2013年9月アーカイブ

大阪の難読地名(#132)亥子谷

| コメント(0)

 残念ながら現在は町名街区には名前がありません。

亥子谷
 亥子谷(いのこだに) バス停

 「いのししだに」とか読んでしまいそうですが、「いのこだに」が正解です。
 「亥の子」あるいは「猪子」とも書きますが、亥の子は旧暦10月の最初の亥の日を指します。「亥の子の祝い」を行い万病除去や子孫繁栄を祝ったとされ、おもに西日本での祝い事・祭事だったようです。

 亥子谷は実際に千里丘陵の谷の部分にあり、千里ニュータウン等が出来上がる前は、竹やぶや林の鬱蒼とした場所でしたので、猪が実際に出たのかもしれません。町名街区に名前は残っていないものの、近隣の公園やコミュニティセンター、お店の屋号などに亥子谷の名前が残っています。

 由来は諸処あるようですが、吉志部神社から亥の方向(北北西に近い)にあるためという説の他、ため池に由来する等決め手に欠けるようです。

オーディオキット製作体験会

| コメント(0)

 作りかけのまま放置していた物があり、参加させて頂きました。

製作体験会会場
 製作体験会会場
 共立電子産業 本社1Fセミナー室

会場の様子
 会場の様子

 自宅の工作部屋が運び込んだ物であふれかえり、まともに使えない状態なので意を決して完成すべく参加。

デジタルオーディオユニット
 デジタルオーディオユニット

 やはり定番のフルデジタルアンプを製作される方が必ずいらっしゃいます。人気キットですね。また、デジタルオーディオ独立実験基板を組み合わせて製作される方も。こちらも併せて人気の製作メニューです。今回、持ち込んでこられた方はノイトリックのUSBコネクタを使い、筐体内のUSB接続を高級オーディオ用USBケーブルで結線されるという凝り様。

電流帰還アンプ
 製作途中の電流帰還アンプ
 ビット・トレード・ワンのAD00026キット

 他に最近発売になったビット・トレード・ワンの電流帰還アンプキットの製作をされる方が複数。一般的な電圧帰還型(VFB)アンプと違い、電流帰還型(CFB)アンプはスピーカーのインピーダンス変動に左右されない手法で、原音の高忠実度(Hi-Fi)再生に有利と言われています。もっとも、スピーカー側は電圧駆動で動く事が前提ですので想定している駆動方法と異なるので結果的に良い音(Hi-Fi)になるのかどうかはよく解りません。

PAM8202
 PAM8202使用ヘッドホンアンプ

 さらに今回多かったのがヘッドホンアンプ関連(私もその一員ですが)の製作をされる方がかなりの数に上がっています。ハイエンドヘッドホンアンプ(改)で最初からグレードアップ部品で組まれる方、PAM8202(2W+2W)をユニバーサル基板にディスクリートで組上げてプラスチック筐体に組み込んでポータブルヘッドホンアンプにする方などなど。

すてきな筐体のスピーカ
 すてきな筐体のスピーカ

 参加されているお客さんが持ってきてくれたのがこれ。
 ウッディな雰囲気満載のスピーカーセットにオーディオ機器の数々。特にスピーカーはギターのボディを模した装飾がされていて、どれだけの手間がかかったのか想像できません。

今月のフライング
 今月のフライング

 今月の先行して展示されていたのがこちら(試聴もさせていただきました)。ベースはステレオプリアンプ30倍基板をベースに、コンデンサと抵抗をハイグレード品で実装。9V電池でそのままヘッドホンアンプとして使える改造キット。抵抗はすべてDALEに、電解コンデンサは音響用105℃品に、パスコンは15μFの積層セラミックになっています。
 実装されていたオペアンプはMUSES 8920でした。
 この30倍アンプ基板ベースの改造ヘッドホンアンプはキット化して近々発売されるそうです。

 今回もすばらしいスタッフの方々のサポートおよび会場の設営・準備と後片付け・清掃まで大変お世話になりました。
 この場を借りて御礼申し上げます。

なにを?

| コメント(0)

 言うてぇ(ゆうてぇ)〜

ゆう亭
 「ゆう亭」

 「ゆう」だけがひらがな表記なので本当の意味は推測するしかありません。
 しかし、関西で「ゆうてい」は「ゆうてえ」でしょうから、始めに示したように「言うてぇ」をもじった屋号ではないかと思えます。

 で、何を言うて欲しいん?

