2010年9月アーカイブ

戦隊物ではない

| コメント(0)

 爆発!どんぶり!

爆発どんぶり
 爆発どんぶり「がっちゃん」

 お店の名物メニューに「爆発どんぶり」というのがあるそうです。
 B級グルメの大盛りマニアには堪えられない一品のようです。
 そしてその実態とは...。

爆発どんぶり
 爆発どんぶり見本(のようなもの)

 店頭の横に見本のようなものが置かれていました。
 で、この驚愕の大きさ。丸椅子の上にどんぶりが置かれており、写真を撮って切抜きをどんぶりの中にいれて見本状態にしているのですが、そもそもどんぶりではありません。
 どちらかというと蕎麦やうどんをこねる際につかうこね鉢のような大きさです。丸椅子の座るところと大きさが似ていますから直径はどうみても30cmを下らない感じです。しかもごはんモリモリ、1kgぐらいはありそうです。
 オーダーはトンカツ丼、デミカツ丼、ぼっかけ丼、ソースカツ丼、木の葉丼、玉子丼、焼肉丼、から揚げ丼、焼き豚丼、カレーライス(?)、カツカレー(??)からチョイス。そしてご飯の量を決めますが、何も言わないと並(通常の並の丼の4杯分)が出てきます。少なめ(3杯分や2杯分)のオーダーをしないと特大状態な訳です。

 王将空港線豊中店のびっくりチャーハン(日本一チャーハン:こちらも4人前分量)と同じでちょっと大きさが半端ではありません。

 この爆発どんぶり、私には到底無理ですが、店頭で撮影時に平然と食券を買って店内に入るお客さんがいました(お店は食券制です)。朝・昼と食事抜きで挑んでも、制覇するのは辛そうなのですが、簡単に平らげる人がいるものなのでしょう。
 ちなみに王将メニューはこんな感じです。

びっくりチャーハン
 びっくりチャーハン(日本一チャーハン)
 通常メニューの4.5倍のボリュームである

 とにかく一度は挑戦したいところですが、ちょいメシのお店とどちらが多いか計ってみたいところです。
 まあ、お店の屋号が何でも食べつくしてしまう宇宙生物のようですのでその手の人向けのお店であることは間違いないでしょう。

64bitまでは遠い

| コメント(0)

 もう、なにが16bitなんだか。

16bit
 16bit
 一体何が?

 初めてのCPUはインテルの4004で、4bitでした。その後8bit、16bit、32bit、64bitと拡張されました。
 代表的なそれぞれのCPUは異論があるかとは思いますが、8080、8086、80386やPentium、Itaniumでしょうか。

 この屋号ともなんとも掴まえ所の無い16bitの表記。何を採用しているのでしょうか。現在は16bitのCPUは産業用に多くの種類がかなり使われています。何を使っているのでしょうか。
 いや、そんなことは全く関係ないのかも。

駅前には遠い

| コメント(2)

 まさに駅前・・・ではありません。

駅前
 立呑海鮮居酒屋「駅前」

 駅前にあれば「駅前」という屋号は納得が行くのですが、この店舗は駅前からは200m以上離れていますし、そもそも駅の看板や駅舎も見える位置にはありません。ちょっと散歩加減で歩かないと駅には着かない距離なのです。
 ちょっと微妙な距離の駅前です。

大阪の難読地名(#94)阿保

| コメント(0)

 阿保と書いて「あほう」。そんな簡単なら難読地名ではありません。

阿呆
 阿保(あお)2丁目

 大阪の一般的なツッコミ、「あほやなぁ!」ではありません。
 阿保と書いてよみは「あお」。フランス語のアッシュではありませんが、Hの音がどこかに抜けてしまっています。阿呆なら仕方が無いか、なんていうのではありません。

 地方では「あぼう」と読ませるところもあるそうですが、それでもイレギュラーです。

 アホなんで阿保が「あお」と読めない!
 なんて言ってる人は誰ですか。

不発弾処理

| コメント(0)

 午前中はいろいろとありました。

運休案内
 不発弾処理のお知らせ

 大阪市営地下鉄の森ノ宮検車場の拡張工事中に、ココ掘れワンワンではありませんが、太平洋戦争中に米軍が落とした1トン爆弾が見つかり、08:30から周囲300mは立ち入り禁止で周辺道路は交通規制。その関係で大阪環状線も天王寺から京橋の区間の外回りが08:30から運休し、振り替え輸送を行っていました。
 陸上自衛隊により09:00から処理開始。
 爆弾が見つかったのは8月21日との事なので、いろいろ手続きやら段取りがあるのはわかりますが、1ヶ月以上も不発弾の存在が確認されながら放置していたといわれても仕方ありません。信管は生きてはいないと思いますが、1トン爆弾が爆発したら大穴が地面に開きますよねぇ。

