2009年11月アーカイブ

大阪の難読地名(#54)伽羅橋

| コメント(0)

 これまた近畿が古い歴史をもつことから由来する地名のようです。

伽羅橋
 伽羅橋(きゃらばし)

 意外とすんなり読めるかもしれません。香道をたしなむ人であれば伽羅は「きゃら」とすぐ読めるはずです。

 地名の由来ですが、近くに伽羅橋という名前の橋がありますが、どうも渡来人に由来する説があり、朝鮮半島の大伽羅から渡来した人が住み着いたからという説と、香木である伽羅(きゃら)で作られたからという説があるようです。

 伽羅は非常に高価な木で、当時中国では金の値段で取引されるとも言われていたようですので、そのような高価な木が橋を作るほど大量に用立てできたとすると途方も無い金額がかかります。
 いかに地方の豪族といえどもそんなことはできないと思われますので、こちらの説は伽羅にかけてできた後付の感じがします。

ここは何丁目?

| コメント(0)

 住所は一丁目、屋号も一丁目。

酒処「一丁目」
 酒処「一丁目」

 大変判りやすいのかなにか良く判りませんが、屋号が一丁目。
 「ちょっと一丁目行ってくるわ」と行くとこの店で飲んでいるわけで、まるで暗号か符牒のようです。
 一丁目に地域の町会長さんなんかがいらっしゃって、一丁目に行くというと町会長の家に行って打ち合わせするのか、飲むのか、この店か。
 かなりごまかせそうですね。

光る注意標識

| コメント(0)

 暗くなると逆三角の止まれ標識の外周が点滅するものがあるのは見たことありますが、これは。

光る標識
 光る信号注意標識

 この標識、R173の上り大阪向きに、この場所ともう1箇所設置されています。
 夜中などのスピードを出して走行する車が多いのでしょう。見通しの悪い先に信号があるのですが、よくある予告信号だとか信号予告の点滅信号では物足りなかったのか、注意標識の信号灯が点滅する標識が設置されています。

 昼間でもこのように明滅していて、昼行灯ではありませんがあまりお役に立っていない気もしますが、暗くなるとかなり明るい点滅をするため遠くからでもはっきりと見えます。
 もちろん動体視力や遠方の視力が足りない人か、わき見をしない人(笑)には関係ないのでしょうが、十分効果があるようです。だからといって交通量の少ない夜中に信号無視する人が減るのかどうかは疑問です。守らない人ははじめから守る気がありませんからね...。

むやみに高い

| コメント(0)

 以前にたくさんサインポールが回る理髪店を紹介しましたが、これはまた違います。

無闇に高いサインポール
 無闇に高いサインポール

 あれ以来、サインポールが多い店は何軒も見たのですが、並んでいたり店舗の違う箇所に取り付けて分散していたりと、それほど気にはなりませんでしたが、今回は別です。
 なぜに3段縦につなげて高くしているのか判りません。
 車でも人でもかなり上を見上げないと最上部まで見渡せません。
 特に車で移動している人から見ると、この横を通っても屋根が邪魔で一番上どころか半分ぐらいしか見えないのです。

 高さは3m以上あるようでして、横の建物の2階はおろか3階の床レベルを超えるぐらいあるのではないでしょうか。窓の外の景色に回るサインポールが必ず目に入る。不思議な光景に違いありません。
 いやはやどうしてこうなったのかは皆目見当がつきません。

リモコン修理

| コメント(0)

 通勤必携、広帯域無線受信機のリモコンが壊れました。

EDS-12
 EDS-12
 リモコン本体の左にあるのが内部断線しているコネクタプラグ

 JR西日本で通勤しているのですがあまりにも事故、急病人救護、乗客同士のトラブル、車両故障による点検、踏み切りの無理な横断を含む線路内への人の立ち入り、防護無線の発報などによる遅延が頻繁にあるため、乗る前と乗車中は列車無線を参考にしています。最後尾、先頭車両の運転台近くにいると否が応でも聞こえてきますが。
 おかげでなにかあっても理由が早くわかるため、ちょっと心の余裕がもてます。あくまでも遅れることを防止はできませんけど。

 で、使用しているのがAlincoのDJ-X8。以前IC-R1があったのですが、どうもかなり前に勝手に処分されたらしく見当たらずやむなく購入。
 この受信機の便利なところはリモコンEDS-12を使うと、本体に手を触れずにバンド変更や周波数のアップダウン、ボリューム調節ができることです。

