2007年7月アーカイブ

何食べよう

| コメント(0)

 おもいっきり誘われています。というか、同意を求められているというか。

居酒屋「食べようぜ」
 居酒屋「食べようぜ」
 ハングル併記も強烈である

 「何を?」
 と、素朴に聞き返したくなります。
 「ここで食べようぜ」とか「うまいもん食べようぜ」ではありません。主語が欠落しており非常に不安を煽り、聞き返したくなります。
 「じゃ、食べようぜ」とすでに、食べる物が決まっているわけでもなさそうです。

 入った客が食べられる・・んな事は無いです。

ざくざく

| コメント(0)

 ざくざく。某アニメに出て来る緑色とか赤い彗星(3倍速い)とはちがいます。

うざく
 うざく(鰻ざく)

 鰻の蒲焼きを細く切り、キュウリもみと合わせて三杯酢で和えます。
 この時期、食が進まない暑い日には酒の肴にも、おかずの一品にもなり、美味しく頂けます。

 このネーミング、京都かなとも思うのですが、大阪かもしれません。
 大阪で「ざくざく」というと、キュウリもみの事を指します。キュウリをざくざく切って塩で揉んだものです。切る時の音を指して「ざくざく」という名前になったのでしょう。

 地方に行くと、ざくざくと称するものは大概、野菜を切り刻んだうえで味付けをした料理のようです。みょうがのざくざくなど、何のざくざくなのかが頭に付いています。

 さて、「うざく」ですが、「うなぎ」と「ざくざく」を合わせた料理なので、合体したネーミングが「うざく」。
 鰻の料理は「う」だけが残って料理の名称になっている場合があります。
 たとえば「うまき(鰻巻き」。鰻を巻き込んだ卵焼き(出汁巻)です。
 「うぞうすい(鰻雑炊)」は鰻の入った雑炊。
 「うな」まで入るともっと多い料理名が出てきます。

 でも、うざくという料理を知らなければ、いったい何者なのかさっぱり判らないですよね。

 今日(7/30)は、土用の丑の日だそうで、スーパーや鰻屋などは鰻メニューで大繁盛でしょう。
 土用の丑に鰻を食べる風習の元で、一番の有力説は平賀源内の発案かと思われます。が、太田南畝の発案と言う説もありまして、はっきりとした事は判りません。
 鰻の稚魚の出所はマリアナ海溝のある海域付近ということが調査で判りましたが、なぜにそこで卵を産んで孵化し、日本にまで(食べられに)回遊してくるのかが不思議な所です。まあ、美味しいので良しとしましょう。

蕎麦打ち男

| コメント(4)

 タイトルが示す通りそば打ち男へ対する批判のはずだったのですが…。

それでいいのか蕎麦打ち男
 残間里江子著 新潮社刊
 それでいいのか蕎麦打ち男
 2005年 9月25日発行
 ISBN4-10-478201-7

 いわゆる団塊の世代の男どもへの批判を交えた内容かと読み進んで行くとどうも違います。
 なんとなく団塊女から見た団塊男や団塊女へのおかしい所への批判だったのが、途中から団塊の世代に頑張ってほしいエールだったり、団塊の世代ってすごい!という半ば自慢に変わって行ってしまい、終わりに近づくほど読み進むのが辛くなってしまいました。

 手にした際の動機というのがこ本のタイトルである「蕎麦打ち男」の意味する所。
 2007年危機とかいわれる少し前に出版された本ですが、冒頭の部分で、団塊の世代の男どもは退職や今後の趣味に蕎麦打ちを選ぶ。その自分で打った蕎麦を家族だったり親戚だったりご近所に振る舞う。「どうです?うまいもんでしょ。」という口には出さない自慢と自信をもちながら。趣味をまわりに自慢するものの、いままでそんな事をした事の無かった人。
 「蕎麦打ってる場合じゃないでしょ。もっとほかにする事があるんじゃないの?まだまだ頑張れる世代じゃないの?」というのが著者の言い分です。
 確かに手打ち蕎麦というのは流行っています。蕎麦という文化を知るためには大変良い事だと思いますし、巧く打てればおいしいそばにもありつける。

 蕎麦打ち男に対する批判の主旨は、私には確かにハッとするものがありまして、電子工作をやってちょろちょろと作っていても結局蕎麦打ち男と同じで単なる自慢、自己満足でしか無いのではないか?これは趣味としてやって行くには、どうも寂しい事なのではないか?などと自問してしまったためです。