 爆弾は無事処理が終了して回収されましたが、処理を担当している人の危険手当は危険な業務にもかかわらずスズメの涙なところが泣けてきます。学生バイトの半日分ぐらいの金額しか出ません。
 元々危険な業務を通常業務として考えるとそんなものなのかもしれませんが、どうも釈然としませんね。

危険な道

| コメント(0)

 注意標識よりも怖いです。

注意標識
 注意看板

 普通は、カーブ注意とか連続カーブ注意と文字で表記が為される場合があるのですが、ここはかなりリアルです。実際にかなりの高低差がある上に、この看板のような道の状態で二輪・四輪ともに通行時は十分注意が必要です。

 でも、模式的な図ではなく、実際の道とほぼ同じ道どりの看板にしなくても。とは、おもいますが、道の怖さを解ってもらうために写実的な表現になったのかもしれません。

おかあさん

| コメント(0)

 どうもお母さんという意味の単語を屋号につけるのは世界共通なのかも。

オモニ
 おかあさん(어머니)

 おふくろの味、おかん、と、母親をイメージさせるもしくはそのものズバリの屋号が多くありますが、これはちょっと不思議で、「おかあさん」です。
 でも下にハングル表記があり、どうもそちらを日本語直訳標準語で表記したのが日本語の屋号のようです。ちなみにハングルで어머니はオモニで、母親のことを指します。

 でも、ハングル表記で書かれても解らないですよ、普通の日本人は。
 逆に「おかあさん」とストレートな屋号のほうが気にはなりますがね。

人道トンネルなのか

| コメント(2)

 普通のトンネルのようですが、ちょっと様相が違います。

レンガ造りトンネル
 レンガ造りトンネル
 中の高さはかなり低い

 レンガ造りのトンネルがJR東海道線の下を通っています。
 左上の看板でお分かりかもしれませんが、このトンネルはJR東海道線を横断するトンネルなのです。
 しかしどう見ても元々人道トンネルとは思えない狭さと高さ。
 レンガ造りで下側が石垣作り。道にあたる部分がアスファルトではなくコンクリートです。
 たぶん、農業用水か水道かの水を通すトンネルだったのを暗渠にしたのか埋めたのかで人が通れる状態に改装したと思われます。
 とはいえ、このトンネルの内部の高さは1.5mもありません。写真に写っているようにミニバイクがシートにまたがって進んで程よい高さです。人が歩いて通るにはかがまなければなりませんし、自転車でも伏せ姿勢にならないと通りにくいタイプもあります。

 いわゆる諸般の事情なのでしょうが、JRの東海道線を越えるために新たに人道向けトンネルを掘ること無しに横断できるように設えたのではないでしょうか。実際にこの区間は複々線であり、上り・下りともにかなり頻繁に列車が通過するため、踏み切りは実効的でない解決策となる区間です。
 まあ、この近くの踏み切りも開かずの踏切ですので、無理やり渡る輩が運行障害を引き起こしたり人身事故を引き起こして一般客を巻き込んでいます。踏み切り側はかなり人身事故率高しで、「あぁ、またか」のようなレベルで人身事故が発生します。
 とにかく、あせらず行くのが精神衛生上も良いようですので、ちょっと余裕時分をもって生きるのが良いのでしょう。

呑み方指南

| コメント(0)

 なにがなんだか。

飲ストラクター
 怪しげな案内貼紙
 飲ストラクターのいる居酒屋とは一体何ぞや

 インストラクターではありません。「飲ストラクター」です。辞書の変換学習が混乱します。
 呑み方指南をしてくれるのか、呑むお酒を指南してくれるのか(ソムリエ?)、かなり設定に無理があるような気がします。だいたい、駄洒落ですし(笑)。

 気軽に交流できるのであればよいのですが、昨今流行のガミガミ型のほうであればご勘弁願いたいところです。やれ、グラスはこれだの、まずこれから呑めだのと小うるさくて仕方が無いようであれば、最近、気が短くなった私なら即座に勘定を済ませて出てしまいそうになります。
 実際のところは入店していませんのでなんともですが。

謎のことば

| コメント(0)

 なんか、頭の中をかき回された勢いで攻めてきます。

ねるりこ
 ねるりこ

 アナグラムなのか造語なのか全く不明です。奇妙な語感が別の世界へと誘います。

 ねっとり感ただよう怪しげなこの屋号、一体全体どういう意味なのか、普通の頭脳では想像つきません。
 地元の言葉で干しカレイのことを指すそうですが、いやあ方言というか地元の言葉なんでしょうが、その地域外の人間からするとまったく意味不明の宇宙人の語彙に近いとしか言いようがありません。まあ、地名とか固有名詞なんかはその類が多いので言えた義理ではありませんが。

 しかし、横のウサギのイラストが余計にこの言葉の本当の意味を翻弄していて、わからなくしてますよ。

次のページ