 アンテナも強電界地域ならSMAコネクタに装着する付属アンテナを使用しなくとも、イヤホンジャックのラインをアンテナにすることで受信できますので、本体からはリモコンの線だけしか出ないため目立たずに使用できます。
 さらにこのリモコンの便利なところはステレオライン入力があり、非受信のときはライン入力の信号をイヤホンに伝え、受信すると瞬時に受信音声に切り替わるため、無声期間が長い局のワッチには最適です。
 ステレオ入力なのでiPodなどのポータブルオーディオのイヤホン出力を突っ込んで、リモコンのイヤホン端子にステレオミニプラグのイヤホンを挿せばそのまま音楽を聴くことができます。

 と、まあ、けっこう便利なのですが、どうもこのプラグ部分のケーブル外装がきっちり固定できていなく、引っ張りに対して微妙な弱さがあります。現在2代目。
 この本体側に接続する4極のミニプラグが内部断線を起こして接触不良状態になり、大変不具合に陥ります。聞こえたり、聞こえなかったり、完全に聞こえなくなってしまって、コネクタの首の部分を触ると聞こえてくるなど明らかな内部断線です。
 メーカーでは付属品の修理はしていないとの事でしたので、仕方なく修理することにしました。

コネクタ分解
 コネクタ分解
 上がリモコンのオリジナル、下がテイシンのコネクタ

 4極ミニプラグはテイシンからも出ていますのでそちらを購入して電極の順序をあわせてリモコンの線を切り離して再度端末加工をし、半田付けして修理します。
 写真の白い線がどうも引っ張られることで微妙に線材に移動が起こり、断線を起こすようです。
 リモコンのコネクタは樹脂モールドになってしまっていますので分解するともう使えません。修理にはこのように別のコネクタに付け替えをしなければなりません。
 中心の2極は大変デリケートで、半田付けには注意が必要です。

新たなコネクタ
 新たなコネクタ
 シールド側のケーブル止めのカシメは圧着端子用で作業

 使用されている線材はどうも高級なようで、UEWの撚り線らしく、銅の赤銅色をしていますがテスターなどで電極を当てても導通が確認できません。また、心材に繊維が通してあり引っ張り強度を上げているようです。このように良い線材を使っているのですが、コネクタ内部での線の引張りには弱いようで、半田付けしている部分の極短い部分で断線を起こしてしまうようです。

 また、本体側のコネクタジャックの外周に1mm程度の高さのリングがあり、そのままでは元の無線機本体にはテイシンのコネクタ外装が当たって挿入できませんので、外装のプラスチックを削り落としてしまう必要があります。なんとか導通チェックも済ませて本体に接続して動作確認。無事修理完了です。

動作確認
 動作確認

 細身のコネクタを使うのは小型化の手段だとは思いますが、一般部品でそのまま対応できないのが難点でしょうか。

日本橋探訪(番外#47)

| コメント(0)

 なんさん通りはさすがに家具店などが多くなります。

西秀家具店
 西秀家具店

 テーブルや食器棚などのキッチン周り、イスやソファー類、ベッド、ドレッサー、本棚などのラック類など家具なら何でもござれの西秀家具店です。
 その他、カーペットやカーテン、ゴミ箱など調度品類も取り扱っており、相談すれば何でも揃いそうな勢いです。
 ブランド家具の取扱もしているそうですので、おしゃれ路線もOKと言う事でしょうか。

 この辺りから北に広がるエリアは家具店が多く、なかなか競合の中で頑張っていらっしゃいます。
 「クレイジープライス」だそうなので、しっかり値段交渉しましょう。

そんなに力まずとも

| コメント(0)

 いや何がそんなに気合いが入っているのかは判りません。

力一杯
 麺「力一杯」

 普通に考えれば麺をこねるのに力一杯こねている。
 おいしい物をつくるのに力一杯頑張っている。
 来店時の挨拶に力一杯声を出している。
 ちょっとひねくれると、経営に力一杯頑張っている。
 とにかく何でも力一杯なのだ。
 いや、あまり考えるのは止めておきましょう。

大阪の難読地名(#53)箱作

| コメント(0)

 そう読んで良いのかとどきどきします。

箱作
 箱作(はこつくり)

