2006年10月アーカイブ

ユー・アー・ウェルカム

| コメント(0)

 Thank you, now. Your are welcome.・・ってわけじゃないですよねぇ。

サンキュー今
 「サンキュー今」

 いや、全くもって屋号だけ見ても謎の店です。
 なにが「サンキュー」で、しかも「今」がついているのか不明。

 で、店舗の生業はというとレンタル家具屋、雑貨もろもろという不思議な店舗。
 全然想像力に乏しい私といたしましては、業務内容のかけらも想像できませんでした。ハイ。

大阪環状線

| コメント(3)

 大阪をぐるっと回る環状路線、それが大阪環状線(Loop-Line)です。

 さて、東京の山手線には踏切がありますか?無いですよね。
 でも、大阪の環状線には踏切があります。いや、自慢にはなりませんね、こりゃ。

一ツ家踏切
 一ツ家踏切

 大阪環状線内回り電車に乗って、新今宮と天王寺の間にあるのが、この踏切です。

高架を走る外回りg
 高架を走る外回り
 あたりまえだが、高架しか走行しない列車に踏切は閉まらない

地上を走る内回り
 地上を走る内回り
 乗車していると、この小さい踏切を通過するのが意外と気づかないらしい

 外回りは紀勢本線との交差のため高架になっているのですが、内回りは地上を走行。ほとんどの路線が高架になっている中で残された数少ない地上路線の中の、1つだけ残された踏切がこの「一ツ家踏切」です。
 ここは大阪環状線以外に、大和路線(関西線)、大阪空港線(はるかが走ります)、阪和線のいずれもこの踏切を通過し、開かずの踏切と化す時間帯があります。

関西線も
 関西線も走る

 とにかく、撮影時にも反対側に渡りたいのに渡れない。ほぼひっきりなしに警報機が鳴って遮断機が下りています。ラッシュアワーでは確実に開かずの踏切と化す事間違いありません。たぶん、京都線(東海道線)の新大阪~東淀川の間にある踏切と同じようなものだと思いますが、あちらは一ツ家の踏切の3倍は線路をまたぎますので仕方ないことなのでしょうが。
 こちらは大阪の大動脈に加えて大阪から南方面へ行く列車が全て集中しています。

 周辺用地の関係で、環状線内回りだけ高架化するのは難しいそうで、当面ここを大阪環状線が通過することになっているようです。
 しかしながら、この踏切が開かず状態が長時間続くことで閉まっている遮断機をくぐって渡ってしまい、不幸な事故に至ることが多いそうです。

トマソン的建築物

| コメント(0)

 もう、これは全体がトマソンと呼んでも差し支えないのでは?

湊町リバープレイス
 「湊町リバープレイス」

 巨大きのこ?宇宙人の着陸船?

 ぱっと見ても何の建物だかさっぱりわかりませんが、これは湊町リバープレイスです。
 近くのJR西日本関西本線の駅が「湊町」から「灘波」に変わってしまったため、さらに混乱に拍車をかけます。

湊町リバープレイス
 OCAT側から

 このキノコ状の上の部分ですが「なんばHatch」と呼ばれるコンサートなどが行える音楽ホールが納められています。少ない地上設置面積で大きな床面積を生むために、このような上部が広がった建物になったそうです。

 ほかには、fm osaka(85.1MHz)の本社がこの建物最上階の7Fに入居しています。

 この建物、どこからどう見ても、よくわからない形状をしていることは間違いありません。

地下鉄淀屋橋駅

| コメント(2)

 梅田駅心斎橋と続き、御堂筋線の古い駅の照明設備の特徴ある駅はまだあります。

淀屋橋駅構内
 地下鉄御堂筋線淀屋橋駅構内

 今も昔も淀屋橋駅付近は大阪の商業の中心地の一角として賑わっています。
 近くに大阪市庁舎、日本銀行大阪支店などがあり、京阪電車に接続する事からラッシュアワーはかなり人で混雑します。