誰が国王だ

| コメント(0)

 王国です。キングダムですよ。

せんたく王国
 「せんたく王国」

 グレートでロイヤルなネーミング(笑)ではありますが、クリーニング店。
 阪神間でチェーン店展開をしていらっしゃるようですが、国王様は店主か社長か気になる所です。

ゆっくり行こう

| コメント(0)

 どないでっか。

ぼちぼち
 串かつ「ぼちぼち」

 「どないでっか。」「ぼちぼちでんな。」というのが商売上の挨拶。と、思われているフシがありますが、そんなことはありません。いや、無いと思いたい。無いですよ。うん、うん、無いって事で(笑)。

 実際、最近の商いは上手く行っているかというのは挨拶の常套句として言われる事が多いので、「どないでっか」は兎も角、「最近どう?」というのは良くある話です。
 もっとも近年の不景気のせいで「まあまあ」とか「ぼちぼち」よりも「さっぱり」とか「あきまへんわ」の返事をされる機会の方が多いのはちょっと寂しい話です。

 串かつですが、立ち呑みの定番メニューでサッと食べられるお手頃値段のメニューなんですが、ぼちぼち頂きながらまったりと呑むのも良いもんですね。

日本橋探訪(#226)

| コメント(0)

 表通りではありませんがしっかり営業されています。

総合事務機器商会
 株式会社総合事務機器商会

 屋号がすでに何を業務としているか表していますが、中古コピー機やデジタル複合機、ファックス専用機等の事務機器を取り扱っていらっしゃる株式会社総合事務機器商会です。
 以前は違う場所でされていたようなのですが、こちらへ移転して引き続き営業。

心頭に達する

| コメント(0)

 よほどお怒りの様です。

注意貼紙
 注意貼紙

 携帯電話の会話というのは当人以外は、会話のキャッチボールが成立していないので聴こうと思って聴いていなくとも、一方通行の会話がすごく気になります。
 会話の内容が聴いていて苛つくような内容ならなおさらです。

 店の外での携帯電話、大声でしゃべり続ける輩がいたのでしょう。
 かなり耳障りだったのか、鬱陶しい話題だったのか、かなりお怒りのようです。

だららん

| コメント(0)

 昼下がりの気怠さをしめす風景。

布団を干している
 布団を干している

 家の窓からだらんと干された布団。
 すでに陽は当たっていないのですが、こうやって外に出すだけでもフカフカになります。

 しかし、かなり垂れ下がった布団は下の浪板でできた庇にかかってしまっています。庇の部分を掃除しているとはあまり思えないので、ここに乗った部分は汚れてしまうような気がするのですが、そこは細かい事は気にしないのかも。

 だらんと窓から垂れ下がった布団が、昼下がりの物憂げな気分を示す象徴のように見えてなりません。
 はぁ〜、気怠いわぁ。さっさと布団しまって寝よう。

お洒落

| コメント(0)

 髪型・化粧・服装等の身なりに気を配る事が「おしゃれ」です。

おしゃれびと
 「おしゃれびと」

 美容院の看板ですが、ネオンで屋号がお洒落に仕上がっています。

 パーマと良く言いますが、原語は「permanet wave」で頭髪を濡らしたり洗っただけではそのウェーブや髪型が戻らないように薬品や熱を用いてセットする方法を指します。

 美容師さんがお洒落かどうかは別ではありますが、きっとお洒落なスタッフがいらっしゃるに違いありません。レトロ感は否めませんが。

オープン

| コメント(0)

 タイル外装の渋い屋根がついた小さな建物。

公衆トイレ
 公衆トイレ

 街中に忽然と道端に存在する謎の建物。
 よく見るとトイレのピクトグラムが...。

 なんと街路の道端、一般路上にこのような公衆トイレが唐突に設置されています。
 ちゃんと水も使えますし普通のトイレ。

 右端にタクシーが写っていますが、街中のタクシーのトイレ休憩場所としても活用されているようですが、大阪市の設置・管理では無さそうなのです。
 どうも裏に写っている神社の管理ではないかと思われますが、あくまでも境内の外で一般路上に設置されており、どのような管理なのか全く謎。

次のページ