 筥作とも(竹かんむりに、呂)記載したそうですが、こちらだったら絶対読めていません。
 石の箱、すなわち石棺を作る事を生業とした石作連(いしつくりのむらじ)が居たことから由来するそうです。

 よもや箱といわれて棺桶とすぐに連想できる人は、現代では少ないですよ。

神戸ポートアイランド

| コメント(0)

 またもや中川青少年指導員のハイキングに同行させていただきました。

パノラマ(小)
 神戸空港から三宮側を望む(拡大画像はこちら

 まず、出発地点が神戸空港。日本航空の発着便撤退となると全体の6割の便がなくなるということでこの先どうなることやらです。今のうちにこの空港から発着便に乗っておいたほうが良いかもしれません。

神戸スカイブリッジ
 神戸スカイブリッジ(全長1,180m)

 さて、神戸空港を出発すると1つ目の橋である神戸スカイブリッジを渡ります。
 天候がさほど悪くなく、風も弱かったので問題ありませんでしたが、強風で雨雪だったらと思うとぞっとします。なにせ海上橋ですので、風がまともです。
 スカイブリッジを渡り切るとポートアイランド第2期用地に入ります。ここから淡々と三宮方面へ向かって歩き続けます。

ムービングウォーク
 延々と続くムービングウォーク

 神戸新交通(ポートライナー)の先端医療センター前駅から神戸国際展示場まで、このように屋根があり延々ムービングウォークが連なっています。当日は自動運転で稼動していましたが、平日は動いているのやらどうやら。もちろん、国際展示場でイベントがあり大量の来場者を捌くためにあるのでしょうが、そんなに人が来ているのをここのところ見たことがありません。

 昼食をとった場所がここ。

ポーアイしおさい公園
 ポーアイしおさい公園

 横にある神戸夙川学院大学や神戸医療大学、神戸大学などのキャンパスの裏側(海側)に位置しており、通常の車の走る道からは全く見えない場所にあります。これは知らないと公園の存在自体が認識できないのではないかとちょっと心配になります。

 さて、そこからまた延々と歩いて三宮方面へ戻ります。

神戸大橋
 神戸大橋

 向かって右側のポートライナーの橋を横目で見ながら中公園~税関本庁へ向かって渡ります。横の車道は上りと下りが別階層になっており、片側6車線とかなり広い作りの橋です。
 三宮に渡った後、元町中華街へ向かって阪神電鉄元町駅で解散となりました。
 途中から雨が降り出して残念ではありましたが、神戸大橋など大きな橋を歩いて渡るという貴重な経験をさせていただきました。

 今回の私的イベントだったのが、阪神電鉄から近鉄路線への接続。
 今年の3月20日に開業し、尼崎から大物を過ぎて分岐~西九条から延伸した先、九条、ドーム前、桜川から難波に至る区間は初めてです。
 もともとローカルなJR西九条への接続で走っていた西大阪線だったのですが、難波への直通アクセスで阪神なんば線と改称し、難波行きの列車が走るようになりました。しかし西九条などまでの西大阪線の路線は昔の風景を残す大阪ローカル線のイメージがあります。線路脇のすぐ横に迫る民家。路面電車ではないのですから・・・。

 難波から鶴橋へ乗り換えてガレージまで。その先はいつものごとく(笑)。
 今回も楽しくあり貴重な体験をさせていただきました。居酒屋ガレージ店主さんをはじめ、中川青少年指導員の方々にこの場をかりてお礼申し上げます。

プチツーリング

| コメント(2)

 山手は天気が悪くなりそうでしたが行って見ました。

武田尾駅
 武田尾駅

 以前、極寒のときのソロツーリングと同じ往路で武田尾にちょっとツーリングです。昼から出かけたので近距離のどこかにということで久々の訪問です。

 以前の別の記事で紹介した、台風で流れた武田尾橋がつり橋で復旧していました。

武田尾橋
 武田尾橋

 今回はR176で宝塚から生瀬へ、県道33号から県道327号を通って武田尾、その帰りはそのまま県道33号を北上し下野田から三田へ抜けR176で宝塚に抜けて帰途へ就きました。
 今日は思いのほか寒かったのと、三田の山中でにわか雨に降られてかなり寒い思いをしました。とはいえ、まだ11月です。本格的な寒さの訪れる1月や2月にまた、懲りずに再挑戦です。

次のページ