 大阪梅田駅や心斎橋駅とともに地下鉄1号線として始めに開業された駅の一つであり、他の駅と同じように蛍光灯によるシャンデリアがあります。

シャンデリア
  シャンデリア

 この駅の蛍光灯シャンデリアは複数本(たぶん8本)を束ねたものをユニットにしてそれらを5ユニットまとめたタイプです。上下の銀色カプセル状の部分が設置当時としてはかなりモダンだったのではないでしょうか。

アナグラムもどき

| コメント(3)

 素直に読めばよいのですが、どうも引っかかりまして。

阪急そば
 「阪急そば」

 素直に右から縦書きに4文字読んでしまえばよいのです。正解が「阪急そば」。

 で、私の頭の中ではどういうわけか、この四方形に4文字並ばれますと、どの順序で呼んだらよいのか混乱をきたしてきてしまうのです。

 頭をよぎる読みを列記しますと・・・

 「そば阪急」
 縦書きは右から読むとわかっていても、つい、こうなります。

 「そ阪ば急」
 まったくもってなんじゃこりゃ?です。横書きの読みでそのまま読むとこうなります。

 「阪そ急ば」
 横書きの右から左に読むとこうなります。

 「阪急ばそ」
 右上の文字から右回りにぐるっと読むと、こうなってしまいます。

 「そ阪急ば」
 同じように左上から右回りに読んでしまうとこうなります。

 「阪そば急」
 これは右上から左回りに読んでしまった場合です。

 私の頭の認識回路の出来が悪いのか、これらの間を行ったり来たりしながら、わかっているはずなのに、正解である「阪急そば」に落ち着くまで1~2秒かかります。まったく、困ったものです。この思考回路(笑)。

バッテリー放電器(#3)

| コメント(3)

 バッテリー放電器、いよいよ中身にかかります。ちょっとこの記事は長いですがご容赦を。

 まずは電池ボックスです。

絶縁と補強
 リード線取り出し口の絶縁と補強

 あまり、気にはならないとは思いますが、心配性の私はこの部分を熱収縮チューブで絶縁しました。
 絶縁が目的というより、リード線が、端子の半田付け部分からポキリと折れそうだったため、補強の意味合いが強い追加加工です。

筐体内の電源結線
 筐体内の電源結線

 外部電源用にDCジャックを追加しましたので、ジャック経由で電池と外部を切り替えて給電できるように基板向けのコネクタを含めて配線を行います。

小型抵抗、ダイオード
 小型抵抗、ダイオードを実装

 セメント抵抗(R1~R4)以外の抵抗類などの背の低いパーツを基板部品実装図、回路図などとを参照しながら取り付けてゆきます。パーツリストをプリントアウトし、チェックしながら実装するとどの番号の何の部品を取り付けたか把握できるのでお勧めです。
 回路保護のためのダイオード(D1,D2)も、背が低いのでこのタイミングで実装してしまいます。

ICソケット
 ICソケットを実装する

 16F88のためのICソケット(18p)を実装します。
 取り付け向きを間違えないように注意します。逆挿しするとPICも逆挿ししてしまいデバイスが破壊します。

コンデンサ
 コンデンサを実装する

 次いでコンデンサを実装してゆきますが、0.1μFの積層セラミックスコンデンサ(C2,C5~C9)、スイッチのチャタリング防止の0.01μFのセラミックコンデンサ(C3)を実装します。電源のデカップリングのための電解コンデンサ(C1,C4)は背が高いので少し後回しで実装します。

コネクタ
 コネクタを取り付けた様子

 頒布内容に含まれていないものですが、電源等のコネクタを取り付けます。
 作例では電源は電池ボックスからのリード線で直接半田付けですが、ここに日圧のコネクタ"B 2B-XH-A"をつけてコネクタ接続にします。電池からのリード線の先にもこれに対応するコネクタ("XHP-2"とコンタクト金具)を接続します。
 同様に、インサーキットプログラミングのために同様にXHシリーズの5ピンのコネクタを取り付けます。今回はすでに書き込み済みのPICが頒布内容に含まれていますので不要ではありますが、あえて実装しておきます(せっかくコネクタの穴があるんだからつけちゃえ!笑)。

