2013年5月アーカイブ

それでもひげ

| コメント(2)

 たこ焼きにひげが付いている、わけではありません。

ひげたこ
 ひげたこ

 おかあさんがやっていらっしゃるのですが、ひげは生えていません(あたりまえ)。
 たこ焼きのうえに花かつおを振りかけるとひげに見えなくは無い...ちょっと苦しいです。
 タコにヒゲが...無理があります。

 ここはご主人にヒゲが有ると言う事で。わかりませんけど。

お安くありません

| コメント(2)

 これは苗字が商売向きではない不幸な例かと。

たかねや
 家具「たかねや」

 デフォルトで漢字変換すると「高値や」になり、全然安そうでは有りません(笑)。
 実際に高級家具(オーダーメイド家具の受注・製作)を取り扱っていらっしゃるようなので、安物の家具を買いにきそうな人を屋号だけでシャットアウトできそうです。

 苗字が「たかね」さんだと思えるのですが「高嶺」なのか「高音」なのか「高根」なのかは不明です。仮に「高嶺」さんの店という事で「高嶺屋」だとすると、苗字が高尚すぎて読めない人が出てきそう。それでひらかなにしたのかも。

 勝手な想像ですが(笑)。

東海道本線終点

| コメント(0)

 東海道本線は東京から神戸まで。

境界標識
 起点標識(神戸駅)

 東海道本線は東京から大阪駅までで、その先の神戸方面が山陽本線。
 と、思っている方が「たぶん」多数いらっしゃるのではないかと思います。ご存知であれば、なにを馬鹿な事を言うとおしかりを受けそうですが、そこはご容赦を。

 東海道本線は東京駅から神戸駅までが正解で、上記の写真は大阪駅ではなく神戸駅に設置されている標識。東海道本線は起点が東京、山陽本線は起点が神戸と記されていますので、ここから左が東海道本線で右側が山陽本線となります。
 JR西日本の路線の愛称であるJR神戸線は大阪から姫路までの間であることが混乱を誘っています。
 また、運賃ですが、大阪〜神戸は平行して営業している私鉄(阪急・阪神・山陽電鉄・神戸高速鉄道)との競合もある事から運賃が低く設定されているのですが、神戸駅の次の兵庫駅から先はいきなり高くなります。実際に大阪〜神戸で一度下車して神戸〜兵庫のきっぷを改めて購入した方が運賃が安くなるという状況。

 この山陽本線と東海道本線の区切り、いまや利用者側にはあまり関係がなく、国鉄時代の運用の切り分けがそのまま残っているのでしょう。

元祖萌え

| コメント(2)

 私はゲームをしなかったので詳細は知りません!(キリッ)

トキメキハイスクール
 トキメキハイスクール

 ファミコンで同名のゲームがあったそうです。しかもディスクシステム!
 私はその存在すら知りませんでしたが(笑)、今風で言う恋愛シュミレーションゲーム(いわゆるギャルゲーか)とのこと。ゲームは「中山美穂のトキメイキハイスクール」というのが正式な名称で、ゲームクリアするとデータを送信して集計、賞品が当たるかも!というゲームをクリアさせるモチベーションを否が応でも盛り上げる仕掛けもあり、ハマった人も多かったようです。

 で、こちらのお店で中山美穂が出てくるかというと、そういう事は全く無さそうです。いや、誰も期待していないか。

DE10形ディーゼル機関車

| コメント(0)

 現在はもうここに居ないでしょう。

DE10 1588
 DE10 1576(手前)
 DE10 1574(奥側)

 撮影 2011年10月

 現在は廃止された梅田貨物駅での構内で入替に運用されていましたDE10型ディーゼル機関車です。
 写真では判り辛いですが、1576は白地のプレートで1574は切り文字となっています。どちらの車両も現在のJR貨物の塗色へ変更された後。両車両ともに広島に所属の状態でした。

 DE10はDD51のエンジンの強化版であるDML61ZA(写真の機種はDML61ZB) V型12気筒エンジンを1基搭載している中型のディーゼル機関車です。
 運転席下にある燃料タンクとも見える四角の箱はレールへの粘着性を増すためのデッドウェイトでコンクリートが詰まっています。

 貨物専用ではなく汎用機として製作された事から貨物入替以外の客車列車牽引にも運用されており関西では嵯峨野観光鉄道でのトロッコッ列車の牽引に運用されています。こちらは梅小路の1156が塗色変更をしてほぼ毎日緩行列車として運行中。

 昔はDD51に比べるとちょっと小さめDE10をよく見たのですが、順次廃止・廃車となって行っているようで、時代の流れとも言えます。
 写真の機関車も梅田貨物駅の廃止とともに他所へ転属しました。

危険すぎる階段

| コメント(4)