 蕎麦が巧く打てても、蕎麦屋にはなれないというプロ(上野薮蕎麦の店主)の意見。
 店舗で提供するには常に一定水準以上の品質の蕎麦を提供するだけでなく、いかに短時間で打ち終わるかといった事から、温かいそばもありますし、そばつゆ、天ぷら、鴨などの具材の調理、仕入れや経営と言った総合的な技術・技能を要求されるからです。
 蕎麦打ち名人はあくまでアマチュア。
 そこらあたりを勘違いして蕎麦屋を開いて失敗するという話もありました。

 いや、耳が痛い。電子工作で言えばハンダづけは名人です。といった所でしょうか。
 現役時代には携わっていましたからこのようなプロとは何かという意見は充分承知しています。
 電子工作で生計を立てるつもりは毛頭ないのですが、蕎麦打ち男へ対する批判の主旨が、自己満足・自己完結というアタリがなんとなく引っかかります。
 と、まあ、かなり凹みながら読み進むと、どうも内容が変わってきまして、団塊の世代に対する批判をくるむように褒め言葉、自慢、激励がだんだんと増えてきます。

 団塊女から発したちょっと辛口のお小言の後、「団塊世代よガンバロー!」みたいになってしまいまして、団塊の世代では無い私はすこししらけてしまったのがちょっと残念です。
 最後には自分自身の経歴に対する自慢のような内容と、自分自身への激励で締めくくられてしまいました。
 「団塊女だって捨てたものじゃないでしょ?」みたいな。
 う〜ん、定年退職というイベントは私も遠い先の話ではないので、蕎麦打ち男に象徴される内容に根拠のある批判とこうすれば良いのではないかという提案が見たかったのですが、どうも当てが外れたようです。

 とはいえ、団塊世代の考え方や物の見方、行動指針などはある面を的確に突いていると思います。指摘や批判の内容が単なるステレオタイプと言えばそうなのかもしれません。

 団塊世代の人、それより手前の人、関係無さそうな世代の人、どの世代が読んでもそれなりに楽しませてくれる本です。

洋服はダメです

| コメント(0)

 以前、昆布ビルというのをご紹介しましたが、またもやストレートなビルです。

きものビル
 きものビル
 横の小番頭の前掛けにも「きものビル」の文字が…

 たしかに着物などの和装関係しかありません。着付け教室などもされているようですので、全く持って和服の着物のみ。
 潔い物です。
 和服文化の継続維持に傾注していると言えるでしょう。

どういたしまして

| コメント(0)

 店舗入り口は1階なのですが、店舗のフロアは2階です。

ごめんなさい
 ごめんなさい

 店舗の暖簾をくぐるとすぐ、けっこう急な階段で2階に上がらなければなりません。
 都市部では土地代が高いので多層階の建物があたりまえなので気にしないのですが、ここまでへりくだられるとこちらも何か悪いことをした気持ちになってしまいます。
 せめて、「お足元にご注意ください」にしてもらえれば、こちらも気を遣わずに済むのですが、「ごめんなさい」と切り出されると、恐縮してしまいますよね。

単品売り

| コメント(0)

 大阪の屋号は~屋という名称が多いのですが、これはどうしましょう。

ねぎや
 「ねぎや」

 ねぎや、です。
 ねぎしかありません。やっこネギ、下仁田ネギ、わけぎなどはありますが、白菜や大根は無い。

 そんなわけは無いと思いたいです。

日本橋探訪(#90)

| コメント(0)

 いわゆる五階百貨店の一翼とも思える場所に創業50年以上の老舗が。

マルエス商会
 マルエス商会

 周辺がどんどん変遷する中で、変わらず営業されています。
 場所的に、日本橋五階百貨店のある一番角に相当する日本橋4丁目に位置していることもあり、工具全般の取扱がある店舗です。

 創業50周年謝恩セールとの事ですので、かなりの老舗です。なんだか老舗が続きますが。

 五階百貨店界隈の工具店はどこもそうなのですが、ある程度自分の店の商品が特化されている部分があります。そのせいか、どの店に入っても「ナニナニある?」と聞けばすぐに返事が返ってきます。「なんぼいるの?」と言われれば店頭在庫有り。「取り寄せなるけど」となると取扱はあるものの店頭在庫がない場合。「ごめんなぁ」と切り出されると扱っていない商品だったわけです。
 取扱が無い物をむりやり取り寄せ出来ると言って客を長々と待たせる事無く、けっこうサバサバしています。なかには「ドコドコの店においてあるで」と親切に教えてくれる場合もあるほど。商売気があるのやら無いのやら。

