2013年8月アーカイブ

自動で気が短い

| コメント(2)

 そんなにすぐ閉める必要があるのでしょうか。

禁止の貼紙
 自動扉の注意書き

 現在は移転されているので、移転先も同じかどうか不明ですが本当にすぐに閉まる自動扉なのです。前の人が入った後ですぐ入ろうとしても気を抜くと目の前で閉まってしまうぐらいの短い時間で閉まってしまいます。

 判っているからこそ貼紙をしているのでしょうが、程度問題で「まさか、もう閉まらないだろう?」と思うよりも早く閉まります(笑)。

 扉が開いたままだと空調の効きが悪くなりますし、理解を示したいところですがチョット短すぎると感じます。まあ、すぐ閉まる自動扉というのが名物と言えなくも無いですが。

近似異名

| コメント(0)

 茨木と茨城みたいなもんで、間違えやすいです。

案内標識
 案内標識

 柏原市(かしわら・し)は大阪府、橿原市(かしはら・し)は奈良県です。
 どちらの読みも互いに読めてしまうので、大阪と奈良に「かしわらし」があるとか「かしはらし」があるように勘違いしてしまいます。
 さらに兵庫県にも柏原と書いて「かいばら」と読む柏原町(かいばら・ちょう)があります。

 ああ、ややこしい。

ちょっと違うのでは

| コメント(0)

 家の前に勝手に知らない車が停まっている時の腹立たしさと言ったら。

禁止の貼紙
 禁止の貼紙

 家の前の路上を手頃な駐車スペースにされてしまい、知らない車が停まっている事が多かったのでしょう。滲み出る怒りを感じる貼紙がされていました。

 しかし、よく見ると脳内変換(笑)で気がつかないかもしれませんが、「駐車」ではなく「注車」を禁止しています。どういった状況を禁止しているのか、一気に判らなくなって目眩がします。
 判るんです、判るのですが、ここはちゃんと「駐車禁止」として頂きたかった。

ワーン

| コメント(2)

 サプライズに目がいきましたがよく見るとおかしい。

店頭看板
 店頭看板

 店頭に置かれたお得情報。
 サプライズと銘打って「中生ビール、焼酎、地酒、ぜ〜んぶ300円」とあり、かなりお得感があります。

 しかしながらまず1つ目の違和感。大阪では「中生」ではなく「生中」なんですよ、ほとんどが。関東系ならいざ知らず、大阪で「中生」と言われるとかなりモゾモゾとした居心地の悪さを感じます。

 2つ目は、本日の日替わりメニューなのですが、よく見ると「ワンドリンク付き」ではなく、「ワーンドリンク付き」。「ワーン」って何ですか?
 唸っているのか、泣いているのでしょうか、ドリンクが...。
 店員が泣きながら配膳してくるのでしょうか。勝手な推測ですけど。

かどや(#14)

| コメント(0)

 この業種でこの屋号、どうなんでしょう。

旅館かどや
 旅館「かどや」

 確かに角地にあります、この旅館。
 それで「かどや」なのでしょうか。

 「角谷」さんや「門屋」さんの経営する旅館というのもあり得なく無いですが、ここは素直に角にあるからこの屋号と勝手に納得しておきます。

ダクト群

| コメント(2)

 飲食店の排気はなかなか問題があるそうです。

ダクト群
 ダクト群

 厨房から上がっていると思われる四角いダクト以外に4本が別に。

 飲食店、特に中華系は油を多く使うため厨房の排気がかなり油を含んでいる上に、匂いのはっきりした食材が多いこともあり独特の匂いがします。どれだけ中華好きでも、中華料理店の2階に住んでいると外に干した洗濯物が中華風味に(笑)なるので困るという話を知人から聞いたことがあります。
 他には煙が大量に出る焼き物系(焼肉・焼鳥)や、揚げ物系(肉屋のコロッケや鶏の唐揚げ)も困ります。

 このごろは近隣からの苦情がすぐ出るようで、これらの排気を今までは店頭入り口の換気扇で店内から外部に排気していたのですが、周辺住民からの申し入れでこのようなダクトを通じてかなり上層へ排気を逃がさなければならないようです。

 確かに自分は焼肉も食べていないのに、焼肉風味(笑)の服で通勤や通学するとちょっと恥ずかしいですよね。

ボンネットバス

| コメント(0)

 鳥取砂丘の観光用で現役運行中。

ボンネットバス
 観光周遊 ボンネットバス

 鳥取県岩美町のジオパークエリアである浦富海岸と鳥取砂丘を周遊する観光用ボンネットバスです(公式ページはこちら)。

 ちなみにこのボンネットバスはいすゞBXD30で昭和40年に富士重工で製造されたもの。その車両を2006年に再生した車両だそうです。
 同様の型式のバスはまだ全国で現役運用されている車両もあるようですので、ボンネットバス目当てに全国の秘境とも言える場所を徘徊する撮り鉄もいらっしゃるようです(当時は国鉄バスなど鉄道会社系の運行が多かった)。

 残念ながら現在メンテナンス中で、見る事ができませんが、早急に現役復帰して元気な姿を見せてくれる事をお祈りいたします。

福と幸

| コメント(2)

 いかにも幸せになりそうな。

幸福堂
 「幸福堂」の電柱広告

 和菓子屋さんの電柱広告です。
 和菓子屋さんなので、和菓子以外にも餅や赤飯、カステーラ(広告に記載のまま)も販売されているようです。

 屋号の上になにやら意匠が付いていますが、良〜く見ると...。
 なんと幸せの周りに「フ」の文字が9つ付いています。フが9つで「フク」→「福」とな!
 バンザーイ!バンザーイ!

 なかなか凝った意匠ですが、最近のお店には、こんなひねり方をした物は見なくなりました。

君付け

| コメント(0)

 とりあえず「〜君」とつけるとかわいげになります。

たこやき君
 たこやき君

 昔から、親しみを持ってもらうためのキャラクター等への一番ベタなネーミングが「〜君」です。女の子系キャラクターなら「〜ちゃん」でしょうか。
 税関のゆるキャラ®「カスタム君」とか警視庁の「ピーポくん」とか、ひどいのになると「うんちくん」とか。最後のキャラは「運が付く」の意味に掛けているのですが、何でもかんでも「君」てつければ親しみが湧くと思っているのかと問いただしたくなります。いや、しているか。

 この屋号で厳ついオッチャンが、ガシガシたこ焼き焼いているとしたら、なかなかシュールかも。
 粉モンでビールとか酒を呑むのって、たまらなく好きな人がいるんですよね...。

汲み上げ

| コメント(0)

 汲み上げと言っても湯葉ではありません。汲み取りなら厠ですが。

手押し井戸ポンプ
 手押し井戸ポンプ

 はたしてこの場所の地下水(井戸水)が、なにかに利用できる水質なのかどうかは不明ですが、廃棄も撤去もされずに手押しポンプが残されています。
 実際に触っていないので、動くのか、水が出るのかなどは確かめていませんが、もし水が出るとしたら、災害時の飲用水以外(中水)に使える貴重な水源では無いでしょうか。

 かなり年代物ですが、浅井戸の手押しポンプは現在でも販売しているようですので、もしも壊れたとしても取り替えて運用を再開する事はできそうです。

 昔は街のあちこちにこのような手押しの井戸があったのですが、水質の悪化や地下水の工業用途での利用による水源の枯渇などで近代化ととともに、どんどん無くなってしまいました。
 水道代や組み上げるのに電気を必要としない水の供給源として有用だと思うのですが、維持管理もふくめると難しいものです。

次のページ