2006年9月アーカイブ

かな漢字混交

| コメント(0)

 以前に「らーメン」の看板の紹介をしましたが・・・。

「らー麺 藤平
 「らー麺 藤平」梅田屋敷店

 なんだ、この頑固親父のような人物像は?と、挑戦的です。創業者なのでしょう。

 いまや株式会社グルメパークとなり、チェーン店で展開して、大阪発関東進出もしているそうですが、私の記憶によりますと、昔々はこの一角で掘立小屋の屋台的店舗で開業されていたように思います。か~な~り~コッテリだったはずです。それがいつの間にやらフランチャイズ展開して、全国へ出店。いまやこの本店以外にもいろんな場所で店舗展開をされていらっしゃるようです。まるでカリフォルニアのアメリカンドリームといいうか大阪のジャパンドリーム(笑)という展開のようです。

 この梅田屋敷店だけ人物像の看板があります。立ち上げ店ならではの特別の思い入れがあるのでしょうか。裏手に本店、さらの関連チェーン店の鬼平(焼肉)があり、そのすぐ先にフランチャイズ本部の株式会社グルメパークもあり、藤平村の様な状態です。

「らー麺 藤平」本店
 「らー麺 藤平」本店
 このすぐ裏が梅田屋敷店であり直線距離で15mも離れていない

 「らー」というかな表記に漢字の「麺」というなにやら因縁めいたものを感じますが気のせいでしょう。
 ちなみにこのチェーン店の名称は「ふじへい」ではなく「とうべい」と読むそうです。

危険な職場

| コメント(0)

 世の中、上半期の期末か何かで大変忙しいようです。

 【危険な職場】

客「お前なんか、死んでまえ~~!」

 あるいは

客「バカヤロー!」

 もしくは

客「この、ボケナスが!仕事やめろ!」

 などなど・・・。
 とにかく、殺気立っているせいか、気が短い人ばかりなのか知りませんが、ちょっと配達が遅い(通常郵便に時間指定はありません)とか誤配(これは言い訳がたちませんが、それにしても)などで、お叱りの電話がかかってくるそうですが、大体自分がどこの誰かを名乗らず、のっけから、このようなキメ台詞で爆発される場合が、このところ大変多いそうです。

 電話を受けた段階で、担当者名を名乗ることになっているため、本当に怖いと相談を受けたこともあるとか。
 電話を受ける担当者に対してですが、どこぞの役所じゃ無いですが窓口業務に付けている危険手当を郵便局で付けても良いのではと思われるぐらい、罵声・罵倒・恫喝・恐喝まがいの電話が多いそうです。
 人間、余裕がなくなると、他人に優しくすることにも余裕がなくなるせいでしょうか。

 このような台詞で職員の身の危険を訴えても、また、そこを局員の人身を守るべく動かないところがお役所的名残でして、上役などは「ほっとけ」程度の軽いを応対しており、民営化ってなに?と沸々と疑問が出てくると言うことでした。

 電話窓口は窓口と並び、お客様の最前線です。
 それだけ重要な責務を果たされている業務のはずなのですが・・・

毒草

| コメント(4)

 私の見立てに間違いがなければ、かなり危険な植物のはずです。

チョウセンアサガオ
 チョウセンアサガオの一種

 実は道端の地域の人と思われる方が植えられているプランターに、堂々と生えていますが、チョウセンアサガオの一種と思われます。花が漏斗状の見栄えのする大きいものが咲くため、園芸植物としても栽培されることが多いのですが、大変危険な植物です。

 タヅラ属に属するチョウセンアサガオは、種子や果実に特に多く存在し、葉や花、根を含む全体に有毒成分であるl-ヒヨスチアミンやスコポラミンといったアルカロイドが含まれています。
 これらによる致死作用もしくは鎮静・催淫作用が問題となっており、全国でも毎年多くの誤食などによる中毒が報告されるぐらいなのです。
 中毒症状としては、瞳孔の散大、口の渇き、心拍促進など、副交感神経興奮遮断作用があり、大量に節食してしまうと昏睡や痙攣などの後に死にいたる危険性があります。
 このプランターの1本の量で十分、死に至る量の有効成分が得られてしまいます。

 もちろん、中世ヨーロッパでは毒薬の元として利用されていたチョウセンアサガオ。お仲間の植物にはマンドレーク(マンドラゴラ)があると聞けば、危険さはお解りいただけるでしょうか?
 含有成分のアトロピン前駆体のヒヨスチアミンは医薬品としてのアトロピン(硫酸アトロピン)もあり、サリンの治療薬・拮抗薬として用いられることもあります。まさに毒をもって毒を制すです。
 また、瞳孔を散大させるため、女性の目を大きく見せるために点眼薬で使用されていた歴史を持ちます。

 とにかく、園芸植物として栽培されたり販売されている事が多いようですが、実際はトリカブトやジギタリス等に匹敵する毒草・・。

 まあ、知らぬが仏。あ、そちらは曼珠沙華(彼岸花)ですか?