カニバリズム

| コメント(0)

 人肉嗜食なのでしょうか、このお店。

「EAT-MAN」喰人
 「EAT-MAN」喰人

 カニバリズム
 人肉を食うこと。狭義には、その社会の中で宗教儀礼として認められた食人の慣習をいう。人肉嗜食(シシヨク)。食人。
 (三省堂「大辞林」CD-ROM 第三版より引用)
 英語で人食はmaneaterですので、eat manと来ると、人を喰えと命令形です。
 ほんとに人を喰った話ですねぇ。

 恐ろしいのは24時間営業な点。吉野屋みたいに少ないメニューで勝負しているわけではありません。
 普通に和風の居酒屋メニューが並んでいます。
 十三や新天地じゃあるまいし、朝から呑んだくれている人がいるとは思えませんが、タクシー飛ばして帰るより朝までねばって始発で帰る方がマシな人のための溜まり場なのかもしれません。

たこフェリー

| コメント(1)

 明石海峡を渡るには橋を渡るかフェリーに乗るかというのが一番最初に思いつきます。

たこフェリーのりば
 たこフェリーのりば
 「ようこそたこフェリーへ」といきなりK.O.しそうな文句が書かれている

 明石海峡を車や二輪で渡るにはフェリーか明石海峡大橋を渡るかなのですが、断然安いのはフェリーです。ただし、並んで待つ覚悟があれば…なのですが。
 明石海峡を渡るフェリーのひとつに、明石淡路フェリー株式会社の就航している「たこフェリー」がありますが、ネーミングのユニークさもさながら、フェリーの待合も大変ユニークです。

パパたこ神社
 パパたこ神社
 明石と言えばたこ・・・って

 どこの神社からも分祀されていませんのでシャレで祀られた神社です。おみくじはガシャポン®だそうで、何が出るかは不明です。いちおう「こころもからだもハッピー『パパたこ神社』」というそうです。待合の暇つぶしに、記念撮影にどうぞということのようです。

トイレもたこ
 トイレもたこ
 トイレのガイダンスピクトグラムもたこ
 たぶん、外国人にはわからないだろうなぁ・・・

セミの季節

| コメント(2)

 いや、暑い、暑い、暑い。イヤな季節になりました。

 セミの無く声が聞こえて来ると、夏本番です。まだ天神祭まで少し日にちがありますが、もう大阪では夏真っ盛と言ってしまって間違いありません。

 ところで、大阪で良く聞くセミの泣き声は?と聞かれての主な答えは
 「シャァ、シャァ、シャァ…」
 という、クマゼミの鳴き声か
 「ジ〜〜〜〜〜」
 という、アブラゼミぐらいしか、大阪都市部では聞こえません。
 (もちろん、ほかのセミも生息していますので聞こえてくるのですがあくまでも主立った鳴き声としてください)

 で、関東に行くと良く聞くセミの鳴き声は
 「ミーン、ミン、ミン、ミン、ミー」
 というミンミンゼミが良く聞こえてくるのです。

 首都圏で製作されるアニメのセミの声などにもミンミンゼミが使われる事から判るように、ミンミンゼミは関西にはあまり見られないセミなのです。逆にクマゼミの方が少なく、少数派ということのようです。
 まあクマゼミも北上して関西方面から関東へ広がっているということですのでいずれボーダーラインは無くなり、グローバル化してしまうのでしょう。またクマゼミは山間部に少ないという事もあり、沿岸部都市である大阪の都市部で余計に耳につくのかもしれません。

 会社の隣の公園の木に大量に発生したのか、五月蝿くて仕方がありません。
 歩いて横を通ると、セミの声のシャワーを浴びせかけられ、暑さとの相乗効果でぶち切れそうになります(笑)。

 ああ、暑い。
 みなさんの回りのセミの声に耳を傾けてみてください。何が鳴いていますか?

 参考サイト
 環境省(旧環境庁)
 第5回身近ないきもの調査(セミのぬけがら)
 報告サイト http://www.biodic.go.jp/reports/5-2/n001.html 
 第6回身近ないきもの調査(セミの抜け殻)
 報告サイト http://www.biodic.go.jp/reports2/6th/semi/index.html

次のページ