 次にトランジスタ等を実装するのですが、ピンの加工が必要です。次の写真のようにピンを広げて実装できるように折り曲げます。失敗して何度も折り曲げ直すと折れてしまいますので注意が必要です。

加工例
 ピンの加工例

小型トランジスタなど
 小型トランジスタなどを実装

 通信ポートのインターフェースになっている2SC2458(TR5)とRN2202(TR6)を取り付けます。外形はどちらも同じですので型番の間違いが無いように注意します。またリセットICのS-80827CNY(Q1)や、基準電圧のためのLM385Z-2.5(Q2)も外形が同じです紛らわしいのでよく型番と実装位置を確かめてからハンダづけします。また、Q1およびQ2は静電気に弱いデバイスですので、注意します。

通信用コネクタ
 通信用コネクタの実装

 かなり悩んだのですが、基板は筐体にきっちり収まるサイズでしたので、頒布内容に含まれているD-Sub 9ピンのコネクタを実装します。実装向きはこのように普通に部品面から取り付けてハンダ面でハンダづけします。ハンダ面からも実装できてしまいますが、ピン配置が異なりますのでかならず部品面に実装します。
 筐体がもう少し大きいタイプだと、ハンダづけタイプのD-Sub 9ピンのコネクタを筐体側に取り付けて、パターンから結線していたかもしれません。

電解コンデンサ
 電解コンデンサの実装

 電解コンデンサ(C1, C4)を実装します。外形はほぼ同じですので、コンデンサに記載の値を確認して極性を間違えずに取り付けます。リード線の長いほうを+のマーキングのある穴に挿入する方向で実装します。

セメント抵抗
 セメント抵抗の実装

 いよいよ大詰めに近くなってきました。放電用の1Ω5Wのセメント抵抗を実装します。
 製作ガイドにも書かれていますが、放電時はそれなりに発熱します。基板から2mmほど浮かせて実装を行います。私は浮かせるのに、蛇の目基板の切れ端を重ねて下に敷く形で持ち上げ、ハンダづけしました。

抵抗と基板の間隙
 セメント抵抗と基板の間隙
 抵抗の実測値が記入されている
 この抵抗は0.99Ωということである

圧電サウンダ
 圧電サウンダの実装

 圧電サウンダ素子をセメント抵抗取り付け後のタイミングで実装しましたが、部品高さ的にはICソケットの後辺りの順序のほうが良いようです。 

パワーMOS-FET
 パワーMOS-FETの実装

 静電気に弱いため、一番最後に実装しました。実装時の部品高さが一番高いせいもあります。

 これで一通り、部品面に取り付けるべき部品は終わりです。最後に、ハンダ面から取り付ける部品が残っています。

電池クリップとスイッチ
 電池クリップとスイッチ

 ハンダ面を向けて電池の取り付けと実装を行う事から、いままで部品を取り付けていた側とは逆のハンダ面に電池クリップと操作のスイッチを実装します。
 電池クリップ電極をハンダづけする時は、やや熱容量の大きい半田ごてを使う方がやりやすいと思います。15Wではちょっとしんどいかもしれません。

 現在、あえて放電モニターのLEDを取り付けていません。
 筐体前面に見える方向で取り付けて結線するか、基板上に所定の位置に取り付け、筐体の上部の穴を追加加工するかを思案中です。上面で実装する方が楽そうですが、どうしたものかと。

PICを実装し電源を入れる
 PICを実装し電源を入れる
 まだ、LEDの取り付けで悩んでいるので実装されていない

 電源コネクタの接続が逆挿しになっていないか今一度確認し、PICを挿入して電源を接続します。
 「ピピ」となった後に「ピピ、ピピ、ピピ、ピピ」と鳴れば動作は正常でしょう。