日本橋探訪(#58)

| コメント(0)

 きっと写真撮ったところを記録されているに違いありません(笑)。

防衛機器館
 「防衛機器館」日本橋本館

 セキュリティ関連一色の店舗の英友グループ防衛機器館の日本橋本館です。

 監視カメラ、盗聴探知機、防弾チョッキなどの防犯グッズから特殊警棒や催涙スプレー、スタンガンなどの攻撃アイテム(笑)まで取り揃えたショップです。
 物騒な世の中、コレぐらい必要なのかと思わせられます。

路上整列物体

| コメント(0)

 トマソン化しつつあるモノたち。

静かに主張
 静かに主張しつつ並んでいる
 この赤い札に「駐車禁止」ともなんとも書かれていないが、駐車車両除けであることは間違いない

 大阪の道路のほとんどが駐車禁止となっていますが、そこはそれ、大阪で住んでいると道に停める事ができればそのまま駐車してしまうわけです。駐車マナーが全国で一番悪いと言われる所以です。
 で、よほど自分の家の前の道に停めてほしくなかったか、町内会で一致団結しているかよくわかりませんが、ずらっと並んだ「クルマトメルナ」と静かに主張している物体が延々と並んでいます。

 これらの物体はさすがに路面に固定しているわけではなく、いわば可動アタゴといった状態で並んでいます。トマソン化しつつあるフェーズなのでしょう。もう少し主張し始めると完全に真性トマソンとなるに違いありません。
 ま、この状態でも既に路上を占有しているんで、これはこれで道路交通法違反なんですがね(笑)。

巨大看板(#6)

| コメント(0)

 キタもかなり目立つ大きな看板が増えてきました。以前の続きではないですがお初天神通りから堂山町に抜ける途中でもこんな巨大看板が出ています。

カラオケ「キングドラゴン」
 カラオケ「キングドラゴン」JIRO

 頭が3つあるドラゴンと言えばキングギドラなんですが、こちらはキングドラゴン。
 真ん中の頭が左右に動いてにらみを利かせています。
 JIROとなっていますので兄のTAROとかがいるのかもしれません。

カラオケ・パーティールーム ガイ
 「カラオケ・パーティールーム ガイ」 お初天神通店

 ガイってguyですか?外ですか?それとも我意?街?
 やっぱりGUYでした。野郎が集う所なのかなぁ。
 だんだんと派手な店構えが目立ってきたお初天神通りですが、そのなかでも結構目立っているのです。この店の周りがおとなしめのせいもありますが。

 どちらもカラオケ店でドラゴンが使われているので何かしら間連があるのかと思いますが・・・。

※2007年2月にJIROの方は閉店していました。

無用門

| コメント(0)

 これはトマソンか?かなり微妙かもしれません。

無用門
 無用門

 駐車場の入り口を示すためのポールか何かが2本、突っ立っています。
 どう見ても門の体裁には至っていないように思えます。
 これがポール横の車を守るための物だとすると、あまりにも貧弱すぎます。

 門の役には立っていそうもない無用門。トマソン擬似物件かはたまた真性トマソンか。

のろしが上がるのか

| コメント(0)

 きっと何度も通報がきて言い訳するのが面倒くさくなったんでしょう。

白煙出ます
 白煙出ますの看板

 空調機の冷却塔などが動くと白煙とも思える水煙があがる場合がありますが、ちょうどここはその場所で目立つところにあるのでしょう。
 絶対に何度も119番や警察への通報が行われていたに違いありいません。

 何度も何度も誤報や通報が来て困った挙句、最初から言い訳を書いておくことにしたのではないかと想像されます。いや、ご苦労様です。

 でも、本当に空調機の不調などで燃えていた場合はどうなのかと思うと、ふと心配になります。

不明物件

| コメント(0)

 なんの意味かさっぱりわかりません。

ぱぁろん
 「ぱぁろん やました」

 和洋中華なんでもありのお店なのですが、店の名前につけられたコトバの意味がわかりません。

 「やました」はまだ、「山下さん」かなぁ。と、想像がつくのですが、「ぱぁろん」がさっぱりわかりません。中国語?韓国語?それとも想像つかない国の言葉?

 このたった4文字が安眠を妨げます。なんなんでしょうか、ぱぁろん。

羊が一匹二匹

| コメント(0)

 ビルの中腹に突然現れる羊たち。

新ダイビル
 「新ダイビル」の羊(南東)

 ビルの4階あたりに羊の彫刻が2匹置かれています。どう見てもデッドスペースとは言い難い状態のところです。だって上下の階は普通の状態ですもの。

 で、このビルは角というかどのすべてに羊がいらっしゃる。
 しかもそれぞれの角で羊のポーズが違うのです。

新ダイビル
 「新ダイビル」の羊(南西)

 とりあえずほかの角もそうでしたが並んでいるか、互いに直行する位置に並んでいるかのどちらかでした。これはこの建物の意匠設計をした建築家のちょっとしたイタズラと思われます。
 「誰からも愛される動物」ということで羊が選ばれているらしいですが、実際は建築家と彫刻家のコラボレーションがメインだったようです。

 このとき確認できたのは四隅に各2匹、計8匹です。
 とりあえず、これぐらいでは数えていても眠くなることはなさそうですね。

次のページ