪駅
 JR大阪駅

 大阪駅正面はサウスゲートビルを使った巨大イルミネーションが登場。昨年もやっていたと思うのですが写真を失念、今年はお披露目できました。

茶屋町Nu
 茶屋町Nu

 例年のツリーですが、毎年微妙に変更されています。さすがに商業施設、使い回しという訳ではなく更新しているようです。
 今年はクリスマスのイベントで近くにこんな物が。

スノーマン
 スノーマン

 梅田界隈にスノーマンがあちらこちらに設置されており、イベントとしてスノーマンが置かれているようで、その一環の一部がこのように煌びやかなスノーマンが置かれていました。

なんばウォークくじら
 なんばWalk

なんばWalkの噴水
 なんばWalkの噴水

 なんばウォークはテーマのツリーをあちらこちらに設置していました。
 今年はイメージキャラクターのなんばワンをオーナメントにしたツリーとなっています。

ステーションシティ
 ステーションシティ

 ステーションシティのクリスマスは劇場空間を創出するコンセプトらしく、ノースタワーの広場はさながらヨーロッパの劇場のごとく装飾されています。ツリーの下にも楽団のようなシルエットが配されており、さながら北ヤードの夜景を舞台とした袖下のオーケストラのようです。

時の広場
 時の広場

 渡り廊下の上の時の広場はクリスマス限定はありませんが、ごらんのように電飾がされています。明滅を行う演出も行われており、このフロアに上がるエスカレータの降り口には警備員を配して立ち止まらないように案内していました。
 これを写真に撮るために立ち止まる人が多数出ることは判りきっていることのはずなのに釈然としないものがあります。

 とかく不景気だとか、大阪はどん底だとか言われますが、クリスマスは年に一度の大消費大会であり、盛り上がらせるためにそれぞれの商業施設はいろいろと趣向を凝らして集客を目指しているようです。
 ただ、これらのイベント類に人は集まるのですが、関西ではそこでお金をあまり落とさないのが特徴的で(笑)、イベントはタダなので電車賃ぐらいは使いますが、そこでイベント価格の高額な飲食まではしないという、財布の紐の硬さを伺えます。

クリスマス狂想曲

| コメント(0)

 こじんまりとしている方が好きです。

クリスマスな窓
 クリスマスな窓

ちょっとクリスマス
 ちょっとクリスマス

 家中電飾でまるでルミナリエの様な個人宅を揶揄して「イエナリエ」と称するそうです(笑)。
 でも、そこまでせずとも、ちょっとクリスマスな雰囲気で楽しそうな装飾で十分だと思うのです。無理して電飾を付けて電気代を掛けて維持するのはなんか違うと思うのです。

 楽しいクリスマス。
 それほど無理せずそこそこ楽しむ事ができれば充分ではないでしょうか。

極寒ツーリング

| コメント(0)

 寒いです。さすがに凍った道は通りたく無いので山陽へ。

JR岡山
 JR岡山駅にて

 R43から国道2号線でひた走り、長船からR250(山陽道)へ乗り換えて岡山駅を目指しました。
 しかし、寒いの寒く無いのって、ムチャクチャ寒いのです。
 ある程度都市部の幹線道路を走っていはいるものの、日が射していても7℃ぐらいしか気温が上がっていません。しかも途中福崎から竜野辺りは小雨がパラつき、雪でないだけましと思う以外どうしようもない寒さ。
 ずっと何かの車の後ろを走行して少しでも暖めてもらった空気の中を走り続けます。
 単独で前がいないと、強烈な冷たい風に晒されて寒中干しになりそうです。

 陽が落ちないうちにバイパスを乗り継ぎ、須磨から下の道に移って走りましたが、それでも全然暖かくもならず寒いまま。そういや去年もこの時期に走って寒いという記憶が甦ってきたのは帰宅してシャワーを浴びているとき(涙)。
 まあ、去年の伊勢志摩は途中の伊賀で気温1℃でしたからましかと思い、帰宅後は熱燗で寝てしまいました。

 ますます寒くなりますが、これからツーリングに出る事ができるのかどうかすでに限界の気候かもしれません。凍結さえ無ければね...。

似非科学

| コメント(0)

 水回りはなぜにこんなに似非科学が出るのでしょうか。

活性水
 活性水の広告シャッター

 国民生活センターの追試で全く効果無しのお墨付きを出していますので、トリハロメタンや残留塩素を取り除く事ができるなどというのは全くの戯言です。
 検証の結果はこちらを参照。末尾に業界の意見が付いていますのでそれも参照してみてください。

 とにかく磁気で変化が生じるのは少なくともテスラ(T)オーダーの磁場中で、外部から特定の周波数の電磁波を与えた場合の相互作用を利用するNMRならともかく、ガウスオーダーの静的磁場の通過だけで変化が生じる事は全く期待できません。

 とにかく磁化水やら磁気活性水と称する怪しげなものは「因果関係について客観的な事実に基づく説明は得られない」ものであり、信じるものは救われる状態の心理的効果のみのモノでしょう。信仰を否定するつもりはありませんが「イワシの頭も信心から」効果と言えるのではないでしょうか。
 良い結果を出している研究結果があったとしても誰も追試していないのが実情ですし、科学の世界で確立された学説ではないのです。まあ、論文発表だけなら出来るかもしれませんが、査読を通過する事は無いでしょう。通過するとすればその手のトンデモ学会の中での話だけです。

 科学の仮面をまとった似非科学・疑似科学の原理を謳う怪しい商品たち。
 いつまでたっても無くなりません。というか増えてませんか?

次のページ