 これは階段と呼べるのかどうかすら疑問。

階段のようなもの
 階段のようなもの

 民家の壁に貼付く様に何かが付いています。給湯器の横から窓の桟に掛けて、斜め一直線にどう考えても階段にしか見えません。しかし、階段の踏み板がほとんどありません。そもそも踏み板かどうかすら怪しく、5cmも無いのです。
 それでもその先には出入り口と思しき扉も踊り場もあり、この階段「のようなもの」は機能しているのか使用している可能性が捨てきれません。

 こうなった経緯を、勝手に想像してみましょう。
 この道、実は大変狭いのです。軽自動車ならなんとか。普通自動車はちょっと厳しい。道幅が2mちょっとしか無いのです。
 この狭い道にこの家が2階の出入り口をつけて、勝手に家の外側にはみ出した階段を作ってつけてしまった。しかし、この生活道路とも言える狭い道も車が通る事があるのに、通れなくなってしまい、誰ぞが役所に連絡したか、近隣で苦情が出たかで撤去命令が出たためやむなく階段を切り落とした。
 そのため上の2階踊り場は残り、階段の側桁が片方と踏板の一部だけのこされて現在に至る。
 でもなんとか上がれるだけの状況は維持された。

 勝手な想像です。妄想レベルかもしれません。しかし、この微妙に残された踏板が謎を発散させているのです。経緯や実情などご存知の方がいらっしゃればぜひともお教え頂きたいところです。

 酔っぱらって帰って、この階段(のようなもの)で2階に上がるのは自殺行為に等しいと思うのですが...。
 あるいはトマソンの非情階段かも。

さん付け

| コメント(2)

 こういう看板を見ると大阪やなぁ〜と。

焼とり屋さん
 焼とり屋さん「遊」

 看板に営業品目に続き「〜屋」との表記が多い大阪なのですが、店舗を呼ぶ際に「さん」付けすることがあります。曰く「散髪屋さん」や「ラーメン屋さん」などなど。
 「〜屋」に敬称ではなく愛称としての「さん」がさらにプラス。一気に親密度が上がる呼称になりますが、あくまでも他称であり、自称するとちょっと不思議な印象を受けます。自分の事を「〜ちゃん」や「〜くん」と言うような感じでしょうか。

 こちらは自称「焼とり屋さん」。自分で「〜屋さん」と言ってしまっています。なんとなく違和感...。

ギューっと

| コメント(2)

 確かに狭いです。

駅の注意表示
 駅の注意表示

 駅のホーム(関西ではのりば)が階段に占領されて極端に幅が狭くなっている箇所があり、その箇所にこんな注意表示が。
 実際、列車侵入時に離れる目安の点字ブロックの手前から30cmも余裕がありません。狭いです。確かに狭いです。でも「すきま」という表現がかなり焦りを煽っている感じが伺えます。
 その下の顔文字がまた、ギューっと挟まれた感じの顔文字で、状況を良く表しています。

 乗降数が朝夕はそこそこ多いのでこの場所を人がはみ出して歩いている時に列車が進入すると絶対に警告音を鳴らされます。とはいえ、これ以上除けようも無いのですが...。
 なかなか危険な「すきま」です。

興奮している

| コメント(2)

 興奮すると糞を投げるそうです。

巨大ゴリラ
 巨大ゴリラ

 店舗の建家の上に巨大ゴリラ。
 しかもムチャクチャ怒った顔をしています。何かを投げつけようとしていますが、どうやら導火線に火がついている爆弾のようで、投げられたらパニックになるのは間違い有りません。道路を走行中に知らなければガン見して事故しそうです。

 お楽しみなのかストレスなのかははっきりしませんが、ゴリラは糞を投げてくることがあります。左手が利き手らしいので左手を使って思いっきり投げてきます。相手がビビるのを楽しんでいるという説も有りますが、求愛行動だという説も有りますのでどうなのでしょうか。
 とりあえずこの巨大ゴリラ、右手で投げてきますので、きっと中に人が入っているに違い有りません(笑)。ヒトは右利きが多いので。

日本橋探訪(#225)

| コメント(2)

 新規出店のようです。

ECOプランAB
 ECOプランAB

 どうも開業間もない様子。
 看板には空調とLED照明とあります。空調装置は日立の製品がメインのようで、店内というか倉庫状のエリアに山積みしてありました。

 また、店頭に山積みで置かれているのはエアコン用の配管。室外・室内機のみではなく、設備系の部材も販売されているようです。看板の通りLED器具も取扱されています。

 個人商店系の細やかな対応と価格勝負の交錯する日本橋の激戦区で新たな進出となると相当の覚悟が必要だと思いますが、負けずにがんばって頂きたいところ。
 

次のページ