2009年1月アーカイブ

嘘ちゃいます

| コメント(0)

 嘘ちゃいまんねん。ホンマでんねん。

ホンマ歯科 
「ホンマ歯科」

 これまた、名字をわざわざカナ表記にしてしまい、怪しさを醸し出しています。
 「本当」という意味の言葉を大阪弁では「ホンマ」と言います。「本当のもの」は「ホンマモン」となります。

 で、ホンマ歯科って。パチモンの歯医者があるのならホンマモンの歯医者もあってよかろう。などと言う理由では無いでしょう。単純に「本間(ほんま)」さんが歯科医の医院なのですが、わざわざカタカナで書かなくとも読めると思うのですが。

一色足りなくないか

| コメント(0)

 イタリア国旗の赤、白、緑なのかと思いきやどうも似たものが思いつきます。

一色足りない
傘の看板

 ある程度年齢のいった方ならすぐ思い出す、傘がトレードマークのブランド。
 アーノルドパーマーがそれです。

 こちらのブランドはカラフルな傘がトレードマークで、いわゆるワンポイントのデザインが乱立した時代があり、それらをご存知の方であれば「あぁ...」と思い出されるかもしれません。
 アーノルドパーマー(Arnold Palmer)は、赤、オレンジ、白、緑の4色で構成された傘がトレードマークですが、こちらの傘は3色。一色足りません。また石突の部分も丸いのがついており、果たして違うものなのか似てしまったのか、似せたのかが微妙です。

またもやちゅー

| コメント(0)

 以前に同じ名前の店のご紹介をしましたが。

中華料理「ちゅー」
 中華料理「ちゅー」

 やっぱり、強烈です。この店名。
 店の名前を覚えていても、場所を忘れてしまいそうになるくらいです。

 以前の店舗とは違う場所にあるのですが、系列店か姉妹店なのかは全く不明です。
 なんとなく似通っているので、ご兄弟でされているか親族なのかなあ、と想像したりしてみますが、全く関係ない偶然の一致というのもあり得ますので、真相は判りません。

日本橋探訪(#149)

| コメント(0)

 PSEマークの絡みで一時はこの界隈は絶滅するかと思われました。

コバヤシ電器商会
  「コバヤシ電器商会」

 中古ビデオ、音響機器の中古取り扱い商店のコバヤシ電器商会です。
 いまや絶滅してしまった、ベータマックス、ハイバンド・ベータ、EDベータのビデオデッキやHi8を含むビデオ機器の中古が一部整理、のこりはぐちゃっと店頭に並べられています。
 先に記載したような、テープの規格上どうしても古い機器でないとだめな場合は、ここを始めとする中古電器のショップで、まだまだ現役の状態で店舗に並べられており、保証はありませんが一応動作する(はず)の機材ばかり。

 実は我が家にも8mmビデオで音声トラックがPCMのものがあり、どうしても見たいテープがあったりしてどうしようかと、何度も通うのですがなかなか踏ん切りがつかず何年か経過してしまっています。早く手に入れておかないと、本当に入手できなくなってしまうので焦ってはいますが、どうも思い切りが足りないのですねぇ。

 PSEマークの件では認可の無い機器は中古を含めて販売できないという形でしたが、いつのまにやらなし崩しで販売が続けられています。資源再生の観点からすると、古い機器を販売できなくしてスクラップにするより大事に使い続ける方が節約になると思うのですがいかがでしょうか。

 とにかく、まだ、何回も悩みつつ通ってしまうと思います。う〜ん。

吹き荒れる

| コメント(0)

 なんだか、よくわかりません。

リストラ
 リストラ
 リストラは「ちゃんこなべ」なのか「ごっつあん」なのか

 よく吹き荒れるという表現を伴って使われる言葉なのですが、本来の意味とは微妙に違う使われ方になってしまっています。
 本来の意味はリストラクチャリング(restructuring)の省略形ですので、構造改革を行って無駄をなくしたり合理化したりする事を指すのですが、いまでは雇用の足切りに使われてしまっています。もっとも、マスコミがそういう使い方をしているせいもあるのでしょうけれども。

 リストラというのが、店名なのか、鍋の名前なのかさっぱりわかりません。店名は「ごっつあん」かな、とも思えるのですが、単に字が大きいだけなのかもしれませんし、リスと虎の微妙な絵がまた、怪しい雰囲気を醸し出し尽くしています。
 かなり、近寄り難い雰囲気です。
 リストラされた人が来る店なのか、このお店に通いだすとリストラされるのか、はたまた客をリストラしているのか。