 あとは筐体に入れて、ネジ止めするだけです。

放電処理中g
 放電処理中
 eneloopの状態を初めて確認できる
 電池は入れていないので、外部電源からの動作である

 結局、ここに至るまでに放電モニターのLEDランプを筐体側面位置に実装して横から見えるようにするという案を捨てて、通常の実装としました。基板の脱着に無理があるためです。
 LED位置に筐体の穴あけをして筐体の外からよく見える一番上の位置に持ち上げて実装します。LEDは筐体上面からはみ出した位置になりますが、拡散タイプに変更していただいているおかげで、写真を見てもわかる通り横からも良く見えるようになっています。

 ああ、やっぱりプリント基板は楽でした。
 この配線、1度も間違えずに全部完了するには相当の気合と注意力が必要ですから・・・・。

日本橋探訪(#61)

| コメント(0)

 店舗は開けていらっしゃるのですが、一般向店舗とは言えないかも。

大阪計測
 「大阪計測」

 産業機器向けの装置、部品類を販売されています。
 店頭売りもしていらっしゃるのですが、基本は受注して商品取り寄せの形態なのは大電社ニッコー電気と同じです。

 FA機器や産業向けの機材などを取り扱っていらっしゃいますので、アマチュアの私にはあまり御用の無いようで・・・。

歯の神社

| コメント(5)

 梅田のはずれにひっそりと佇まう神社。なんと「歯神社」という名前です。

歯神社
 「歯神社」
 6月4日(虫歯予防デー)には歯ブラシ感謝祭が執り行われる

 とにかく1文字の神社はめずらしいですね。しかも「歯」です。その名も「歯神社
 鳥居横にある歯神社由緒によりますと、淀川の決壊をこの付近で歯止めした事から付けられた名前だそうです。名称転じて人間の歯も対象になってきたようです。

歯神社全景
 歯神社全景
 なで石が置かれており、歯痛にご利益があるかもしれない

 本社は綱敷天神社で、その末社ということで、無人の小さな祠ですが、きれいに維持されているようです。

通天閣

| コメント(0)

 この10月28日で通天閣は開業50周年を迎えます。え?開業?と疑問に思われる方もいるかもしれません。

通天閣
 通天閣
 開業50周年の垂れ幕が下がっている
 現在は垂れ幕がはずされて、新規の意匠に変更されたネオンが見える状態である

 いまや疑う事無き大阪のシンボルの一つ「通天閣」。
 誰が何のために建てたなんか関係なく、ミナミの一角にそびえ立ちます。

 通天閣は完全民営でして、通天閣観光株式会社という会社により運営されている立派な商業観光施設なのです。初代の通天閣は、第5回内国勧業博覧会に建てられ、凱旋門とエッフェル塔の大阪風ハイブリッド建築物でした。
 戦時の鉄類供出で解体の目に遭い、その姿がなくなってしまいましたが、戦後に復興のシンボルとして建設されたのが現在の通天閣です。
 この通天閣ですが、実は設計者が東京タワーも設計をした内藤多仲でして、大阪・東京と象徴的なタワー建築物を同一人物が設計、現在も建っているという非常に興味深い歴史があります。高さこそ違いますが、東京タワーと通天閣は兄弟みたいなもんなんですね。
 内藤多仲の手がけた有名なタワー建築物の一番のお兄さんは実は名古屋テレビ塔(1954)、次男がさっぽろテレビ塔(1957)、三男が通天閣(1956)、末弟が東京タワー(1958)です。通天閣の方がお兄さんなんですよ。

バッテリー放電器(#2)

| コメント(4)

 いったん中断しましたが、製作再開です。
 ボードに実装してしまうと筐体の穴あけ等の位置決めが、作業しにくくなるとの事でしたので、位置決めを先にして、まず筐体加工をすることにしました。
 削り滓や切り子が飛んで、掃除もいちばん面倒くさい作業です。

位置決め
 位置決め
 マスキングテープなどでしっかりと固定する

 まず、筐体内のどの位置に基板を取り付けるかを決めます。この位置決め作業は確かに電池クリップ等の部品類を実装してしまうと大変やりにくくなります。基板が筐体に密着できなくなるので、位置の固定も難しくなりますので、生基板の状態で作業するのがやはりおすすめです。