大阪の難読地名(#11)水走

| コメント(2)

 今回は読みのローマ字表記が無いので、かなり難問です。

水走(みずはい)
 水走(みずはい)

 神戸に走水(はしうど)神社というのがありますが、こちらは文字の前後が逆になっているだけなのですが、読みは全く別です。というか、そういう読みがありなのかと思うくらい。この地名は大阪人であっても相当難読です。

 どうしても「みずはしり」で、「走」の字を「はい」と読むようには頭が至りません。
 地名の由来は水走の姓を名乗る人がこの地に居を構えていたことからだそうですが、結構な家柄な方のようで、歴史的にも相当古い家柄のようです。

 しかし、人名由来の地名とはいえ、これは難しい。

ほぼ復旧しました

| コメント(0)

 カレンダーが表示されなかったりして、過去の記事の一部が歯抜けの状態を放置していたのですが、なんとかなりました。
 1月11日から1月18日までの間に、記事が抜けていた日について、新たに過去の記事として書き起こして入れてありますので、ちょっと面倒くさいかもしれませんが、前記の日付の記事を新たにお楽しみいただけます。

 カレンダーのウィジェットが、私の選択したデザインテンプレートではウィジェットリストに表示されず、仕方なく自分でウィジェットを作成して追加。
 MTのライブラリとしては組み込まれているのですが、どうも利用するモジュールやウィジェット、テンプレートが無いデザインだったようです。2カラムのデザインというのもあり、もう少し手を入れて行こうとは思いますが、とりあえず月別アーカイブをプルダウンの状態に戻し、当月カレンダーを表示させました。
<MTxxxx>の関数が<mt:xxxx>の形式になっておりなかなか混乱させられます。

 あとの宿題は、カレンダーを月送りできるように戻す事と、アーカイブのページ分割をして表示できるようにする事が残っています。こちらはMT3以前で使用していたMTPaginateというプラグインを使えるかどうかの試案中で、もう少し時間がかかりそうです。自分で見ててもアーカイブページが鬱陶しいのでなんとかしたいのですが。

掻痒感

| コメント(0)

 ノミ、というとなんだかむず痒くなってきます。いや、血を吸われると本当にかゆくなります。

呑味取
 酒房「呑味取」(のみとり)

 蚤は節足動物門昆虫綱ノミ目で、寄生している恒温動物の血を吸って、吸われた箇所が赤くなり非常にしつこいカユミが残ります。
 伝染病を媒介するやつもいたりして、あんまりうれしくない昆虫です。
 ネコや犬についているノミが人に移ったりして刺されると大変かゆくなり、小さい何かが飛び回っているのを見たりすると飛蚊症かと一瞬目を疑いたくなりますが、ノミだったりします。自分の身長の数十倍の高さを飛ぶジャンプ力は驚嘆に値します。羽は退化してしまっておりジャンプして移動するのですが、そのジャンプ力とは裏腹に、着地は下手だそうで、オリンピックなら減点ものだそうです。

 さて、こちらは普通の居酒屋だと思いますが、よもやノミ満載のネコがいて、蚤取りさせられる訳ではないでしょう。そんなことしているとお酒を呑んでられませんから、売り上げ上がったりで、商売になりませんからねぇ。
 いや、蚤取り専用席があるのか。

なんでそうなんや(#19)

| コメント(0)

 すごく近いです。

ここ家
 「ここ家」

 むこうです(むこうや)
 そこです(そこや)
 あちらです(あっちや)
 どこですか(どこや)

 大阪弁でよく使われる語尾に「〜や」というのがあります。
 まあ、それに掛けて店の名前にするわけなのですが、今回は非常に対象が近い。「ここ」なのです。
 「家」を「や」と読ませるのが常套手段とはいえ、直近を指す「ここ」につけてしまっています。

 確かに、この看板のあるところがお店なんですがね。

本番は別か

| コメント(0)

 釣り堀だとは思うのですが、下見だけというのはどうかと。

下見池
 「下見池」

 下見だけです。
 実際に真剣に向かい合う場所では無いと、主張しているのでしょうか。

 鯉専門の釣り堀のようなのですが、名前が「下見池」。
 実際に池や沼などで釣りに行く前の練習場とでも言いたげな名前です。

 しかし、釣れている魚が赤いので、錦鯉でも釣らせてくれるのかと言う気にもなります。口の周りのヒゲがあることから何となく、鯉かなとは思うのですがなんとなくややこしい。

次のページ