底面の穴開け
 底面の穴開けとガイド穴を開ける
 糸鋸に金属加工用の刃をつけて地道に切り抜く
 仕上がりはハンドニブラーよりはよいと思う

 まず、筐体底面の穴開け加工をします。あとで電池ボックスを入れるために大きな穴をあける必要がありますので基板止めのための穴を先に開けておき、皿モミします。頒布内容のビスでも良いのですが、ここは一つツライチにしたかったので、皿ビスにしました。
 皿モミが終われば電池ボックスを収めるための穴に糸鋸の刃を通すためのガイド穴を四隅に開けておきます。
 ガイド穴に刃を通して糸鋸で地道に切り進んで大きい穴を開けます。
 側面は同じようにできませんので、多数の穴を開けて切繋ぎ、ヤスリで仕上げます。

 作例紹介のページでも注意書きがありましたが、スペーサーのねじ部が軽くケースに当たって干渉するので、ヤスリで削り落としました。約1mmほど削ってしまいました。グラインダーがあればちょっとスッっておしまいなのですがうるさすぎ(涙)。

削ったねじの頭
 削ったねじの頭
 約1mm程度削った状態である

 上面の穴あけ加工も、位置決めに沿って穴を開けてヤスリで仕上げます。
 すべての加工がほぼ、終われば保護フィルムをはがします。

加工が終わった状態
 一通り加工が終わった状態
 まだ、LEDの穴を開けていないが、まだ迷っているせいである

 この状態で外部に接続するコネクタや端子類などが正しく目的の穴から出せるか確かめて、筐体加工は終わりです。ここに到達するまで、中断が何回か入っていますが、のべ4時間ぐらいかかっています。寸法図面があって、その通りに加工すればよいだけなら半分以下で終わると思いますが、なにせ現物と合わせながら調整しますので、時間がかかります。

仮組み
 仮組みした状態
 この筐体で頒布してくれなんて、絶対言えない
 部品代より、筐体加工工賃のほうが絶対高くなるハズ

 作例と違うのは、D-Subコネクタがキリカキではなく窓状の穴にした点と、外部電源アダプター用のコネクターを追加した点です。DCジャックは頒布品に含まれていませんのでご注意を。
 この後は筐体と位置決めなどに使用した生基板を中性洗剤で丹念に洗って油を落とします。基板のほうは、乾燥後にさらにアルコールなどでぬぐっておきます。

 筐体加工は一番面倒くさい作業です。
 まず、工作中がうるさい。グワングワンとボール盤はうなるわ、糸鋸はガガガガとうるさいし、ヤスリはゴリゴリ、キュワキュワ言いいます。その上、切子やヤスリで削った金属粉が作業台の到る所に飛び散ります。
 工作が終われば、机の上をきれいに片付けてかなり念入りに掃除機をかけておかないと、思わぬところに切子などが飛んでいたりしてトラブルの元になりますので、注意します。
 この終わりの掃除機も結構うるさいのです。

 ということで、私の帰宅するような時間には、こんなうるさい作業になる筐体加工ができないため、作りたいリストの中から進まないものが多くなってしまう状態に陥ります(涙)。
 しかし、筐体加工済みってなると、物足りないんでしょうね、きっと。
 どこまでを作るのかの楽しみ方は人それぞれだとは思いますが、手っ取り早く結果を得たいのであれば、筐体も加工済み、基板の部品実装なんかしてしまっているやつなんぞで、結線だけで組み立て完了!となるのでしょうが、それではあまりにもモノづくりとは言い難いと思います。

 最近の学校の技術の授業はパソコンを使って何か作る(絵を描く、年賀状を作るなど)のがメインにしている学校もあるようです。手を汚しながらモノづくりしておかないと、大変な事になると危惧するのは私だけでは無いと信じます。学校の試験課題で無いからといって、刃物や工具の使い方を知らない、モノを作る勘所を知らないというのは、困るときが必ず来るとではないでしょうか。
 いや、実際もう来ているのかも・・・。

次のページ